【長野】飯盛山 登山 ~ 雪山初心者と行く大展望の山、野辺山高原とジビエ料理の旅

20160207-飯盛山-0240.jpg

2016年2月7日

長野県にある飯盛山(めしもりやま)に行ってきました。標高は1643mです。

秩父山地の西端にあり、長野県野辺山高原のハイキングコースになっている山です。山頂は名前の通り、茶碗に盛ったご飯のような特徴的な形をしている山です。

短時間のコースタイムで大展望を見られる人気の山です。

飯盛山Tatsu-004

飯盛山が白いご飯のように見える冬に行ってみたいなと、常々思っていました。

雪山は他の山に行ってしまうことが多く、候補の山から外されがちでした。今回はメンバに雪山初心者がいたことから、コースタイムが短めの飯盛山が候補に上がりました。また、個人的に行きたかった料理店が近くにあったので、プランに組み込んでみました。

短時間ながらも八ヶ岳、富士山とアルプス大展望と満腹の旅スタートです。

スポンサーリンク

飯盛山について

JR小海線(八ヶ岳高原線)の野辺山駅また清里駅から登山口へとアクセスできます。

飯盛山というと福島県の会津にある白虎隊ゆかりの観光地が有名ですが、こちらは長野県にあります。

飯盛山の地図

飯盛山の地図

駐車場から標準コースタイム1時間45分と非常にお手軽な山です。

清里駅から野辺山駅まで縦走するルートを選択すると少し充実感を味わえるはずです。ちなみに野辺山駅はJRの最高地点にある駅です。

コースタイム

飯盛山登山口(9:53)→平沢山(10:48)→飯盛山頂上(10:57)→飯盛山登山口(12:37)
合計:2時間44分

飯盛山登山

八ヶ岳を展望する野辺山高原へ

20160207-飯盛山-0004.jpg

今回はたつ兄の住む神奈川の田舎駅で集合し、中央道で八ヶ岳方面へと移動します。前日の夜に南岸低気圧が通過し、高尾山から甲府に抜ける山間部は雪化粧をしていました。

20160207-飯盛山-0024.jpg

談合坂サービスエリア周囲の山々は白く染まっていました。本日の予報は快晴なので、朝から昼頃までにしか見られない景色。

20160207-飯盛山-0033.jpg

山梨県に入り、勝沼ICを過ぎたあたりで、南アルプスが目の前に横並びにそびえます。

登山をするまで山梨なんて行くことなんかないだろと思っていましたが、年に通過も含めて10回以上も来ることになるとは、人生何があるかわからないものです。

飯盛山Tatsu-001

山梨を横断し、長野県に入る直前で見えてくるのは八ヶ岳連峰です。

登山をするまで八ヶ岳と言うと、レタスや乳牛を育てている高原地という認識でしたが、今や一座一座の山名を言えるほどになり、人生何があるかわからないものです。

20160207-飯盛山-0048.jpg

長坂ICを降り、国道141号線(清里ライン~佐久甲州道路)を北上します。標高が上がるにつれて、地面も雪に変わってきました。

野辺山高原平沢峠

野辺山高原にある平沢峠駐車場に到着です。

八ヶ岳連峰が目の前にドーンと広がり、景観美的な観光地としても抜群です。3mを越える高さの丸太の看板がインパクトがあります。

南八ヶ岳の編笠山~権現岳~赤岳~横岳が見えます。南八ヶ岳の縦走は夏に実施したいところです。

20160207-飯盛山-0066.jpg

メンバは男2:女2の合コン体制。

左からくろとも、ゆみえもん、たつ兄、私となります。特に覚えなくても良いです。特にかしこまるような仲でもないです。

女性二人は茨城出身、たつ兄は学生時代が茨城、その一方で私は栃木出身ということで、北関東の確執があったり、なかったり。

日本の分水嶺、平沢峠から飯盛山へ

20160207-飯盛山-0081.jpg

平沢峠は日本の分水嶺になっています。

ここでおしっこをしたら太平洋と日本海に流れるのか。ロマンがあるな。」と程度の低い会話で盛り上がります。

20160207-飯盛山-0083.jpg

飯盛山登山口は道路を挟んで反対側にあります。

野辺山駅までは除雪されていましたが、駐車場直前の数か所で凍結していました。前日までの予報にもよりますが、ノーマルタイヤの場合は、駅付近に停めて歩くのも手かと思います。

飯盛山Tatsu-003

20160207-飯盛山-0085.jpg

9時53分 飯盛山登山口

さて、たつ兄は雪山に慣れていますが、女性二人はアイゼンを履いて登山をするのが、それぞれが2回目と初です。

山頂まで1時間、そして展望の良さもあって、雪山初心者にはうってつけの山です。

20160207-飯盛山-0094.jpg

序盤は樹林帯の坂道です。

20160207-飯盛山-0104.jpg

前日天気が悪かったせいか、薄くでしたが霧氷になっていました。

20160207-飯盛山-0098.jpg

雪山が初めてのくろともさんは、チェーンスパイクとゲイターを友だちからレンタルし、ウェアはALLシーズン用の格好です。

雪の山を歩くことが純粋に楽しいらしく、はしゃいでおりました。

20160207-飯盛山-0107.jpg

白く薄化粧した唐松の中を歩いて行きます。凍結個所もなく、アイゼンなしでも歩けるコンディションでした。

20160207-飯盛山-0131.jpg

平沢峠の標高1450mなので、標高差は200mもありません。なので、登りも大したことなく、稜線歩きに変わります。

20160207-飯盛山-0133.jpg

登山開始30分ほどで南アルプスの大展望が広がります。

冬でも比較的晴天が多い南アルプス。標高3000mの山々が連なりますが、森林限界も高いこともあり、白くなっているのは上部だけです。

20160207-飯盛山-0140.jpg

進行方向には富士山が見えています。

お隣の八ヶ岳では2時間、3時間も歩かなければ見れない展望です。なんてお得なのでしょうか、飯盛山。

20160207-飯盛山-0150.jpg

ここで唐突ですが、第1回「エビアンをより美味しく撮れるか選手権」をしました。硬水は苦手なので、あまり自分は口にしません。海外の水だったら、軟水のボルヴィック派です。

20160207-飯盛山-0175.jpg

稜線は日当たりが良いため斜面の雪はほとんど溶けていました。登山道にだけ雪が積もっています。

20160207-飯盛山-0182.jpg

振り返ると八ヶ岳がふたたびお目見えです。

大盛りご飯のような飯盛山

20160207-飯盛山-0193.jpg

飯盛山と言えば、大盛りご飯を食べるみたいな風潮があります。しかし、この登山の後に食事が控えているため、お茶碗を持ってきて、雪で疑似ご飯を作成します。

新雪を盛りつつ、ボルヴィックをかけて、うまいこと形成していきます。

飯盛山Tatsu-002

できた。

20160207-飯盛山-0218.jpg

平沢山を通過すると、飯盛山の山頂が見えてきました。

20160207-飯盛山-0226.jpg

展望スポットとの分岐点を通過します。

お茶碗を持ちながら歩く不思議な行為。すれ違う登山者に「あら、いいですねぇ」と話しかけられた気がします。

20160207-飯盛山-0230.jpg

飯盛山の山頂直下。

最後の最後だけグイッと登らせてきます。手前を右に行くルートは清里駅に繋がっています。

20160207-飯盛山-0238.jpg

飯盛山と大盛りご飯(ニセ)。

20160207-飯盛山-0243.jpg

積雪量も少なく、トレースも消えることがないので、雪山入門には本当に相応しいと思います。

【南アルプス】入笠山 雪山登山 ~ 2014年始まりの雪山、足を取られながら樹氷の森の旅
2014年1月19日(日) 長野県の南アルプス北端の入笠山(にゅうかさやま)に行ってきました。標高は1955mです。 市街地から近く南アルプス前衛の山で、ロープウェイも運行している...
【八ヶ岳】北横岳 雪山登山 ~ 冬晴れの青空の下の樹氷群、遊び過ぎた雪山の旅
2014年3月9日 長野県の八ヶ岳連峰の一つ北横岳(きたよこだけ)に行ってきました。標高は2480mです。 ロープウェイで標高2200m地点から登山することが可能で、山頂までのコー...

入笠山北横岳も入門としてよく紹介されますが、ロープウェイを使う必要がない分だけ安上がりです。

20160207-飯盛山-0249.jpg

バックには八ヶ岳の全貌が広がります。八ヶ岳を南東側から見ることがないので新鮮です。

20160207-飯盛山-0256.jpg

山頂は保護されており、ロープが張り巡らされていました。

20160207-飯盛山-0263.jpg

10時57分 飯盛山山頂

登山口より1時間4分で山頂に到着です。ダラダラ歩いていてこのペースなので、通常であれば1時間以内に着けちゃいます。

20160207-飯盛山-0272.jpg

飯盛山の標識は立派で、1m50㎝はありそうでした。

メートルの表示が「」となっているところにこだわりを感じます。

20160207-飯盛山-0294.jpg

八ヶ岳をはじめ、南アルプス、浅間山、富士山など展望が素晴らしいです。360度見渡すことが出来ます。

20160207-飯盛山-0284.jpg

行列を整備するようにロープが張られており、山頂からぐるっと回って元の位置に戻ります。冬なのでそこまで登山者は多くありませんが。

20160207-飯盛山-0299.jpg

本来であればご飯を食べるのが礼儀なのですが…。

20160207-飯盛山-0326.jpg

山頂は一方通行なので休憩するスペースはなく、早々に山頂を後にします。

風に乗って、雪山で凧揚げ

20160207-飯盛山-0345.jpg

飯盛山の隣にある丘が、のびのびと休憩を取れるポイントになっています。

20160207-飯盛山-0349.jpg

というわけで、凧揚げに興じます。

やはり雪山と言ったら凧揚げですね。巷ではドローン撮影が問題になっていますが、凧揚げであれば、糸で繋がっているという安心感、音もしないため安全です。

20160207-飯盛山-0356.jpg

ちょうどいい具合の風が吹いていたので、気持ちよく空に向かって飛んでいきます。自分の愛機は、100円ショップで売っているものです。

20160207-飯盛山-0364.jpg

飯盛山は綺麗な円錐形をしていました。

ご飯と言うより、盛り塩に見えなくもない。奥に見えていた富士山はいつの間にか、雲に食べられていました。

20160207-飯盛山-0368.jpg

お茶と凧揚げ休憩を終えて、同じ道で下山を開始します。

飯盛山Tatsu-005

ところどころ傾斜になっている箇所では、ヒップソリを楽しみます。

20160207-飯盛山-0377.jpg

下山はさくさくと再び平沢峠に戻ってきました。後続でやってきた登山者の車が増えていました。

20160207-飯盛山-0393.jpg

12時37分 飯盛山下山

たっぷり遊んで、約2時間30分弱の雪山登山でした。

秘境飯!!!仙人小屋でジビエ料理

20160207-飯盛山-0399.jpg

下山後に温泉も入らず向かった先は「仙人小屋」です。

仙人小屋 (小淵沢/自然食)★★★☆☆3.72 ■予算(夜):¥2,000~¥2,999

熊や鹿などのジビエ、川魚、山菜、きのこと言った、都会では滅多に食べることが出来ない山の幸を味わうことが出来る店です。

ちなみに県境を跨いでいるので、こちらは山梨県になります。

20160207-飯盛山-0402.jpg

20160207-飯盛山-0408.jpg

山の中にある食堂と言った感じの店内です。

休日は一時間以上も並ぶ店らしいですが、時間も遅かったこと、また降雪直後だったからなのか、すんなりと入店できました。

20160207-飯盛山-0405.jpg

こちらがメニュー。

季節によって大きく変わるらしいです。なかなか来れる店でないので、思い切って3500円もする「熊&鹿焼肉定食」を注文しました。

20160207-飯盛山-0410.jpg

中央のストーブに載っているやかんにお茶をいただくスタイル。

それぞれ種類が異なり、6種類ありました。緑茶、ウーロン茶はよいのですが、ニッキ茶はクセが強すぎ、センブリ茶に至っては吐き出しそうな苦みがありました。体には良いのかもしれない…。

トイレに行くとたつ兄がセンブリ茶を入れてくる。

20160207-飯盛山-0424.jpg

運ばれてきた熊&鹿焼肉定食。

杉の葉でレイアウトされ、小鉢も5種類あり、とても豪華です。左側の白く満遍なくさしが入っているのが熊肉、右側の脂身が寄っているのが鹿肉です。

みんなが喜んでいたきのこ汁。私はきのこを食べると死んでしまう病にかかり、医者に止められているので食べれません…。

20160207-飯盛山-0426.jpg

熊肉は食べたことないので、一体どんな味がするのだろう…。

20160207-飯盛山-0435.jpg

中央の鉄板で焼いていきます。

そんなに歩いていないのにこの肉量…。許されるのでしょうか。

20160207-飯盛山-0446.jpg

あっという間に焼けました。つけダレに肉を付けて食べます。

鹿肉は牛の赤身のように歯ごたえがあり食べやすく美味しい。クセは全くないです。熊は脂が多くジューシー、だが牛や豚にはないクセがありました。個人的な味覚ではいくつも食べるのは無理な気がした。

20160207-飯盛山-0433.jpg

こちらはゆみえもんが注文した鹿肉ロースト定食。ローストビーフのような味わいで美味しい。

ごはんとの相性は今ひとつなので、みんなでシェアして食べるのが良いです。

20160207-飯盛山-0450.jpg

どちらのお肉も新鮮で、ジビエ特有の生臭さはありませんでした。

まぁ、牛や豚のように日常的に食べれるかと言えばそうではありませんが、また来たいと思う食事でした。

20160207-飯盛山-0452.jpg

ボリュームに苦しめられながら、無事に食べ終えました。

飯盛山Tatsu-006

満腹です。

20160207-飯盛山-0465.jpg

帰りは清里駅に立ち寄り、バブルの名残がある観光地を見て回りました。かつては清里で夏を過ごすというのはステータスだったとか…。

甲斐大泉温泉に入り、帰りました。

シーチキン鍋のレシピ

20160207-飯盛山-0470.jpg

たつ兄の家で、我が家秘伝のメニュー「シーチキン鍋」を振る舞いました。なにそれ美味いのと保険の勧誘を見る様な目で見られましたが、そこそこの好評を得られました。

  • 材料
    • シーチキン
    • 白菜の浅漬け(浅漬けがポイント)
    • 絹ごし豆腐
    • 醤油
    • 料理酒
    • 水は適宜少しだけ
    • 唐辛子(お好み)
  • レシピ
    • 白菜の浅漬けと豆腐を醤油と料理酒で煮る
    • 最後にシーチキンを投入

ご飯に非常に進みます。本当です。

飯盛山の登山を終えて

飯盛山Tatsu-007

春から秋にかけては家族連れでお弁当を持ってハイキングできるくらいにお手軽な山です。1時間弱で山頂に辿りつけ、展望がこれだけ開ける山はなかなかありません。

都内から公共交通機関でアクセスするのは多少遠いですが、18きっぷなどを利用すると最大限の費用対効果があります。野辺山駅はJR最高地点なので思い出になります。

20160207-飯盛山-0065.jpg

今回は冬に行きましたが、本文中に書いたようにアイゼンを履いたことがない人が、はじめのはじめに訪れて良い山だと思いました。

飯盛山は展望の山として優れているので、再び訪れたいです。今度は山盛りのご飯を食べたいと思っています。シーチキン鍋を作って。

飯盛山の地図はこちら