雪山登山の記事一覧はこちらをクリック

【登山のグルメ】夜の帯広グルメ縦走~元祖豚丼とカレーのインデアンとジンギスカン

DSC00252-Edit.jpg

2018年の9月の登山遠征で訪れた北海道帯広市のグルメを紹介します。

帯広駅1キロ圏内にある店で、もはや登山関係ないわけですが…。帯広を代表する豚丼をはじめ、帯広でしか展開されないカレー店、とてもディープな焼肉屋でジンギスカンを食べました。

帯広のグルメ特集

豚丼発祥の店@ぱんちょう

DSC00091.jpg

豚バラを炭火で焼き、甘辛のタレを絡めた豚丼は、帯広発祥のグルメです。その発祥の店「ぱんちょう」が帯広駅から数分の場所にあります。発祥また元祖という謳い文句に弱い自分としては、帯広を訪れたら必ず行くと決意した店でした。

DSC00092.jpg

1933年(昭和8年)創業の歴史があります。

店内は真新しく、小奇麗な小料理屋と言う感じで、老舗と言う雰囲気はなし。通常は行列のできる店らしいですが、地震後の影響なのか並びもなく入店。

メニューは豚丼だけです。量で値段が変動します。

松900円、竹1,000円、梅1,100円、華1,300円

ちと高いな、地元に根付いている値段か?と言うのが正直な印象。

DSC00095.jpg
MCR!!!!(ミート・カバー・ライス)

宝石のブリリアンカットのように網目の入った分厚い豚肉が、ご飯を覆い隠しています。

味噌汁は何故か別売り。ワカメのみそ汁(180円)は、ちょっと興ざめな感じではあります。なめこ汁もある。

DSC00099.jpg

美味しくないわけがない。

東京の新橋にある「豚大学」、御茶ノ水の「豚野郎」(偏差値低そうな店名…)等で、炭火の豚丼を食べていましたが全くの別物。ぱんちょうの豚丼は、見た目とは裏腹に上品さがあります。脂身は多いですが、全くくどくありませんでした。悠久の大自然で育つ豚のなせる業なのでしょう。

若干の観光客向けの店づくりに感じましたが、帯広に来たら必ず訪れたい店です。

唯一無二のソウルフードカレー@インデアン

DSC00278.jpg

漫画「デスノート」で、「死神はリンゴしか食べない」というフレーズがありましたが、「帯広市民はインデアンしか食べない」という言葉があるようです。「カレー食べに行かない?」と聞かれると、「ココイチとか牛丼屋のカレーかな、もしくはインドカレーの店かな」といろいろな選択を想像しますが、帯広の人にとってはカレー=インデアンの事を指すようです。

DSC00279.jpg

インデアンまちなか店」は、1968年(昭和43年)創業の一号店です。2018年で創業50周年を迎える老舗。

チェーン展開していますが、帯広と釧路にしか展開しておらず、札幌でも函館でも旭川でも食べられないので、かなり希少。

DSC00283.jpg

店内はカウンターが基本で、回転を重視しているようです。

DSC00281.jpg

ビックリするのが、その安さ。ベーシックな「インデアン」が税込み453円。一番高いシーフードでも766円。ソフトドリンクが86円というのも何気に嬉しい。

DSC00282.jpg

裏面はテイクアウト料金。

注目すべきは「ご自宅のお鍋を持ち下さい」の文言。帯広市民はルーだけをテイクアウトし、自宅で炊いたご飯にかけてカレーを頂くらしいです。イベントや学校の運動会にも対応しているようで、いかに地域に密着しているかが分かります。

DSC00109.jpg

こちらがベーシックな「インデアン」です。

ドロドロに煮込まれて、具材の正体がなくなっているタイプのカレーです。個人的にお気に入りのタイプ。

【神奈川】鎌倉アルプス 登山 ~ 桜舞い散る古都の小道、春の天園ハイキングコースの旅
2017年4月15日 神奈川県の鎌倉アルプスに行ってきました。標高は最高峰の太平山の159mです。修学旅行や都心からの小旅行で訪れる古都鎌倉ですが、街から少し離れたところは自然が存在し、「天園ハイキングコース」と名付けられたトレッキングコースが整備されています。

鎌倉にある「キャラウェイ」が似ていると思った。

DSC08166.jpg

後日はテイクアウトして、ホテルで食べました。キリンガラナとの相性抜群。

帯広だけにとどまらず、都内にも進出して欲しいチェーン店です。ココ〇チ、ゴーゴー〇レーより好きだな。

帯広のディープな焼肉店@平和園

DSC00225.jpg

帯広のディープな夜を象徴する焼肉店です。

1959年(昭和34年)創業の「平和園」です。こちらも駅から5分ちょっとの場所にある本店です。帯広を中心にチェーン展開していて、札幌にも数店舗あるようです。

元祖にこだわりつつ、「本店」にこだわりをもつ私です。

【北海道】雌阿寒岳 登山 ~ 空と大地の中で歩く生きた火山、アイヌ文化と温泉の旅
2018年9月19日 北海道の雌阿寒岳(めあかんだけ)に行ってきました。標高は1499mです。 釧路市と足寄町に跨り、麓ではマリモが有名な阿寒湖が広がる観光地があります。阿寒(あかん)の名前がつく山は3つあり、この雌阿寒岳と雄阿寒岳(おあかんだけ)、阿寒富士(あかんふじ)です。阿寒岳というと一般的に雌阿寒岳を指すようです。

ちなみに雌阿寒岳に登る前泊で訪れました。

DSC00232.jpg

店内は年季が入っており、換気は気持ちしているくらいです。

こういうのでいいんだよ、老舗の焼肉店は…。きっと、オーナーがいろいろ集めたんだろうなと言うオブジェや絵画が所狭しと飾られています。

DSC00229.jpg

定食メニューが夜も提供されているのが嬉しい。一人でも何とか入れます。

ジンギスカン定食の値段にビックリ。何と税込み560円です。帯広の相場は一体どうなっているんだろうか…。自分が列で待っているときに、こんなディープ感ある店なのに高校生カップルを見ました。高校生のお小遣いでも食べれる値段だし、帯広学生の青春の1ページなのかも知れない。

DSC00235.jpg

北海道で飲む本場のサッポロは否応なく美味しい。旅の孤独と喉の渇きと言うモンスターを一掃してくれます。

DSC00243.jpg

ジンギスカン定食に加えて、サガリ一皿を注文しました。

お新香とフルーツ、写ってないけど大きめの椀に入った、みそ汁がついて560円は破格だな…。

DSC00248.jpg

ああ、旅先で一人焼肉できる大人になったんだな…。しみじみ思いますが、やはり焼肉は誰かと食べたい。

【北海道】札幌と旭川のブラリ食い倒れの旅~羊蹄山登山前夜祭ジンギスカン~
2015年6月13-15日の2泊3日で羊蹄山の登山に行ってきました。 当初は1日目2日目を登山にあてるつもりでしたが、現地北海道に着くと雨。急遽、1日目を観光に費やしました。 主に札幌と旭川の王道観光地を見て、グルメ三昧の1日になります。

旭川で食べた生ラムの焼き肉に衝撃を受けましたが、タレに付け込まれたジンギスカンもまた旨しです。北見で食べたジンギスカンも美味しかったな…。

DSC00250.jpg

DSC00249.jpg

これだけ食べて1670円に収まりました。恐るべし、平和園。恐るべし、帯広。

帯広グルメのまとめ

DSC00262.jpg

帯広市は北海道では人口6位の都市です。

札幌、旭川、函館、釧路、苫小牧に次ぐ。人口17万ほどの地方都市具合がいい感じです。上位三都市ほどの華やかさはありませんが、中心街の夜は賑わっていました。

DSC00270.jpg

料理人と素材は札幌に集中するのかも知れないけれど、インデアンのように帯広でしか食べられない店や、ン十年やっている老舗、地元の人が集う人気店の空気感は良いものです。

帯広は登山拠点として訪れる街ではありませんが、「また行きたいか?」の問いには、「そだねー。」と答えるしかありません。

登山のグルメ
スポンサーリンク
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
veryblueをフォローする
My Roadshow

コメント

タイトルとURLをコピーしました