ブログのデザインを修正しました

【八ヶ岳】天狗岳 登山 ~ 苔の蒸す原生林と急峻な地形、2つの魅力を感じる旅

2014-06-29_00606_天狗岳.jpg

2014年6月29日

長野県八ヶ岳の天狗岳(てんぐだけ)に行ってきました。標高は2645mです。

八ヶ岳連峰は比較的なだらかな稜線の北八ヶ岳、急峻な地形をしている南八ヶ岳に分類されます。天狗岳はその中間地点にあり、南八ヶ岳の急峻な地形を有する北八ヶ岳に属します。奥蓼科温泉郷の渋の湯また唐沢鉱泉から日帰りで登ることが可能、また公共交通機関のアクセスも良いので、人気の山の一つです。

今回は唐沢鉱泉を起点とした「西天狗岳~東天狗岳~黒百合ヒュッテ」の周回コースを歩いてきました。

2014-06-29_00394_天狗岳.jpg

八ヶ岳は山頂に立つのに1泊以上掛かるところがほとんどの日本アルプスより敷居が低く、日帰り登山も可能でありながら、長期縦走が可能。標高2500mを越える高山帯でありながら、豪雪地帯ではないため、冬山も楽しめる非常にバランスに優れた山域です。

八方美人な性格から、本命の山の「抑え」として候補が上がり、メインストリームから遠ざかっていた山域でした。

初夏の八ヶ岳の良さを再確認すべく、旅してきました。

天狗岳について

天狗岳地図

天狗岳地図

コースタイム

唐沢鉱泉(6:25)→西尾根分岐(7:18)→第1展望台(8:02)→第2展望台(8:34)→西天狗岳山頂(9:05)→昼休憩→東天狗岳山頂(10:00)→中山峠(10:44)→黒百合平(10:49)→ティータイム→黒百合ヒュッテ出発(11:46)→渋の湯分岐(12:27)→唐沢鉱泉(13:37)

珍しくコースタイムを載せてみたのは、スタンダードな天狗岳の周回コースであるため、少しでもお役に立てればとの思いです。歩行時間はところどころ早めな気はしますが、休憩を長く取っているのでトータル時間はこの時間に収まるかと思います。

天狗岳登山

天狗岳登山口(唐沢鉱泉)~瑞々しい苔の樹林帯

2014-06-29_00001_天狗岳.jpg

登山ブログなのに開始が登山口からではなく、登山口に行き着くまでダラダラ長いでおなじみの本ブログ。

今回は登山口からスタートします。

2014-06-29_00016_天狗岳.jpg

八ヶ岳天狗岳の登山口がある「唐沢鉱泉(からさわこうせん)」です。

真夜中に登山口のある「渋の湯」を目指し、明るくなってから「あれ?唐沢鉱泉の方が天狗岳に近いんじゃね?」と気付き移動しました。天狗岳の登山口が渋の湯と刷り込まれていたのは、きっとバス利用の人のブログかなんかを直前に見ていたからでしょう。

2014-06-29_00024_天狗岳.jpg

梅雨が続く関東甲信越。

この日も天気予報は曇となっていて、今ひとつ盛り上がりにかける空模様です。

2014-06-29_00026_天狗岳.jpg

2014-06-29_00029_天狗岳.jpg

標高1880mの唐沢鉱泉はひんやり涼しく、外界の蒸し暑さとは無縁でした。

夜に降った雨が花に装飾を加えていました。

2014-06-29_00031_天狗岳.jpg

本日は「はるし」と「よしこさん」をお供にしての出発。

二人共テントを担いでアルプスを韋駄天のように縦走してしまう二人なので、ついて行けるか心配です。

2014-06-29_00036_天狗岳.jpg

登山口にある唐沢鉱泉。

下山後に移動せず温泉に入れるという優しい世界。

2014-06-29_00041_天狗岳.jpg

天狗岳は唐沢鉱泉を起点に周回ルートになっています。

テント泊の場合は「黒百合平(くろゆりだいら)」を目指しキャンプ、日帰りならば最高峰の「西天狗岳」を目指しピークハント周回がスマートでしょう。

…序盤から容赦の無い突き離され具合である。

2014-06-29_00043_天狗岳.jpg

2014-06-29_00044_天狗岳.jpg

西尾根登山口から入山します。

西天狗の山頂まで2時間35分のコースタイムで標高差は765m、日帰りするのに適度な尺です。しゃくなげ橋だけに。

2014-06-29_00053_天狗岳.jpg

序盤から苔むした樹林帯です。

2014-06-29_00056_天狗岳.jpg

2014-06-29_00062_天狗岳.jpg

緑が濃く美しい登山道。前日降った雨が良い演出をしてくれます。

2014-06-29_00066_天狗岳.jpg

2014-06-29_00068_天狗岳.jpg

前方歩く二人は…いない…。

2014-06-29_00071_天狗岳.jpg

2014-06-29_00082_天狗岳.jpg

岩石と倒木にびっしり苔の緑で染まっており、普段見ることのできない森の雰囲気を存分に味わいます。

2014-06-29_00079_天狗岳.jpg

悠長に写真を撮っていると二人が見えなくなってしまうので必至に追いつく。

2014-06-29_00086_天狗岳.jpg

西尾根の分岐点に到着です。

2014-06-29_00092_天狗岳.jpg

ここからは尾根歩きになり、45分ほど先にある展望台を目指します。

2014-06-29_00094_天狗岳.jpg

標高2000mは越えているとはいえ梅雨は梅雨。

湿度は高く、汗がとめどなく流れ続けます。

2014-06-29_00098_天狗岳.jpg

白檜曽(しらびそ)と白樺(しらかば)の樹林帯にも飽き始めてくる。

2014-06-29_00099_天狗岳.jpg

目を足元にやると丸太に白いキノコとふわふわの苔で造られた箱庭的オブジェがあるのが面白い。

2014-06-29_00100_天狗岳.jpg

原生林的な魅力も本場である屋久島に数回渡っている二人には通用しない模様。

2014-06-29_00105_天狗岳.jpg

梅雨に濡れイワカガミが咲いていました。

2014-06-29_00103_天狗岳.jpg

花開く直前のキバナシャクナゲ

2014-06-29_00135_天狗岳.jpg

こちらは咲いていました。

2014-06-29_00109_天狗岳.jpg

尾根道に樹林帯の切れ目が現れましたが、ファンタジーな霧の哀しい世界。

2014-06-29_00134_天狗岳.jpg

第一展望台に到着です。

2014-06-29_00116_天狗岳.jpg

雲の展望台だったようです。

2014-06-29_00118_天狗岳.jpg

上を見上げると今にも広がりそうな青空が出ているというのに。

2014-06-29_00124_天狗岳.jpg

山麓に雲が堆積しているのか、好転するのかよくわからない状態。

2014-06-29_00128_天狗岳.jpg

再び雲が登り始める。

2014-06-29_00132_天狗岳.jpg

再び真っ白に。

2014-06-29_00140_天狗岳.jpg

雲の悪戯に一喜一憂しながら、展望台から進んでいきます。

2014-06-29_00149_天狗岳.jpg

樹林帯に光が差しこむようになり、これはこれで幻想的な森の風景。

2014-06-29_00143_天狗岳.jpg

2014-06-29_00147_天狗岳.jpg

光によってフレッシュなグリーンが浮かび上がる苔たち。

2014-06-29_00156_天狗岳.jpg

というわけで歩を止めて、森を歩いている感で撮ってみた。

2014-06-29_00164_天狗岳.jpg

自分がやると暗くなる仕様。

ガスが晴れる稜線

2014-06-29_00167_天狗岳.jpg

2014-06-29_00170_天狗岳.jpg

展望ある稜線に出ると雲の動きが目まぐるしく動く様子を見ることが出来ます。

このように雲が山の斜面でくすぶっている感じは東北の早池峰山で体験しました。

2014-06-29_00187_天狗岳.jpg

ミネザクラが咲いていました。

7月になろうとしているのに桜が見れるのは登山者の特権ですね。

2014-06-29_00161_天狗岳.jpg

徐々に青空が見えてくる。

2014-06-29_00190_天狗岳.jpg

ものすごい勢いで雲が山頂を目指し登っていきます。

2014-06-29_00195_天狗岳.jpg

第二展望台に到着です。

2014-06-29_00202_天狗岳.jpg

雲がみるみると上に登って行き、遂には麓の町が見えてきました。

2014-06-29_00203_天狗岳.jpg

よしこさんが好転の嬉しさを全身で表現してくれました。

カ、カワイラシイデスネ。

2014-06-29_00206_天狗岳.jpg

展望台の御役御免です。

2014-06-29_00210_天狗岳.jpg

山頂にかかっていた雲が徐々にとれはじめました。

2014-06-29_00215_天狗岳.jpg

2014-06-29_00223_天狗岳.jpg

さて、晴れ間も出てきて一気に山頂を目指します。

2014-06-29_00217_天狗岳.jpg

遂に山頂の雲が取れました。

2014-06-29_00230_天狗岳.jpg

茅野市の向こうは南アルプスで、山脈は雲に覆われている模様。

八ヶ岳にして正解だった。

2014-06-29_00233_天狗岳.jpg

天狗岳の最後は岩石帯の急斜面。八ヶ岳の山頂付近にありがちです。

天狗岳山頂(西天狗~東天狗岳)

2014-06-29_00263_天狗岳.jpg

天狗岳山頂

登山口より2時間30分掛かりました。長くもなく、短くもないちょうどいい疲労感を感じる時間です。

2014-06-29_00245_天狗岳.jpg

天狗岳の向こう側の景色です。

八ヶ岳より東になり、雲上の上に浅間山が見えたような気がしました。

2014-06-29_00255_天狗岳.jpg

西天狗岳と東天狗岳の間に雲が流れていて、東天狗岳の山頂が霞んで見えます。

2014-06-29_00237_天狗岳.jpg

一方、八ヶ岳より西側はすっきり晴れています。

2014-06-29_00266_天狗岳.jpg

お昼にさくらんぼを頂きました。

2014-06-29_00271_天狗岳.jpg

もうちょっと晴れないかなと西天狗岳の山頂で待ちわびます。

2014-06-29_00298_天狗岳.jpg

サッカーをしながら。

風もなくサッカー日和で、山頂にほとんど人がいなかったので練習が捗りました。

2014-06-29_00272_天狗岳.jpg

東天狗岳のこの景色が限界のようでした。

2014-06-29_00278_天狗岳.jpg

南八ヶ岳の赤岳や硫黄岳は雲の中。

北八ヶ岳と南八ヶ岳の選択で命運が別れてしまったようです。

2014-06-29_00276_天狗岳.jpg

梅雨の天気変動は激しいことこの上なし。

2014-06-29_00404_天狗岳.jpg

一向に天気は回復しなさそうなので、東天狗岳に向かいます。

稜線を歩いて10分も掛からず。

2014-06-29_00408_天狗岳.jpg

東天狗岳山頂

2014-06-29_00410_天狗岳.jpg

2014-06-29_00419_天狗岳.jpg

手作りモナカを頂きました。

モナカと餡がわかれているため、さくっとした食感をいつでも味わえるわけです。

2014-06-29_00421_天狗岳.jpg

むしゃり。

2014-06-29_00429_天狗岳.jpg

いい感じの岩があったので登ります。

2014-06-29_00418_天狗岳.jpg

目を凝らして山麓を見ると樹林帯に小屋があります。

稲子湯(いなこゆ)でしょうか。

2014-06-29_00440_天狗岳.jpg

山ガールっぽく撮ってくれということになり撮影。

2014-06-29_00449_天狗岳.jpg

OKテイク。

2014-06-29_00443_天狗岳.jpg

NGテイク。

2014-06-29_00462_天狗岳.jpg

2014-06-29_00456_天狗岳.jpg

山頂での一仕事を一通り終えて下山開始です。

「中山峠・黒百合平」を目指して出発。

2014-06-29_00467_天狗岳.jpg

2014-06-29_00469_天狗岳.jpg

樹林豊かな八ヶ岳ですが、稜線付近は崖になっていて、爆裂火口であることがわかります。

黒百合ヒュッテでティータイム

2014-06-29_00471_天狗岳-Edit.jpg

見下ろした先に黒百合ヒュッテが見えました。

2014-06-29_00474_天狗岳.jpg

登るのは安定する岩石帯ですが、下山するのには気を使います。

2014-06-29_00483_天狗岳.jpg

佐久・小諸方面は依然として雲が多く雲海。

2014-06-29_00487_天狗岳.jpg

入道雲。

2014-06-29_00489_天狗岳.jpg

2014-06-29_00493_天狗岳.jpg

登山者は多く、人気の山です。

梅雨の晴れ間に登るべき山なんでしょう。

2014-06-29_00510_天狗岳.jpg

中山峠の分岐点。

白駒池にトレッキングしに来た時に歩きました。

【八ヶ岳】白駒の池 トレッキング ~ 標高2000mの広大な池と苔の生す原生林、雨の日を楽しむ旅
2013年7月13日 長野県の北八ヶ岳の白駒の池(しらこまのいけ)に行ってきました。今回は登山ではなく、トレッキングです。 白駒の池は標高2115mに位置し、標高2000m以上にある池(湖)としては日本一です。国道299号線の麦草峠(むぎくさとうげ)から僅か10分で行くことができるため、紅葉の季節は車で渋滞するほど人気のある池です。 白駒の池周辺は、苔の生す原生林が有名です。 天候不順の7月の3連休。雨の日を楽しむ北八ヶ岳の旅へ...

2014-06-29_00518_天狗岳.jpg

黒百合平もとい黒百合ヒュッテまでは鼓動が整備されています。

2014-06-29_00525_天狗岳.jpg

黒百合ヒュッテに到着です。

2014-06-29_00520_天狗岳.jpg

時間も早いのでテント場はガラガラでした。

2014-06-29_00530_天狗岳.jpg

2014-06-29_00571_天狗岳.jpg

黒百合ヒュッテにある2畳ほどのカフェ「チョコレート・リリー」で小休止します。

2014-06-29_00542_天狗岳.jpg

黒百合ヒュッテはオリジナルグッツが豊富に取り揃えられています。

2014-06-29_00544_天狗岳.jpg

人気商品は手ぬぐい。

紫、エンジ、グリーン、ピンクの4色がありました(2014年時点)。

2014-06-29_00539_天狗岳.jpg

黒百合ヒュッテオリジナルラベルのワイン(赤・白)の販売もありました。自分はワインの味がさっぱりわからないので、自分以外の二人はお土産に購入していました。

極端に少ない若い女性登山者を増やす工夫が見て取れます。

2014-06-29_00547_天狗岳.jpg

黒百合ヒュッテの名物であるコケモモカップケーキとコケモモティーを頂きました。

木の器に焼き印された黒百合がにくい演出。

2014-06-29_00558_天狗岳.jpg

続々とやってくる登山者をカフェのガラス越しに観察。

2014-06-29_00569_天狗岳.jpg

気温は15度と外にずっといると肌寒い程度の気温でした。

2014-06-29_00573_天狗岳.jpg

カップケーキを食べ終えて、下山開始。

クロユリが咲いていた~唐沢鉱泉へ下山

2014-06-29_00581_天狗岳.jpg

黒百合ヒュッテの名のごとく、黒百合(クロユリ)が咲いていました。

群生があるわけではないので、2つほど咲いている株を見つけました。

2014-06-29_00578_天狗岳.jpg

外側は黒く、内側は黄色い斑点模様。ホタルの様な花です。

2014-06-29_00586_天狗岳.jpg

ちなみに黒百合ヒュッテの敷地内入り口付近に咲いていました。

時期的に6月下旬ごろに開花するようです。北陸の白山で見たクロユリの群落は7月の中旬だったので標高の違いでしょうか。

2014-06-29_00597_天狗岳.jpg

2014-06-29_00604_天狗岳.jpg

黒百合平から唐沢鉱泉までの道もまた苔に蒸された登山道でした。

2014-06-29_00615_天狗岳.jpg

光が差し込み青々した樹林帯。

2014-06-29_00628_天狗岳.jpg

岩の上を歩く登山道であるため、朝降った雨で滑りやすくなっていました。

2014-06-29_00634_天狗岳.jpg

良い。

同じような原生林の森はゴールデンウィークに訪れた九州の祖母山(そぼさん)にもありました。人気の出ない記事ですが…。

【九州】祖母山 登山 ~ アケボノツツジ満開、光差し込むせせらぎと新緑の原生林の旅
2014年5月6日 宮崎県、大分県、熊本県にまたがる祖母山(そぼさん)に行ってきました。標高は1756mです。 九州の中央部に位置する九州山地の北部に位置する祖母・傾山群の最高峰です。宮崎県の持つ南国イメージとは程遠い山奥にあります。 GW九州登山の旅3日目。 北谷登山口からの周回コースを歩きました。 今回の旅において、祖母山の優先度は低いものでした。九州と言えば阿蘇山をはじめとする火山が見所で、祖母山のような山は本州にもあるし、...

2014-06-29_00642_天狗岳.jpg

渋の湯との分岐です。

峠を一つ越えないと行けないので、渋の湯基点の日帰りは好ましくない。

2014-06-29_00650_天狗岳.jpg

太陽の光が差し込んでいたのも束の間、雨が降り始めました。

2014-06-29_00656_天狗岳.jpg

2014-06-29_00672_天狗岳.jpg

樹林が深いのでレインウェアを着ずともなんとかなりました。

2014-06-29_00660_天狗岳.jpg

下山完了です。

2014-06-29_00664_天狗岳.jpg

2014-06-29_00670_天狗岳.jpg

唐沢鉱泉の敷地内に不思議な青色をした源泉がありました。

温泉の成分が沈殿しているのか底が真っ白。

2014-06-29_00676_天狗岳.jpg

下山後はそのまま唐沢鉱泉に入浴です。日帰り入浴料は700円だったかな?

日本秘湯を守る会」の提灯がありました。

2014-06-29_00680_天狗岳.jpg

温度差のある内湯が2つに打たせ湯がありました。

露天風呂はないもののシダ植物が自生し、野趣のある温泉でした。

2014-06-29_00689_天狗岳.jpg

温泉から上がると雨は上がり綺麗な青空を再び見せていました。

下山後~甲府市内のどて焼き

2014-06-29_00700_天狗岳.jpg

八ヶ岳から甲府市内に移動。

2014-06-29_00701_天狗岳.jpg

夏雲。

2014-06-29_00704_天狗岳.jpg

お目当てはやはり、瑞牆山以来のどてやきです。

甲府駅から10分ほどの位置にある「どてやき下條」。秩父の高砂ホルモン同様に定番化している登山フード。

どてやき (金手/居酒屋)
どてやき (金手/居酒屋)★★★☆☆3.50 ■予算(夜):¥2,000~¥2,999

2014-06-29_00711_天狗岳.jpg

大鍋で煮込まれるどて焼き。

2014-06-29_00714_天狗岳.jpg

2014-06-29_00707_天狗岳.jpg

相変わらずうまい。

カウンターで食べたのですが、常連らしきおじちゃんと数十分会話を楽しみました。

2014-06-29_00708_天狗岳.jpg

この前、550円したトマトは300円になっていました。

変動相場。

2014-06-29_00719_天狗岳.jpg

時間に余裕があった旅だったのですが、最後の最後に中央道の大渋滞に巻き込まれ、結局都内に帰ったのは22時を回ってしまいました。

天狗岳の登山を終えて

2014-06-29_00126_天狗岳.jpg

荒々しい山頂と湿潤な緑の森の2つの性質。

天狗岳は北八ヶ岳と南八ヶ岳のいいとこ取りをした山ということになります。樹林帯は蒸し風呂のような暑さが堪えますが、光が差し込む苔蒸す森はファンタジーの世界に迷い込んだかのようです。

2014-06-29_00613_天狗岳.jpg

期せずして、黒百合ヒュッテに咲く黒百合も見れたことだし、今年のテーマである旬を抑えることができました。ミッドフィルダー的ポジションの天狗岳は、八ヶ岳の魅力を凝縮した山です。

明けぬ梅雨を楽しむため、八ヶ岳へ行ってみるのは如何でしょうか。

天狗岳の地図はこちら

コメント

  1. こばち より:

    いつも楽しく見させてもらっています。天狗岳は私のホームグラウンド。何回登っても飽きない山です。次は佐久側からも登ってみてください。八ヶ岳は全体的に茅野側からのアクセスが良いですが、佐久側からもまたいいですよ。

    • veryblue より:

      >こばちさん
      久しぶりのコメントありがとうございます。
      天狗岳良かったです。佐久側からのルートも良さそうですね。今度はそちらの方も楽しもうかと思います。上信越道は空いていますしね!

  2. ミコ より:

    こんにちは!

    今週末にちょうど八ヶ岳(赤岳・硫黄岳)へ行く予定を立てているところで読んでだいぶ心が天狗岳に・・・・!!
    どの写真もほんときれいです!

    黒百合ヒュッテのお土産とカフェが素敵過ぎます。

    一泊の予定なんですがちょっと今から予定を組み直してしまいそうです・・・いやほんとに(苦笑)

    • veryblue より:

      >ミコさん
      記事に書いてますが、天狗岳は南八ヶ岳(赤岳など)と北八ヶ岳(北横岳)の両方の良さがあります。
      赤岳方面にも苔蒸したところがあったと思います。少しだったけど。

      八ヶ岳は行きやすいですから、秋口でも良いかもしれませんね。

  3. shizuka より:

    こんばんは!
    カフェ好きとしては、黒百合ヒュッテのこけももティーが気になります!天狗岳、とっても行ってみたくなりました(*^^*)
    なんと言っても中央道の大渋滞は避けて通れませんよねー
    平日かな!
    1人でも迷わず行けると思いますかー??

    • veryblue より:

      >shizukaさん
      コケモモティーはラズベリーのような味のジャムを紅茶に入れて飲みます。
      天狗岳は日帰りでも宿泊でも楽しめる山です。
      渋の湯や唐沢鉱泉は人が多いエリアですので、1人でも迷わず行けると思います。

  4. hy より:

    天狗岳いいですねー!
    まぁまぁ標高高いのに2時間半で登れるなら私でも行けるかな
    黒百合ヒュッテのカフェも可愛いし、コケモモカップケーキ食べに行きた~い!
    すぐ温泉に入れるし、魅力満載な山ですね~
    次の候補に上がってきました♪
    コースタイムや、近い登山口を載せてくれるととても分かりやすく、すぐにでも行けそうな気がして、とても助かります。

    • veryblue より:

      >hyさん
      天狗岳のコースは、変化に富んでいて楽しい山です。
      個人的な歩いて楽しい山BEST20にランクインしています。

      梅雨の晴れ間や秋口に行くといいかもしれません。是非楽しんできて下さい!