8月の登山記事一覧はこちらをクリック

テント泊

スポンサーリンク
登山

【奥秩父】甲武信ヶ岳 登山 ~ 毛木平から西沢渓谷へテント泊縦走、新緑の千曲川源流と石楠花の旅

2017年5月26-27日 長野県、山梨県、埼玉県にまたがる甲武信ヶ岳(こぶしがたけ)に行ってきました。標高は2475mです。 東京から長野県の東西に連なる奥秩父山塊に属し、その中央に位置している山です。山名の「甲武信」は、旧国名で甲州(山梨)、武州(埼玉)、信州(長野)の県境、また山頂が拳のように見えるという説があるらしいです。
0
登山

【北アルプス】白馬岳 登山(テント泊) ~ 大雪渓から白馬大池へ縦走、天空に広がる花畑の旅

2015年7月25日-26日 北アルプスの白馬岳(しろうまだけ)に行ってきました。標高は2932mです。 北アルプスでもより日本海側に位置し、冬は豪雪、夏は水量が豊富な白馬岳は、高山植物の宝庫になっています。白馬連山高山植物帯として、特別天然記念物に指定されています。 白馬岳の人気縦走ルート、大雪渓から白馬大池をテント泊で縦走しました。 白馬岳に来るのは2年ぶり、前回は日帰りで悪天候の白馬三山を周回する無謀で、ローストされた豆をさらに焦...
10
トレッキング

【北アルプス】黒部峡谷(下ノ廊下) ~ 断崖絶壁の紅葉と渓流、命がけの秘境トレッキングの旅

2014年10月25日~26日 北アルプスの下ノ廊下(しものろうか)を歩いてきました。 黒部峡谷(くろべきょうこく)という北アルプスの標高3000m級の山々が連なる山脈に挟まれた峡谷にあり、黒部ダム建設の際に作られた作業運搬道路が下ノ廊下です。現在はトレッキングルートとして登山者に解放されています。 今回は長野県の扇沢を出発して、黒部ダムから富山県の宇奈月温泉に抜けるルートを歩きました。 ルートの全長はおよそ30キロあり、1泊もしくは2泊の行程...
18
登山

【北アルプス】剱岳 登山(テント泊) ~ 別山尾根の険しさと美しさ、日本最後の空白地帯の旅

2014年9月7日 富山県北アルプスの剱岳(つるぎだけ)に行ってきました。標高は2999mです。 明治初期頃において、氷河によって削られた峻険な山肌は何人を拒み、日本最後の空白地帯でした。 「一般登山者が登れる最高難易度の山」とされ、登山道には断崖絶壁の鎖場が多数存在し、滑落事故が頻繁に起きている山です。 今回は2泊3日の立山剱岳のテント泊登山の後編です。 自分の登山は常に初心者として、経験者にガイドされるわけでもなく、いくつもの...
12
登山

【北アルプス】立山 登山(テント泊) ~ 見果てぬ稜線の向こうへ、壮大な三山縦走の旅

2014年9月6日 富山県は北アルプスの立山(たてやま)を登山してきました。標高は3015mです。 立山は雄山(おやま)、大汝山(だいなんじさん)、富士ノ折立(ふじのおりたて)の3つの峰の総称です。日本を代表する名山として名を連ね、現在でも山岳信仰が残る山です。 立山黒部アルペンルートにより、登山者でなくても標高3000mの自然に触れ合える場所でもあります。 2014年夏、立山そして剱岳(つるぎだけ)は最優先事項の登山でした。 日...
10
登山

【北アルプス】雲ノ平周回(後編) ~ 水晶岳、鷲羽岳、黒部五郎岳の名峰群を巡る盛夏の旅

2013年のお盆休みに北アルプス最深部「雲ノ平(くものだいら)」に行ってきました。 雲ノ平を中心に薬師岳、水晶岳、鷲羽岳、黒部五郎岳の名峰群を周回するコースを3泊4日かけて歩きました。 後編は3日目と4日目の行程になります。 前編はこちら 3日目は雲ノ平キャンプ場を出発し水晶岳と鷲羽岳を登ります。その後、キャンプ場のある黒部五郎小舎へ向かいます。4日目は、黒部五郎小舎から黒部五郎岳に登頂し、再び太郎平に戻り、折立へと下山します。...
8
登山

【北アルプス】雲ノ平周回(前編) ~ 北アルプスの最深部、薬師岳と雲ノ平の天国と地獄の旅

登山記録100回目です。 持続力と継続力が全くない自分が3年もの間、このブログを続けてこれたのもコメントをくださった方、個人的にメールをくださった方、アクセス頂いた方がいたからこそだと思います。 「このブログを見てあの山に登りました。」 「ブログを参考に次の計画を立てようと思います」 「登山をはじめるきっかけになりました」 などのお声はブログを発信している立場からすると本当に嬉しい限りです。また、連動しているSNS等の反応も励みになってい...
19
登山

【北アルプス】奥穂高岳 登山(テント泊) ~ 10年に1度の紅葉で彩られた涸沢と秋晴れの穂高連峰の旅

「はぁッ!はぁッ!!」 足は既に疲労の極値に達していた。 足裏の皮は硬くなり歩くたびにヤスリをかけられているようだ。そして、膝を曲げるたびに針で指すような痛みを感じる。汗は既に干上がり、喉の渇きが口内を支配している。水がないわけではない、水を飲む行為に余裕がないのだ。1時間ほど前から脳は「休め」と危険信号を送っている。 しかし、止まることはできない。 気にかけてはダメだ。それを認識した瞬間に恐怖が全身を駆け巡るだろう。 僕らはいま追われて...
24
登山

【北アルプス】鹿島槍ヶ岳~五竜岳 テント泊登山(前編) ~ 後立山連峰を行く、紅葉のはじまりと雨の稜線歩き

台風シーズンですね。 交通機関の麻痺、土砂崩れ、河川の氾濫など日本各地に被害をもたらす台風ですが、僕はそんな台風が来るとわくわくしてしまう人間です。意外といると思うんですよ。 自然の驚異や畏怖に対して、非現実を感じてしまうわけです。 子供の頃、実家では大雨が降ると排水設備がきちんと整っていなかったので、道路が浸水し高さが膝下くらいまで水が溢れていました。大人達が土嚢を積み上げ敷地内への水の浸入を防いでる横で、長靴を履いてはしゃしゃいでました。 ...
20
登山

【中央アルプス】木曽駒ヶ岳 登山 ~ ロープウェイで千畳敷カールへ、テント泊で静かな山頂の旅

2012年8月25日~26日 中央アルプスの木曽駒ヶ岳(きそこまがたけ)にテント泊で行ってきました。標高は2956mです。 木曽川と天竜川に挟まれる中央アルプスこと木曽山脈、規模と標高こそ北と南の二つのアルプスに劣りますが、日本の天井を支える大山脈の一つです。 日本最高所に通じる駒ヶ岳ロープウェイが開通しているため、登山経験がない人でも高山の景色を味わうことができます。 中央アルプスの山は初訪問です。 八月最後の週に新宿から高速バ...
8
登山

【南アルプス】甲斐駒ヶ岳 登山(テント泊) ~ 照りつける太陽がまぶしい、白亜に輝く山頂の旅

2012年8月5日 南アルプスの甲斐駒ヶ岳(かいこまがたけ)に行ってきました。標高は2967mです。 山梨県(旧国名:甲斐の国)のシンボル的な山であり、古くから信仰の山として人々の暮らしに根付いている山です。日本には駒ヶ岳(こまがたけ)という名前の山が多数あり、その駒ヶ岳の中で最高峰でもあります。 前日は仙丈ヶ岳に登り、北沢峠にテント泊をしました。 仙丈ヶ岳の緩やかな稜線とは違い、グイッと急斜面を登る甲斐駒ヶ岳は隣同士にありなが...
16
登山

【南アルプス】仙丈ヶ岳 登山(テント泊) ~ 南アルプスの女王と初めての雷鳥、真夏の高山の旅

2012年8月4日 長野県と山梨県にまたがる南アルプスの仙丈ヶ岳(せんじょうがたけ)に行ってきました。標高は3033mです。 仙丈ヶ岳は南アルプスの北部に鎮座し、女性的ななだらかな山容から「南アルプスの女王」と呼ばれています。8月頭の週末は、テントを背負って、この仙丈ヶ岳とお隣にある甲斐駒ヶ岳を連日登りました。 南アルプスの人気の二座を連日登れる贅沢な二日間でした。 仙丈ヶ岳と甲斐駒ヶ岳は隣接していますが、全く違う山容とコースをしていま...
2
登山

【新潟】妙高山 テント泊登山(2日目) ~ 地獄のような急斜面と天国のような高山湿原の旅

個人的果物ランキング4位がレモンです。 普通レモンを果物として好きって言う人なかなかいないですよね。もちろん生のまま食べるわけじゃなく、レモンで加工されたお菓子やジャムに滅法弱いんです。 果物のタルトがいくつか並んでいたとして、レモンのタルトがあると間違いなく選びますね。 氷菓で一番好きなのは「サクレレモン」です。最近、このサクレレモンに「レモンバー」という商品が発売されツボです。ガリガリ君の梨味が霞むほどに。 火打山(ひうちや...
4
登山

【上信越】火打山 テント泊登山(1日目) ~ 真夏の昼下がりの出発と夕陽に染まる山頂の旅

果物で一番好きなのは梨です。 梨は夏限定の果物ですが、なんとか一年中出荷されないものですかね。特に幸水が好きなのですが、気がつくと収穫時期を終えてしまい買えなくなってしまうんですよね。 果物ってそれぞれ好き嫌いがあると思うんですが、梨を嫌いって言う人なかなかいませんよね。 次点で桃が好きで、次が林檎です。 上信越の火打山(ひうちやま)・妙高山(みょうこうさん)をテント泊で行ってきました。 この週末は北アルプスに繰り出そうと考えてい...
2
登山

【奥秩父】雲取山 登山(テント泊) ~ 海の日の連休に初テント泊、東京最高峰の縦走する旅

2012年7月15日-16日 東京都、埼玉県、山梨県にまたがる雲取山(くもとりやま)に登ってきました。標高は2017mです。 奥深い場所に位置しているため、一般的な認知度は低いように思われますが、東京都の最高地点です。奥秩父の代表的な山の一つとして、東京の奥座敷にそびえています。 初のテント泊で行ってきました。 海の日連休に周りの予定が埋まっていたので、泣く泣く一人(ぼっち)です。さぁ、ドキドキワクワク楽しいテント泊大冒険のはじまりです...
14
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました