ブログのデザインを修正しました

【栃木】男体山 登山 ~ 生まれ変わった大剣が天を切り裂く、今一度始まりの旅

2014-09-14_00226_男体山.jpg

2014年9月14日

栃木県の日光男体山(にっこうなんたいさん)に登ってきました。標高は2448mです。

日本を代表する霊山で、麓には二荒山神社があり、山全体がご神体とされています。下野富士という別称があり、均整の取れた形をしています。栃木県内の学校の効果には必ずと言っていいくらいに登場する名前です。

2014-09-14_00266_男体山.jpg

男体山の登山は通算3回目です。

自分の誕生日が9月17日であるため、始まりの山である男体山にお礼参りしたいというが動機でした。

運動らしい運動をしてこなかった自分が今まで登山を続けていられるのも、初めての登山に男体山を選び叱咤激励してもらったからこそだと思っています。その時は、体重が3キロ減り、足の爪が一つ剥がれ、翌日立ち上がれない程の筋肉痛になりました。よく登山が嫌にならなかったな…。

新しくなった山頂に奉納された大剣を目にしたいということもあり、一人旅をしてきました。

男体山登山

2014-09-14_00039_男体山.jpg

始発に乗り込もうと東京の自宅を出発したはいいが、コンビニでパンを買っている間に始発を逃す体たらくぶり。

北千住から東武線で日光を目指します。

2014-09-14_00044_男体山.jpg

9時半に東武日光駅に到着です。

2014-09-14_00045_男体山.jpg

さすが世界遺産にも選ばれている日光です。駅前はバス待ちですごい人だかりです。

2014-09-14_00056_男体山.jpg

いろは坂で渋滞に巻き込まれ、奥日光への到着が遅れました。

そして、男体山の山頂はどんよりとした雲が覆っているではありませんか。目に見えて展望が期待できない登山になってしまいました。

2014-09-14_00070_男体山.jpg

二荒山神社バス停で降り、二荒山神社の境内に入ります。

10時58分を回っており、登山開始するにはギリギリの時間です。

2014-09-14_00074_男体山.jpg

感覚的に6合目から7号目あたりからは全く展望はなさそうです。

しかし、展望が悪いことがわかっていても足を進めねばならない時がある。男体山が試練を与えるなら、それも受け入れよう。

2014-09-14_00083_男体山.jpg

社務所に登拝料500円を支払います。

男体山は山体すべてがご神体であるため、「登山」ではなく「登拝」が正しい。

2014-09-14_00092_男体山.jpg

11時5分 登拝開始

2度ほどレポート書いているので、特に詳細は記載しません。

2014-09-14_00102_男体山.jpg

序盤は階段が続きます。

2014-09-14_00107_男体山.jpg

一合目の石碑が気を引き締めてくれる。

樹林帯の中を歩きます。

2014-09-14_00114_男体山.jpg

序盤から急斜面であるため、いきなり心折られる人も多いはず。

4年前の自分もそうでした。

2014-09-14_00115_男体山.jpg

樹林帯を抜けるとコンクリートで舗装された場所に出ます。

2014-09-14_00116_男体山.jpg

三合目。

2014-09-14_00117_男体山.jpg

登山靴で舗装道を歩くのは辛いのですが、男体山に限ぎると急斜面から唯一逃れられる癒しの道。

やすらぎの栃木路」というやつです。違うか。

2014-09-14_00119_男体山.jpg

三合目の舗装道を歩き続けると再び鳥居があります。

2014-09-14_00121_男体山.jpg

ちょっと先に行くと中禅寺湖の展望台になっています。

2014-09-14_00123_男体山.jpg

2014-09-14_00124_男体山.jpg

四合目。

2014-09-14_00125_男体山.jpg

熊笹の登り坂が続きます。

2014-09-14_00128_男体山.jpg

五合目。

2014-09-14_00130_男体山.jpg

五合目はトタンで作られた避難小屋があります。

2014-09-14_00131_男体山.jpg

少し紅葉している箇所がありました。

2014-09-14_00133_男体山.jpg

五合目から少し登ると予想通りガスの中に突入です。

蒸し暑さにより、汗が滝のように流れ落ちます。

2014-09-14_00135_男体山.jpg

眼下には中禅寺湖が青々と広がっています。

2014-09-14_00139_男体山.jpg

七合目。

2014-09-14_00146_男体山.jpg

八合目。

多量の汗をかき、顔面びしょびしょの状態だったので、下山してくる人がすれ違った後に「下は雨降っているのかしら」と言っていました。失敬な!

2014-09-14_00155_男体山.jpg

8合目の後半は再び階段が登場するが、段差がきつくて大変です。

2回目に訪れたときはらくらく登れた気がしているんだけどな…。

2014-09-14_00158_男体山.jpg

九合目

2014-09-14_00161_男体山.jpg

九合目から赤土の斜面に変わり、森林限界を抜ける爽快な道です。

しかし、山頂は見事なまでのガス。

2014-09-14_00176_男体山.jpg

ともあれ、九合目の階段を無心に登っていると青空が見え始めました。

2014-09-14_00180_男体山.jpg

東には日光白根山と草紅葉した戦場ヶ原が見えます。

日光白根山は8月にも登っているので、日光は1か月ぶりという節操のなさ。

【栃木日光】日光白根山 日帰り登山 ~ 晩夏の緑に染められた火山と五色沼、たった一日の夏休みの旅

2014-09-14_00164_男体山.jpg

7合目から9合目では一切見えなかった中禅寺湖も見えるではありませんか。

2014-09-14_00184_男体山.jpg

「あー晴れてきたー!」

「さっきまで全然見えなかったのに!!」

山頂から下山してきた人たちが声をあげて突然の晴れ間に喜んでいました。

2014-09-14_00195_男体山.jpg

森林限界に達したと同時にこの晴れ間。

恵まれない登山客に晴れを連れてきてやったぜと有頂天になるのも当然か。この後、斜面ですっころんで膝を強打し、半泣きになった。

2014-09-14_00197_男体山.jpg

山頂にある奥社が見えてくると山頂は目前。

2014-09-14_00198_男体山.jpg

懐かしの二荒山大神の石像。

2014-09-14_00201_男体山.jpg

もくもくと雲に囲まれた男体山。

2014-09-14_00223_男体山.jpg

14時6分 男体山山頂

麓からちょうど3時間かかっての登頂です。

一度、雷で折れてしまった大剣。ステンレス製として生まれ変わり、銀の刃が青空に映えていました。

初めて登った時は疲労のあまり放心状態で、旧大剣をろくに撮ってなかった…。

2014-09-14_00230_男体山.jpg

2年3ヶ月ぶりの時を経て再び男体山の山頂に立ちました。

快復した天気も大剣が雲を切り裂いてくれたのだと思いたい。

本当なら毎年登りたいのですが、アーティストのアルバムリリース間隔くらいのペースで登りたいです。

2014-09-14_00239_男体山.jpg

山頂より北の方角は尾瀬があります。目立つ山は燧ヶ岳なもんくらいです。

2014-09-14_00257_男体山.jpg

男体山の子供的な存在である太郎山にはずっと登りたいと思っている山の一つ。

2014-09-14_00205_男体山.jpg

無事、お礼参りが完了。

ちなみに栃木県内(北関東?)では、社会的アウトローな卒業生がバイクで母校の周りを騒音立てながら暴走することを言ったりします。え、もしかしてうちの学校だけだったかな?

2014-09-14_00273_男体山.jpg

定番の場所に移動しました。

お昼のピークタイムが過ぎていたため、山頂は結構ガラガラでした。

2014-09-14_00285_男体山.jpg

一人でホイル焼きを作って食べました。

じゃがいもとベーコンをチーズ乗っけて焼いたやつ。

2014-09-14_00259_男体山.jpg

栃木と言えばレモン牛乳も忘れずに飲みます。

2014-09-14_00327_男体山.jpg

流れる雲の隙間から除く中禅寺湖の全景。

子供の頃、夏に中禅寺湖の湖畔でよくキャンプしたもので、中禅寺湖に映りこむ星空はとても綺麗だった記憶があります。その時は男体山を見上げてすらいなかったけど。

2014-09-14_00348_男体山.jpg

下山は駆け降りるように歩きました。

同じペースのおじさんとデットヒートを繰り広げるも、歩きながら飲んだ水が器官に入り込み、咽て敗北。

2014-09-14_00356_男体山.jpg

2合目付近に戻ってくると西日がキラキラと熊笹を照らしていました。

2014-09-14_00366_男体山.jpg

 17時5分 下山

休憩含み6時間弱の登山でした。

とにかく蒸し暑くて、持ってきた1.5リットルの飲み水を節約しつつの登山でした。

2014-09-14_00370_男体山.jpg

新しい歳になっても安泰した登山ライフを祈願し、そのまま宇都宮の実家に帰省しました。

男体山の登山を終えて

2014-09-14_00232_男体山.jpg

男体山は質実剛健の一本道。

登り続ければ、山頂につくというシンプルな登山道です。水が流れる沢もなければ、彩り豊かな花畑はありません。一歩一歩着実に歩けば、山頂に辿りつける登山の本分がこの男体山の魅力だと思っています。

始まりの山であり、出身県の山ですので、贔屓目が無きにしも非ず。

2016年8月11日から施行される「山の日」には男体山に登りたいと思っています。

【栃木日光】男体山 登山 ~ 関東を埋め尽くす雲海、巡り合わせの紅葉の旅
2014年10月12日 栃木県の日光男体山(にっこうなんたいさん)に登ってきました。標高は2448mです。 日本を代表する霊山で、麓には二荒山神社があり、山全体がご神体とされています。下野富士という別称があり、均整の取れた形をしています。栃木県内の学校の効果には必ずと言っていいくらいに登場する名前です。 ってあれ?つい最近同じ説明をした気がするぞ。 1カ月ぶりの日光男体山です。 男体山は地元栃木の贔屓抜きに何度登っても素晴...

と、思いきや1か月後も登ることになるのですが…。

日光男体山の過去記事

2014-09-14_00223_男体山-Edit.jpg

【栃木日光】男体山 登山 ~ 初登山を地元の山で、登山初心者が行くべきではなかった旅
2010年10月2日 登山初心者の自分が栃木県日光にある男体山(なんたいさん)へ行ってきました。 なぜ初めての登山に男体山を選んだのか? 都内からの公共交通機関のアクセスが良い 日本百名山ということもあり、登り甲斐がありそう 栃木県民だったし、懐かしさもあって 登山初心者ということもあり当然装備は一切ナシ!! 男体山を決定してから、2週間のうちにいろいろ調べて登山靴のダナーとかリュック(ヤフオク購入)、ユニクロなどで使えそ...

・1回目(登山はじめての記録)

【栃木日光】男体山 登山 ~ 物憂げな6月の雨上がり、登山原点回帰の旅
仕事終わりの金曜日の夜半、一通の電子メールを受信する音が部屋に鳴り響いた...... 日曜日、男体山へ行かないか その電子メールには簡潔なメッセージが書かれていた。数分前に淹れたコーヒーを一口すすり、返信する。 ああ、ちょうど退屈な日常に飽き飽きしていたところだ 栃木県の日光にある男体山(なんたいさん)に行ってきました。標高は2486mです。 この男体山は自分にとってはじまりの地、登山を開始した1年半前に始めて登った山です...

・2回目(1回目が余裕なさすぎだったので再挑戦)

日光男体山の地図はこちら

コメント

  1. くま より:

    なんと!2つの記事を連続であげるとは!