6月の登山記事一覧はこちらをクリック

【栃木】日光白根山(奥白根山) 登山 ~ 神秘の五色沼を周回する、秋晴れが透き通る旅

20111029_日光白根山_0079

2011年10月29日

栃木県と群馬県にまたがる日光白根山(にっこうしらねさん)に行ってきました。標高2578mです。

昨年10月、同じ日光にある男体山を皮切りにスタートした登山は1年の時を経て、地元である栃木の山に帰ってきました。

20111029_日光白根山_0046

秋は旅情を誘い、そして郷愁を感じる季節です。

ここ数ヶ月は週末の天気に悩まされていましたが、10月最終週は見事に秋晴れとなりました。

今年一年栃木県を度々訪れていましたが、栃木の山に登ることはなかったので絶好の機会となりました。

日光白根山登山

奥日光を抜けて、菅沼登山口へ

20111030_日光白根山_0111

29日の土曜日に親戚一同が珍しく集まるということで栃木県にある鬼怒川温泉に宿泊することになったのです。

集まるのは午後になる予定だったので、「よしそれなら午前中に山登ろう

というわけで、毎度のように仕事を終えた金曜日の夜に栃木に帰り、朝4時にたちに実家に迎えに来てもらう計画です。

20111028_日光白根山_0001

駅のホームのアナウンス「高崎線の人身事故の影響により宇都宮線の運行に遅れが出ています

_| ̄|○

なんで登山に出かけるときはきまって、ダイハードの主人公のように毎回トラブルに巻き込まれるかね…。

20171026_日光白根山_0118

電車の本数が縮まった分、混雑した電車に揺られ家に着いたのが25時。

2時間しか寝れません。

20111029_日光白根山_0002

というわけで朝4時にたちに迎えに来てもらい日光を目指します。

宇都宮市内から日光までは高速道路利用で1時間ほど。いろは坂で、猿に道を妨害されながらも中禅寺湖へ。

20111029_日光白根山_0003

栃木県民としては日光の湯元スキー場からの登山道が良かったのですが、このルートはコースタイムが結構かかります。

時間的な都合を考えて菅沼駐車場の登山道を利用しました。

一番難易度が低いのは丸沼高原スキー場からロープウェイでいく登山道ですね。

20111029_日光白根山_0004

日光を戦場ヶ原と湯元を抜けてぐんぐん登っていくと金精峠(こんせいとうげ)に出ます。

金精峠のトンネルを抜けると群馬県に入ります。このトンネル標高1840mのかなり高いところにあります。x・

20111029_日光白根山_0005

菅沼登山口は、菅沼キャンプ場の売店の横に駐車場があるのでわかりやすいです。

20111029_日光白根山_0006

朝6時半なのに、こんなに駐車場に車が・・・。

さすがに10月後半ともなると山の寒さは身に応える・x・

駐車場で、軽くおにぎりと豚汁を食べて登山開始。

落ち葉の絨毯を踏みながら、初冬の日光白根山へ

20111029_日光白根山_0007

紅葉は終わっていて、枯葉の絨毯を進みます。

冬の気配を感じます。

20111029_日光白根山_0008

駐車場から真っ直ぐ進むと案内板がたっています。

20111029_日光白根山_0009

今回登るルートです。

赤が白根山へ登るルートで、青が山頂から折り返して駐車場に帰ってくる縦走ルート。

帰りは五色沼を経由したかったのでこうなりましたが、二つの山(五色山と金精山)を登る帰りのルートのほうが大変そうだ・・・。

日光白根山登山

6時半に登山道に入ります。

最初は樹林帯を進むことになります。落ち葉で道が隠れている上に広いので迷いそうになった。

20111029_日光白根山_0010

気温が相当低いので笹に霜が降りてました。

20111029_日光白根山_0012

山登りはじめます。

20111029_日光白根山_0013

すんなり登らせてはくれないワイルドな道です。

20111029_日光白根山_0014

長い霜柱。

20111029_日光白根山_0015

荒れ放題な道もあるので結構大変です。

動いていると暑くてすぐ上着は脱ぎました。

20111029_日光白根山_0016

北側の斜面なので徐々に朝日が差してきて明るくなってきました。

20111029_日光白根山_0017

弥陀ヶ池(みだがいけ?)を目指して進みます。

20111029_日光白根山_0018

ところどころに雪が残っています。

もう雪が降る時期なのか・x・

20111029_日光白根山_0019

登山開始して1時間10分。

20111029_日光白根山_0021

弥陀ヶ池に到着しました。

コースタイムは2時間と書いてありましたが当てになりませんね。まあ早く着く分には全然いいです。

山深いところにある池はとても神秘的です。

20111029_日光白根山_0023

日光白根山が目の前に現れました。

火山らしいごつごつした岩肌。

20111029_日光白根山_0022

10月だというのに氷が張っています。

真冬だと完全凍結するのかな。

20111029_日光白根山_0024

池の側道を進みます。

20111029_日光白根山_0020

空気がキラキラ光ってるなと思ったらこいつの仕業でした。

なんだろこれ?

20111029_日光白根山_0025

尾瀬にありそうな木道。

20111029_日光白根山_0026

そしてここからは白根山本体へ登ります。

丸をついてる箇所を登ることになります。

20111029_日光白根山_0027

分岐を白根山方面に進みます。

ちなみにこの道は五色沼経由で戻ってこれます。

20111029_日光白根山_0028

谷間が稜線上になります。

20111029_日光白根山_0029

白根山山頂を目指し最後の登りが開始されます。

20111029_日光白根山_0030

このあたりからは2000mを越えてくるので視界が一気に広がってきます。

この写真は尾瀬方面でしょうか。

20111029_日光白根山_0031

帰りに寄る五色沼も眼科に見えてきました。

弥陀ヶ池よりかなり広そうです。

20111029_日光白根山_0032

森林限界を越えるとそこはもう急な斜面。

20111029_日光白根山_0033

霜柱も三段構造になってました。なんだこりゃああ。

20111029_日光白根山_0034

半端ない急斜面です。

もうたちは暑い暑い言ってTシャツ一枚です。

20111029_日光白根山_0035

手を使って登ることもしばしば。

20111029_日光白根山_0036

こんな岩の間も潜り抜けたり。

20111029_日光白根山_0037

雲ひとつない天気で視界が良すぎる。

東北の山まで見渡せます。

20111029_日光白根山_0038

ようやく群馬県側の景色も広がってきました。

20111029_日光白根山_0039

たちはこの急登にやられてました。

20111029_日光白根山_0040

そしていよいよ山頂に到着。

20111029_日光白根山_0041

あの人がいっぱいいるところが頂上みたい。

遠く富士山から北アルプスの槍ヶ岳まで、大展望の山頂

20111029_日光白根山_0043

8時半、2時間かけて頂上に到着でございます。

こちらは栃木県側にたっている看板。

20111029_日光白根山_0042

頂上にはなぜか看板が二つ立っています。

こっちがたぶん群馬県側の看板。日光を外してある辺り栃木県への対抗意識なのか・・・群馬め。

温度計がぶら下がっていて8度を表示していました。風がないので涼しい程度。

20111029_日光白根山_0044

三角点はその看板と看板の間にありました。

ここが栃木と群馬の境なわけか。

20111029_日光白根山_0045

男体山がドーンと見えます。

標高はこちらが高いですが、男体山のいかにもって感じの雄大なシルエットは素晴らしい。

20111029_日光白根山_0047

富士山まで展望できました。

さすが関東一の高さを誇る山だけあって、空気が澄んでいれば富士山まで見えるんですね。

20111029_日光白根山_0049

予想より1時間も早く着いたので頂上でゆっくりコーヒーを飲むことに。

たちに任せ自分はぱしゃぱしゃ写真撮ってました。

20111029_日光白根山_0053

少し寒いくらいの頂上で、苦いコーヒーをズズッと飲むのが最高なんですよ。

20111029_日光白根山_0052

白根山だからホワイトを入れれば良かったか・・・。

YouTube Preview Image

そんな秋晴れの日光白根山からの景色はこちら

20111029_日光白根山_0051

天気が良すぎるのか北アルプスまで見えました。尖がっているのは槍ヶ岳だと思います。

20111029_日光白根山_0050

頂上でシャツを干す人。

20111029_日光白根山_0048

頂上にはちっちゃな祠がありました。

20111029_日光白根山_0055

一番上が500円・・・

じゅるり・・・太っ腹な人もいるもんですね。まあ、この天気ならわからなくもない。

20111029_日光白根山_0056

予想以上に広い山頂でした。

20111029_日光白根山_0054

山頂でまったり過ごし、ドヤ顔でたたずんでいる男体山に再戦を誓い下山します。

五色沼経由で周回する

20111029_日光白根山_0057

20111029_日光白根山_0058

下山はまず五色沼方面を目指します。

山頂が広すぎるせいで、どっち進んでいいか迷った。

20111029_日光白根山_0059

下山途中にすれ違ったカップル二人。

パーカーにスニーカー、メッセンジャーバックのいかにも登山初めてといった格好の女の子はひょいひょい登り、マウンテンジャケットと大型ザックを担いだ男のほうが「ぜぇぜぇ」言いながら登ってました。

なんていうかガンバレ…。

20111029_日光白根山_0060

五色沼から逆のほうに行くので、ちょっと不安になりつつも下ります。

20111029_日光白根山_0061

樹林帯に入りました。

20111029_日光白根山_0062

樹林帯を抜けると山間の広場に出ました。

ここは車道から一番遠い場所ではないでしょうか。

20111029_日光白根山_0063

五色沼避難小屋に到着しました。

ここは道が分岐していて、五色沼か前白根山方面へ行くことができるみたいです。

まあ、五色沼経由で前白根山へ行けるみたいですが。

20111029_日光白根山_0064

前白根山ルートも行ってみたいので次の機会に。

20111029_日光白根山_0065

避難小屋から、やや荒れた道を行くと数分で五色沼が見えてきました。

20111029_日光白根山_0066

五色沼…すごい綺麗な場所です。

周りを山に囲まれた広大な沼で、水の揺れる音が微かに聴こえる心地いい場所です。周囲が紅葉していたらより綺麗だったでしょう。

20111029_日光白根山_0068

こんな人里はなれた静かな場所でテンションも上がりはしゃぐ。

はしゃぎ過ぎてこのマリオっぽいジャンプ写真を撮った直後、凍るように冷たい水の中に片足を突っ込みました。

へこみました。

20111029_日光白根山_0070

おなかが減ってきたので五色沼の湖畔で食べることに。

静かな湖畔で食事をする雰囲気がアウトドアって感じで、悦に浸れます。

20111029_日光白根山_0069

自然の中で頂くパンとスープの美味しさは格別。

日常の慌しい朝食なんか足元にも及ばない美味しさです。

20111029_日光白根山_0067

かぼちゃメイン、簡単ハロウィンパーティー。

パンもかぼちゃのロールパンです。

20111029_日光白根山_0072

五色沼は是非訪れてほしい場所です。

なかなか360度山に囲まれた沼に近づけることはないんじゃないかな?

20111029_日光白根山_0071

さて、楽しいのはここまで・・・。

ここからは山二つを越えて下山しなければならない苦行登山のはじまりです。

20111029_日光白根山_0073

まずは一つ目の山「五色山(2379m)」たぶん、五色沼が見えるからつけたであろう名前。

五色沼から登りのときに通った弥陀ヶ池に戻れば楽に帰れるのでしょうが、縦走という冒険心を優先させて五色山ルートへ!

時に、この「冒険心」が公開を生むことになるんですがね。

20111029_日光白根山_0074

登りです。

一度頂上を踏んだあとの登りというのは、そこまで気持ちが高ぶらない。

20111029_日光白根山_0075

一本道で歩きやすいですが、なかなかの傾斜で体力を削ってきます。

20111029_日光白根山_0076

途中岩をよじ登ろうとした時、頭に激痛

下を見ながら登っていたので、突き出していた木の枝に気づかず頭にグサッとぶつかったのです。

激痛に悶え、恐る恐る手を頭に当てるとちょっと流血・・・。

20111029_日光白根山_0077

なかなか視界の開けたいいルートですが、流血のショックで気持ちがダウン。

20111029_日光白根山_0078

それでもなんとか五色山山頂へ到着。

広い山頂で、見晴らしもいいです。

20111029_日光白根山_0080

五色沼へダイブ!

20111029_日光白根山_0081

そして二つ目の山「金精山(2244m)」を目指します。

日光から菅沼登山口へ車で向かう途中にある金精峠から登ってこれる山です。

20111029_日光白根山_0083

五色山から金精山へ向かう道は、あまり陽が当らないのか霜柱がびっしりで滑りやすかった。

まあ一回壮大にこけて2回目のクリティカルヒットです。

20111029_日光白根山_0082

ここからの道もなかなか大変で、上り下りが結構あります。

20111029_日光白根山_0084

国境平に出て、金精峠と湯元の分岐。

日光白根山~五色山~金精山とずっと栃木と群馬の県境なんですね。

群馬は山のほうにしゃしゃり出てこないで欲しい

20111029_日光白根山_0085

久しぶりのタフなコースに若干疲れが出始めてきました。

20111029_日光白根山_0086

遂に姿を現した金精山。

なんだ、あの鋭さは・・・。

漫画ドラゴンボールで、フリーザがまだ変身を2つ残していると知ったときくらいの衝撃。

20111029_日光白根山_0087

急な斜面をガツガツ登ります。

思った以上に大変なルートです。

20111029_日光白根山_0088

遂に金精山に到着。

栃木百名山に認定されている一座らしいです。

20111029_日光白根山_0089

金精山からは、湯元から男体山まで一望できます。

山頂の先は断崖絶壁。

20111029_日光白根山_0090

これが来るときに登ってきた国道120号。

かなりの車が走ってました。

20111029_日光白根山_0091

そして、金精神社がある金精峠へ向かいます。

20111029_日光白根山_0092

あとは下るだけだーと思っていたけどかなり急。

20111029_日光白根山_0093

梯子、ロープ、鎖のなんでもござれのくだりは大変でした。

20111029_日光白根山_0094

金精神社に到着です。

中が暗くて見えませんでしたが、後で調べたところ男根が祀ってあるようです。

金の精…なるほど…。

もしかして男体山の股…にあたるところなのかな。

20111029_日光白根山_0095

金精峠で、菅沼駐車場方面へ。

20111029_日光白根山_0096

菅沼駐車場までのこの道はなかなかの曲者で、歩くのは楽なのですがなかなか着かない・・・。

普通に歩いているにも関わらずコースタイムを5分くらいオーバー。

20111029_日光白根山_0097

途中、荒れ放題の道があって若干迷いましたが、なんとか車道へ出て駐車場が見えました。

20111029_日光白根山_0098

13時40分に菅沼駐車場に戻ってきました。

行動時間は休憩を含めて7時間でした。なかなか密度の濃い登山でした。

20111029_日光白根山_0099

こんな山奥の売店もハロウィン。

戦場ヶ原は紅葉のピーク、いろは坂の渋滞に巻き込まれる

20111029_日光白根山_0100

スープとパンだけじゃさすがにお腹が空いたので、戦場ヶ原に立ち寄ってご飯を食べることに。

20111029_日光白根山_0101

20111029_日光白根山_0102

ちょっと紅葉の時期は過ぎてる感じ。

20111029_日光白根山_0103

レストランでカレーを食べました。

売店で買った湯葉コロッケを乗せてコロッケカレー。

20111029_日光白根山_0104

そして、大渋滞

戦場ヶ原の少し先にある竜頭の滝からいろは坂まで続いてました・・・。

紅葉の日光は早めに帰りましょう…。

20111029_日光白根山_0105

20111029_日光白根山_0106

中禅寺湖周辺は紅葉が見頃でした。

テントでもあれば、キャンプ場にテント貼って一泊したいです。

20111029_日光白根山_0107

いろは坂を下るときに見える山もかなり紅葉していていい感じ。

20111029_日光白根山_0108

自分は鬼怒川温泉へ向かうので、たちとは日光駅で別れました。

東京からの観光客がかなり来ていて電車はぎゅうぎゅうです。

20111029_日光白根山_0109

20111029_日光白根山_0110

今年何度目だろう・・・

鬼怒川温泉にやってきました。

20111030_日光白根山_0112

鬼怒川プラザホテルに泊まり、親戚一同集まって宴会でした。

飲みすぎて翌朝、胃の調子が最悪に悪かった…。

翌日は東武ワールドスクエアへ

20111030_日光白根山_0114

ニューヨークへ行ってきました。

嘘です、東武ワールドスクエアです。

実物の25分の1のスケールの建造物が展示されている鬼怒川温泉のテーマパークです。

何年前に来ただろう・・・。昔はピサの斜塔の望遠鏡をもらえた様な気がする。

20111030_日光白根山_0113

 

最近できた、東京スカイツリー。

奥のビルからシャボン玉が出てました。

20111030_日光白根山_0115

バチカン市国にあるサンピエトロ大聖堂の再現度の高さはなかなか。

人間の人形がそれぞれストーリーがあったりするので、「ウォーリーを探せ」みたいに楽しめる。

20111030_日光白根山_0116

万里の頂上には孫悟空一家がいたり。

20111030_日光白根山_0117

東武ワールドスクエアのあとは、かつて銅山で栄え街である足尾(あしお)に行ったりと観光して東京に帰りました。

日光白根山の登山を終えて

20111029_日光白根山_0075

日光白根山は関東最高峰を誇るべくいい山でした。

コースが充実していて自分の脚力に合わせて選択できるのが良いですね。山頂からの見晴らしの良さに加えて、随所にある神社や池や沼と見所もたくさんあるのでまた来たいです。

今度は絶対、湯元からのルートを行ってみようと思います。

日光白根山ムービー

YouTube Preview Image

夏の日光白根山の記事

【栃木】日光白根山 登山 ~ 晩夏の緑に染められた火山と五色沼、たった一日の夏休みの旅
2014年8月24日 栃木県と群馬県に跨る日光白根山(にっこうしらねさん)に行ってきました。標高は2578mです。 関東地方の最高峰であり、これより北または東に日光白根山より高い山はありません。現在でも活動中の活火山であり、山頂は溶岩ドームで形成されています。栃木県側の奥日光では湯元温泉郷、群馬県側は丸沼高原スキー場と観光地としての役割を持つ山でもあります。 ロープウェイが運行しているため、比較的容易に登山が可能な山です。 日光白根山は...

日光白根山の地図はこちら

コメント

  1. VERYBLUEさんはじめまして!
    山登り初心者です。とても参考になります。
    このブログで見て楽しそうだったんで岩殿山
    今度行ってみます(^_^)

    • czucoさん

      コメントありがとうございます・x・b
      岩殿山は初心者の方にはうってつけの山だと思います。
      自分の通ったコースの逆を行ってください・p・

      軍手も忘れずに!
      では、楽しんできてください。

  2. はじめまして!
    ブログはとても参考になりましたよ〜
    見てるだけで何だか楽しくなっちゃいました(^^)

    まだ道具も何にも揃えてませんが・・・
    近いうちに登ってみたいと思っています。
    私は栃木県に住んでますが県内には素敵な山がたくさんあるのですね!

  3. >チョコぱんだ☆さん

    コメントありがとうございます。
    栃木に住んでらっしゃるのですね。自分は今は東京にいますが、栃木に実家があるので山を始めてからは頻繁に帰るようになりました。
    栃木からはいろんな山にいけるのでいいですよ。

    装備はそろえないでも、筑波山や日光周辺の簡単な山から登ることをオススメします。これから暑くなるので、温泉も一緒に調べておくといいですね。

  4. こんにちは
    先週白根山行ってきました。veryさんと五色沼までは同じルートでした。わずかしか日にちが変わらなくても、周りの景色は、目まぐるしく冬の装いに変わっていくのですね。私も今度は、前白根コース行ってみたいです。今回のveryさんのコースも(金精山~)いいですね。参考にさせて頂きます。10月1日、那須茶臼の紅葉(白笹~南月山~姥ヶ平)あいにくの天気だったので、もう時期は過ぎてしまったけど明日もう1度那須行ってきます。

    • >もと山さん
      お久しぶりですね。
      ついに白根山まで行かれましたか。
      五色沼コースは良いですよね。五色沼の短縮ルートを今年の夏に行っています。花の時期も終わりかけでしたが、黄色い花がたくさん咲いていました。
      季節を変え、楽しめるとても良い山です。
      那須岳にも行っていて自分は4日の土曜日に行っています。曇ってはいたものの見事な紅葉でした。

  5. 栃木に住んでいて最高峰白根は登っておこうと思いました。白根もそうですが、那須が岳もいろんなコースが楽しめてわくわくします。先日の那須、朝日~三本槍~茶臼天気も良く風もなく最高でした。三斗小屋で温泉ももいいかなと・・・新潟の平標山もそうですが(8月に行ってきました)高い山は花の咲いている時期に行ったことがないので、今度はお花畑ツアー考えてます。veryさんのお花畑参考にして行きたい山はたくさんです。体力が持つ限り登っていたいです。

    • >もと山さん
      再びコメントありがとうございます。
      那須を結構巡ってますねー。三本槍は行ったことがないので行ってみたいです。裏那須というエリアは7月上旬~中旬頃はニッコウキスゲがすごい咲くそうですよ。
      高山植物は上信越から東北がよく見られますね。
      遠いですが月山は感動すると思いますよ!

  6. こんにちは!
    今日日光白根山に行ってきました。
    ルートは湯元から前白根→奥白根→五色沼→五色山→湯元を予定していましたが、思いのほか時間がかかってしまい、山を下る前に日没サスペンデッド…
    人生初の遭難者として栃木県警にお世話になってしまいました!
    夜の森の中に取り残される恐怖はハンパないです。
    体調がよくなかったのも時間がかかった原因かも。
    veryblueさんも気をつけてください…。

    • >えふさん
      大変な目に遭われましたね…。
      ご無事で何よりでございます。
      湯元からのルートはコースタイムも掛かり、またアップダウンが激しそうな登山道ですね。

      先週、平ヶ岳に行ったのですが、日没後に登山口に到着せずナイトハイクする羽目になりました。ただ、一本道だったので遭難はしなかったです。
      これから日も短くなるので気をつけましょう!

  7. そろそろ6月頃に登山をしようと、ブログを拝見させていただきましたが、とても内容が分かりやすく、ユーモアが溢れていて読みながら笑ってしまいました!同じようなコースにしようかと思いました、ありがとうございました。

    • みりさん
      コメントありがとうございます。

      日光白根山は六月に登ったことはありませんが、きっと新緑や高山植物の咲き初めで、楽しいと思います。
      タフなルートですので、気を付けて行ってください!

タイトルとURLをコピーしました