5月の登山記事一覧はこちらをクリック

【静岡】越前岳(愛鷹山塊) 登山 ~ 富士山と駿河湾、二つの景色を見渡す旅

20121209_愛鷹山_0001

2012年12月9日

富士山の南側に位置する愛鷹山(あしたかやま)に登ってきました。

愛鷹山という名称がつく山はなく、一般的には愛鷹連峰を指します。今回は、その愛鷹連峰の最高峰(標高1504m)の越前岳(えちぜんだけ)に登ってきました。

20121209_愛鷹山_0002

海抜0mの海岸線の景色と日本最高峰の富士山の景色その二つが味わえる旅スタートです。

愛鷹山登山

プロローグ

あなたの買ったそのお土産ほんとにそれでいいんですか?

お正月休みに帰省したり旅行に行き、お土産を買って帰り、会社や学校の人に配る機会があるかと思います。大抵、配りやすい小分けにパッケージされたお菓子だと思います。正月開けに出勤して、周囲の人達が頃合を見計らってお土産を配り始めますよね。配られるお土産の数々。その人のセンスが垣間見えませんか。

お土産といっても色々種類があると思います。

その1「ご当地パッケージお菓子」。これは、外面だけが土地柄を謳っているだけで、中身のお菓子本体はなんてことはない普通のお菓子。例えば、○○城クッキーとか、○○高原饅頭とかその土地柄と全く関係ないもの。アミューズメント施設や観光名所のお土産にありがちですが、パッケージが違うかお菓子にしてある焼印が違うかってだけで、どこでも食べれる代物です。

その2「名産ちょい足しお菓子」。これは、上記のお菓子にご当地の名産をちょっと足したもの。栃木県で取れる果物と言えばそうイチゴ。そのイチゴ果汁をクッキーや大福に混ぜてお土産にしちゃえばご当地お土産の完成です。名産品をちょっとお菓子に加えるものですね。基本的にはお菓子に合わせやすい果物が多いですね。海産物が有名なところでは、イカやえびをせんべいに加えたりしていますね。

その3「銘菓」。その土地で創作されたお菓子ですね。京都といえば言わずもがな「八ッ橋」、沖縄といえば「ちんすこう」、「草加せんべえ」、「東京ばなな」、「鳩サブレ」、「もみじまんじゅう」、「信玄もち」等など。その土地といったらこのお土産と言ったものです。「那須の月」が地元発祥の銘菓だと思って配っていたら、元は宮城の「荻の月」と言われ恥をかいたことがあります。

その4「地元オリジナル」。販売元がその土地の自社製で、限定的な生産をしているお菓子。これは線引きが難しいけれど、北海道のロイズのチョコレートや群馬県のハラダのラスクが全国百貨店でも販売しているくらい有名なお土産。まぁ、自分の地元栃木で例えると「木村のかきもち」があります。栃木県内の工場で生産されいるオカキで、あまり他県には流通していません。直営店が栃木県内各地にあるので、県内の贈答品としてはメジャーです。

ザッと分類してみました。個人的な主観なので悪しからず。

1に関してはアリかなとは思うのですが、会社で「伊豆いっちゃいました」みたいなビスケットを配られてもね…。こういうのはパッケージに価値がありそうな某ランドのようなものだと嬉しいですけどね。2がたぶんお土産の過半数を占めるのではないでしょうか。でも、名産品をちょこっと足したところで、特別おいしかと言われれば(おっとこんな夜中に誰か来たようだ)。3に関しても可もなく不可もなく一番安定してますね。でも、メジャー度が高い分、どこでも買えてしまうのが難点ですが。4に関しては、完全にその人のセンスが問われますね。本当のわらびを使ったわらび餅をお土産にもらったら嬉しかったですね。

まぁ、結局は食べられればなんでもいいですけどね!

でも、ちょっと席をはずしている間に誰かがおいた、謎の言語で書かれたお土産はちょっと怖いのでやめてください。

御殿場駅から愛鷹山の登山口へ

20121209_愛鷹山_0003

冬、朝起きるのが非常に辛いです。

今年は一回もエアコン使わないでやろうと思い、寝るときは湯たんぽを仕込んでいます。

20121209_愛鷹山_0004

今日の目的地はなかなか遠い場所です。

愛鷹山は静岡県の山ですから、東京からだと神奈川県を横断する必要があります。

20121209_愛鷹山_0005

小田急線で新松田駅まで行き、そこからJR御殿場線に乗り換えます。

そして、とても気になるマニラ食堂という店。

20121209_愛鷹山_0006

JR御殿場線の松田駅ホームからは、富士山の頭が見えていました。

雲が富士山の上をぷかぷか浮いていました。

20121209_愛鷹山_0007

快晴とはいえホームで電車を待っていると、防寒が弱い足から冷えてきます。こんな時期でも女子高生はスカートで偉いですね。

ホームで両神山を一緒しているみずくんと合流。

20121209_愛鷹山_0008

JR御殿場駅に到着。

ここまで来ると御殿場プレミアムアウトレットに行き、ショッピングして帰りたくなりますね。

20121209_愛鷹山_0009

のぶさんが途中で電車を逃してしまうという連絡があり、次の電車が来るまで駅前のサブウェイで待機。

路線バスが出発してしまったので、タクシー利用をすることに。

20121209_愛鷹山_0010

浅草にある金色のう○こモニュメントにそっくりな像が駅前にありました。

そんなわけで一本後の電車できたのぶさんと合流。タクシーで登山口へ向かいました。

20121209_愛鷹山_0011

40分ほどで愛鷹山登山口がある十里木駐車場に到着。

十里木駐車場から越前岳に直登するコース

20121209_愛鷹山_0012

階段からスタートする登山道。斜面には木が生えていません。

10時21分に登山開始です。

20121209_愛鷹山_0013

さて、自分と格好が似ている遅刻したのぶさんは、電車の中に登山靴を置き忘れてきたそうです。

…。

なんでやねん!

20121209_愛鷹山_0057

というわけで、サンダルのクロックスで登山することになりました。

良い子は大変危険なので真似しちゃダメですよ。

20121209_愛鷹山_0014

20121209_愛鷹山_0015

富士山の周辺の山であるため、それはもう贅沢なくらいに富士山が眼前にあります。

が、すっかり山頂は雲に覆われてしまい裾野が見えるくらいです…。

20121209_愛鷹山_0016

この展望台からは富士山の南側の斜面がどーんと見えるはずなのに…。

20121209_愛鷹山_0017

赤いウェアのみず君は今回帽子を忘れてきました。なので、自分が持っていた100円ショップで買った予備のサンタ帽を貸し与えてみました。

赤いウェアと相まって、完全にサンタのコスプレです。

20121209_愛鷹山_0018

展望台があるところまではススキ野原が広がる散策路でしたが、そこを過ぎると登山道になってきます。

20121209_愛鷹山_0019

20121209_愛鷹山_0020

雪もうっすらですが積もっています。

ひたすら熊笹と樹林帯の中を登ります。

AcrossTheSea04

しばらくすると展望の開け、太平洋が見えました。

愛鷹山から西側方面なので駿河湾ですね。

20121209_愛鷹山_0021

麓の街は富士市内でしょうか。

南に太平洋、北に富士山でちょうど海抜0mから日本最高地点の富士山の中間にいるわけです。

なんと、お得な景色のセット販売なのでしょう。

20121209_愛鷹山_0023

でも展望があるところまで来れば後少しで山頂へ到着します。

富士山は見えないけど駿河湾が見える越前岳

20121209_愛鷹山_0024

11時29分に愛鷹山最高峰の越前岳(えちぜんだけ)に到着です。

所要時間は1時間15分でしたが、男3人なのでこのペースは若干早めです。

20121209_愛鷹山_0026

山頂は広くここからも駿河湾を一望できます。

20121209_愛鷹山_0027

山頂で裸になるでお馴染みののぶさんをクリスマスバージョンでお届けします。

言っておきますけど、山頂の気温0℃なく、風もびゅーびゅー吹いているので相当寒いですよ。

20121209_愛鷹山_0028

山頂には、可愛らしいお地蔵様が奉られていました。

と、写真を撮っていると、横にいた男の人が「これ俺が作ったんだよ」と話しかけてきました。なんと、製作者の人がたまたま隣にいたのです。

木でできた祠はいつの間にか誰かが作ってくれたんだとか。こういうことってあるんですね。

20121209_愛鷹山_0029

山頂でお昼にするには風が強すぎるので、その先の縦走路を進みます。

20121209_愛鷹山_0030

富士見台という場所に到着し、ここ周辺は少し広くなっていたのでここで昼食にすることに。

20121209_愛鷹山_0032

この富士見台ですが、昭和13年に発行された50銭紙幣の富士山の撮影場所なんだとか。

20121209_愛鷹山_1001

野郎3人でメリークリスマス。

とても寒くてガタガタ震えながら乾杯しました。

20121209_愛鷹山_0033

昼食を終えて下山します。

これがまあアイゼンを使おうか躊躇うくらいにつるつるした道でした。

20121209_愛鷹山_0034

途中、縦走路から少しはずれた黒岳との分岐点に来ました。

20121209_愛鷹山_0035

富士山展望スポットまでやってきましたが、やっぱり山頂付近の雲はとれず仕舞い。

20121209_愛鷹山_0036

黒岳山頂はとても静かでした。

越前だけ山頂よりも広く、富士山の展望に優れていて、箱根の山々を見渡すことが出来ます。

20121209_愛鷹山_0037

20121209_愛鷹山_0038

愛を叫んでおく。

20121209_愛鷹山_0039

さぁ、下山です。

20121209_愛鷹山_0040

黒岳からの下山は、越前岳の道と比べると本格的な感じですね。

苔に霜が降りていて非常に滑りやすかったです。

20121209_愛鷹山_0041

14時7分に愛鷹山登山口に下山してきました。

昼休憩含めて4時間だったので、いつもと比べると短い時間での縦走でした。

20121209_愛鷹山_0042

ここからバスで帰ろうとするも次のバスは15時16分で1時間以上あるので、少し先まで歩くことに。

20121209_愛鷹山_0043

御殿場駅方面に歩きます。

大野路温泉で展望の良い露天風呂に入る

20121209_愛鷹山_0044

そしたら途中に日帰り温泉施設「大野路温泉」を発見!ちょうどいいと寄ることに。

が、手前にあるバス停留所に次のバスが来るまで僅か30分!一本次のバスは2時間後だったので、急いで入浴することにしました。

20121209_愛鷹山_0045

愛鷹山登山口にこの温泉の割引券がありましたが、ここには寄る予定じゃなかったので取りませんでした。

が、その旨を伝えると料金を割り引いてくれました。

基本的には露天風呂しかない温泉で、時間が中途半端なのか自分達の貸切でした。

20121209_愛鷹山_0046

シャワーも外にあって、お湯が出るまで時間がかかり「くっそ寒い!」と騒ぎながら入浴しました。

展望風呂があり富士山を眺めることが出来ます。ちなみに丸見えになります。

素っ裸で梯子を登ってる姿は滑稽以外なにものでもありませんね。

20121209_愛鷹山_0047

慌しい入浴を終えてバス停へ。

20121209_愛鷹山_0048

パターゴルフやキャンプ施設が併設しているので面白そうですね。

20121209_愛鷹山_0050

20121209_愛鷹山_0051

温泉の前にあるバス停で、15時38分のバスに乗り込み御殿場駅へ。

20121209_愛鷹山_0052

16時ちょっとすぎに御殿場駅に到着。

駅前にあったラーメン屋「ふじもり」で食事にすることにしました。

20121209_愛鷹山_0053

二郎系ラーメンでした。

野菜マシマシのことを富士山に例えてふじもりか。成る程。

20121209_愛鷹山_0054

松田駅に着いた頃はすっかり夜も更けて日が短くなっている事を感じます。

愛鷹山登山を終えて

登山をするのに南下したのは、同じく静岡県の天城山に行って以来ですね。

移動距離がある上にバスの本数も限られているので、アクセスにおいて難ありの山でした。

20121209_愛鷹山_0056

富士山の全貌を拝むことは叶いませんでしたが、海と山の両方の景色が味わえる登山になりました。

本格的に冬に入り寒さが増してきましたが、子供は風の子と言わんばかりにまだまだ張り切っていきましょう。

愛鷹山の地図はこちら

コメント

  1. 気になることがたくさんありすぎるのでいくつか割愛しますが、
    1.新松田駅前のマニラ食堂は、見る人全員が気になるようですが、知人の実家です。
    2.たまたまサンタの帽子をもってるって、どゆこと?
    3.お地蔵さんを作った人がたまたま隣にいるって、ものすごいですね\(^o^)/
    短い行程ながらに濃い登山でしたね!うらやましい!

    • >adaさん
      1.マニラ食堂の実態を知る人が身近にいたとは!ぜひ潜入調査をお願いします。
      2.いつでも子供に夢を配れるように忍ばせておくのです。
      3.ほんと偶然製作者がいてびっくりしました。ちなみにお地蔵さんになれるのは、狸マリオです。

      最近、ブログが長い上に登山以外の事も書きすぎていて、どこに突っ込んでいいかわからないとの意見をもらいました。
      このブログにコメントがあまりつかないのもこのせいなのでしょうか。

  2. 山頂に着いたとかよりも気になることがほかにありすぎます!\(^o^)/
    と書こうと思って書かなかったのですが、VERYBLUEさんから先に言われるとはw
    VERYBLUEさんより面白いことが書けないので
    なかなかコメントをかけないであります!

    • >adaさん
      山頂に登ったかどうかなんて関係ないんですよね。
      そう、どれだけその登山を楽しんだかが重要なんですよ。
      気になることがあれば何でも答えますよ。例えば、のぶさんのスリーサイズとか。
      知らないけど。

      愛鷹山

  3. >なかなかこのブログにコメントが付かない
    充分だと思いますよ!私のブログは事務的過ぎて魅力を感じません。
    しかし、遊び心が詰まってますし写真も味があるこのブログは面白いです☆

    2回目のコメントをさせていただきました。
    今年もよろしくお願いします(*^^)v
    先日のコメントの返信ですが…私は家は都内で実家は千葉。
    実家と家の所要時間がDoor to Doorで30分ですwww
    http://www3.pf-x.net/~repiten/

    • >目黒武史さん
      2回目のコメントありがとうございました。
      早速、ブログを拝見させていただきました。とても情報量が詰まっているのでとても参考になりますね!
      自分のブログは全く参考になりません!まぁ、登山のペースは個人によって違うので、あまりタイムを載せてもしょうがないというのも書いていない理由なんですが。

      住まいは都内なんですね。自分は実家と今住んでいる家からではきっと3時間以上かかります!
      今年もよろしくお願いします。

      ホームページを後ほどリンクに追加させてもらいますね。

  4. 最後の写真かなり面白い写真ですね(笑)
    必ず裸になる方に触発されて皆脱いだのでしょうか?(笑)
    ジャンプ力が凄い(笑)
    登山のコメントを書きたいのですが、お尻の残像しか出てきません(笑)
    貸切のお風呂の様子が楽しそうでいいですね♪
    予備の帽子がサンタってのが爆笑です!

    • >heartyさん
      男は裸一貫ってやつですね。
      山頂に登り裸になることで自己のアイデンティティを確立させているのでしょう。
      この温泉は露天風呂しかなく、ぎゃーぎゃー騒ぐことが出来て楽しかったです。ただ、バスの時間が迫っていたので15分程度の入浴でしたが。

      女子風呂にもこの展望風呂があるのか気になります。
      あるなら周辺の草むらにトレッキングにでかけなければいけないので。

      富士山の温泉

  5. お尻の残像が消えたので(笑)、落ち着いてみたら沢山コメントする事ありました(笑)
    まず登山靴を電車に忘れてしまったのはもったいなかったですね。お尻の方のクロックス登山を心配しました。駅の忘れ物置き場に届いてるといいのですが。
    あと山頂の看板にXmas仕様の赤いシャラシャラがついていて可愛い看板があるんだ~と思ったら、持参されてその都度取り付けたんですね。センスありです♪
    あと50銭紙幣の撮影場所がそこだったなんて凄い歴史的な場所に行かれましたね!今の50円玉ではないんですよね?歴史を感じる場所ですね。
    サンタくまちゃんが可愛いっ!

    • >heartyさん
      引き続きコメントありがとうございます。

      お尻の方の電車内に置き去りにされた登山靴は大宮駅の事務所に預けられていたみたいで、後日回収することができたそうです。その置き去りにされた靴を見た人は、電車内から自殺したんじゃないかと冷や冷やしたのではないでしょうか。
      赤いシャラシャラはそうです持って行きました。
      看板に飾っていたものを取り外そうとしたら、山頂にいたおじさんが「あ、そのままで写真撮らせて」と言われましたよ。

      昔からお札に描かれている富士山はそれぞれに描かれたポイントがあるので、それを巡ってみるのも楽しいかもしれませんね。

  6. ホームページへのリンク、了解しました!
    私もブログにリンク貼り付けておきますね。

    写真を撮りながら景色を楽しむ登山をしているので、
    情報量より写真への魅力を感じます。
    低い山がメイン(雪山装備ゼロ)なので、花などを紹介できればと。
    今月中に千葉の山でも行ってきますかね(#^.^#)
    http://www3.pf-x.net/~repiten/

    • >目黒武史さん
      リンクを追加しておきました!

      自分も写真を撮りながらノンビリ歩くことが好きです。
      自分は風景写真より、楽しく登山をしている風景を撮るのが好きです。
      あんまり風景写真のセンスはないんですよね。
      そして、あまりカメラについても全然詳しくありません。
      「レンズ何ミリ?」って聞かれて、毎回確認しないといけないくらい覚えてません。

      千葉の山へは春先の菜の花が咲き始める時期に行きたいと思ってます。

  7. 初めまして。楽しく読ませていただきました!!
    一昨日に愛鷹山に行ってきました。作者さんとはコースが違うのですがとてもきつい思いをしました笑
    まだ登山を始めたばかりなのでちょうど良いところはないかなと探していたところこのブログにたどり着いて、愛鷹山を見つけて決めました。楽ではなかったけど、今後に向けてのいい経験になりました。
    読んでてとても面白いし参考になります。またこのブログで登る山を探したいと思います!!ありがとうございました。

    • >DahWahさん
      初めまして!
      コメントありがとうございます!

      登山をはじめたばかりに愛鷹山は渋いチョイスですね。もしかして、近くにお住まいなのでしょうか。
      参考にならず、辛い思いをさせたのではないでしょうか…。
      こんな私でよろしければ、登山の相談にのりますよ!
      どうかお気軽にコメントでもメールでもお寄せください。

      愛鷹山

  8. 返信ありがとうございます!!
    いや、実は千葉で大学生をしております。ちょっとわけあって遠くの山を選ぶ必要があったんですが、移動だけで5時間位かかりました笑
    愛鷹山も無茶な登山をしてしまって…半分自業自得です笑
    相談にのってもらえると非常に嬉しいです!!友達と一緒に登ってるのですが、お互いが初心者なので…
    またコメントしたいと思います。よろしくお願いします。

    • >DahaWahさん
      大学生なのですか!羨ましい。
      大学生のうちに登山をはじめていなかった事を後悔してますよ。
      お金がなくても時間はありましたからねー。
      今は長い連休が取れないので…。

      千葉から静岡は遠いですね。もしかして、青春18切符か何かですかね。
      また、よろしくお願いします。

タイトルとURLをコピーしました