【奥秩父】小金沢山 登山(雪山) ~ 2014年を標高2014mの山で〆る、男二人クリスマスの旅

20141223-小金沢山-0525.jpg

2014年12月23日

山梨県の小金沢山(こがねさわやま)に行ってきました。標高は2014mです。

標高2014mという標高の通り、2014年に登るべき山の筆頭という位置づけでした。山自体はメジャーではなく、大菩薩嶺の南側に位置しているというとわかりやすいでしょう。

山梨百名山に選定されており、富士山が綺麗に見ることができる山ということで、「秀麗富岳十二景」にもまた選定されている山です。

小金沢山_saku

Saku氏(@pointing3)の「どうせモテないし雪山でも行こうぜ」というクリスマス登山が企画されました。

深夜番組の名前も知らないような芸人がロケに出かける様なタイトルの登山企画ですが、Saku氏はこの登山を一年における重要な恒例イベントとして捉えています。男という生き物は異性にモテるということに並々ならぬエネルギーを使います。それは時折あさってのベクトルを向くことがあるのは、男であれば誰しもが経験があることでしょう。

そんなエネルギーを山にぶつける青臭い男二人による紀行(奇行)文のスタートです。

スポンサーリンク

小金沢山について

大菩薩嶺~小金沢山地図

小金沢山地図

大菩薩嶺のメイン登山口である「上日川峠(かみにっかわとうげ)」を基点とした大菩薩嶺~大菩薩峠~小金沢山の周回ルートを歩きました。

コースタイム

上日川峠(7:58)→福ちゃん荘(8:24)→唐松尾根→大菩薩嶺山頂(9:30)→雷岩→賽ノ河原(10:25)→大菩薩峠(10:42)→小金沢山着(11:58)→クリスマスパーティー→小金沢山着(13:40)→石丸峠(14:28)→上日川峠(15:24)

合計:7時間26分

休憩という名のクリスマスパーティーに100分もかけているので、だいぶ時間をかけています。

小金沢山登山

百名山の賑わいはなく、静かな大菩薩嶺へ

20141223-小金沢山-0005.jpg

23日は天皇誕生日で火曜日の祝日。

クリスマス本番の24日と25日は平日ということで、クリスマスイブイブであるこの日にお出かけを計画する人は多かったはずです。

そんな日に我々は山梨県に来ていたのである。

20141223-小金沢山-0011.jpg

7時58分 ロッヂ長兵衛

スタート地点は大菩薩嶺のメイン登山口であるロッヂ長兵衛から。シーズン中の休日であれば、確実に混雑している大菩薩嶺ですが、冬ともなると全く人気がありません。

20141223-小金沢山-0017.jpg

まずは小金沢山のついでと言ってはなんですが、大菩薩嶺を目指して歩きます。

【奥秩父】大菩薩嶺 登山 ~ 都内からアクセスしやすい百名山、景色は残念だったけど充実した旅
2012年6月24日 山梨県の大菩薩嶺(だいぼさつれい)に行ってきました。標高は2057mです。 東京から中央線と登山者用の路線バスを利用すれば、比較的容易にアクセスすることが可能...

前回の大菩薩嶺登山から2年半年ぶりです。前回は山頂付近がガスガスだったので、今回の晴れの日に展望を期待します。

20141223-小金沢山-0318.jpg

積雪は5センチから10センチ程度で、ところによっては凍結しています。モンベルのチェーンスパイクを装着しました。

20141223-小金沢山-0028.jpg

ざくざくと山の静けさに足音を立てて歩きます。

20141223-小金沢山-0054.jpg

30分ほど歩くと山荘が現れます。

20141223-小金沢山-0043.jpg

20141223-小金沢山-0051.jpg

8時30分 福ちゃん荘

大菩薩嶺の周回拠点にある福ちゃん荘に到着です。営業はとっくに終了していました。

20141223-小金沢山-0050.jpg

みかんを食べ、水分とビタミンを補給します。

何かとみかんを登山に持ってくることが多い。

20141223-小金沢山-0060.jpg20141223-小金沢山-0062.jpg

唐松尾根分岐点に差し掛かり、唐松尾根方面に向かいます。

前回は逆だったかな。

20141223-小金沢山-0081.jpg

少し登ると背景に富士山がドンと圧倒的な存在感を示していました。

20141223-小金沢山-0096-Edit.jpg

Saku氏は2014年から2015年初頭にかけ、諸事情(主に女関係)により年柄もなくディズニーランドにはまっていた。

著作権により黒服が玄関を叩かないか震えるばかりだが、キャラクターの帽子を装着し、クリスマスの浮かれモードを表現しているようでした。サイズが合っていないためか、何度も落としていたのが印象的だった。

20141223-小金沢山-0103.jpg

富士山の存在感。

唐松尾根と名がつく通り、秋には黄色の紅葉が見れるんだろうな。前回見ることが叶わなかった展望に恵まれ、満たされるものがあります。

20141223-小金沢山-0106.jpg

分岐点に到着です。

大菩薩嶺の山頂へは樹林帯の中に入っていくことになります。

展望がなかった大菩薩嶺の山頂

20141223-小金沢山-0154.jpg

さぁ、行こうではないか山頂へ。

20141223-小金沢山-0115.jpg

9時30分 大菩薩嶺山頂

登山口より90分で山頂ということで、お手軽です。

クリスマスというキリスト教のイベント企画だが、大菩薩嶺というモロに仏教的な名の山に訪れるというのは、反社会的なメッセージ性の含みを持たせている。

…わけではない。

20141223-小金沢山-0134.jpg

大菩薩嶺の山頂は展望がないことでおなじみ。

日本百名山では八幡平吾妻山会津駒ヶ岳平ヶ岳苗場山、皇海山、草津白根山天城山、恵那山、光岳などが山頂の展望がなかったりと意外と多い。

20141223-小金沢山-0118.jpg

リプシ―に帽子をかぶせて撮影するSaku氏。

巨人の星のクリスマス

膝をついてうつ伏せになっている光景が、アニメ「巨人の星」でのクリスマスパーティーシーンと重なった気がしたのは気のせいだろうか…。

富士山、南アルプス、甲府盆地の大展望の稜線歩き

20141223-小金沢山-0274.jpg

再び山頂から引き返すと山に囲まれた山梨の大展望が広がります。

20141223-小金沢山-0176.jpg

南アルプスが空との境界を描いています。

雪を被っているのは白峰三山です。右から富士山に次ぐ高さである北岳、間ノ岳、農鳥岳になっています。

この三山の縦走はいつか歩いてみたいです、大変厳しいらしいですけど。

【南アルプス】北岳 間ノ岳 小屋泊登山 ~ 日本2位と4位の高峰へ!南アルプスデビュー
北アルプス、八ヶ岳に続き日本の天井を支える南アルプスに行ってきました。 南アルプスと言えば天然水の採水地で有名ですが、富士山に次いでの3193mの高峰「北岳(きただけ)」があることを知ら...

北岳~間ノ岳に登ってから結構時間が経ったのでまた登りたいです。

20141223-小金沢山-0172.jpg

富士山をアップで。

11月上旬から下旬にかけてのまだ雪が薄いときは登山道のギザギザが見えていますが、それはすっかり消えているようでした。

20141223-小金沢山-0206.jpg

70年代UKパンクバンドのThe Crash(ザ・クラッシュ)の名盤「London Calling」のジャケットを真似ての一枚だが、圧倒的なクオリティの低い出来に苦笑せざるおえない。

YouTube Preview Image

20141223-小金沢山-0294.jpg

2000年に塩山市が設置した標高2000mの看板があり、行政も世間と同じような感覚で浮かれているということを示している。

20141223-小金沢山-0189.jpg

クリスマスパリピ(男二人)は、標高2000mの大菩薩の稜線で最高のヒートアップを見せる。

20141223-小金沢山-0293.jpg

足跡がない場所にスライディングを決めるSaku氏。

どこまでも我々は浮かれていた。

20141223-小金沢山-0302.jpg

山ガールのパーティーが反対側から歩いてきて、「お昼でもご一緒しません?」と声を掛けられる事案があったとすれば、我々はあっさり2014mの山頂を見捨てていただろう。

現実はストイックに登る40代から50代のソロ男性しか歩いていなかった。

小金沢山_saku_01

真冬の澄んだ空気は、どこまでもクリアに街並みを見せてくれました。心が汚れていようともそれは確かなこと。

20141223-小金沢山-0271.jpg

大菩薩嶺から大菩薩峠にかけての道中は樹林帯フリーとなり、陽が当たるため、雪が解けている箇所が多かったです。

石に引っ掛けるので、アイゼンで歩くに非常に難儀を強いられる。

20141223-小金沢山-0322.jpg

山梨県を代表する山と言えば富士山であることは間違いがないが、次点に来るのは市街地からも見えるこの甲斐駒ヶ岳だろう。

20141223-小金沢山-0324.jpg

さいの河原という場所で、女性の単独行とすれ違った。

「メリークリスマス!」と挨拶するには、我々には度胸がなかった。

20141223-小金沢山-0345.jpg

大菩薩峠が眼下に見える場所までやってきました。

20141223-小金沢山-0358.jpg

10時41分 大菩薩峠

のんびり歩いて1時間のお手軽でありながら好展望の稜線歩きは、都内のハイカーの心を鷲掴みにする所以だろうと思います。

山頂と違って、峠の方が開放的であり、だいぶ山頂感があります。

20141223-小金沢山-0364.jpg

大菩薩嶺という前哨戦を終えて、小金沢山を目指します。

大菩薩嶺の核心である周回ルートから外れるため、登山客がぐっと減るルートに踏み込みます。

20141223-小金沢山-0371.jpg

大菩薩峠から一山を越えて、再び樹林帯のない稜線を歩きます。

20141223-小金沢山-0388.jpg

大菩薩峠から小金沢山は大菩薩嶺直下より展望がよく、ひざ下程度の隈笹だけが茂る道でした。

20141223-小金沢山-0421.jpg

熊笹の中に一本の木が生えていて、これが「俺たちのクリスマスツリー」と言っていた気がします。

20141223-小金沢山-0407.jpg

南アルプスの白銀の一本線が引かれ、奥には八ヶ岳も見えていました。

20141223-小金沢山-0424.jpg

2014mの山を目指す登山者は多いのか、トレース(雪の上に残る踏み跡)はしっかりとありました。2014年じゃなかったら、ないかもしれないけど。

20141223-小金沢山-0435.jpg

再び樹林帯を歩きます。

標高2014mの小金沢山の山頂とクリスマスパーティ

20141223-小金沢山-0440.jpg

11時58分 小金沢山

大菩薩峠から1時間弱で小金沢山に到着です。西暦2014年に標高2014mの山に登るという一生に一度の経験を達成しました。

20141223-小金沢山-0445.jpg

毎度おなじみ山梨百名山の看板がありました。

20141223-小金沢山-0471.jpg

山頂の部分的なスペースから見れるわけですが、秀麗富岳十二景ということで、富士山の展望はバッチリです。

秀麗富岳十二景の2番山頂に選ばれています。牛奥ノ雁ヶ腹摺山という長ったらしい山とセットになっているため、いずれこの山も登らなければならない。

20141223-小金沢山-0458.jpg

さて、クリスマスにおいて重要な位置づけであるランチタイムの幕開けです。

ホワイトクリスマス(雪が降ってない)にホワイトな雪山(それほど積もっているわけではない)でホワイトシチューを食べます。

そして、この日はまごうことなき天皇誕生日である。

20141223-小金沢山-0459.jpg

レシピは非常に簡単で、キャンベルのクラムチャウダー缶をレシピ通りに作り、家で下ごしらえした野菜と鶏肉を足すだけであります。

20141223-小金沢山-0465.jpg

小金沢山_saku_02

標高2014mのクリスマスパーティーの図である。

クリスマスソングを流しつつ、熱々のシチューと焼きたての香ばしいパン、甘い甘いケーキにチョコレートとココアと完璧な布陣が揃っている。

不足しているのは異性という要素か…。

雪の上にじか座りは、お尻からじわじわと冷えてくるので座布団を用意しましょう。

20141223-小金沢山-0485.jpg

自分達がクリスマスパーティーをこそこそとしている最中にも数組ほどの登山者がやってきました。2014mという年の山ということで人気があるようだった。

20141223-小金沢山-0451.jpg

2014年は後1週間ほどしかないが、小金持ちになりたい思いをこの山に託す。

20141223-小金沢山-0493.jpg

看板が新し目でしたが、今年に備えて設置したのかな?

というわけで、2014年のクリスマスに相応しい2014mの旅が終わりです。なんとこの山頂には100分ほど滞在していました。

2014年の終わりを踏みしめながら下山

20141223-小金沢山-0509.jpg

下山を開始。

三脚の部品を道中に落としてしまい探し回る。200mくらい後退して探してみたが、結局は落としたと気づいた場所に落ちていたという事実。

20141223-小金沢山-0521.jpg

もたもたしていたらSaku氏は雪の登山道のど真ん中で昼寝をぶっこいていました。彼は年末にかけて仕事柄忙しくなるため、疲れを隙あらばとっているようだった。

20141223-小金沢山-0531.jpg

石丸峠から車を駐車している上日川峠に下山します。

20141223-小金沢山-0535.jpg

下山路は

20141223-小金沢山-0540.jpg

15時29分 上日川峠

この日の行動時間は7時間半と登山以外の行動にだいぶ時間をかけ過ぎていることがわかる。ともあれ、2014年に登らなければいけないという使命を背負った旅が終わったのです。

20141223-小金沢山-0543.jpg

下山後は「やまと天目温泉」で冷えた体と妙に汗をかいた体を洗い流しました。大人820円なり。祝日にもかかわらず、営業している山奥の温泉施設に日本のサービスレベルの高さを感じるを得ない。

20141223-小金沢山-0547.jpg

大渋滞が定常化している中央道はどういうわけか混んでおらず、あっさり都内に帰ることができました。

クリスマス前の祝日に山梨とか長野に行く人がいるわけがないか。

20141223-小金沢山-0549.jpg

Saku氏の自宅がある町田にて、ホルモン焼きで打ち上げを慎ましやかに敢行し、お互いの一年の労をねぎらいました。

Saku氏は小金沢山で登山納め、自分は午年のラストとして陣馬山を年末に行き登山納めとしました。

【中央線】陣馬山 登山 ~ 午年の最後に東京の馬の山、暮れ迫る午前中を駆ける旅
2014年12月30日 東京都と神奈川県にまたがる陣馬山(じんばさん)に行ってきました。標高は854mです。 高尾山から伸びる縦走路の先にあり、富士山を望むことができる開放的な山頂...

小金沢山の登山を終えて

20141223-小金沢山-0457.jpg

マライア・キャリーが歌った「All I Want For Christmas Is You」は「クリスマスに欲しいのはあなただけ」という歌ですが、タイトルは「恋人たちのクリスマス」と直訳と差異のある日本訳がされています。

日本におけるクリスマスはバブル時代の広告代理店の仕業により「恋人たちの特別なイベント」と定着し、パートナーがいない者は日陰を落としこの日を迎えることになります。Saku氏は敗者と語っていますが、時代は徐々に変わりつつあります。

クリスマスは少しづつ自由に楽しむ方向へと変わりつつあります。当然山に登り、陽の当たる場所を歩いてもいいのです。

20141223-小金沢山-0303.jpg

大菩薩嶺に付け加えて歩くのもよし、秀麗富嶽十二景として登るのも良し、展望に優れた稜線は都内からのアクセスもよく、非常に優秀なルートでした。

日本百名山の大菩薩嶺は登山者銀座でハイシーズンは混雑必須。少し足を伸ばして静かな小金沢山を登ってみては如何でしょうか。2014年は過ぎてしまいましたが、付加価値なしに楽しめる山でした。

皆様もよいクリスマスをお迎えください。

小金沢山の地図はこちら

Saku氏の記事はこちら

今を去ること1年前の2014年12月23日、山梨県の大菩薩嶺~小金沢山を歩いてきた。天気は晴れ。過去の記事です。この旅は楽しかった2014年の登山活動の中でも屈指の痛快な1日であったのだが、記録にするタイミングを逸したまま1年の歳月が経過した。なぜタイミングを逃した

『【奥秩父】小金沢山 登山(雪山) ~ 2014年を標高2014mの山で〆る、男二人クリスマスの旅』へのコメント

  1. 名前:bambootakatomo 投稿日:2016/11/30(水) 12:56:54 ID:b50ff1814 返信

    さっそくのコメントです。栗駒山の返信ありがとうございました。しばらく、PCが調子悪かったのですね。
    自分も小金沢山2014年に登ってます!自分は5月でしたが、大菩薩自体も初めてで。
    2回目の大菩薩もつい先日行って来ました。やっぱりお手軽にあの好展望が得られるのは嬉しいですよね!ただ景色が見渡せないと何もならないですが、、、。
    小金沢山に行く途中に鹿の死骸があって、行き帰り難儀したのを思い出します。
    確かに、小金沢山まで行く人は少ないですね。来年は2017㍍のあの山がターゲットですね!!

    • 名前:veryblue 投稿日:2016/12/02(金) 00:21:49 ID:49ccd7ee7 返信

      >bambootakatomoさん
      さっそくのコメントありがとうございます。
      やはり登山者たるもの標高年の山に行かないといけませんね。それはもう一生に一度のイベントになるわけですし。
      自分は前回、ろくな展望がなかったので名誉挽回出来てうれしいです。

      奥秩父は鹿が多く出るようで、知り合いは鹿の角欲しさに登ったと言っていました。
      2017年は無論です。

  2. 名前:szk 投稿日:2016/11/30(水) 23:26:09 ID:f4b30cfaf 返信

    クリスマスに登山。
    ジョー・ストラマーもびっくりなパンク精神だと思います。
    山に登っていてもパンクな奴はいる・・・
    正にPunk is attitude, not style. ですね^_^

    大菩薩嶺には7月に登ってきました。
    正直曇っていて何も見えませんでしたので、今度は小金沢山も絡めて再訪したいと思います。
    まあ、自分もクリスマスに予定がしっかりあるような人間ではないので、一人で山なんか登ってるわけで・・・。
    なぜか今年は、クリスマスが休みになりそうなので、雪山でロンドン・コーリングてのも悪くなさそうです(°▽°)!

    • 名前:veryblue 投稿日:2016/12/02(金) 00:23:43 ID:49ccd7ee7 返信

      >szkさん
      既存の体制に反発する精神は若者にとって重要なことだと思います。
      と言っても日常では社会に埋もれるサラリーマンをやっていますが…。

      大菩薩嶺は距離的に挽回が効くので再訪することもあるでしょう。初心者を連れて行くのもいいですしね!
      今年はどうしようかなと検討中です。