ブログのデザインを修正しました

高層湿原

スポンサーリンク
上信越

【新潟】苗場山 登山 ~ 高層湿原の別世界は黄金色の草紅葉、快適な秋晴れの旅

2015年9月22日 新潟県と長野県にまたがる苗場山(なえばさん)に行ってきました。標高は2145mです。 標高2000mの山頂に広がる高層湿原が有名な山で、いくつもの池塘が点在し、特異な景観が魅力の山です。 9月下旬以降になると緑の草原が黄金色変わり、秋色の世界に変わります。 夏はライブコンサート、冬はゲレンデで名前が一般認知されている苗場ですが、山としての実態を知ることができるのは登った者だけです。日帰りするのは少々コースタイムが長...
東北

【尾瀬】燧ヶ岳 登山 ~ ニッコウスゲ咲く大江湿原とワタスゲの高層湿原、まばゆい初夏の旅

2015年7月12日 福島県の燧ヶ岳(ひうちがたけ)に行ってきました。標高は2356mです。 福島県側の桧枝岐村(ひのえまたむら)にある登山口から、初夏のニッコウキスゲで有名な尾瀬沼の大江湿原を含む周回ルートを歩きました。 尾瀬のシンボル的な独立峰で、至仏山と対をなす山です。 登山を始めて以来5年、ようやく夏の尾瀬に行くことが叶いました。 燧ヶ岳は存在感のある山で、尾瀬を取り囲む周辺の山からは何度も見ていました。尾瀬は登山者にとっ...
登山

【滋賀】武奈ヶ岳 登山 ~ 琵琶湖と京都の奥山の稜線歩き、比良山地を横断する旅

2014年11月22日 滋賀県の武奈ヶ岳(ぶながたけ)に行ってきました。標高は1214mです。 琵琶湖の湖西地方に位置する比良山地(ひらさんち)の最高峰です。近畿地方では珍しい八雲ヶ原という高層湿原があるのが特徴です。 今回は比良山地を横断するコースを歩きました。 11月下旬の3連休は、近畿地方の山を巡ってきました。 1日目に武奈ヶ岳、2日目に大峰山(八経ヶ岳)、3日目に倶留尊山と関東では、あまりなじみのない山々です。慣れない関西...
上信越

【上越】平ヶ岳 登山 ~ 日帰り最難関の12時間、赤一色の紅葉と静かな高層湿原の旅

2014年10月18日 新潟県と群馬県の県境にある平ヶ岳(ひらがだけ)に行ってきました。標高は2141mです。 登山界には日本百名山という一つの指標の山があります。その山の中で、日帰り登山最難関とされている山です。 登山道が基本的には一つしかなく、コースタイムは往復12時間を要します。自然保護のため、山小屋と避難小屋と言った宿泊施設はなく、幕営も禁止されています。 日帰り最難関の百名山?コースタイム12時間? 「高ければ高い壁の方...
上信越

【信越】苗場山 登山 ~ 山頂に広がる広大な湿原、ブヨと土砂降りの波乱に満ちた七夕の旅

2013年7月7日 新潟県と長野県に跨る苗場山(なえばさん)に登ってきました。標高は2145mです。 7月7日七夕の日。 この苗場山は登山する山というより、冬はウィンタースポーツ、夏は野外ロックフェスとして知られています。そんな苗場山ですが、山頂に尾瀬のような高層湿原が広がっていることはあまり知られていないのではないでしょうか。ネームバリューに対して、登山用のロープウェイがあるわけでもなく、日帰りの行程が長いからかもしれません。 そして...
スポンサーリンク