【南アルプス】入笠山 雪山登山 ~ 2014年始まりの雪山、足を取られながら樹氷の森の旅

2014-01-19_00666_入笠山

2014年1月19日(日)

長野県の南アルプス北端の入笠山(にゅうかさやま)に行ってきました。標高は1955mです。

市街地から近く南アルプス前衛の山で、ロープウェイも運行している人気の山です。南アルプスでは珍しい湿原があり、初夏に高山植物目当ての登山者で賑わいます。

冬は富士見パノラマリゾートのスキー場から登山することが可能で、初心者向けの雪山登山を楽しめます。

2014-01-19_00283_入笠山

南アルプスの貴重な冬山登山できる山で、去年から行ってみたい山の一つでした。

ブログのコメントを通じて連絡を頂いた「まゆつん」さんの誘いを受け、真冬の入笠山に行ってきました。

お手軽日帰り雪山の旅スタートです。

スポンサーリンク

入笠山登山

2014-01-19_00001_入笠山

静岡県某所に住む「まゆつん」さんと合流するため山梨県の大月へ中央線で向かいます。

まゆつんさんは自家用車を持っているため、中央道と中央線が交わる大月が合流するポイントとして適切と判断しました。

2014-01-19_00003_入笠山

中央線が山梨県に入るとビル群はなくなり、山間部にある町並みが続きます。

2014-01-19_00005_入笠山

大月に近づくと途中駅のホームに雪が積もり始めました。

この週は都心でも雪がちらついた日があり、こちら側ではしっかりと積もっていたようです。

2014-01-19_00007_入笠山

大月に到着。改札で今回誘った毎度おなじみのむーみんさんと合流。

大月駅前のロータリーでまゆつんさんと合流し、まゆつんさんの青い車で山に向かいます。二人にそれぞれの自分が誘った人の性別を伝えておらず、男が来るものだと思っていたらしくびっくりした模様。ちなみに二人は同世代だった。

2014-01-19_00008_入笠山

冬の晴れた日の中央道。

甲府盆地に入り、その背景に南アルプスの白い山脈が見えてくると気持ちが昂ぶります。

2014-01-19_00011_入笠山

富士見台パノラマリゾートに到着です。

当然ながら登山者は圧倒的に少なく、全体の5%もいないでしょう。

2014-01-19_00013_入笠山

犬を連れた人達がいました。

犬スキーというジャンルがあるのでしょうか。

2014-01-19_00016_入笠山

2014-01-19_00028_入笠山

ゲレンデのゴンドラ利用の登山者はいつもアウェーです。

2014-01-19_00020_入笠山

足を止めてしまうメニューがあるではありませんか。

2014-01-19_00034_入笠山

公式ホームページにてダウンロードした割引券を利用し、ゴンドラの往復券を購入します。要チェックやで。

2014-01-19_00035_入笠山

麓の街は平日に降った雪で一面白くなっています。正面の八ヶ岳は残念ながら雲に覆われていました。

2014-01-19_00039_入笠山

ゴンドラの山頂駅に到着です。

2014-01-19_00049_入笠山

2014-01-19_00046_入笠山

ゲレンデを横切るようにして入笠山の登山口に侵入します。

2014-01-19_00053_入笠山

冬枯した樹林帯からは青空を仰ぎ見ることができます。唐松っぽいから秋の紅葉も楽しめそうです。

2014-01-19_00054_入笠山

ゲレンデにかかるミュージックをバックに静かな山奥へ入っていきす。

2014-01-19_00058_入笠山

序盤は全くアップダウンがありません。

しっかりと踏み固められているため、アイゼンも必要ないほどで初心者に非常に優しい。

2014-01-19_00063_入笠山

入笠湿原の看板がでかでかとありました。

2014-01-19_00067_入笠山

2014-01-19_00069_入笠山

2014-01-19_00083_入笠山

ゲレンデから20分ほどして入笠湿原に到着。

2014-01-19_00074_入笠山

湿原の面影はなく、雪田になっています。

南アルプスの標高3000mエリアが連なる核心部では湿原はなく、入笠山に存在するのが唯一だとか。夏にも訪れたい山です。

2014-01-19_00086_入笠山

ゲレンデみたいな斜面がありますが、かつては滑ることができたのでしょうか。

2014-01-19_00087_入笠山

夏には営業しているであろう山荘。トイレは利用できるみたいです。

2014-01-19_00096_入笠山

入笠湿原を抜けて入笠山山頂へ向かいます。

2014-01-19_00098_入笠山

奥へ奥へと進んでいくと木々に雪が積もっています。

2014-01-19_00108_入笠山

湿原の奥にもさらに開けた場所がありました。

ここで人が降りてきた方に向かっていったのが、間違いでした。正しくは樹林帯を抜ける道が登りに適した道。

2014-01-19_00115_入笠山

勢い良く走りだしたまゆつんさん足が埋まる。

登山を2013年の秋から初めて、雪山にまで行ってしまうバイタリティ溢れる御仁です。

2014-01-19_00119_入笠山

青空とそれに映える樹氷が美しい。

2014-01-19_00123_入笠山

足が埋まる。立ち上がる。埋まるの繰り返し。

2014-01-19_00124_入笠山

おかしい初心者向けの雪山でラッセルが必要なのか。(※登山道を間違えているからです)

2014-01-19_00135_入笠山

2014-01-19_00139_入笠山

2014-01-19_00143_入笠山

この人は何がしたいのやら。

2014-01-19_00150_入笠山

ゲレンデのような斜面を登り切るとそこは樹氷ゾーン。

2014-01-19_00156_入笠山

光が射して輝く木々は、それはもう物語の世界。

2014-01-19_00158_入笠山

2014-01-19_00163_入笠山

自然の作る造形美はどこまでも美しい。青空に輝く白銀の木々。

2014-01-19_00175_入笠山

指で触れるとパラパラと崩れる繊細さ。

2014-01-19_00176_入笠山

雪の結晶を撮りたいけれど、自分が所有しているレンズでは撮影不可能。

2014-01-19_00193_入笠山

自分が持ってきたスノーシューをむーみんさんに貸しているわけですが、相変わらず埋まり続ける自分たちを尻目にさくさく進むものだから、今更返せとも言えない状況。

策士め。

2014-01-19_00199_入笠山

雪山は人もいなく、天気さえよければ夏山より楽に歩くことができます。

2014-01-19_00210_入笠山

適切な道具がないとこのような惨めな姿を晒しながら歩くことになります。

ストックを使い体の浮力を増量するも撃沈。最終的には四つん這いになり、人としての尊厳を失った格好で登ったりもしました。雪が深い場所はスノーシューが最強です。

2014-01-19_00227_入笠山

映画「八甲田山」のセリフで「白い地獄」とは言ったものだ。

まゆつんさんも修行になってしまったので、非常に申し訳ない限りです。

2014-01-19_00235_入笠山

樹林帯を抜けると山頂に到着です。

2014-01-19_00248_入笠山

入笠山の山頂。

奥には今まで見ることができなかった中央アルプスの山並みが広がります。

2014-01-19_00256_入笠山

山頂は遮るものなく360度の展望があります。

辛い思いしたから山頂の喜びも余計に大きいです。しなくていい辛い思いでしたが。

2014-01-19_00291_入笠山

電車からの合流スタートであり遅かったため、山頂に数組程度の人出でした。

2014-01-19_00311_入笠山

この無駄なカットは果たして要るのか。

2014-01-19_00410_入笠山

東側は八ヶ岳が見えるはずですが、雲に覆われています。

2014-01-19_00443_入笠山

まゆつんさんが得意のヨガを見せてくれました。

2014-01-19_00473_入笠山

真似をするも体がガチガチに硬い人。

2014-01-19_00526_入笠山

風速10m前後はありましたが、ひとしきり山頂を楽しみました。

2014-01-19_00546_入笠山

雪山で南国気分な人。

2014-01-19_00555_入笠山

山頂で昼を食べるには過酷な環境であったため、下山し風のない場所まで戻ります。

2014-01-19_00576_入笠山

まゆつんさんにもスノーシューをレンタルさせてあげました。ついでにレイも。

気に入ったのか次の雪山の時に購入したようです。意識高い登山者。

2014-01-19_00586_入笠山

下山に使用した道(本来は登りに使うべき道)はちゃんと踏み固められていて、足を埋めるような道ではありませんでした。

登る道を間違ったんだね、うん。

2014-01-19_00591_入笠山

入笠湿原まで戻ってきたので、青空を仰ぎ見ながら遅めのランチです。

2014-01-19_00600_入笠山

風もなく穏やかな湿原の中心で雪山ランチ。

そんな脆弱を破るかのように湿原入口からすごい勢いで、野犬!?が突撃してきました。

2014-01-19_00601_入笠山

2014-01-19_00602_入笠山

我々めがけて一直線に走ってきます。

2014-01-19_00605_入笠山

あ、服着てる!

野犬じゃない!!

2014-01-19_00610_入笠山

エッジの効いたターンで、我々が食べている場所に急旋回。

2014-01-19_00612_入笠山

人間には目をくれず。

2014-01-19_00623_入笠山

狙いは自分たちが手に持っている食べ物だったようで、パンを執拗に狙ってきます。

2014-01-19_00630_入笠山

なんかくれくれと襲いかかります。自分のおにぎりを半分ほどパクつかれた。

2014-01-19_00637_入笠山

自分たちを襲った犬の飼い主であろうお姉さんが後からやってきました。リードに繋がれた犬でスキーをしているようです。

2014-01-19_00639_入笠山

しかし、お姉さんが連れていたもう2匹の犬がこの光景を見て戦闘状態。

2014-01-19_00640_入笠山

お姉さんの抑止むなしく、解き放たれた!!

2014-01-19_00643_入笠山

もみくちゃに。

静かなランチタイムは突然の襲来によって騒々しくなりました。

2014-01-19_00647_入笠山

お姉さんがなんとか制止させてくれたので、助かった自分たち。

2014-01-19_00652_入笠山

満足気でやりきった表情を見よ。

2014-01-19_00654_入笠山

「まだ食べ物あるの?」と再び襲いかかろうとする一匹。

2014-01-19_00659_入笠山

入笠山は犬ぞりもできるのですね。

1度でいいから乗ってみたいです。ちなみに全然吠えなかったので訓練されているのですね。

2014-01-19_00662_入笠山

静かになった入笠湿原を後に、ゲレンデに帰ります。

2014-01-19_00671_入笠山

ゲレンデに流れる音楽が近づいてくるとゴールです。

2014-01-19_00673_入笠山

休憩を含む3時間半の雪山ハイクでした。

この後は麓に温泉に入り、売店で売っていた静岡産のみかんを購入して帰りました。冬の週末を思う存分楽しんだ一日になりました。

入笠山の登山を終えて

2014-01-19_00386_入笠山

雪山入門の山、それがこの入笠山です。

東京からのアクセスもよく、ゴンドラを利用して楽々標高を稼ぎ、休憩込みで3時間程度のコース。自分たちは登りの道を間違え、ラッセルを強いられましたが、軽アイゼンとストックがあれば登山可能です。スノーシュー等新しい雪山道具の試ししてみるのもありでしょう。

【奥秩父】笠取山 登山 ~ 隠れた名峰で初冬の雪遊び、2013年最後の旅
2013年12月15日(日) 埼玉県と山梨県にまたがる笠取山(かさとりやま)に行ってきました。標高は1953mです。 奥秩父の主稜線上にあり、甲武信ヶ岳(こぶしだけ)と雲取山(くも...

そういえば2013年年末に奥秩父の笠取山(かさとりやま)に登っているので、年をまたいで「」繋がりの山になりました。

展望が最高に良かったというわけではないので、また来たい山の一つです。

関連リンク

富士見パノラマリゾート:http://www.fujimipanorama.com/summer/index.php

入笠山の地図はこちら