5月の登山記事一覧はこちらをクリック

【信越】苗場山 登山 ~ 山頂に広がる広大な湿原、ブヨと土砂降りの波乱に満ちた七夕の旅

苗場山_01

2013年7月7日

新潟県と長野県に跨る苗場山(なえばさん)に登ってきました。標高は2145mです。

7月7日七夕の日。

この苗場山は登山する山というより、冬はウィンタースポーツ、夏は野外ロックフェスとして知られています。そんな苗場山ですが、山頂に尾瀬のような高層湿原が広がっていることはあまり知られていないのではないでしょうか。ネームバリューに対して、登山用のロープウェイがあるわけでもなく、日帰りの行程が長いからかもしれません。

苗場山_02

そして、この苗場山には人を寄せ付けない極悪な番人がいたのです…。

梅雨真っ只中、七夕の旅スタートです。

苗場山登山

プロローグ

東京は梨1個の値段が198円です。

個人的に好きな果物ランキング1位に梨が堂々ランクインしています。7月下旬から9月終わりまでは、甘みの強い品種である幸水(こうすい)が出荷されます。そんなハッピーウォーターが大好きで、それはもうもりもり食べます。

しかし、東京の梨価格は異常。

そもそも、梨は道端で買うものだろうというのが自分の認識。自宅から1キロ圏内に梨農家があるので、無人販売所で梨が買えます。500円のワンコインに対して、ビニール袋に梨が12個~15個ほど詰まっています。バラつきがあるのは農家のおばちゃんの大雑把なさじ加減によるところでしょう。

4~5倍の値段を払って梨を食べたくない。とか思っていると、幸水が市場から姿を消してしまうのがここ数年のこと。

この夏の時期に、ばあさんちに行くと梨が山盛りになっているか団子が山盛りになっているかのどちらかでした。ちなみに団子にコンデンスミルクを掛けて食べるのは、自分のばあさんちだけの風習だということを最近知りました。たぶん、ばあさんの姉さんのうちがイチゴ農家で、イチゴにかけるコンデンスミルクを団子にかけたらどうなるんだろうというところから始まったに違いない。

梨を山ほど食べたい。

でも、梨はビタミンなどの栄養価がほとんどないらしいです。フルーツ界のキュウリですね。

苗場山_03

「苗場山?いいぜ乗ってきなよ」

ということで、初対面にも関わらず今回の登山に連れて行ってくれたSakuさん。そのスピリットは、アメリカの西海岸と東海岸をつなぐ道中、ヒッチハイクをしている若者を拾うトラックドライバーのよう。

そんなSakuさんは真夜中の土曜日、仕事帰りに自分の最寄駅まで迎えに来てくれました。

茅ヶ岳早池峰山で一緒したさみーさん、マミさんを招待し、4人で苗場山へと出発しました。

苗場山_04

深夜の関越道は、赤城SAを過ぎたあたりで車通りはほぼなくなり、あっけなく新潟の越後湯沢へ。入り口に虫除けの業務用扇風機が回るセブンイレブンで食料を調達し、三国街道から苗場スキー場へ向かいます。

朝5時前だというのに登山口の駐車場には、既に10台以上の数の車が停まっていました。

苗場山_05

駐車場にはちゃんとトイレがありました。

苗場山_06

 

前日の天気予報は晴れのち曇りでしたが、満遍なく曇りの天気。

陽が登り明るくなり始めたところで、苗場山登山開始です。

苗場山_07

登山道入り口には、登山口を示す柱とコースを紹介する大きな看板がありました。駐車場からはゲレンデに通じる道へも進むことができますが、登山道へと入りました。

苗場山の地図

今回のルートは苗場山のもっとも一般的なルート「祓川コース」です。

登山口から山頂までの標高差は800m程ですが、横に長いので長丁場になります。秋山郷に登山口のある「小赤沢ルート」は、見所もありそうかつコースタイムが短いのですが、秋山郷まで到達するのが難ありです。

苗場山_08

前日に雨が降ったため、地面は泥だらけでした。幸先の悪いスタートです。

苗場山_09

ほんの数分でゲレンデと合流しました。

景色はご覧の通り、鈍よりとした曇り空。今回は、さすがに天候回復は期待できそうにない空模様。

苗場山_10

最近、登れば晴れる天気を感じとることができるような気がするんです。

視覚的に見ることができる雲の厚さと体に感じる気圧の感じでしょうか。いや、こんな能力は麓の町に住む仙人みたいな暮らしをしている爺さんだけかな。

苗場山_11

7月上旬のこのガス状態。湿度は高く、不快指数は高めです。

苗場山_12

駐車場から歩き始めて40分ほどでかぐらスキー場和田小屋に到着しました。

宿泊者専用の駐車場があるようで、スキー場の道をカットできるみたいです。ゲレンデシーズンの方が活気付いてるのかな。

苗場山_13

和田小屋のすぐ近くに苗場山への登山道があります。ここからが本当のスタートになります。

苗場山_14

登山道入り口周辺は冬はゲレンデになっているであろう場所が、花畑と化していました。

苗場山_15

とうもろこしの実ように粒粒の白い花をつけているのは「コバイケソウ」。

こんな花あるんだー。珍しいなー。

と思っていたのですが、高山植物としてはどこにでも分布しているので、この後の登山で、何度も見ることになります。

是非名前を覚えておくべき花の一つです。

苗場山_16

登山道をふさぐ様に雪がこんもりと盛られていました。この雪の向こう側が登山道なのに、道を見失って左の方向に進んでしまったのは内緒です。

苗場山_17

チングルマも咲いていました。

苗場山_18

ゲレンデの脇にこっそりとある登山道に進入していきます。

苗場山_19

樹林帯の地面は前日の雨でどろどろでした。

苗場山_20

かんかん照りの晴れた日には涼しい樹林帯ですが、この梅雨の時期は風の通らないので、スチームサウナ状態です。

苗場山_21

梅雨最高!

といわんばかりに湿気大好きカタツムリが優雅に歩いておられました。

苗場山_22

五合半を示す標識がありました。

どうやら十合目を目指すような登山道になっているようです。○号目という表示がある登山道は意外と少ない。

苗場山_23

ところどころ木道で整備されていて歩きやすいです。湿っていなければ。

苗場山_24

5合目~7合目間は樹林帯であまり代わり映えはしない道です。

苗場山_25

ぐいぐい登ります。

苗場山_26

「イワハゼ」

たぶん。

苗場山_27

横に長い登山道なので、たまに平坦な道が登場します。

たまに見上げるとゲレンデの電線やら鉄塔が見えてちょっと萎える。

苗場山_28

「ゴゼンタチバナ」

ゴゼンは白山(はくさん)の最高峰である御前峰のことを指すらしいです

苗場山_29

ぬかるみががが。

苗場山_30

「ギンリュウソウ」

頭がちょこっとでているものしか見つけられませんでした。

苗場山_31

下ノ芝に到着。

苗場山_32

ベンチもありしばし休息をとります。

このあたりまではまだまだのんびりしていました。これから登山史上最大の修羅場が待っていようとは、このときは誰も思っていませんでした…。

苗場山_33

苗場山_34

「イワオトギリ」

花びらが白くギザギザしており、雪の結晶のようにも見えます。

苗場山_35

まだまだ続くよ樹林帯。

少しでも風通しの良い場所に出たいです。

苗場山_36

苗場山_37

 

苗場山_38

「ベニサラサドウダン」

イワハゼに似てるけど違う花。

苗場山_39

駐車場から歩き始めてようやく高い樹木が生えない、展望の良さそうな場所に出ました。

苗場山_40

中ノ芝に到着しました。

ここから更に35分で、一つ目のピークである神楽ヶ峰があります。

苗場山_41

後ろを振り返ると雲の隙間に景色が広がっているではありませんか。

苗場山_42

さぁ、景色も徐々に回復に向かってきています。

ここは一気に高度を上げましょう!

苗場山_43

 

 

が、

 

 

虫が!

 

 

 

虫がッ!!

 

 

 

虫がァァァァァアアアアア!!!!!

 

 

 

 

苗場山_44

ぶーん ぶーん !!!

人間の周囲を執拗に羽虫が纏わりついてきます。

常に視界に入りこみ、皮膚が露出している手や顔、首を狙って突撃してきます。

ここで言う虫というのは「ブヨ」のことです。

苗場山_45

その煩わしさ、苛立たしさは蚊をそれを遥かに凌ぎます。

まるで山のゼロ戦と言わんばかりに歩いていようが、体を動かしていようが、お構いなしに襲撃してきます。

 

苗場山_46

虫対策を怠っていたわけではなく、ちゃんと虫除けスプレー等は持ってきました。完全に気休めでしたけど。

自分は害虫じゃない!

社会のダニかもしれないけど!

苗場山_47

常に数十匹に絡まれます。

自分の前方にある空間を手で払うと、手に3、4匹ぶつかった感触があるくらいです。

自分が薦めた虫から顔を覆い隠す防虫ネットを買ったさみーさんは、全身防御で余裕のご様子でした。

薦めたにも関わらずなぜ自ら買わなかったのか…。慢心、環境の違い…。

苗場山_48

神楽ヶ峰に続く稜線に出ました。

歩行をやめるとブヨの猛攻撃にあうので、前進し続けます。死の行軍そのものです。

苗場山_49

大きな岩場を乗り越えたりと慎重な場面ですが、ブヨの猛攻が集中力を欠いてきます。

苗場山_50

苗場山まで2.2キロ。まだまだ先は長いです。

苗場山_51

上空の天気悪いですけど、中間層にある雲が下がってきたので、近くの山々の景色を眺めることができました。

苗場山からみて東側の山なので、谷川岳あたりでしょうか。

苗場山_52

とか景色をゆっくり楽しんでいるとブヨに狙われる。生き地獄とはこの事かもしれない。

ちなみにマミさんにも防虫ネットを薦めたのですが、「かわいくない」と言う理由で買ってませんでした。そして、今回一番の被害者だった気がします。

後日、購入していました。

苗場山_53

稜線に咲くコバイケソウはまだまだ花を開かせていませんでした。

苗場山_54

道の途中にあった神楽ヶ峰(かぐらみね)。ここまでで3時間ほどを要しています。

苗場山_55

そして、ようやく見えた苗場山の本体。

コースタイム片道4時間の長丁場歩いたことがない人は、「ここまで登ったのに、くだってからまた登らなきゃいけないのかよ…」と心をペキッと折られる登り返し。

苗場山_56

嫌なことは続くもので、ぽつぽつと雨が降ってきました。

幸いなことに風が吹いていなかったため、折りたたみ傘の登場。

苗場山_57

神楽ヶ峰から苗場山へ続く道は1時間の道のりです。まずはくだる。

苗場山_58

くだりきったところにお花畑の看板が設置されていました。

まだ7月上旬のためか、白い花(わたすげ?)が点々と咲いているくらいで、まだまだお花畑と呼べるような状態ではありませんでした。

苗場山_59

「ニッコウキスゲ」

黄色い花を咲かせるユリの一種で、高山植物の代名詞です。苗場山と神楽ヶ峰の間にあるニッコウキスゲは、一つしか蕾を咲かせていませんでした。

苗場山_60

いよいよ九合目に到着です。

中ノ芝を越えたあたりからずっとブヨに襲われ続けています。既に何箇所か刺されてしまいました…。

苗場山_61

稜線上から見えた苗場山から西側の展望。

平家の落人伝説が残る秋山郷(あきやまごう)方面でしょうか…。鳥甲山(とりかぶとやま)という苗場山の西側にある山が気になるところです。

苗場山_62

苗場山への最後の登り返し。結構、急でした。

雨が降っているせいで岩が滑りやすく、本来であればゆっくり登るべきなのでしょうが、たちまちブヨに襲われるので一気に駆け上がりました。

苗場山_63

息を切らしながら登りきると、出現したのは雪の絨毯!

苗場山_83

そして、湿原が広がる広大な山頂でした。

その途方も無い広さに呆然です。

苗場山_64

そして、何より嬉しいのがブヨがいない!

どうやら、風が通り抜ける山頂では、ブヨは人間に寄り付けないみたいです。

苗場山_65

小さな湖沼(こしょう)がいくつも点在していて、まるで人工的に作られた棚田のようです。

苗場山_66

恐竜の卵みたい。

苗場山_67

山頂一帯は、湿原を保護するために木道が整備されています。

ちなみに木道にはプレートが張ってあり、設置年月日が記載されています。大体平成21年~23年頃で、ここ最近整備されているようです。

苗場山_68

山頂が見えてきました。

苗場山_69

苗場山の山頂に到着です。

開放的な湿原が広がっているにも関わらず、山頂の標識は樹林帯の中にひっそりと立っていました。

 

苗場山_70

風の通らない場所はブヨに襲われます。

山頂の標識から数十歩にある「苗場山自然体験交流センター」に逃げ込みました。

苗場山_71

苗場山_72

交流センターという名前ですが、いわゆる山小屋です。内装は綺麗でした。

休憩料は300円です。

苗場山_78

ブヨの猛攻から逃れられて、お昼を食べることができるのであれば十分安いものです。

苗場山_73

七夕ということで作ったフルーツポンチ!

苗場山_74

紅白のゼリーがちゃんと星型をしています。

苗場山_75

お昼を食べ終え、苗場山の山頂を少し堪能しに行きましょう。

ブヨは山頂にいませんでした。

苗場山_76

苗場山_77

さすがウィンタースポーツの聖地苗場です。

7月上旬だというのに雪の量が半端じゃありません。雨が小降りですが、風が通り抜けるとヒンヤリ涼しいです。

苗場山_79

この広大な山頂に18ホールのゴルフコースを作ったら、絶景を見ながらの爽快なプレイができそうですね。

苗場山_80

苗場山って高山植物で有名な山だと思っていましたが、種類は豊富だけど群生があるわけではないんですね。

苗場山_81

雪山に迷い込んでしまったようです。

苗場山_82

緑の芝の上に咲くワタスゲがファンタジー。

苗場山_84

さぁ、下山を開始します。

横に長い登山コースですので下山も時間が掛かります。

苗場山_85

はい、下山しました。

上層ではブヨに襲われ続け、下層に来ると突然土砂降りに遭い、写真を撮っている余裕なんてありませんでした。登山を始めて3年目の夏にして買ったレインウェアのボトムスが役に立ちました。

帰路ではブヨに耳と手の甲を何箇所か刺されました。ちなにみブヨは噛んで血を吸うため、耳が血だらけになりました…。

苗場山_86

本日の温泉は、苗場山から降り、国道に出てすぐの場所にある「街道の湯」です。可もなく不可もなくといった温泉施設。

温泉は行った後のコカ・コーラを楽しみに登山をしていると言っても過言ではない僕ですが、自販機で誤ってダイエット・コーラを買ってしまい、15分くらい立ち直ることができませんでした。

苗場山_87

下山時の雨はもの凄かった。登山道が沢に変わっていたし。

そして、この憎たらしいほどの快晴っぷり。

苗場山_88

一向は越後湯沢市街へ。

日曜日ということもあり、温泉街を闊歩している人はおらずガランとしていました。2週間後のフジロックの際には相当混むのでしょう。

苗場山_89

苗場山_90

「森瀧」と言う、うどんすきの店に入りました。素朴な地のものの料理や川魚のお刺身が特に美味しかったです。

森瀧 (越後湯沢/鍋(その他))
★★★☆☆3.58 ■おいしい!安い!ボリュームたっぷり!の、お料理が魅力です!特にうどんすきがオススメ★ ■予算(夜):¥1,000~¥1,999

うどんすきは2人前でも量がもの凄くて、野菜を食べ切れませんでした。

みんな白菜残すから、ひとり黙々と食べてた。

苗場山_91

そんなわけで帰路へ。予想以上に長い登山だったので、東京に帰る頃には22時を回ってしまいました。

最寄り駅まで運転してくれたSakuさんには感謝です。

苗場山登山を終えて

七夕の苗場山。

この旅で残ったものは、良き思い出と痒みでした。

翌日から2日間は腫れが残り、それから1週間は痒みがひどかったです。風呂上りの体の血流がよくなっているときに痒みがぶり返します。

ブヨやべぇ。

 

なぜ人にこの商品を勧めておいて、自分が買わなかったのか…。これほど後悔したことはありません。

プレイステーションが発売した当時、「あんな○とか△のボタンのコントローラーのゲーム機なんて売れるわけねぇし」と心で思いながら、面白半分で他の人に「あのゲーム機絶対くるから!」と勧め、自分はセガサターンを買って、のちのち後悔した経験を生かせてない。

6月から8月に苗場山もしくはこの周辺の山域に行くことがあれば、この防虫ネットは買うべきです。

来年、自分は600円で買った防虫ネットを山頂に大量に持っていき2000円で売ろうかと画策中です。

苗場山_92

と、ブヨの被害届けをどこの役所に出せばいいのか調べ中ですが、苗場山はとても良い山でした。

これほどのスケールを持つ山頂はなかなか無いでしょう。山頂湿原は見事で、日帰りだと十分に回ることができないのが残念です。登山用のロープウェイが運行して、山頂に1時間程度で到達できるようであれば、谷川岳や尾瀬に匹敵する観光名所になりそうです。開発されないところに登山者にとってのメリットがあるわけですが。

ブワァーと高山植物が咲き乱れる山ではありませんでしたが、その種類は豊富で、新しい花を見つけるのが楽しい山です。

ブヨがいなければ…。

苗場山~2015年秋の記事~

20150922-苗場山-0285

【新潟】苗場山 登山 ~ 高層湿原の別世界は黄金色の草紅葉、快適な秋晴れの旅
2015年9月22日 新潟県と長野県にまたがる苗場山(なえばさん)に行ってきました。標高は2145mです。 標高2000mの山頂に広がる高層湿原が有名な山で、いくつもの池塘が点在し、特異な景観が魅力の山です。 9月下旬以降になると緑の草原が黄金色変わり、秋色の世界に変わります。 夏はライブコンサート、冬はゲレンデで名前が一般認知されている苗場ですが、山としての実態を知ることができるのは登った者だけです。日帰りするのは少々コースタイムが長...

2年後の秋に再訪した記事です。

山頂の草紅葉がとても美しく夏とは別世界でした。そして、ブヨは全くいなくとても快適でした。

苗場山の地図はこちら

ブヨ対策にハッカ油スプレーは特に効果があります。必ず携帯しましょう。

モスキートガードがあればブヨに顔を刺されることはありません!!!

コメント

  1. いつも楽しく拝見しています。
    ブヨの被害、散々でしたね。
    あいつらは特攻精神が旺盛なのでやばいです。
    今回のルートには入っていないようですが、苗場麓の赤湯音泉、いいですよ。
    お勧めしますので今度行ってみてください。

    • >こばちさん
      コメントありがとうございます。

      ブヨは、本気で絶滅してほしいと思いました。
      赤湯温泉ルートを地図上で確認しました。
      なにやら一軒宿で、秘境の温泉みたいですね。惹かれます。
      情報ありがとうございました!

      苗場山

  2. Veryblueさん、こんにちは。
    苗場山、至近なだけに平標山&仙ノ倉山に似てますね。ブヨが。私の場合、髪の中に入り込まれていいように噛まれました。
    ブヨと戦いながら高山植物の写真撮るのは苦しかったです。そして、下山中に大雨に降られたのも同じ。越後の国境の山は素直でないのかも。
    とは言っても苗場山頂の高層湿原には関心あります。登山そのものよりも登山で出会う絶景や動植物を求めているので、行ってみたいところです。湿原ということはベストシーズンは初夏ですかね。防虫ネット買わないと。
    花の名前も蓄積されているご様子。自分は、各地の観光・登山案内のウェブサイトがかなり参考になると思っています。名前を覚えた花が次の山で見つかると、テストでヤマを当てたような勝利感を覚えるのは一種のゲーム感覚ですかね。私だけ?
    前に登山予告していた鳳凰三山ですが、白砂と巨岩の稜線は期待通りの絶景でした。富士山も北岳も見えるところでご来光ってのは贅沢なものです。そこにしか存在しない風景というやつでしょう。
    想像以上に山深くて植物も多彩でした。感想としては、山がでかい。地図見りゃ分かることなんですが、歩いてみると北関東や奥多摩の山とはスケールの違いを体感させられますな。
    ちなみに、私にとっての果物のチャンピオンは白桃です。ある種のブドウがこれに比肩していますが。そういう意味で山梨県(南アルプス)と馬が合うのかもしれません。

    • >icyfireさん
      こんにちは!

      今回の苗場山登山の1週間前に知り合いが平標山&仙ノ倉山に行っており、ブヨの脅威は聞いていました。
      「いくら酷いと言っても常に歩き続けてれば刺されないだろう」
      と安易に考え、ろくに準備もせずでかけてしまいました。
      そして、ブヨの攻撃性と数の暴力の前には生身の人間はまったく歯が立たないということを知りました…。
      越後国境の6中旬~8月上旬は防虫ネットが必要ですね。
      勿論のこと既に購入し、ザックの中に常備しております。

      花の名前を覚えることについては確かにゲーム的な要素がありますね。ダンジョン内で宝箱を探しているような気になります。
      特にその山にしか咲かない花はレア要素が強く、男心をくすぐられるものがあります。
      定番の「ニッコウキスゲ」と「コバイケソウ」、「チングルマ」を抑えておけば大抵の山で活躍してくれる気がします。

      苗場山

      鳳凰三山で御来光とは贅沢ですね~。自分が行ったときは今ひとつ曇り空だったのでなお更羨ましいです。
      「また、行きたい!」
      と言いたいところですが、山頂直下から青木鉱泉まで続く樹林帯を考えるとすぐにリピートする気は起きないです…。

      自分は白桃が2位にランクインしています!

  3. こんにちは!ブヨの襲撃、大変でしたね。まだ蜂のほうがカワイイものかも。
    そういえば、こないだ苗場山のすぐ近くの巻機山に行ってきました!
    こっちはさほど虫はいなかったので、至極快適な登山ができました。
    夏の巻機山の山頂周辺は、草がまるでフサフサな絨毯みたいで素晴らしかったです。
    強いてつらかったのは、雨上がりで粘土質の土で滑ってコケてケツが痛いことぐらいです。
    そろそろ夏山シーズンも終わりで、秋の紅葉のシーズンがやってくるので
    どこに行こうか今から楽しみにしています。

    • >えふさん
      巻機山は、個人的にお気に入り上位にランクインしている山です。
      自分が行ったのは5月下旬だったので、まだまだ山頂直下は残雪に覆われていました。
      巻機山は百名山でありながら、ネームバリューがないので静かな登山ができて良いですねー。
      夏の巻機山にも登ってみたいです。
      沢沿いのコースが気になるところです。

      苗場山

      9月は高山植物が終わり、紅葉の始まる前の時期なので、植物を楽しむというより、岩登りや火山に行くのが狙い目かと思っています。
      今年の紅葉シーズンもこれから楽しみですね。
      東北と上信越の山を一つづつ行きたい願望だけはあります!

  4. veryblueさん 
    こんにちは、このコース良さそうですね。自分も今度行ってみたいです。
    ブヨは嫌ですね、同時にアブも。この2種は普通の虫除けは効きませんので、自分はハッカ油と精製水、エタノールでハッカスプレーを作っていきます。効きますよ。天然の精油でないと効きませんが、登山用品店に必ずうってますし薬局に行けば全部合わせて800円くらいです。出かけるたびに作れば新鮮で安上がりです。自分はロッククライミングもするので、登ってる時には無防備ですがこれがあれば噛まれません。ブヨは綺麗な沢にしかいないと聞きました。トンボが出てくればいなくなるのでしょうが、どこにでもいるって訳でも無いみたいですね。先日奥穂に白出沢から登った際には全くいませんでした。他方で谷川にはいつもいますね・・・・あいつら。
    いつ見ても食が充実してますね。うらやましい。これって所謂女子力のおかげ?

    • >blahさん
      羽虫対策にかなり工夫されているんですね。勉強になります。
      ロッククライミング中は何も対策をしていない状態だと蜜を塗ったリンゴ状態で、食ってくれと言わんばかりの状態ですね。
      なるほど皆さんそのような対策をされているわけなんですね…。
      上越国境付近の山々には多いみたいです。
      後は、6月から8月上旬の時期でしょうねー。

      山に登ってるだけだと非常に地味で陰気くさいではないですか。あと汗臭い。
      なので、少しでも食は豊かにしておきたいところです。
      この時期、頂上で冷えた炭酸を飲まないとやってられませんー。

タイトルとURLをコピーしました