雪山登山の記事一覧はこちらをクリック

【大分】由布岳 登山 ~ 豊後富士から瀬戸内海の大展望、旅の疲れを癒す温泉三昧の旅

20140507_由布岳_0001

2014年5月7日

大分県の由布岳(ゆふだけ)に行ってきました。標高は1583mです。

九州でも別府に次ぐ温泉街である由布院のランドマーク的存在であり、独立してそびえる姿から豊後富士(ぶんごふじ)と呼ばれています。古くから信仰があり、その名は日本最古の歴史書である古事記に登場します。

2014-05-07_03256_九州登山旅行.jpg

GW九州登山の旅4日目。

大分県、熊本県、宮崎県とぐるっと周回し、再び大分県に戻ってきました。九重山、阿蘇山、祖母山と晴れましたが、最後の由布岳では一番の空気の澄んだ晴れに恵まれました。

独立峰でシンプルな登山道の由布岳を最後に登ることによって、九州登山の旅がぎゅっと引き締まるものになりましたと思います。

登った山それぞれを眺めることができ、今回の九州登山を締めくくるに相応しい旅となりました。

由布岳について

由布岳の地図

由布岳の地図

由布岳登山ルートはこちら。

とてもシンプルに正面登山口よりピストンで西峰と東峰を登ります。

由布岳登山

ツツジの咲く新緑の登山道

2014-05-07_02848_九州登山旅行.jpg

6時36分 由布岳登山口

由布岳は西峰と東峰の二つの峰しかありません。メニューにラーメンとチャーシューメンしかないラーメン屋と同じようにシンプルな山です。別府から登山口まで車で30分掛かりました。

2014-05-07_02854_九州登山旅行.jpg

やまなみハイウェイの序盤に由布岳の登山口があります。

前日の祖母山では登山口まで悪路の山道を30分以上進んだというのに…。

【九州】祖母山 登山 ~ アケボノツツジ満開、光差し込むせせらぎと新緑の原生林の旅
2014年5月6日 宮崎県、大分県、熊本県にまたがる祖母山(そぼさん)に行ってきました。標高は1756mです。 九州の中央部に位置する九州山地の北部に位置する祖母・傾山群の最高峰です。宮崎県の持つ南国イメージとは程遠い山奥にあります。 GW九州登山の旅3日目。 北谷登山口からの周回コースを歩きました。 今回の旅において、祖母山の優先度は低いものでした。九州と言えば阿蘇山をはじめとする火山が見所で、祖母山のような山は本州にもあるし、...

2014-05-07_02857_九州登山旅行.jpg

登山口に登山届けを出すポストがあります。

登山者への注意書きの看板がどうみても反政府デモのメッセージプラカードにしか見えない。

2014-05-07_02859_九州登山旅行.jpg

登山口が牧歌的な雰囲気をかもし出しています。

2014-05-07_02866_九州登山旅行.jpg

阿蘇の牧草地のようだけれど、一切そのような使われ方はしていないようです。

この景観だけでも観に行く要素があります。

2014-05-07_02880_九州登山旅行.jpg

草原に火山岩が点々としていて、噴火の名残を感じました。

人の手が加わっていない状態なのでしょうか…。

2014-05-07_02889_九州登山旅行.jpg

独立峰らしい均整の取れた形です。

新緑が山体の中間部まで登っていっているのがわかります。5月下旬ともなれば全部緑になるんでしょうね。

2014-05-07_02891_九州登山旅行.jpg

左側の丘になっている部分には写真じゃわかりませんが、鹿が3匹ほど歩いていました。

2014-05-07_02897_九州登山旅行.jpg

草原地帯を気持ちよく歩きます。ちなみに登山口で竹の杖をゲットできます。

2014-05-07_02902_九州登山旅行.jpg

10分ちょっと歩いたら草原地帯から樹林帯へ入ります。

2014-05-07_02906_九州登山旅行.jpg

トイレがありました。

登山口のほうが綺麗そうなので、わざわざここを利用しなくてもいいでしょう。

2014-05-07_02908_九州登山旅行.jpg

市街地に近い山であるため、登山道はしっかり整備されていました。

2014-05-07_02909_九州登山旅行.jpg

早朝の静けさの中、新緑の樹林帯を歩きます。

2014-05-07_02914_九州登山旅行.jpg

2014-05-07_02918_九州登山旅行.jpg

2014-05-07_02924_九州登山旅行.jpg

ミツバツツジが咲いていました。

祖母山のアケボノツツジもそうですが、登山道に花が咲いていると、その季節にしか味わえないものを実感できる。

2014-05-07_02922_九州登山旅行.jpg

緩い傾斜の道が続きます。

由布岳の外観を眺めた感じでは、すぐに登らせてくるのかと思いきや、横への移動が続きます。

2014-05-07_02925_九州登山旅行.jpg

合野越(ごうやごし)展望所に到着。

由布岳の市街地から伸びている西登山口コースとの合流点でもあります。

2014-05-07_02934_九州登山旅行.jpg

ここから山頂への急登になります。

所要時間は1時間15分です。薄くマジックで薄く直されているのが気になりますが…。

2014-05-07_02937_九州登山旅行.jpg

2014-05-07_02945_九州登山旅行.jpg

新緑の樹林帯を抜けます。

ジグザグの急斜面と湯布院の展望

2014-05-07_02967_九州登山旅行.jpg

ジグザクの砂利道に変わります。

2014-05-07_02951_九州登山旅行.jpg

徐々に展望が良くなってきます。

背景に見える連峰は九重山(くじゅうさん)です。

2014-05-07_02959_九州登山旅行.jpg

山頂はまだまだ遠く、右に登って、左に登っての繰り返し。

富士山と同じように独立峰らしい登山道です。

2014-05-07_02958_九州登山旅行.jpg

由布盆地そして由布院(湯布院)の街並みが見えてきました。

2014-05-07_02963_九州登山旅行-Edit.jpg

前日まで登ってきた山々を眺めます。

右手に九重山、左手に祖母山です。九重山の奥に阿蘇山が見えていたのですが、写真では捕らえることができず。

2014-05-07_02970_九州登山旅行.jpg

単調な登りにちょっとづつ飽きつつ、足元を見るとアヤメが咲いていました。

2014-05-07_02971_九州登山旅行.jpg

おなじみ馬酔木(あしび)も咲いています。

2014-05-07_02973_九州登山旅行.jpg

岩で出来た階段が現れました。足には優しくないです。

2014-05-07_02975_九州登山旅行.jpg

由布岳の傾斜は結構えげつない…。

標高が上がると枯れ木が目立ちますが、5月下旬ともなるとミヤマキリシマが由布岳でも咲くようです。

2014-05-07_02977_九州登山旅行.jpg

2014-05-07_02980_九州登山旅行.jpg

ようやくジグザク道の終点が見えてきました。

2014-05-07_02983_九州登山旅行.jpg

枯れ草の下にキスミレが咲いていました。

2014-05-07_02986_九州登山旅行.jpg

2014-05-07_02988_九州登山旅行.jpg

8時24分マタエ到着。

ここで、西峰と東峰と分かれます。

2014-05-04_00206_九州登山旅行.jpg

初日に登った九重山の登山口から見た由布岳です。

二つのピークの中間点がこの「マタエ」です。

2014-05-07_02992_九州登山旅行.jpg

最高峰である西峰へ向かいます。

2014-05-07_02991_九州登山旅行.jpg

マタエから西峰への道のりは今までとは違い、険しい岩登りに急変します。

2014-05-07_02997_九州登山旅行.jpg

2014-05-07_03012_九州登山旅行.jpg

独立峰と市街地が近いことから、高度感は抜群です。

2014-05-07_03024_九州登山旅行.jpg

4,5mはある鎖場の登場です。

2014-05-07_03038_九州登山旅行.jpg

2014-05-07_03041_九州登山旅行.jpg

左を向いた小柳ゆ…、あ、違った。ゴリラに見える20mほどの大岩に鎖がかけられている場所。

少し登ったところに「え?どこに足かけるの?」っと思う箇所があり、思った以上に危険でした。もっと、万人受けの山だと思っていましたが…。

2014-05-07_03054_九州登山旅行.jpg

基本的にピストンで登るため、登山者がたくさん登っている時間帯だと渋滞しそうです。

ゴールデンウィーク後の平日に来て正解だった(今後、何度も言う)。

2014-05-07_03059_九州登山旅行.jpg

あちらは東峰。

2014-05-07_03065_九州登山旅行.jpg

岩をよじ登ります。

2014-05-07_03078_九州登山旅行.jpg

だいぶ登ってきました。由布盆地の街並みが一望で、遠くの九重山が小さく見える。

男らしいポーズしかとることができない残念な人。

由布岳の山頂からは瀬戸内海の展望

2014-05-07_03082_九州登山旅行.jpg

2014-05-07_03086_九州登山旅行.jpg

8時55分由布岳山頂。

登山口から2時間20分ほど掛かりました。

2014-05-07_03100_九州登山旅行.jpg

眼下には噴煙をあげる鶴見岳(つるみだけ)の火口が見えました。

2014-05-07_03185_九州登山旅行.jpg

鶴見岳は別府エリアの山で、ロープウェイもあるため、登山者でなくても楽しめる観光地です。夜景スポットでもあり、冬は霧氷が楽しめるのだとか。

2014-05-07_03106_九州登山旅行.jpg

由布岳の外輪の向こうには瀬戸内海と別府湾と大分県の市街地。

2014-05-07_03128_九州登山旅行.jpg

由布岳より北西方角(福岡県方面)にある山地。

英彦山(ひこさん)がある山地でしょうか。さっぱりわかりません。

2014-05-07_03139_九州登山旅行.jpg

九州最後の最高峰です。

信仰の山ですが、頂上にそれらしい碑などありませんでした。由布院の町には宇奈岐日姫神社(うなぐひめじんじゃ)があります。行っておけばよかったかな。

2014-05-07_03175_九州登山旅行.jpg

一等三角点。

2014-05-07_03196_九州登山旅行.jpg

薄く延び始めた雲がとてもいい味を出している。

2014-05-07_03209_九州登山旅行.jpg

西峰を下山して、東峰を目指します。

火口周回ルートもあるのですが、藪がひどそうだったため、マタエに戻ります。

2014-05-07_03248_九州登山旅行.jpg

2014-05-07_03260_九州登山旅行.jpg

東峰への登り。

この旅最後の登りです。

2014-05-07_03312_九州登山旅行.jpg

東峰に到着。

こちらからの方が瀬戸内海の眺めがより良いです。

4日間登山をし続けましたが、これ以上登る必要がないと思うと寂しさが…微塵もないな。「もう登らなくいいんだ!」という開放感のみ。

2014-05-07_03297_九州登山旅行.jpg

ちゃんばらを始める。

2014-05-07_03306_九州登山旅行.jpg

「あれ?登ったはいいけど、どうやって降りるの?」

と困ってる図。

湯布院の温泉から由布岳を望み旅の疲れを癒す

2014-05-07_03319_九州登山旅行.jpg

下山を開始します。

麓の町は日本を代表する温泉地というだけで下山にわくわく感がプラスされる。

2014-05-07_03328_九州登山旅行.jpg

早朝に登った樹林帯と同じ道ですが、光の差し込む量が増え、緑の輝きが強い。

2014-05-07_03324_九州登山旅行.jpg

2014-05-07_03322_九州登山旅行.jpg

一部だけ紅葉しているみたいに赤い。

2014-05-07_03333_九州登山旅行.jpg

二日連続の新緑登山、たまりませんな。

2014-05-07_03352_九州登山旅行.jpg

ゴールデンウィークは残雪の真っ白なアルプスを眺めるより、適度な高さの山で新緑を浴びた方が幸せになれる。

2014-05-07_03345_九州登山旅行.jpg

太陽に向かって花弁を広げるミツバツツジが美しい。

2014-05-07_03358_九州登山旅行.jpg

下山はあっという間で、樹林帯を抜けました。

2014-05-07_03380_九州登山旅行.jpg

11時20分下山完了です。

4時間50分ほど掛かりました。写真撮りながらのんびりしたペースだったので、基本的にこのコースタイムに収まると思います。

2014-05-07_03394_九州登山旅行.jpg

ゴールデンウィーク明けの平日にも関わらず車が結構停まっていました。

ただ、年配の方が多いですね。平日に悠長に休みを取って登っているのは自分たちくらいなものでしょう。東京から来てね。

2014-05-07_03397_九州登山旅行.jpg

駐車場脇の森の中のツツジは満開でした。

2014-05-07_03404_九州登山旅行.jpg

温泉に入るために、湯布院へ向かいます。

途中の狭霧台(ききりだい)の売店で、由布岳の山バッチを気まぐれに購入しました。ここで、飲んだサイダーの味は今でも思い出すほどに旨かった。

2014-05-07_03401_九州登山旅行.jpg

見上げる由布岳は西峰と東峰がはっきりわかる形になっています。

山シルエットクイズというのがあったら、真っ先に解答できる形です。

2014-05-07_03405_九州登山旅行.jpg

2014-05-07_03411_九州登山旅行.jpg

由布院の町から少し離れた場所にある温泉にやってきました。

2014-05-07_03412_九州登山旅行.jpg

山のホテル夢想園

【公式】大分県 由布院温泉 眺望大露天風呂の宿 山のホテル 夢想園
このホームページは、大分県 由布院温泉 眺望大露天風呂の宿、山のホテル夢想園のホームページです。絶景の露天風呂、四季折々の旬の味、静かな時間が流れる客室が夢想園の魅力です。

入浴料は700円だったかな。

2014-05-07_03413_九州登山旅行.jpg

ごくり…。

氷水が並々入った桶にラムネとか反則じゃないですかッー!

2014-05-07_03417_九州登山旅行.jpg

2014-05-07_03429_九州登山旅行.jpg

新緑と咲いているツツジが山の気分を引き立たせています。

2014-05-07_03426_九州登山旅行.jpg

2014-05-07_03425_九州登山旅行.jpg

開放感のある広々とした露天風呂と正面に由布岳の展望。

登山道楽の極地がここにあった。

先程まであの峰の上に立っていたんですよ?登ってきた山を眺めながら露天風呂に入る悦楽の一時。ありそうでなかった入浴スタイルです。

2014-05-07_03427_九州登山旅行.jpg

露天風呂の中央にある岩の上で寝っころがっていたのですが、「マジ!!やべーなこの温泉ー!」という甲高い声と品のない感想と共に俗に言うDQN風な連中3人組が入ってきました。

優雅な気分をそがれたのでそそくさと撤退です。

2014-05-07_03431_九州登山旅行.jpg

5月の心地よいそよ風を浴びながら、女性陣が出てくるのを待ちました。

時間ってゆっくり流れてるんだなと…。

女性風呂は露天風呂だけど由布岳が見えなかったらしい。ドンマイ。たまたま、メインのお風呂が工事中だったらしいです。

2014-05-07_03436_九州登山旅行.jpg

由布院の町は車の中から見学。

セブンイレブンが観光地仕様というのは確認した。

湯布院から移動して別府海浜砂湯で砂蒸し風呂体験

2014-05-07_03437_九州登山旅行.jpg

やまなみハイウェイにて再び別府へと移動してきました。

お目当ては砂湯です。

2014-05-07_03441_九州登山旅行.jpg

「別府海浜浴場」

確か千円くらいだったかな。浴衣がレンタルされます。

2014-05-07_03442_九州登山旅行.jpg

浴衣に着替えたら海岸へ移動します。

2014-05-07_03447_九州登山旅行.jpg

本当にただの海岸だ。

外国人観光客が普通に散歩しているし。

2014-05-07_03445_九州登山旅行.jpg

砂蒸し風呂スペース。

ゴールデンウィーク期間中は1時間~2時間待ちだったらしいです。平日に休みを取って大正解。

2014-05-07_03455_九州登山旅行.jpg

砂場の中に温泉が入っていて、少し掘ると温泉が湧き出します。

2014-05-07_03471_九州登山旅行.jpg

砂場にねっころがったら、砂を盛られます。そして、直射日光を避けるための日傘を差してくれます。視線は瀬戸内海を向くような感じで、10分ほど横になります。

サウナとは違う蒸され方。顔からは滝のように汗をかき、きっと砂に隠れている体からも汗が噴出していたと思います。

2014-05-07_03451_九州登山旅行.jpg

貴重な砂湯体験でした。

内湯とシャワーがあるので、砂は洗い流せます。

2014-05-07_03499_九州登山旅行.jpg

由布院と別府の温泉を梯子して、4日間の旅の疲れが癒えました。25%くらい。

お腹空きました。

しかし、時間にして15時過ぎ。ランチタイムはとっくに過ぎて営業時間外です。営業しているのは関東にもあるチェーン店ばかり。旅先でいつもの牛丼(並)卵付きを食べたくはない。

ごろーちゃん

「旅の最後に相応しい美味しいものはないだろうか…」

別府市街地を彷徨い、この際ジョイフル(西日本のファミレス)でハンバーグでもいいかと諦めかけた瞬間、自分の食指が動きました。

べっぷ駅市場で安く関アジのお寿司を購入する

2014-05-07_03513_九州登山旅行.jpg

べっぷ駅市場。

日豊本線(にっぽうほんせん)の高架下にそれはありました。

2014-05-07_03510_九州登山旅行.jpg

惣菜店、鮮魚店が連なる市場。平日の15時ですが、店はしっかり営業していました。

どうやら正解だったようです。

2014-05-07_03514_九州登山旅行.jpg

高級魚「関アジ」のお寿司が650円で売られていました。安い!!

2014-05-07_03518_九州登山旅行.jpg

関アジのお寿司と海鮮散らし寿司を買って2000円以内に収まりました。右に見切れてますが唐揚げ(5食目)を買っています。

海浜公園に移動してピクニックです。

下手に店を探すより、地元市場やスーパーで惣菜を購入するというのは旅のテクニックの一つですね。

2014-05-07_03524_九州登山旅行.jpg

ブラックモンブランという九州限定アイス(翌週に都内のスーパーで見かけた)を食べながら、夕暮れの瀬戸内海沿いの国道で大分空港に戻り、無事レンタカーを返却しました。

飛行機は定刻通り成田へ飛び、平日の通勤ラッシュの東京に帰りました。

由布岳の登山を終えて

2014-05-07_02883_九州登山旅行.jpg

文句のつけようがない名峰でした。

眺めが良いのは、外観の秀でた形がそうあり、頂上からの眺めもそうです。蒸気が噴出す温泉街の奥にたたずむ姿は、九州を象徴するスナップの一つです。関東から登りに来た自分にとって、普段見ることがない瀬戸内海の展望は特別なものです。

2014-05-07_03364_九州登山旅行.jpg

登った山を見ながらの温泉は忘れられない体験でした。この体験のために高い航空券を払って来る価値は十分あります。

標高1700mが連なる九重山の火山群、広大なカルデラと噴煙をあげる阿蘇山、奥深い九州山地とアケボノツツジの祖母山、温泉地にたたずみ展望が素晴らしい由布岳。4日間で4つの山に登りましたが、それぞれ個性が強い粒ぞろいの山々でした。

本州を離れて見知らぬ土地でする登山の素晴らしさを心の底から体感する4泊5日でした。

今回の遠征の記録のまとめ

【九州】ゴールデンウィーク九州登山旅行まとめ(九重山~阿蘇山~祖母山~由布岳)
2014年のゴールデンウィークに行ってきた九州登山旅行のまとめです。 登った山は以下の4つで、大分県、熊本県、宮崎県の3県を観光と温泉を堪能しながら旅してきました。 九重山(くじゅうさん) 阿蘇山(あそさん) 祖母山(そぼさん) 由布岳(ゆふだけ)

由布岳の地図はこちら

コメント

  1. いやー素晴らしい山旅でなにより。
    おいらは今年の夏はやはり利尻狙ってまする。

    • >だのんさん
      今年の夏は尻を狙っているって、そっちの方に目覚めたかと思いました。
      利尻良いですね。特に高山植物を観察して、うに食べたい。

  2.  8月23日に由布岳登山をさせてもらいました。今年4月に大分駅に担当するお店を出店し、高速道路が霧で通行止めとなり、しょうがなしに別府インターから湯布院インターへ迂回する際に初めて見た由布岳に感動し、今夏中に登りたいと思い挑戦しました。
     久しぶりの登山でしたので、こちらのサイト情報を参考にさせてもらいました。果たして、予想以上に年老いた脚力と由布岳の傾斜に疲労困憊ではありましたが、西峰、東峰ともに登頂できました。
     疲労に比例して、登頂後充実感も格別でしたが、やはり眼下に広がる風景は圧倒的でした。下山後、貴サイトを再度見たのですが、登山中撮りまくった写メ見てびっくり、貴サイトに掲載されているものと同じポイントでばかり、撮影しており、レイアウトも似ておりました。
     今回は、思いつきの単独登山でしたが、次回は仲間と登ってみたいです。
     今後も登山の記録を掲載くださいませ。今回はありがとうございました。

    • >白骨船長さん
      はじめまして、コメントありがとうございます。
      富士山もそうですが、由布岳のように街から見える特徴のある山というのは、山頂からはどのような景色が見えるのだろうと日々イメージしてしまいます。
      久しぶりの登山ということで無事登頂できて何よりです。
      由布岳のコースは一本道なので、抑える景色は皆同じなのかもしれませんね。

      由布岳から見える九重山もとても良い山なので是非登ってみてください!

  3. 文章、写真、デザイン全て素晴らしい。読んでいて次行く山はこれだと思います。また九州来て下さい。雲仙もよかよ。

    • >岡本武和さん
      はじめまして、コメントありがとうございます。
      由布岳素晴らしかったです。是非、登って、温泉から由布岳を眺めてみてください。
      雲仙は来年行きたいと思っています。それこそミヤマキリシマの咲く季節に。

  4. はじめまして。

    北海道十勝からです。
    11月に九州旅行を計画していて、こちらのブログに出会い ました。

    とても楽しそうな由布岳登山✨

    天気が良ければ行ってみようと思います❤️

    • >十勝まめさん
      初めまして。
      コメントありがとうございます。

      11月上旬~中旬あたりは紅葉が見れるのではないでしょうか?由布岳からは九重山、祖母山、そして瀬戸内海と九州を一望できます。
      登山靴の持ち運びは旅行鞄の嵩を取るとは思いますが是非。

  5. 温泉の写真は許可を得て撮られたのでしょうか?

    • >かーるさん
      はい、とりました。