【長野】高妻山 登山 ~ 紅葉の戸隠牧場から登る険しく長い修行道、秋の味覚新そばの旅

20151018-高妻山-0437.jpg

2015年10月18日

長野県と新潟県にまたがる高妻山(たかつまやま)に行ってきました。標高は2353mです。

戸隠連峰の最高峰であり、日本百名山に選ばれている一座です。知名度は戸隠神社のある戸隠山(とがくしやま)の方が上ですが、奥ゆかしくも存在感のある山です。

20151018-高妻山-0768.jpg

長野市民に親しまれる斑尾山、飯綱山、戸隠山、新潟県の上越地方のシンボルである妙高山などが存在するも、今ひとつ存在感がない高妻山です。

前評判もよくなく、辛い、危険を感じたなどネガティブな印象でした。そういう山にはこじ付けで企画をして行くことになります。

しかし、10月らしい紅葉登山ができ、想像以上に秋を満喫する良い旅になりました。

スポンサーリンク

高妻山について

20151018-高妻山-0101.jpg

本日の登山はヒューマノイドタイフーン(人間低気圧)の異名を持つ「ガス兄」こと「たつ兄」が新車を購入したことに端を発します。

「秋に車で潟の山に登り米を食べる」という登山企画が誕生。

当初は「純」新潟の山である巻機山に登る計画だったが、ガス兄の能力が発動し、巻機山付近の天気が悪くなってしまった。そこで、同じ新潟の山(山頂だけ)で山域が違う高妻山に白羽の矢が立ったという経緯があります。

高妻山地図

高妻山地図

戸隠牧場をスタートし、往路は滝の多い不動避難小屋を経由するルートで山頂へ。下山は弥勒尾根を使用しています。

  • 片道コースタイムが4時間以上と長い
  • 鎖場や滝の横を登るなど前日が雨だと危険度が増す
  • 五地蔵山から高妻山への登り返しは本当にキツイ

コースタイム

戸隠キャンプ場(6:14)→登山口(6:37)→不動避難小屋(8:09)→五地蔵山(9:18)→高妻山着(11:11)→休憩→高妻山発(12:34)→弥勒尾根(13:52)→登山口(15:15)→戸隠キャンプ場(16:08)
合計時間:10時間14分

高妻山登山

朝日を浴びる戸隠牧場のハイキング

20151018-高妻山-0026.jpg

夜中都内に集合し、関越道で長野へ。

長野ICから戸隠神社方面に進んで行きます。高妻山登山者用の駐車場に到着、星空が綺麗に見えていました。

この日は日曜日だったのですが、前日に戸隠キャンプ場のコテージに泊まっても良かったなと思う。

20151018-高妻山-0042.jpg

少し仮眠を取りつつ、起床。

高妻山のコースタイムは長いため、皆さん夜中に到着するようです。

20151018-高妻山-0036.jpg

さて、こちらがたつ兄の新車マツダの「CX-5」です。馬力のあるアウトドア向きSUVです。

が…。

二輪駆動

二駆なんだぜ。それで…」

四輪駆動なのに必要ないと思って二輪駆動にしてしまったたため、「SUVなのに二駆なの?」と周囲からいじられる日々。

20151018-高妻山-0059.jpg

戸隠キャンプ場(6:14)

高妻山の登山口は戸隠牧場(とがくしぼくじょう)の奥にあります。

ここを訪れるのは二度目で、戸隠山に登っているのですが、今一つ展望がなかったので記事にできていません。

20151018-高妻山-0065.jpg

天気は良好なようで、戸隠連峰を朱に染めるモルゲンロートが美しい。

二駆SUVオーナーであるたつ兄の足取りは軽い。広範囲に登山しているたつ兄ですが、新潟と長野の県境である高妻山含む周囲の山は未経験だったらしい。

高妻山_STK_0001

20151018-高妻山-0083.jpg

しばらく、牧場の中を歩いていきます。

20151018-高妻山-0086.jpg

ようやく、飯縄山?の向こうから朝日が昇り、一日のはじまりです。牧草についた露が暖められて、霞が発生している光景は少し幻想的でした。

20151018-高妻山-0104.jpg

このようなことに時間を費やしているためしているので、早朝出発の意義がなくなる。

20151018-高妻山-0142.jpg

北海道遠征でもおなじみ朝の牧場の雰囲気にSTRONGさんもご機嫌なようです。

20151018-高妻山-0168.jpg

20151018-高妻山-0156.jpg

紅葉にはしゃぐ二輪駆動のオーナー。

滝が行く手を阻む断崖絶壁の危険なコース

20151018-高妻山-0176.jpg

登山口(6:37)

穏やかな牧場から脇道にそれるように高妻山の登山口があり、家畜の脱出を防止するくぐり抜けていきます。

高妻山_STK_0002

登山道から奥の方に牛がいるのを発見しました。雑木林の中で自由に放牧されているようでした。

社会に飼われ、束の間の自由で登山をしている我々より幸せなんじゃないだろうか。

20151018-高妻山-0188.jpg

慣性の法則に従い登るべき山頂へと向かいます。

20151018-高妻山-0200.jpg

20151018-高妻山-0196.jpg

例年ですと10月の3週目は標高2000mくらいに紅葉があると思うのですが、9月の日照不足で下にまで降りていました。

20151018-高妻山-0205.jpg

巨大に伸びた木が多く、高さは5~6階建てのビルに匹敵するほどです。

20151018-高妻山-0217.jpg

牧場の平坦な土地と抜けると登山道に入っていきます。

戸隠山の下山時に利用したので、何となくは覚えているので、この先に待ち構えている危険個所に怯えます。

蟻の戸渡りなどが存在する戸隠山ほど危険はありません。

20151018-高妻山-0215.jpg

木の背が高いため、葉が降ってくるような感覚があります。

20151018-高妻山-0225.jpg

登っていくにつれて、登山道に沿って穏やかな沢が流れはじめました。心地より清涼感です。

高妻山_STK_0003

が、しかし穏やかな紅葉ハイキングはここまで、鎖場の登場です。滑滝の横に登山道があります。

20151018-高妻山-0267.jpg

傾斜も出てきて、足を踏ん張らなければ登らない道に変わります。登山道が徐々に牙を剥き始めました。

20151018-高妻山-0274.jpg

山の斜面と言うより、巨大な岩をくり抜いて出来た登山道。このルートで最も緊張感のあるポイントです。

高所による恐怖心が存在しないSTRONGさんが先陣を切り、足場の安定する道を開拓してくれるため、我々は後を追う形で進んで行きます。

20151018-高妻山-0278.jpg

鎖が設置されていますが、沢水が流れ、足場が濡れているので細心の注意が必要です。

20151018-高妻山-0312.jpg

鎖場は続きます。増水時には危険だそうです。

戸隠山を登って、縦走するつもりであると、この道を下山しなければなりません。

20151018-高妻山-0325.jpg

鎖場を終えると水場がありました。

「氷清水(一杯清水)」です。

20151018-高妻山-0327.jpg

Saku兄は山頂で料理をするようで、補給をしていました。

20151018-高妻山-0333.jpg

見下ろすと千曲川の流れる平野部は雲海に覆われていました。高速のインターを降りた時、すっごい濃霧だったのはこのせいか。

一不動から始まる山頂へのカウントダウン

20151018-高妻山-0335.jpg

不動避難小屋(8:09)

避難小屋が見えてきました。

一不動から順に十まで山頂へのカウントしていくのですが、一不動をさっそく見落としたことに後で気づきます。

高妻山_STK_0004

ブロックで造り上げられた避難小屋です。泊まるには躊躇する。

利用は天候不良時の緊急的な状況のみ

20151018-高妻山-0338-Edit.jpg

小屋からは西側の展望が広がっています。

2015年9月22日 新潟県と長野県にまたがる苗場山(なえばさん)に行ってきました。標高は2145mです。 標高2000mの山頂に広がる高層湿原が有名な山で、いくつもの池塘が点在し...

先月に登った苗場山のまっ平らな山を眺めることができました。

20151018-高妻山-0344.jpg

避難小屋から高妻山の山頂へは150分と先は長いです(山と高原の地図では180分)

一不動から高妻山の中間地点にある五地蔵山が直近の目標ポイントです。

20151018-高妻山-0349.jpg

東側に北アルプス後立山連峰の稜線が見えました。

白馬岳より緯度が高いこのエリアですが、いかんせん森林限界を越えていないので、アルペン的な雰囲気がないです。

20151018-高妻山-0351.jpg

20151018-高妻山-0354.jpg

正面にそびえる飯縄山(いいづなやま)が目立ちます。冬に訪れていますが、なかなかの絶景で楽しませてくれました。

20170204-飯縄山-0524.jpg

飯綱山から見た高妻山は鋭く尖っていて、とても風格のある山容をしています。別名「戸隠富士」と呼ばれているのも頷けます。

20151018-高妻山-0363.jpg

「二釈迦」

既に一不動を逃しているので、企画倒れ感はありますが、十までカウントしていきます。

20151018-高妻山-0365.jpg

進行方向の右側が切れ落ちた登山道です。ゆっくり歩けばそれほど危険はありません。

20151018-高妻山-0378.jpg

「三文殊」

指が2になっているが、細かいことは気にしない。

20151018-高妻山-0373.jpg

そして、見えてきました高妻山の本体です。

「最後の最後にきっつい登りが待っているな」と匂わせる鋭角な山体です。

20151018-高妻山-0394.jpg

振り返ると富士山のシルエットが薄っすらと見えていました。日本海側の山から見える富士山は希少価値が高いです。

20151018-高妻山-0383.jpg

高妻山までの間にまず五地蔵岳を登らないければなりません。

紅葉はだいぶ降りてしまって、尾根上では枯れていますが、ピーク時に歩いたら幸せになれそう。

20151018-高妻山-0397.jpg

「四普賢」

仏教的な何かに基づいているのですかね…。

20151018-高妻山-0400.jpg

五地蔵山への登りです。

20151018-高妻山-0422.jpg

20151018-高妻山-0404.jpg

五地蔵山(9:18)

五地蔵山の山頂に到着。標高は1998mです。

8畳分のスペースが切り開かれていました。

20151018-高妻山-0407.jpg

「五地蔵」

内股が気になります。

20151018-高妻山-0408.jpg

みかんを食べてエネルギーを補給。

果物は日常であまり食べないのですが、山だと貴重な爽快感を味わえる優秀な食べ物。

20151018-高妻山-0413-Edit.jpg

黒姫山や妙高山などの名峰を見ることができるようになりました。

黒姫山は登ってみたい山の一つなのですが、関東からわざわざ行こうと思う人がいなく困っています。

20151018-高妻山-0424.jpg

高妻山へ向けて出発。

20151018-高妻山-0428.jpg

「六弥勒」

疲れも出てきて、しゃがむのが辛そう。

20151018-高妻山-0443.jpg

五地蔵山から高妻山まではアップダウンが数回あります。

終盤でのアップダウンコース程きついものはなく、STRONGさん以外のメンバは息も絶え絶えです。

20151018-高妻山-0449-Edit.jpg

振り返るとギザギザとした稜線を持つ、戸隠山(とがくしやま)が見えました。戸隠山から高妻山まで縦走できるようですが、やろうとは思えないな…。

20151018-高妻山-0458.jpg

「八観音」

あれ?七を見落としたぞ…。帰りに回収することにします。

20151018-高妻山-0463.jpg

高妻山が徐々に近づいてきます。

五地蔵山から全く標高を稼いでないので、最後に傾斜をぎゅっを上げるのでしょう。

20151018-高妻山-0465.jpg

「九勢至」

「きゅうせいし」と読むらしい。後、一区間ですが、この最後の区間が地獄のようでした。

20151018-高妻山-0477.jpg

土と岩がごちゃごちゃの急な坂で、狭くすれ違いは困難。最後の最後にこの登りを持ってくるなんて勘弁してほしい。

20151018-高妻山-0478.jpg

高妻山に来ようとする登山者は玄人のようで、高齢登山者であってもサクサク登っているから恐ろしい。

20151018-高妻山-0488.jpg

「十阿弥陀」

最後の坂を登り終えると最後のチェックポイントです。カウントを担当しているSaku兄をご覧のように、最後の坂は本当に厳しかった。

20151018-高妻山-0492.jpg

高妻山の山頂はそのままスライドしていけば到着となります。

20151018-高妻山-0591.jpg

山頂が見えてきました。

高妻山の山頂~北アルプスから日本海の絶景~

20151018-高妻山-0518.jpg

高妻山着(11:11)

高妻山山頂に到着です。

登山開始から5時間も掛かりました…。牧場で時間を取られた以外は普通のペースだった気がするのに…。

高妻山_STK_0007

聞いてはいましたが、タフな登山者じゃないと登れない山ですね…。かと言って、自分はタフではありませんので。

高妻山_STK_0008

山頂は羽虫が大量に湧いており、一瞬でこの有様に。

なんでしょうこれ、雪虫ですか?

20151018-高妻山-0502.jpg

高妻山の山頂は3m~5m台の岩がゴロゴロしています。この時に流行っていた五郎丸ポーズで。

眺めは一級品で、北アルプス(後立山連峰)が眼前に広がります。

20151018-高妻山-0526.jpg

こちらは雨飾山方面です。

境界線がはっきりしませんが日本海が見えていました。

20151018-高妻山-0558.jpg

山頂でお昼ご飯。

石鎚山に登った時に松山市内で買った一六タルトです。

20151018-高妻山-0562.jpg

今日はコースタイムのある日帰り登山ということで時短のカップラーメンを食べました。

高妻山_STK_0010

Saku兄は一人おしゃれにパスタを作っていました。

茹で方を間違え、暖めたパスタが冷えて、再度加熱。無事、ベータ化したパスタは食感がぐにょぐにょで、口の中に粉っぽさが広がる出来でした。

20151018-高妻山-0586.jpg

それでもSaku兄は「美味しい、美味しい」を言い続けながら、スパークリングワインと共に煽っていました。

20151018-高妻山-0647.jpg

10月の秋晴れと言った天気で、風が心地よく、いつまでの滞在できるような気候でした。日曜日なので、さっさと降りて帰れなければという気分を閉まっておきたい。

20151018-高妻山-0632.jpg

20151018-高妻山-0596.jpg

STRONGさんが空中浮遊しているかのようなインスタ映えを意識した写真を撮っていたので真似してみました。

僕も「いいね」が欲しいです。

20151018-高妻山-0597.jpg

解釈を間違えた写真。

20151018-高妻山-0676.jpg

登りが辛かったということは下りも辛いということです。しかし、重い腰を上げて、下山を開始します。

ちなみにバリエーションルートですが、高妻山の先に乙妻山というのがあります。より健脚の人は目指してみるといいかもしれません。

20151018-高妻山-0679.jpg

「七薬師」

安いスパークリングワインを飲んで歩いたせいか、Saku兄は今にもゲボしそうな顔をしながら歩いていました。無事に七を回収。

20151018-高妻山-0683.jpg

弥勒尾根(13:52)

下山は「弥勒尾根」を利用します。

10分程ですが、コースタイムが短縮される新しいルートのようです。自分が購入した2012年版の地図には載っていませんでした。

高妻山_STK_0009

新道と言うと嫌なイメージしかないのですが、戸隠高原を展望する開放的なルートでした。

20151018-高妻山-0700.jpg

斜面は土なので、雨直後は泥だらけになりそうです。

飯綱山がやはり目立ちます。

20151018-高妻山-0710.jpg

20151018-高妻山-0706.jpg

樹林帯に入ると紅葉に彩られていました。

頚城山塊のある一帯の紅葉は見ごたえがあり、とても好きです。

20151018-高妻山-0729.jpg

牧場に到着しました。

20151018-高妻山-0753.jpg

登山口(15:15)

山頂を出発してから2時間14分でした。土の道で歩きやすかったのか登りを2分の1に縮めています。

20151018-高妻山-0772.jpg

陽も少し傾きはじめ、より紅葉のコントラストが強く感じます。いやー、このままキャンプしてゆっくり泊まりたいです。

しかしながら、サラリーマンなのでこのまま東京へと帰らなければなりません。

20151018-高妻山-0787.jpg

膀胱の限界を迎えたSaku兄がトイレダッシュしている間に牧場の動物たちとふれあいました。

20151018-高妻山-0797.jpg

モルモット相手に慈愛の心をみせるSTRONGさん。

20151018-高妻山-0801.jpg

牧場内にあるカフェで、搾りたての牛乳で一杯やりました。濃厚でとても美味しいです。

新そばの季節、蕎麦の最高峰「戸隠そば」

20151018-高妻山-0806.jpg

さて、駐車場に戻る前に手打ちそばを食べます。

秋と言ったら新蕎麦、蕎麦と言ったら戸隠蕎麦です。戸隠キャンプ場内にある手打ちそば「岳」で頂きます。

20151018-高妻山-0811.jpg

「山登った後に蕎麦?そんなんじゃ腹膨れないだろ」と悪態をつくのですが、戸隠蕎麦だけは例外です。天ぷらは新鮮な野菜を使っているのでシャキシャキ、蕎麦は香りが強く、バランスに優れてとても美味しい。そして、新蕎麦はより美味しい。

量は物足りないものの、それは帰りのサービスエリアで補いましょう。

20151018-高妻山-0812.jpg

蕎麦ソフトクリームもデザートに食べました。ソフトクリームブロガーとしては外せません。

霊峰戸隠山への信仰を背景に、この地が修験道場として栄えた平安時代、修行僧の携行食糧として村にもたらされたのが「そば」であったと伝えられています。

元々は戸隠山に登るための修行僧の行動食だったようです。今と違って団子状のものだったそうです。

20151018-高妻山-0814.jpg

駐車場に戻ってきたときは既に17時前でした。

下山してからはたつ兄がおススメする温泉「むれ温泉天狗の館」に入りました。戸隠高原一帯には戸隠神告げ温泉くらいしかありません(ここでもいいのですが、入ったことがあるのでパス)

温泉後は寄り道することなく、東京へ帰りました。

高妻山の登山を終えて

20151018-高妻山-0554.jpg

「秋に車で潟の山に登り米を食べる」という登山企画は、「秋に車で潟の山に登り蕎麦を食べる」に変わりました。高妻山の山頂は新潟県を含んでいますが、登山口も文化的にも長野県なので、何とも言えませんけども。

9月から10月にかけては、紅葉が見逃せませんが、秋の味覚もまた見逃せません。今度こそは新米にありつきたいです。

20151018-高妻山-0580.jpg

高妻山の前評判は悪かったのですが、登ってみたら高評価の山でした。

出てくる料理は美味しいが、駅から離れていて、テーブルが油でギトギトしているので、評価が低いと言った飲食店のようです。

山頂までの距離が3分の2であれば間違いなく、戸隠山と並んで人気の山でしょう。名峰群に囲まれていて、高妻山でしか見れない風景があります。

高妻山の地図はこちら

『【長野】高妻山 登山 ~ 紅葉の戸隠牧場から登る険しく長い修行道、秋の味覚新そばの旅』へのコメント

  1. 名前:あさくらみなみ 46歳?! 投稿日:2017/09/08(金) 00:03:00 ID:834b27214 返信

    たっちゃん…(´・ω・`)

    思わず。
    スミマセン

    • 名前:veryblue 投稿日:2017/09/11(月) 00:16:42 ID:ea44c33c1 返信

      >あさくらみなみ 46歳?!さん
      たいしたキズもないのに、だた、ちょっと打ちどころが悪かっただけで…
      もう動かないんだぜ。な。ウソみたいだろ。

  2. 名前:ハルオ 投稿日:2017/09/13(水) 12:33:38 ID:004f30081 返信

    どうもです。今回も最初から面白いネタで楽しい記事を読ませて頂きました(笑)
    たつ兄さん・・・CX-5で2駆とは
    見た目とギャップがありますね
    あと、ヒューマノイドタイフーン
    トライガン ネタでしょうか?
    本編の紅葉は標高によって緑から紅葉になって良い感じですで羨ましい
    今年の紅葉登山はまだどこに行くかい迷ってましたが、高妻山も候補に入れてみようと思います
    ちなみに、ベリーブルーさんは今まででどこの紅葉登山が良かったですか?

    • 名前:veryblue 投稿日:2017/09/13(水) 23:40:33 ID:35b4b8577 返信

      >ハルオさん
      どうも、コメントありがとうございます。
      たつ兄さんは、この後に臨時収入(労災)があり、結構な額をもらっていて、二駆にしたことを後悔したとかしないとか…。
      トライガンという古い漫画を御存知とは珍しいですね。その通りです。
      今年は夏が今ひとつだった分、紅葉登山に恵まれたいですねぇ。

      スリルが大丈夫であれば、高妻山より戸隠山の方が楽しめますよ。少しコースタイム短いですし。

      東北だとやはり栗駒山で、安達太良山も良かったです。やはり地元栃木の那須岳もいいですねぇ。
      北アルプスですとやはり、涸沢は外せませんし、下ノ廊下も良かったです。

      今年は雨飾山に行きたいんですよねぇ。

  3. 名前:ravel 投稿日:2017/10/16(月) 19:33:54 ID:965b941ba 返信

    こんばんは、綺麗な写真に魅せられて、定期的に拝見しております(^^)v
    結構気になってたんですが、ベリーブルーさんの名前って、
    最初は青いジャケットとか青い空から来てるのかと思っていましたが、
    実はブルーベリー好きな少年だったりするんですか?

    • 名前:veryblue 投稿日:2017/10/16(月) 22:55:13 ID:e9f902587 返信

      >ravelさん
      ブログを定期的に読んで頂きありがとうございます。
      名前の由来をたまに聞かれるのですが、大したことない話なのです。

      中学生の頃に自分が体調を悪くして机で突っ伏していたところ、中学で英語を習って間もない友だちに
      「お前、顔が真っ青だな、ベリーブルーだな」
      と、言われ、その言葉が気に入ったからだったりします。

      よく考えるとルー語ですね。