ブログのデザインを修正しました

【奥秩父】両神山 登山 ~ 紅葉の終わりに近いようで遠い、アクセス難の埼玉の秘境の旅

両神山_01

2012年11月25日

埼玉県の両神山(りょうかみさん)は行ってきました。標高は1723mです。

埼玉県の秩父山中の奥深く、その山は存在します。日本百名山の中では低いですが、鋸の歯のようなギザギザした山頂が特徴的で、古くからの山岳信仰の歴史ある山です。

両神山_02

11月下旬、紅葉シーズンはいよいよ終わりを迎えます。

近いような遠いような秩父の旅、スタートです。

両神山について

両神山(りょうかみさん)は埼玉県秩父郡小鹿野町と秩父市の境目にある山。奥秩父山塊の北部にあり、標高は1,723m。日本百名山の一つ。山岳信仰の霊峰であり、両神山、三峰山、武甲山をあわせて「秩父三山」という。
山名は、イザナギ、イザナミの神を祀っていることから両神と呼ぶという説、日本武尊の東征のおりこの山を八日間見ながら通過していったので八日見山と名づけられた説、「龍神を祭る山」が転じて両神山となったという説など、諸説ある。

両神山地図

両神山地図

登山口は一番メジャーである「日向大谷口(ひなたおおやぐち)」を利用しました。

日向大谷のバス停から出発し、沢沿いをずっと登り、清滝小屋を目指します。そこからは鎖場と岩場が続く道を経て山頂です。

バス停から山頂までは標高差1093m。日帰り登山としては、結構な高低差があります。

アクセス

西武池袋駅(6:50)→ちちぶ3号(1480円)→西武秩父駅着(8:12)→西武秩父駅発(8:25)→西武バス(470円)→小鹿町役場着(9:02)→両神庁舎前発(9:16)→小鹿野町営バス(420円)→日向大谷着(9:48)  合計:2370円
バスの乗り換えがあり少し複雑です。
西武線ではなく、秩父鉄道利用の場合、三峰口駅から小鹿野町営バスに乗る方が楽です。

両神山登山

プロローグ

普段、本を読まない人に本を読ませる。

なかなか難題ですよね。

極端に活字を読まない人いますよね。スポーツ新聞や雑誌の記事は読むけれど、ハードカバーや文庫等の小説を全く読まない人。

かくいう自分も小学校の頃は活字は全く読みませんでした。記憶している限り、自ら進んで活字を読んだきっかけは「金田一」。横溝正史のやつではなく、マンガ原作の金田一です。土曜日の21時から、堂本剛主演の「金田一少年の事件簿」が放送されていて、学校のクラスではほとんどの人が見ていました。

当然、自分もそのドラマ夢中になり、原作のマンガも読み出しました。そして、自分史における最初の活字小説とのファーストコンタクトは、夢中になっていた金田一少年の小説版の存在を知ったときです。

初めて自分のお金で買った小説は、金田一少年の事件簿の小説版です。確か、マンガ版「オペラ座の怪人」の続編だったと思います。

そこからは止まらなかった、金田一少年の事件簿の小説は全て読みつくし、元ネタとなっている横溝正史の「金田一シリーズ」の小説も学校の図書館で借りて読みまくりました。渥美清主演の映画「八つ墓村」を見て、その不気味かつ残酷な描写に子供だった自分は軽くトラウマに。当時は、ミステリーブーム全盛で「名探偵コナン」のアニメや陣内孝則主演のテレビシリーズ「明智小五郎」も放送され、「少年探偵団」シリーズも読み漁りました。

どこで火がつくかわからない話ですね。

本を読まない人に「この本面白かったから」って渡しても読んでくれません。

「あの映画の原作になってるんだよ。」とか「あの有名人も読んで、べた褒めしてたよ。」「無人島にいったとき火を起こすのに使えるよ。」

と言った具合に本来とは違ったアプローチの仕方がポイントなんですよね。

さて、登山をしない人に登山を薦める。

ちょっと長くなってしまったのでこの話は別の機会に…。

出発~レッドアロー号~バス2本乗り継ぎ

両神山_03

埼玉県の百名山と聞くと東京に隣接しているし、近くて行きやすいと思いますよね。

両神山の位置

が、両神山は群馬県との県境付近にあり、埼玉県の西の果て。

公共交通機関で行こうとなると西武秩父駅から、バスを2本乗り継がなければならないのです。

両神山_04

埼玉県民の憩いの地である池袋から西武線特急レッドアロー号に乗り込みます。西武線は料金が安いので、つい特急を使ってしまいますね。

両神山_05

天気は快晴で車窓からは空気が澄んでいるのか、遠くにある富士山がくっきり見えました。

電車の中で、光媒の花(こうばいのはな)という小説を読んでいました。

冒頭の話で知ったのですけれど、登山道によく生えている隈笹(くまざさ)は、30年という周期に1度花を咲かせるらしいですね。

花を咲かせた後は、一斉に周囲の笹が枯れるらしいです。笹が花を咲かせること自体知らなかったので、いつか登っているとき荷偶然見れることを期待してます。

両神山_06

飯能駅で電車は進行方向逆にし、そこから秩父へ向けて山間部を走ります。夜の間に降りた霜が家の屋根を白く塗っていて、電車の中から冬に近づいてきた感覚になっていました。

「○○駅で設備の緊急点検が入ったため、この電車は現在遅れが出ています。」

事故だな

「数ヶ月ぶりだな」

「ああ、間違いない。事故だ。」

eva01

路線バスの乗り換え時間は10分もないんですよ!

なんてこった!

バスの出発時刻に電車は西武秩父駅に到着。一縷の望みをかけてバス停までダッシュです!

両神山_07

8時25分西武秩父駅発の小鹿野町役場前行き町営バスに乗れました。

特急電車の到着を待っていてくれたようで、無事に乗り込むことができました。神経が削れるので登山前の交通トラブルは勘弁して欲しいですね。

両神山_09

バスは秩父市内をとろとろしたペースで走ります。

来週に秩父夜祭を控えているので、半被を来た大人たちがやぐらや神輿の準備をしていました。

両神山_10

30分ほどで小鹿町役場前に到着し、460円を支払い下車。

既に、両神山の登山口がある日向大谷口行きバスが待っていました。2本のバス乗継があるためか、週末にもかかわらず登山客は少ないですね。

両神山_11

9時53分に終点の日向大谷口に到着し、410円を払い下車。

100円玉を多めに用意しておきましょう…。

両神山_12

さて、帰りの時刻を確認しておきましょう。

午後の便は三本あります。最初は14時50分を予定していましたが、どう考えても無理そうということが判明。

さすがに18時は遅すぎるので、16時36分のバスを目標に下山することにしました。

両神山荘~紅葉の残る登山道

両神山_13

準備運動とトイレを終えて、両神山登山スタートです。

今回、同行してくれるメンバはこの二人。

左の赤い彗星カラーのザックとウェアの彼はみず君。雪山に行きたいけれど、金銭問題との兼ね合いに悩める子羊。

右の少しドラクエのフィールドカラーのような緑色のザックの彼女はハルさん(仮)。ブログを見てくれていて、なんやかんやあって今回の登山に一緒してくれることになりました。こんなの初めてですね。

両神山_14

民宿「両神山荘」は、バスの通ってなかった頃、日帰りは厳しいので宿泊する人が多かったのだとか。

土地の人にとっては交通の便がよくなるのも困りものなのですね。

両神山_15

「昔の秩父夜祭は凄かったよ。

今じゃ3日しかやらねぇけど、昔は1週間祭りをやってたんだ。

この祭りを楽しみに1年間働いていたもんだよ。7日間祭りに出かけて、1か月分の給料を気前よく使ったもんさ。

今じゃみんな日帰りできて帰っちまうからなぁ。金が落ちてかねぇんだよ。ははは。」

と語るのは山荘のご主人なのか、地元住民の方なのか。

RPGで町の人から情報を集めるみたいに、地元の人と話せると旅に来てる実感がわきませんか。

両神山_16

登山口から山頂までは5.6kmの道のりです。

20121125_両神山_0017

信仰の山なので、入口には鳥居があります。

この両神山は、日本神話に登場する男神「イザナギ」と女神「イザナミ」を祀っているからその名がつけられたと言う謂れがあるそうです。この辺の歴史はウィキペディアででも調べてください。

100年ちょっと前までは女人禁制の山でした。

両神山_18

両神山_19

登山道入口付近はまだまだ紅葉が残っていました。

まだまだ、自分には紅葉前線の血が流れていると言うことか(意味不明)。

両神山_20

「え、あの綺麗な写真ってこんな風に撮ってるんですか?ちょっと見たくなかったですね。」

と、ハルさんガッカリされました。

強く生きようと思います。

両神山_21

序盤はずっと沢沿いを歩きます。

冬直前なので沢の水の勢いはまったくありません。

両神山_22

みず君先導でガシガシ進む。帰りのバスの時間があるので少し急ぎ目に歩くのですが、どうにもこうにも早い。

両神山_23

日本酒でおなじみの「八海山」がこんなところにありました。埼玉で作っていたんですね。

【新潟】八海山 登山 ~ 危険極まる八ツ峰縦走、新潟の紅葉と収穫の秋の旅
2014年10月19日 新潟県の八海山に行ってきました。標高は1778mです。 日本でも有数の米所である魚沼市にあり、古くから信仰の山として親しまれてきた山です。日本酒「八海山」でその名前は全国で知られています。 登山道は岩峰が連なる険しく、鎖と梯子が多数ある非常に危険度の高い山です。

あ、新潟ですね。

両神山_24

かなり急勾配の道をひたすらの登ります。

うーん、これは山はじめたばかりの人にはきついかもしれません。

晩秋_07

すっかり葉は枯れ落ちていますね。

両神山_26

清滝小屋(11:50)

かつては管理人にいるような普通の山小屋だったそうですが、日帰り客メインになったため今では無人小屋。

無人小屋とは思えないくらい、丸太作りの立派な小屋ですよね。

両神山_27

ちゃんと水洗トイレと水場があり、炊事場もありました。意地管理費が結構掛かってそうです。

清滝小屋~両神神社~両神山山頂

両神山_28

帰りのバスの時間は刻一刻と迫っているため、休憩をほどほどに山頂へ向けて歩を進めます。

タイムリミットに追われる登山は久々な気がします。

両神山_29

清滝小屋から少し進むと、岩稜がむき出しになっている地帯になってきました。

両神山_30

両神山_31

過剰演出と言う名のスパイスを加えて、少し危険な感じに登っております。滑落する心配はないですね。

両神山_32

鎖場を抜けると赤い鳥居が見えてきました。

両神山_33

両神神社に到着です。

両神山_34

秩父方面の狛犬(狼?)は、自分の全国狛犬コレクションの中でもユニークなんですよね。

両神山_35

尾根沿いの道ですが両神神社周辺はテーブルとベンチがあるくらい広いです。

両神山_36

両神山_37

更に奥の社には、アメリカのカートゥーンアニメから抜け出してきたような狛犬が。

どことなくシニカルな笑顔が特徴的。

両神山_38

神社を過ぎれば山頂は後ちょっと。

みず君の若さゆえの早いペースにハルさんはちょっとへとへと気味です。

この忍者タートルズのような緑色のザックは、富士山行ってきた人からもらったそうです。使用1回なのに。

両神山_39

さぁ、みず君のプリティなけつを追っかけながら山頂を目指します。

両神山_40

今まで樹林帯だったため展望は全くなかったのですが、ここにきて一気に視界は広がります。

両神山_41

両神山_42

両神山山頂(13:11) 

近いようで遠い百名山に登頂することができました。山頂は狭く岩肌が盛り上がった場所なため、とても狭いです。集合写真を撮るのにも一苦労するかと思います。

両神山_44

奥秩父の山脈の向こうに、富士山の先っぽだけが見えました。牛乳プリンが食べたくなるな。

両神山_45

山頂はいろんなルートから登ってくる人がいるため混み合っていたので、僅かなスペースを見つけてお昼休憩。

両神山_46

遠くには白くなった北アルプスの山々。

八ヶ岳、浅間山、南アルプス、中央アルプスのすべてが肉眼で見れるほど空気が澄んでいました。

両神山_47

11月の最後の登山としては大成功ですね。

最初一人で来る予定だったけれど、良かった二人が来てくれて。

両神山_48

山頂に木が一本だけちょこんと生えているのが面白いですね。

誰かがはやしたのかな?

両神山_49

空も飛べるはず。

両神山_50

時間の許す限り写真を取りながら、時間を掛けて山頂を楽しみました。

空と大地をわけるアルプスの白い境界線は圧倒的なスケールですね。写真右が北の方角なので、徐々に雪の量が多くなってますね。

両神山下山~寒空の下のバス待ち~武甲温泉

両神山_51

下山開始です。

両神山_52

同じ道を引き返すだけなのであまり写真は撮りませんでした。

前方を歩く二人は、何度もすっ転んでいました。

両神山_53

両神山下山(16:09)

少しペースをあげて下りてきたため、16時32分のバスに余裕をもって間に合うことができました。

両神山_54

日が落ち急に気温が下がってたので、ガタガタ震えながら、温かいコーヒーを飲んでバスを待ちました。

両神山_55

10分ほど遅れてバスがやってきました勘弁して欲しい。

両神山_56

乗り換えの小鹿町役場前で、秩父駅行きのバスに乗り換えます。

寒い!寒すぎる!!

行きと違って乗り継ぎバスは待っておらず、暗くなった役場前で15分くらい震えて待つ羽目に。秩父の夕暮れはとんでもなく冷え込むんですね。

両神山_57

バスは西武秩父駅へ戻ってきました。

さて、すっかり汗だらけ泥だらけになった自分達は温泉へ。

両神山_58

お隣の横瀬駅にある武甲温泉にやってきました。

LINK http://www.buko-onsen.co.jp/

歩くと結構距離があるので、タクシーを利用しました。料金は1000円弱。お風呂の種類が豊富で、ゆっくりくつろぐ事ができました。

両神山_59

お腹も空いたので、食堂で夕食にしました。

こういうところで当たりはずれのないソースカツ丼を注文。ご飯の量がとんでもなかったです。武甲山盛りか…。

両神山_60

来週は夜祭なので1年で最も秩父が賑わう日でしょうね。そういえば、この記事を書いていて思い出しました。

なんの因縁かちょうど1年前に武甲山に登っていたんですね。

【秩父】武甲山 登山 ~ 単独登山デビュー、己との戦いに相応しい地への旅
2011年11月26日 埼玉県の秩父市ある武甲山(ぶこうさん)に行ってきました。標高は1304mです。 秩父市街地から眺める圧倒的な存在感のある姿は名峰と呼ぶのに相応しい山です。石灰岩が豊富に採取できるため、大規模に削れており痛ましい傷を負っている山でもあります。 激務のため休日出勤が続き心のわだかまりが抜けず、金曜日の夕方思い立ち初めて単独登山を決行しました。いや、単独登山は自分には御大層な言葉なので「ぼっち登山」が相応しいかもしれません。...
YouTube Preview Image

今年の秩父夜祭で映画の前売り券が発売になっていましたが、この映画みたいです。

【奥武蔵】棒ノ折山(棒ノ嶺) 登山 ~ 風光明媚な紅葉の沢コース、冬の夜空を彩る秩父夜祭の旅
2013年12月3日 埼玉県と東京都にまたがる棒ノ折山(ぼうのおれやま)に行ってきました。標高は969mです。 埼玉県飯能市からの登山ルートは、白谷沢に沿って歩くルートになっており、以前から歩きたいルートの一つでした。山頂から都心方面の眺めがよく、奥武蔵エリアでは人気の山の一つです。 この登山をした日は平日です。 平日に休みを取ってまで行きたい理由は、この山の混雑を避けるためではありません。登山後の「秩父夜祭(ちちぶよまつり)」にありま...

秩父夜祭は棒ノ嶺に登った際に見に行ってきました。

両神山_61

西武秩父線は、山間部の暗闇の中に黄色や青のランプほんのり光って、それが線路に沿って続く風景がとても綺麗です。

特急は時間的に後になってしまうので、普通列車で帰路につきました。

両神山登山を終えて

両神山_43

日に日に寒くなり冬を迎えます。

10月初旬から11月下旬にかけて、紅葉前線を追い続けてきた旅もいよいよ終わりです。

秩父周辺の山域は険しくも情緒のある山が多いのが特徴ですね。登山においては、奥多摩や丹沢にはない静けさと踏みしめることで感じるアジがあります。自然においては、アルプスやその他の高山にはない、自然への親しみやすさがあります。

今度来るときは八丁尾根コースっていうのを登ってみたいです。

車をお持ちでない人にとっては大変行きにくい山ではありますが、いかかでしょうか両神山。いい山です。

両神山_66

かなりプライベートな登山に付き合ってくれた二人には感謝です。

また、よろしくお願いします!

両神山の地図はこちら

コメント

  1. すんこ より:

    いつも羨ましがっていた山ガールも一緒でよかったですね。

    山はちょっと背筋のゾクっとするような小説ありますよね。
    新田次郎さんの短編集とか・・・

    • veryblue より:

      >すんこさん
      いつでも山ガール募集中です・x・b

      自分も新田次朗の小説は読んでいます。山岳小説は、見ていてはらはらしますね…。
      今でこそ誰もが安全に登山できる時代ですが、様々な記録をこぞって登山家が挑戦していた時代は何人も命を落としていますからね。

  2. ada より:

    いつも楽しく拝見しております。
    RPGをしていていつも思っていました。
    「町の人がこんな旅人に聞いてもない情報をポンポンいうわけが…」
    あるんですね。心のもやもやがなくなりました。
    両神山、今くらいの時期にちょうどよさそうですね。
    冬用ハードシェルを購入したものの、まだ 値札が付いたままです。
    秋から登山をさぼっていますが、
    VERYBLUEさんのブログを見ていて、感化されました。
    負けじと頑張ります!

    • veryblue より:

      >adaさん
      地元住民の人から話を聞くことによって、隠されたイベントの道が開けるのはゲームも現実も同じのようですね。
      岩手に行ったとき、産直のおばさんに関東から登りに来たんですよと言ったら、大判焼きをもらいました。アイテムの入手もできるんです。
      というか山の麓に済んでいる人って少なからず刺激を求めているのかもしれませんね。

      両神山は、夏場は暑くてきついので晩秋の時期を狙っていくのがいいですね。
      八丁尾根コースに行きたいです。

      秋は、読書でもしていたのでしょうか?それとも食欲でしょうか?

      朝起きるのが大変苦痛ですが、自分も程ほどに頑張ろうと思います!

      両神神社の龍

  3. エリカ より:

    もしかしたら、年末に秩父に行けるかもなんですが乗り継ぎが大変そう!

    で、どんなふうにこの綺麗なお写真を撮ってらっしゃるのか…
    ていうかカメラの機種とか加工どのくらいしてらっしゃるのかちょっと知りたい。

    • veryblue より:

      >エリカさん
      年末に秩父ですか。
      神社仏閣めぐりでしょうか。
      確かに乗換えは大変でした。それはそれで旅情感があるような気がして、最近は好きですね。

      カメラはCanonEosKissX4を使っていて、標準レンズを使用しています・x・b
      加工については、明るさとコントラストを少しいじっています。

      同じような写真が続くと飽きられると思い、若干のぼかし加工等をしています。

      素材の良さを求めるなら、より性能のいいカメラ本体とレンズがほしいですが、極めようとすると天井知らずの値段になってくるので自分はここが限界です。

      旅情

  4. すんこ より:

    やはり、読んでられますか。
    小学生の時、図書室でエベレストの山岳小説を読んで以来、
    目に留まるとほとんど読んでいます。
    お陰で登山=遭難の方程式が出来上がってしまい、
    もっぱら眺めているだけです・・・ハハハ

    • veryblue より:

      >すんこさん
      作品としての山岳小説は、主人公が遭難するか事故に遭わないとストーリーとして面白くありませんからね…。
      新田次朗著「八甲田山死の彷徨」は30年前に映画化されていますが、今見ても迫力あって面白いですよ。昔の作品なので、狂気めいたものはありますが。

      今の時代、よほど深いところに行かない限りは遭難できませんね・x・

  5. エリカ より:

    カメラの機種教えてくださってありがとうございます!
    加工はほんのすこしっぽいし構図とかが素敵なので腕が良いのですね。

    初登山は高尾山でミラーレス一眼持って行ったんです
    そしたら、腰骨にガッツンガツンカメラが当たって青痣に…
    それからすぐ、コンデジ買ってしまいました。

    • veryblue より:

      >エリカさん
      自分は一眼レフなので、ミラーレスより更に重いです。
      なので、最初は右腰骨あたりが痛くなりました。
      まぁベルトの調節次第なのかもしれませんね。

      写真の撮り方については、色々研究していますね。
      人の目線から撮った写真だと飽きてしまうのですので、万歳しながら撮ったり、しゃがんで撮ったりと工夫してます。
      また、被写体を決めたら360度どの方向から撮るのがイイのかまず想像しますね。それから撮ります。

  6. hearty より:

    あけましておめでとうございます。
    今年も楽しく拝見させて頂きます。

    本、私も小さい頃からよく読みます。
    たまに山の行き帰りで出現する本がどんな本を読まれているのか気になっていました。
    熊笹の話凄いですね~!本は色々な事が学べるし、その世界観に引き込まれてすっぽり入りこめるから本は好きです。
    読まない人に勧めるのはなかなか難関ですよね(笑)
    狛犬がアメリカンポップ!(笑)

    • veryblue より:

      >heartyさん
      あけましておめでとうございます!
      年明け早々から見ていただいて感謝です。おや、目が霞んでモニタが見えない;x;

      電車の移動時間やテント泊で寝るまでの時間に本をよく読みます。
      日常生活から離れた場所で読む本は、その世界にどっぷり浸かれる気がします。普段とは違った景色と空間にいることで、本の世界に閉じ込められている物語にリンクしやすいのかもしれません。
      ちなみに自分は特定の作家やジャンルがないので割りと乱読派です。旅先に持っていくものは、内容が小難しいものではなく、後味が爽やかそうな本を選んでいます。

      秩父の狛犬

      秩父の狛犬は、自分が東日本の山々を見てきた中でかなり独特な造りをしていますね。
      「Bow!Bow!」と吠えそうです。

  7. hearty より:

    写真が現れたら吹き出してしまいました(≧ω≦)(笑)
    抱きしめて持って帰りたい可愛さですね!(笑)

    目の霞みは大丈夫でしょうか?(^_-)(笑)
    本は私はいつも家でしか読んでなかったので、なるほど~!自然の中だとより没頭できそうですね。

    • veryblue より:

      >heartyさん
      湖畔にそばに立つ木造ロッジのテラスで、ロッキングチェアーに座り、膝には控えめのデザインが入ったブランケットを置いて、読書する老後に憧れています。
      目の充血はそろそろ取れてきました!

  8. もと山 より:

    お久しぶりです。大変ご活躍のようですね。私は相も変わらず、ちまちまと山登ってます。以前から登ってみたかった両神山行って来ました。2000mない山なのに、距離がありましたね。沢歩きから、岩場まで、変化のある山で、楽しかったです。50代のご夫婦が4組くらいいました。清滝小屋も、混んでなかったです。紅葉時期が混むのでしょうか。頂上は、ガスっていて残念でした。

    • veryblue より:

      >もと山さん
      コメントありがとうございます!
      両神山まで遠征してこられたのですね。お疲れ様です。
      両神山は最初は沢登り、清滝小屋を過ぎると岩登りとコースの変化が楽しいですね。
      頂上の展望は残念でしたね…。

      今度行くときは八丁尾根コースを選択したいところです。

  9. マメミ より:

    いつも楽しく拝見しています。
    10/6(日)ガスガスな、お天気でしたが日向大谷口からピストンで行ってきました
    ☆バスの時間・変更されていました☆
    鈍足の私は、大幅にタイムオーバーし何とか下山(>_<)
    山ガール・ハルさん(仮)は、コースタイム内で下山したのですよね~~素晴らしい♪
    まだ少し早くて、両神神社~山頂のみ、紅葉(*^^)v
    写真通り、変化有りの楽しいコースでした(*^。^*)

    • veryblue より:

      >マメミさん
      あのバスの乗り継ぎで行ったのですか!?
      冒険者ですね。
      山頂が紅葉とは良さそうですね。自分が行ったときはほとんど枯れていましたから…。
      山頂に刺さっている木の枝が特徴的ですよね@p@

      無事帰ってこられて何よりです!

  10. えふ より:

    百名山制覇に向けて(いつになるのやら)、両神山に行ってきました!
    なんと10月からバス路線が改定になっていて、計3つのバスを乗り継いで
    日向大谷口になんとか辿りつきました。
    いやキツかった!途中で「もう無理です」と何度言いたくなったことか。
    山頂が狭い上に登山客が密集していて、あまり長居出来なかったのが残念。
    下山してバス停についたのが15:40で、バスが到着したのが17:20。
    やっぱり、車で来るべきだった…。今まであまり使わなかったので
    車、売っちゃったんですよね…。今になって必要性をひしひしと感じています(+_+)

    • veryblue より:

      >えふさん
      両神山はバス乗継が大変ですねー。
      しかし、ローカルバスに乗ると旅をしている気分を味わえるので自分は好きです。
      登山口から山頂まで登り一辺倒ですからね…。
      御苦労様です。
      登山をする上で車があることに越したことはありませんからね。

      レンタカーという手もありますが、一人だと割高な上に自由な時間に利用できませんからね。
      百名山の投資としてまた再購入してみるとか…。

  11. パッチ より:

    今日両神山に登って参りました。
    沢のあたりは木々も青々としていましたが、山頂あたりは紅葉していてよかったです。山頂からの景色もまずまずで(若干霞がかっておりました)富士山のシルエットも見えました!)
    あの不思議な顔立ちの狛犬も見たし、武甲温泉も行ったし。
    しかし、下山って膝に対するダメージが大きいですね。。。

    • veryblue より:

      >パッチさん
      コメントありがとうございます。
      両神山は同じようにバスで行ったのでしょうか?
      富士山のシルエットが見えてよかったですね。紅葉も見頃だったようで羨ましい。自分は記事の通り最初だけだったので。
      冬になったら秩父から近い山も巡ってみるのもいいですよ。

      足をぐんと伸ばすような下りだとやられますね。

  12. パッチ より:

    両神山へは車で行きました。
    駐車場が埋まってしまうといけないので、
    登山口へは早く着くようにしています。

    ドライブも好きなので、
    登山はいい具合に欲を満たしてくれます\( ´ω` )/

    • veryblue より:

      >パッチさん
      車で行かれましたか。
      両神山は危険そうですが八丁尾根コースも行ってみたいと思っています。

      高原ドライブいいですね。自分は車を持っていないので羨ましい。
      ただ、登山後は眠気との戦いもありますけどね!

  13. キノリハ より:

    verybleuさま
    いつも楽しく拝見しております。
    両神山、昨年晩秋に登りました。
    紅葉は完全に終わっていましたが、ふかふかの落ち葉絨毯がとても気持ち良かった事を思い出しています。
    わたくしと友人はverybleuさんのブログを見て山を決め、下山後しばらくしてから読み返す戦法で楽しんでいます。
    山登りをしない人に山を薦める。
    装備が高いので基本的には本気で興味のある人しか誘う事はしないのですが、今日読み返してみたらその文章の続きが気になっちゃいました!
    そして、2014〜2015のダイジェストを見てまたまた楽しみが増えましたー*\(^o^)/*
    更新、首を長〜くしながら待っていますねー☆

    • veryblue より:

      >キノリハさん
      はじめまして、コメントありがとうございます。
      両神山に行かれてコメントいただく事多いです。両神山の八丁尾根コースというのは楽しそうなので登ってみたいと思っています。
      新緑の季節やツツジの咲く季節に行きたいです。

      自分で自分のブログを眺めることはしませんが、写真を見返しながら、ここは夏の時はどうなるんだろう?秋の紅葉では景色がどう変わるんだろう?と再び行きたくなってしまいます。
      次は北海道なのですが、これがまた長くて長くて…。更新がんばります。