ブログのデザインを修正しました

【丹沢】大野山 登山 ~ 牧草地が広がる山頂で、富士山と相模湾を眺めながら鍋をする旅

20130127_大野山_0001

2013年1月27日

丹沢にある大野山(おおのやま)に行って来ました。標高は723mです。

大野山は丹沢の西のはずれにあり箱根に近い場所にあります。山頂一帯が牧草地になっている丹沢の中では一風変わった山です。

丹沢の西に位置し、富士山の眺めが素晴らしい山です。

20130127_大野山_0002

丹沢といえばケーブルカーがあり信仰の山である大山(おおやま)、展望のよい稜線が続く塔ノ岳表尾根コース、奥地にそびえる百名山の丹沢山と主峰の蛭ヶ岳とバリエーション豊かな山が揃っています。

今回は、少し丹沢らしくない大野山でハイキング気分の旅をしてきました。

大野山について

大野山 地図

大野山の地図

JR御殿場線の谷峨駅をスタートし、大野山の山頂に至ります。下山は山北駅へくだるルートです。

大野山登山

プロローグ

商店街をの魚屋さんの前を通り過ぎるとねじりはちまきの大将から「今日入ったさんまが安くて美味しいよ!」と声を掛けられ、お肉屋さんの前を通り過ぎるとエプロンを着たおばさんが「これ食べてきなさいな」とコロッケを頂き、八百屋さんで買い物をすると主人から「これサービスしちゃうよ!」とじゃがいものを余計に袋に入れてくれました。

と、そんな夢を見たのはつい最近のことです。

ドラマやアニメの主人公によくみられる商店街の人気者設定ですね。

そもそも住んでいる場所に商店街は一切ありませんでした。東京や神奈川の下町には、個人経営の商店街が多くていいです。地方都市では、イオンやジャスコなどの郊外型のショッピングモールに淘汰され、駅前の商店街はシャッター通りになっています。

明るい商店街ライフを送ってみたい憧れから見た夢なのでしょうか…。

商店街の存在を知ったのは、国語の教科書に掲載されていたねじめ正一作の「高円寺純情商店街」です。

余談ですがこの作品で、番茶を食べ終わったご飯茶碗の中に入れて飲むって言うシーンに衝撃を受けました。

JR御殿場線の谷峨駅から大野山の登山口へ

20130127_大野山_0003

最近、遠出しすぎて丹沢から離れていました。

【丹沢】仏果山・高取山・経ヶ岳 登山 ~ 日曜ハイキングのつもりでが、道なき道を行く過酷な旅
ブログは平日に書いているのですが、ここ最近平日は遅くまで残業、土日どちらかは出勤なので登山記事が貯まってきました。う~んクオリティを下げるべきか・・・。 丹沢の高取山・仏果山(たかとりやま・ぶっかさん)に登ってきました。 丹沢の登山と言えば大山と塔ノ岳がメジャーだと思いますが、この高取山・仏果山も陰に隠れてなかなか魅力のある山です。最近、仕事の疲れもあり日曜日に気楽に行けるようなところを探したら自然とこの山に行き着きました。 けれど、まさかあ...

去年の4月に登った仏果山・高取山・経ヶ岳以来で約10ヶ月ぶりとなりました。

20130127_大野山_0004

小田急線に乗る場合、登戸(のぼりと)という非常に中途半端な位置で乗り換えるため座れないこともしばしばです。

「助けて~!どらえもーん!登山の前に疲れたくないから電車で座りたいよ~!!」

テケテケン♪

「線路に置く石~!」

※やめましょう

20130127_大野山_0005

小田急線の新松田駅で下車します。

駅からは箱根の山並みとその奥にはなにやら白装束の円錐形の物体が見えました。

20130127_大野山_0006

少し早い時間の電車に乗ったため、乗り換えの御殿場線が到着するまで時間に余裕があったので、駅の蕎麦屋で朝食。

たぬき蕎麦を食べ終えて、JRの改札に行こうとするとそこには驚くべき光景。100人以上の中学生が行列を作っているではありませんか。

全員同じジャージを着ていたので、どうやら部活の大会に集団で出かける模様。

20130127_大野山_0007

行列が出来ていたのは、JR御殿場線はJR東海の管轄になるため、SUICAとPASMOが使えず、券売機で切符を買わないといけないためです。

これは待てないと思い横から直接、窓口まで行きなんとか通してくれました。

20130127_大野山_0008

JR松田駅から3駅、谷峨(やが)駅で下車しました。9時3分到着の電車だったと思います。

新松田駅から直接登山口まで行くバスも運行していますが、帰りに温泉に立ち寄る都合です。コース選択は人によるでしょう。

20130127_大野山_0009

30名ほどのハイカーが下りました。中高年ばかりです。

砂利の公園で中高年が体操をしているのを見ると、早朝のゲートボール場と見間違いますね。

っていうのを口にしたら同行者に「失礼だよ」って言われました。へへ。

無人販売所がある登山道には木彫りの人形がたくさん

20130127_大野山_0010

今回は自分以外は3人の女性メンバーです。

左からペチーノさん、とりさん、ともみさんです。何度か一緒しているので過去のブログにも登場しています。

20130127_大野山_0011

駅から山間部の田舎道を通って登山口を目指します。

20130127_大野山_0012

河内川にかかる青い吊橋を渡ると坂道がはじまります。

20130127_大野山_0013

後方にさっきからちらちら白いものが見えるんですよね。

20130127_大野山_0014

しばらく舗装道を歩いていくとありました、登山口。

20130127_大野山_0015

地図上ではこの下を東名高速道路のトンネルが走っているようです。

どたばた登らないようにしましょう。

20130127_大野山_0016

白い物体と思っていたものは、白い何かが掛かったものだということがわかってきました…。

20130127_大野山_0017

登山道途中にはトイレが設置されていて安心です。

ちなみに山頂にもトイレがあります。ぶっちゃけ車で山頂まで行ける山です。

20130127_大野山_0018

まだまだ登りますよ。

20130127_大野山_0019

登山道途中に無人販売所がありました。

20130127_大野山_0020

山崎さん手作りジャムが売っていました。山崎パンではないと思います。

先週の雲取山で喉を痛めたので、このかりんジャムは買っておけばよかったと後で後悔しました。

20130127_大野山_0021

その他にもお惣菜や佃煮が売っていて、どれもこれも300円程度の値段で格安です。前日に作っておいて販売しているのでしょうか。

20130127_大野山_0022

小ぶりなみかんもあり、10個ほど入っていてお値段100円。

20130127_大野山_0023

粋な無人販売所に心を潤されながら、まだまだ登りは続きます。

ようやく白いものがかぶさっていたものの全貌が明らかになりつつあります。

20130127_大野山_0024

標高600m程の地点で樹木が一切なくなります。

丹沢の雰囲気ではなく、箱根に近い感じですね。

20130127_大野山_0025

もう姿がまるわかり状態になりました。

あー、名前が喉元まで出掛かってます「ふ、ふ、ふじつぼ?」

20130127_大野山_0026

樹林が一切生えてないので、青空と風景が思う存分味わえます。

20130127_大野山_0027

標高634mに到着しました。

さて、この大野山ですが木彫りの彫刻が、ところどころに設置されていて楽しませてくれます。

20130127_大野山_0028

中央の建物は牧場で、奥には少し白みがかった丹沢山塊が見えます。

この景色だけみると「アルプスの少女ハイジ」の牧草地みたいで、アルプス気分が味わえます。

20130127_大野山_0029

冬の間は牛は放牧されていないのが残念。

富士山が目の前に広がる牧草地を歩く

20130127_大野山_0030

雄大な富士山をバックに、牛たちが駆け巡る光景を見てみたいですね。

20130127_大野山_0031

ん?富士山?

あー!富士山でしたこの白い山は!忘れてたなー!

20130127_大野山_0032

そんな大野山は富士山の展望に優れた山なのです。登山開始時からずっと後方に見えていました。

20130127_大野山_0033

山頂まではアスファルト道、そして工事中のフェンス。

大野山の山頂~相模湾と富士山と雪化粧した丹沢の眺め

20130127_大野山_0034

11時17分大野山山頂に到着です。

駅からのんびり歩いて2時間ちょっとです。

20130127_大野山_0035

本日はゆとりのある登山、広々とした山頂。そんな山頂でやることと言ったら一つです。

20130127_大野山_0036

鍋。

豆乳たっぷりの野菜たっぷりの豆乳鍋でございます。

20130127_大野山_0037

インカコーラで乾杯しました。

色はまっ黄色です。くどい味がするのかと思いましたが、意外と味わいスッキリで飲みやすい。

20130127_大野山_0038

風もなく穏やかな天気だったので、寒い思いをすることもなく完成です。

豆乳が湯葉になってそれがまたうまいのなんのって。スリゴマは必須ですね。

20130127_大野山_0039

久しぶりに山の上で調理したなぁ。やっぱり冬は食材を持って来やすいので、温まる鍋がしたいですよね。

20130127_大野山_0040

食後はお餅を焼きおしるこを頂きました。

20130127_大野山_0041

20130127_大野山_0042

南は相模湾、西は富士山、東は丹沢山塊と展望は文句なしです。

20130127_大野山_0043

お社らしきものが建っていました。

20130127_大野山_0044

雪が結構残っているかと思っていましたが、日当たりがいいのでほとんど溶けていました。

登山道にも凍っている箇所は一つもありません。

20130127_大野山_0045

お腹も膨れたので下山を開始します。

牛とまきば館を見学しながら、山北駅へ

20130127_大野山_0047

20130127_大野山_0046

帰りは何種類かコースがありましたが、まきば館を目指しました。

20130127_大野山_0048

山頂から車で登ってこれる道を15分くらい歩くと到着です。

20130127_大野山_0049

牛の乳搾りコーナー。中身は水。

20130127_大野山_0050

まきば館の中はずらっと写真などの展示物が飾ってありました。

牛乳やソフトクリームが食べられるかと思ったのですが、全然売店らしきものはありませんでした…。

地元のおじちゃん二人がストーブの前でジモトーク(世間話)くらいしか見世物はありませんでした。

20130127_大野山_0051

牛舎を見学できます。

日のあたる場所で、牛がのんびりくつろいでいました。

20130127_大野山_0052

20130127_大野山_0053

人懐っこいようで人間が近づくと数匹寄ってきました。手を出すと物凄い勢いで舐めようとしてくるので注意しましょう。

20130127_大野山_0054

まきば館に降りてしまうと道がずっとアスファルトなので面白くありません。

なるべく登山道を利用したほうがいいですね。

20130127_大野山_0055

またいた看板兎。

スカイツリーなので、最近の作品なんですかね。

20130127_大野山_0056

山北駅までひたすらアスファルト道です。

20130127_大野山_0057

20130127_大野山_0059

つらい時が登り坂。日本で1番山の中のボクシングジム。

20130127_大野山_0060

東名高速道の下を通ります。

20130127_大野山_0061

今回の記事では数点しか紹介していない木彫りですが、登山道に無数にあります。

一体誰が製作しているのかが非常に気になるところです…。版権物が一切ないのがちょっとつまらないですけど。

20130127_大野山_0062

山北の町まで下りてきました。

20130127_大野山_0063

ふと街路樹を見ると黄色い花が咲いていました。

蝋梅(ろうばい)です。

20130127_大野山_0064

JR御殿場線に沿って桜が植えられているので、開花する4月中旬に大野山に行ってみると更に楽しめると思います。

20130127_大野山_0065

15時前には山北駅まで下りることができました。

20130127_大野山_0066

20130127_大野山_0067

JR山北駅前には健康福祉センターがあり、入浴施設があります。帰り道に温泉があるって素敵。

LINK 山北駅前のさくらの湯

箱根が近いので天然温泉なのかと思っていたけれど違うようですが、料金は400円と安いです。温泉はなぜか3階にありました。

20130127_大野山_0068

温泉で汗を流し、再び16時台の御殿場線に乗って帰宅しました。

充実した一日になりました。

大野山登山を終えて

年末から前回の雲取山にかけて、歩行距離が長かったり、危険極まりなかったり、極寒だったりと波乱に満ちた登山をしてきました。

こんな山ばかりのぼっていると苦行が大好きなイカレ野郎だと思われてしまいます。

本来は、「きゃはは」「うふふ」な感じで、のんびりする登山が好きなんですよ。

20130127_大野山_0069

まさにそんな自分にはこの大野山がうってつけでした。

冬は鍋の材料を持っていって、富士山と相模湾の眺めを楽しみながら大人数で舌鼓をするのが楽しいです。

車で山頂に来れる山なので自家用車を持っていれば、朝日や夕陽を眺めに来るのもありですね。初日の出の時など賑わうのでしょうか。

いろいろな楽しみ方のできる山でした。

大野山の地図はこちら

コメント

  1. ともみ より:

    大野山、お疲れ様でした。
    低山だけど、富士山がどどーんと見えたのがよかった♪
    それに、海も見えたし、チェーンソーアート、牛、つらら、ボクシングジム…etc…
    富士山見ながらの鍋もおしるこも絶品で。

    のほほーんハイクだったけれど、充実でした♪

    風があって寒かったような記憶があるけど、寒かったかしら?

    とのほほーんハイクしたいときにはぜひ!!!

    余談ですが。。。蝋梅って最近まで老梅だと思ってました…

    • veryblue より:

      >ともみさん
      大野山、こちらこそお疲れ様でした。
      山頂に樹木が一切生えてなく牧場なのがいいですね。
      修羅場を潜り抜けているともみさんには物足りなかったかもしれませんが、たまにはこういうゆったりした登山もいいですね。
      若干、風邪?を引きずっていましたが、何とか平気でした。

      チェーンソーアートの製作者はきっと人生楽しんでますね。

      チェーンソーアート

      ロウバイは名前に梅がついてるけど、実際のとこ違うみたいですね。
      自分も勘違いしていました。

  2. hearty より:

    きゃはは♪うふふ♪なのほほん登山いいですね!大好きです!(笑)
    ガシガシ行かれると、色々見たいものも見れずのんびり味わえず、つまんないショボンとしちゃいます(笑)
    丹沢にこんな山あるんですねー♪
    低いのに富士山がこんなに見えて、しかも海まで見える!
    絶対行きたい山に浮上しました(笑)
    牧場にソフトクリームがないなんて残念ですね。

    • veryblue より:

      >heartyさん
      丹沢でも異色な感じですね。
      山頂が草っぱらになっている洋装は、箱根の矢倉岳に近い感じですね。
      ソフトクリームの看板はあったので、シーズンには売っているのかも?

      絶対に行きたい山を見つけてくれて良かったです・x・b

      大野山から海へ

  3. つっちー より:

    はじめまして。
    2月に大野山に行こうと検索していたらこちらのブログにたどり着きました。昨日も仏果山で検索していた時に訪れたサイトだったので、ちょっとびっくりです。

    センスの良い写真とコメントがとてもいいですね。
    私は体を酷使しながら登るのも、のほほんとおしゃべりしながら登る山も好きです。
    2月のメンバーは女性も多く、のほほんの方ですね(笑)。
    豆乳鍋美味しそうですね。俺もやろっと(笑)。

    • veryblue より:

      >つっちーさん
      はじめまして!
      コメントありがとうございます!

      大野山は富士山も間近に見え、人が押しかけるような山ではないのでいいですよ!
      2月はほら寒いですから、心も体も暖めないと…登山なんて出来ません。
      豆乳鍋は簡単にでき、シチュー感覚の鍋なので美味しいです。是非。