紅葉登山の記事一覧はこちらをクリック

山小屋泊

スポンサーリンク
登山

【北アルプス】唐松岳・五竜岳 登山 ~ 八方尾根から遠見尾根の縦走、秋と冬が寄り添う高峰の旅

2016年10月15-16日 北アルプスの五竜岳(ごりゅうだけ)に行ってきました。標高は2814mです。 五竜岳は後立山連峰の中央部に位置し、豪傑な山容が特徴です。日本百名山の一座に選定されています。唐松岳とセットで登る、定番の1泊2日の縦走コースを歩きました。八方池などの定番ビュースポットを通る人気のコースです。
登山

【八ヶ岳】赤岳 雪山登山 ~ -20℃の強風と極寒地獄、樹氷とパノラマの厳冬期の旅

2018年1月27₋28日 八ヶ岳の赤岳(あかだけ)に行ってきました。標高は2899mです。 厳冬期でも人気のある八ヶ岳エリアは初心者から上級者まで、幅広く雪山登山ができるエリアです。赤岳のある南八ヶ岳は穏やかな北八ヶ岳とは違い、岩壁の急峻な登りがあり、危険度が増します。 今回は標高2722mにある赤岳天望荘に宿泊し、1泊2日の行程で行ってきました。 1か月前に計画を立て、小屋の予約も準備OK、集合時間も万全でした。 しかし、開催...
登山

【四国】剣山・三嶺 登山 ~ 霧氷と紅葉の笹尾根を行く、憧れの四国の縦走路の旅

2016年11月3日~4日 徳島県の剣山(つるぎさん)に行ってきました。標高は1955mです。 愛媛県の石鎚山に次ぐ標高で、四国では2番目の高さがあり、日本百名山に選定されている一座です。剣山から西へ続く稜線の先にある三嶺(みうね)は高知県との県境になり、剣山と三嶺を結ぶ稜線は、四国山地の自然と展望を堪能できるトレイルです。 前年の2015年は石鎚山は究極と呼べる素晴らしい紅葉を堪能し、次回の四国はやはり剣山という情熱が沸々と沸き上がりました...
登山

【南アルプス】塩見岳 登山 ~ 鳥倉登山口から塩見小屋泊、南ア境界線に魅せられる旅

2017年9月24日-25日 南アルプスの塩見岳(しおみだけ)に行ってきました。標高は3052mです。 鳥倉登山口から入山、山頂に一番近い小屋である塩見小屋に宿泊しました。塩見岳はある距離が長いので、体力に自信がない登山者であれば、1泊2日の行程が通常です。 広範囲の南アルプスの北部と南部の境界にある山で、山頂からは多くの名峰を展望することができます。 標高が3000m以上の名山でありながら、周囲で登った人はあまりおらず、選択候補から「...
登山

【三重】大杉谷渓谷 ~ 大台ヶ原へ縦走、エバーグリーンの自然が宿る近畿秘境の旅

2015年5月2日~3日 三重県の大杉谷峡谷(おおすぎたにきょうこく)に行ってきました。 大杉谷は近畿の秘境と呼ばれています。年間降水量4000mの多雨で知られる紀伊山地にある峡谷の一つで、人間の手が入っていない自然が残っているエリアです。 湿潤な環境が杉や苔などの植物を育み、降水によってもたらされる豊富な水量によって、名瀑や無数の滝を見ることができるトレッキングコースです。 ゴールデンウィークの時期は、大杉谷峡谷の新緑シーズンと重なり...
登山

【愛媛】石鎚山 登山 ~ 蝋燭のように燃える紅葉の天狗岳、時の流れが美しい四国の霊峰の旅

2015年10月3日-4日 愛媛県の石鎚山(いしづちやま)に行ってきました。標高は1982mです。 日本を代表する霊峰の一つです。頂上には石鎚神社の山頂社があり、7月1日の山開きは女人禁制になり、修験道の歴史が現代に引き継がれています。 石鎚山の山頂は天狗岳で、西日本一の標高です。 日本は離島を除き、北海道、本州、四国、九州に海を隔て4つに分断されています。 この地球に生を受けてから、四国と言う土地に足を踏み入れたことは未だかつて...
登山

【北アルプス】唐松岳 雪山登山 ~ 白馬連峰を目の前に雪の八方尾根を行く、この冬の集大成を綴る旅

2013年3月17日 厳冬期の北アルプスにある唐松岳(からまつだけ)で雪山1年目の集大成となりました。標高は2696mです。 去年の12月に本格的にはじめた雪山登山。 真冬の北アルプスは深い雪に閉ざされ、プロ登山家や山岳会に入っていない限り登ることはできません。その厳冬期の北アルプスで、一般登山者が登ることができる山が唐松岳なのです。 ゴンドラで標高1800m地点まで行くことが可能であり、ゴンドラの終点には冬期でも営業している山荘がある...
登山

【奥秩父】雲取山 登山(小屋泊) ~ こたつのある山荘でお泊り、東京奥地の雪山の旅

2013年1月19-20日 東京の奥深くに存在する雲取山(くもとりやま)に行ってきました。標高は2017mです。 都心に大雪が降った翌週に雲取山荘の小屋泊で、1泊2日の行程です。 関東に降る雪は水分を多く含んでいるため、雪の降った翌日に晴れが続くとあっという間に溶けてしまいます。数日間の雪景色の都心とは違い、気温の低い山では降った雪は残り続けます。 平野部ではすっかり大雪の名残が消えた都心部から山奥へと旅してきました。
登山

【北アルプス】鹿島槍ヶ岳~五竜岳 テント泊登山(後編) ~ みぞれ混じりの暴風で命懸けの八峰キレット縦断

とにかくアイスコーヒーをがぶがぶ飲んだ夏でした。 朝起きてアイスコーヒー、昼ごはんを食べた後アイスコーヒー、3時のおやつにアイスコーヒー、家に帰ってアイスコーヒー、風呂上りにアイスコーヒー、ブログを書きながらアイスコーヒー。肌の色が黒くなるんじゃないかと思うくらいアイスコーヒーを飲んでました。 基本、無糖です。 俺、苦いの平気だし大人だし。背伸びしたい感じではないので悪しからず。 特に品質を求めているわけではないので紙パックの安いやつを冷蔵庫に...
登山

【八ヶ岳】北横岳~縞枯山(小屋泊) ~ 北横岳山荘に泊まり、雪山で迎える夕日と波乱万丈の旅

登山をするスタイルは十人十色。 登山はスポーツ感覚で、自分への挑戦として登る人。旅行気分で、風景を楽しみ、温泉に浸かるのが楽しみな人。季節ごとに山に咲く花や植物を愛でる人。大自然が魅せる風景を写真に収めるために何日も山に篭る人。山頂での食事を何よりの生きがいにしてる人。イーゼルとキャンバスとパレットを持ってきて絵を描く人。自転車で山頂を目指す人。 山に登る人たちの楽しみ方を見ていると、それ自体も楽しみの一つになったり。 この冬、最大のイベント...
登山

【南アルプス】北岳~間ノ岳 登山 ~ 日本2位と4位の高峰へ、南アルプスデビューの旅

北アルプス、八ヶ岳に続き日本の天井を支える南アルプスに行ってきました。 南アルプスと言えば天然水の採水地で有名ですが、富士山に次いでの3193mの高峰「北岳(きただけ)」があることを知らない人が多いと思います。 富士山があまりに有名すぎるのか、「北岳」の名前が地味だったり、南アルプスなのに「北」だったりするからかもしれないけど・・・。 さて、そんな北岳ですが南アルプスの主峰と言うことだけあり日帰りするには少し時間的に無理があります。 更に、...
スポンサーリンク