紅葉登山の記事一覧はこちらをクリック

【北アルプス】唐松岳 雪山登山 ~ 白馬連峰を目の前に雪の八方尾根を行く、この冬の集大成を綴る旅

20130317_唐松岳_0001

2013年3月17日

厳冬期の北アルプスにある唐松岳(からまつだけ)で雪山1年目の集大成となりました。標高は2696mです。

去年の12月に本格的にはじめた雪山登山。

真冬の北アルプスは深い雪に閉ざされ、プロ登山家や山岳会に入っていない限り登ることはできません。その厳冬期の北アルプスで、一般登山者が登ることができる山が唐松岳なのです。

唐松岳_02

ゴンドラで標高1800m地点まで行くことが可能であり、ゴンドラの終点には冬期でも営業している山荘があるためです。

雪山一年生は無事に二年生に進級することができるのか。白馬連峰を眺めながらの雪尾根の旅スタートです。

唐松岳雪山(1日目)

プロローグ

何故だか よく聞かれれます。

「写真撮るの上手ですけど、何のカメラを使っているんですか?」

普及率が高いコンパクトなデジカメではなく、一眼レフカメラを使っています。しかし、一眼レフカメラの中でも取り分け高いものではありません。レンズもカメラ本体についてきた標準のものを使っていますし。アクセサリと言えば、小さい三脚くらいなものです。

カメラと言えばレンズが重要ですが、高性能なものを買おうとなると一つン十万という値段がします。おいおい、銀座のクラブで、飛行機に乗って北海道に登山に行けちゃうぜ。

あくまで与えられたものだけをもって勝負しています。通信教育の学習セットを頼まない、学習塾に通わない、学校の勉強だけですごく成績が良かったやつっていましたよね。それを目指しています。

そんな僕が教えてあげられるコツと言えば…

「めちゃくちゃ写真を撮りまくれ」

みんなフィルム時代のカメラの習慣が抜けてない気がします。フィルム時代は、撮影できる枚数に限度がありました。しかし、今はデジタルデータの時代です。メモリカードの容量を増やせば、枚数など気にせずガンガン撮影することができます。なんなら、その場でデータを削除だって出来るんです。

一枚の写真を撮るのに正面から撮って、次は地面ギリギリの位置から撮って、手を上げてシャッターをきってみたりしてみるんです。とにかく色々な位置や構図で撮影します。普段、自分の目線で見ない場所から撮影すると意外と面白い写真が撮れます。

1回の登山で500枚から1000枚くらいは撮ってなんぼです。

話は変わりますが使い捨てカメラって枚数を撮り終わっても、フラッシュ機能は内部電池が消耗しない限り使えるので、遊び道具として活用してましたよね?

鬼ごっこのときなど、鬼から追われてるときにフラッシュを光らせて

「太陽拳!!!今だ逃げろ!!!」

ってやってましたよね?あれ、自分だけ?

唐松岳_04

時は遡ること去年の夏の終わり。北アルプスの後立山連峰(うしろたてやまれんぽう)をテント泊で縦走したときのことです。

【北アルプス】鹿島槍ヶ岳~五竜岳 テント泊登山(前編) ~ 後立山連峰を行く、紅葉のはじまりと雨の稜線歩き
台風シーズンですね。 交通機関の麻痺、土砂崩れ、河川の氾濫など日本各地に被害をもたらす台風ですが、僕はそんな台風が来るとわくわくしてしまう人間です。意外といると思うんですよ。 自然の驚異や畏怖に対して、非現実を感じてしまうわけです。 子供の頃、実家では大雨が降ると排水設備がきちんと整っていなかったので、道路が浸水し高さが膝下くらいまで水が溢れていました。大人達が土嚢を積み上げ敷地内への水の浸入を防いでる横で、長靴を履いてはしゃしゃいでました。 ...

立山アルペンルートの駅があることでおなじみの扇沢(おうぎさわ)から入山し、2泊3日の行程で爺ヶ岳~鹿島槍ヶ岳~五竜岳~唐松岳を歩く予定でした。

唐松岳_05

1日目は晴れていました。

しかし、その日の内に翌日以降の天気予報がガラリと変わり、2日目と3日目は暴風暴雨の悪天となりました。2日目は雨が降り止まぬテント場を停滞を余儀なくされ、予定していた日程が大幅に遅れました。そして、最終日に登る予定だった唐松岳の登頂は断念することなったのです。

 

 

 

 

唐松岳_06

 

 

 

 

無念の帰還…

儚い願い、潰えた夢…。

夏の終わりの歯痒い思い出は、季節を変えて再び…。

 

 

 

 

 

ドキュメンタリ風にする必要あるかな。

唐松岳_03

というわけで、皆この冬から雪山をはじめた4人で行ってきました!

イカれたメンバーを紹介するぜ!

右からすすむ君。毎回のように車を出してくれて迷惑かけているけど、毎月のように登ってる頼れるヤツさ!そして、変態だ!

えきぃ君。後立山連峰で共に苦渋の思いをさせれ今回こそはと熱いヤツさ!そして、変態だ!

のぶさん。毎回雪山で己の裸を晒し、会話の7割はシモネタのヤツさ!言わずもがな、変態だ!

自分。何かと言いだしっぺ、その割りにすぐに弱音を吐く頼れないヤツさ!変態じゃないがな!

上信越自動車道で白馬村へ

唐松岳_07

土曜日の早朝にすすむ君が迎えてくれる青梅まで向かいます。

唐松岳_08

青梅線の小作駅(おざく)

田舎駅かと思いきや駅前に24時間営業のマクドナルドが存在する生意気な駅。

唐松岳_09

1日目はゲレンデの終着点にある八方池山荘に宿泊するだけなので、余裕の早朝ドライブです。

唐松岳_10

上信越で妙義や浅間を眺めながら高速を走らせると、横一線に並ぶ北アルプスの白いラインが見えてきました。

唐松岳_11

上信越を長野ICから降りると、白馬までは山越えの国道を通ります。

東京から白馬って中央道と関越道どっちかを利用していくにも遠いです。

唐松岳_12

途中の道の駅で野沢菜のおやきを食べて軽いブランチです。

このあたりでゲレンデ情報を調査すると、なにやらゴンドラやリフトが強風で動いてないとか…。快晴だし到着する頃には動き出すだろうとたかをくくって出発。

唐松岳_13

国道を抜けると一気に雪景色が広がります。快晴の空の下にアルプスの山々が並び、その迫力に大興奮。

唐松岳_14

登山をする前に腹ごしらえと飲み物や食料の調達をします。

花粉症に苦しむえきぃ君とすすむ君。

唐松岳_15

白馬に到着したのは東京を出てから約4時間です。

時刻は11時半を廻っていたので、蕎麦屋で早目の昼食を取ることにしました。

唐松岳_16

てんぷら付きの十割そばを食べました。付け合せの野沢菜が嬉しいところ。

匂いはベビースターのチキン味みたいだけど、そば茶が美味しいです。

唐松岳_17

十割そば。

そば粉100%なのでぼそっとした舌触りが苦手と言う人も多いとか。自分は好きです。

「とわり」と読んでるのですが、「じゅうわり」と読むのがメジャーなんですか?

強風によるリフト停止、白馬八方尾根スキー場のゲレンデを登る

唐松岳_18

白馬八方尾根スキー場の駐車場に車を停めました。

去年、スノーボードしに来ているゲレンデです。1年経ってまさか登山しに来る日がこようとは、その時の自分は思いもしなかっただろうな…。

唐松岳_19

時間は正午を過ぎていたので、ゲレンデを気持ち良さそうに滑る人でいっぱいです。

唐松岳_20

 

 

 

 

 

 

 

そして、事前に調べていた通りに強風のためゴンドラは運行停止

 

 

 

 

 

 

 

 

詰んだ…。

 

 

 

1日目は機械文明によって、楽して八方池山荘まで行く予定だったのに。そうは白馬が許さないとばかりに、無慈悲なゲレンデ登山となりました。

先月、日光白根山に行ったときにはゴンドラが運休で、登山中止となったのでそれと比べるとマシですが。

唐松岳_21

唐松岳_22

下二つのリフトは動いているようなのでそれに乗りました。

係員に一回一回お金を支払うめんどくさい作業をこなします。

唐松岳_23

ゲレンデに舞い降りたザックを背負った場違いな登山客。

唐松岳_24

一つ目のゲレンデを降りるとゲレンデの半分がなにかの大会の会場になっていました。その下には観客席ができていました。

その前を横切らなければいけなかったので、好奇の目で見られていた気がします。

唐松岳_25

リフトが二つしか動いていないので、激しく混んでいます。

唐松岳_26

ゲレンデの隅っこを申し訳なさそうに進む僕達。

なんで、こんな目に…。

唐松岳_27

夜は天気が大荒れとのことで、登っている間に山脈の向こうから雲が沸き始めてきました。

唐松岳_28

ゲレンデとはいえ傾斜がかなりあるので登るのも一苦労です。

照り返しが暑そうに見えますが…

唐松岳_29

風が轟々と吹いているので暑くありませんでした。

むしろ、残雪の氷の粒が顔にぺちぺちあたり痛いです!

唐松岳_30

背面には白馬の町並みとその奥には妙高山や火打山、戸隠山などの山々。

唐松岳_31

どんどん天気が悪くなり始める。

まさかスキー場を登るのがこれだけ大変だとは…。

唐松岳_32

兎平で休憩。

ゴンドラに乗れば10分掛からずに来れる場所に、1時間20分掛かっています。

唐松岳_33

ともあれスキー客はすっかりいなくなり登山客だけ。

最終リフトを登り始めます。

と、ここを登りはじめると同時に今まで登ってきたリフトが動き出しました。

唐松岳_34

「ほんと、ふざけんなよ!」

と暴言を連発するのぶさん。山荘まで行ってくれるリフトは動いてくれませんでした。

吹雪の夜に八方池山荘宿泊

唐松岳_35

八方池山荘(15:20)

駐車場をスタートして2時間半掛けての到着です。いいウォーミングアップになったとしておくことにしました。

唐松岳_36

唐松岳_37

八方池山荘は夕食のみの利用で予約しました。料金7500円だったかな?

リフト乗り場がすぐ隣にある山荘だけあって、山の頂上にあるような山荘とは違い、水や電気の制限といったものはなかったです。

唐松岳_38

唐松岳_39

唐松岳_40

夕飯までの時間はのんびり過ごしました。というか皆、昼寝してた。

唐松岳_41

「ちょっと外の様子を見てくる」

ということで一人で山荘の外を探検。30m先の視界が効かない程、強烈なブリザードになってました。

唐松岳_42

山荘から300m先にあるケルンまで到達。これ以上進むと遭難しそうだったので引き返しました。

12名ほどの50代前後くらいのパーティーは雪洞を掘って泊まる予定だったそうでしたが、この吹雪で諦めて山荘に宿泊していました。

唐松岳_43

夕食の時間!

唐松岳_44

唐松岳_45

バイキング形式で豪華でした。

手間暇が掛かっているので、ビジネスホテルのそれより断然おいしゅうございました。

「水曜日のネコ」はビールです。

唐松岳_46

暖房が効いていて暖かい室内。

唐松岳_47

4人でちゃんと一部屋でした。

夜中は吹雪の音がすごくてなかなか寝付けませんでした。えきぃ君以外は。

 

 

1日目はゲレンデを登って、山荘に宿泊しただけなのに、無駄に尺をとってしまった…。

いつものことですが、全く編集能力がありませんね。だから更新が遅れるんですね。

 

 

 

 

 

唐松岳登山(2日目)

白馬の夜明けと朝日を浴びる白馬連峰

唐松岳_48

二日目。

夜中の猛吹雪は嘘のように去り、華麗なる快晴の青空が広がりました。

唐松岳_49

朝日を浴びて橙色に染まる白馬連峰…。

あまりにも美しい光景ですが、あまりに清廉潔白な山々の姿に畏怖さえ覚えるくらい。

唐松岳_50

絶好の雪山登山日和。

今まで登ってきた全ての山の成果を存分に発揮してやりましょう。

この写真ボケてるせいで人がやたらミニマムに見えるんですが…。

唐松岳_51

スキー場から市街地方面は雲海です。

最高の舞台を用意してくれた山の神様に感謝しなければいけませんね。

唐松岳_52

写真撮影を終えて準備開始!

唐松岳の地図

唐松岳のコースです。

八方池山荘から八方尾根(はっぽうおね)を真っ直ぐ登ります。唐松岳頂上山荘の分岐から頂上を目指します。

コースタイムは頂上まで3時間50分となかなか長いです。

唐松岳_53

朱に染まる八方尾根。

唐松岳_54

御来光。

いつ見てもいいものです。

暴風吹き荒れる八方尾根を登る

鹿島槍ヶ岳と五竜岳

南の方角には去年の9月下旬に辛酸を舐めた鹿島槍ヶ岳五竜岳の姿が見えました。二つの山を結ぶのは八峰キレットです。

夏場でも危険な箇所に雪のある状態で行くことは永遠にないでしょう。全く進める気がしません。

唐松岳_56

昨日は天気が悪くて見えませんでしたが、八方池山荘はかなり標高の高い場所に建ってるんですね。

唐松岳_57

スノーシューを持っていきましたが、全くもって邪魔物でした。

唐松岳_58

誰だよスノーシューでさくさく登山できるとか言ったやつ!

あ、自分の写真が掲載された雑誌か…。3月だと雪が踏み固められているので、アイゼンだけで十分と言うことがわかりました。先行するパーティーの人たちはスノーシューやワカンをデポしていったみたいで、途中の岩陰に大量に置いてありました。

MSRの去年モデル(定価3万円)が置いてあったので、これを頂いてしまえば…。

唐松岳_59

 

「てっぺん取るよ」

 

唐松岳_60

大きなケルン!

唐松岳_61

快晴です。けど、物凄い風です。

風速にしたら20mはあったでしょう。紐で宙に浮かせたピッケルが、真横に飛びます。

この強風が今回の登山の難易度をグッと上げてくれました…。

唐松岳_62

北アルプスの森林限界は低いので樹林帯はありません。ところどころ木が生えているくらいです。

白樺と青空の景色が素晴らしい。

唐松岳_63

苦労して山頂まで行く必要なんてないんじゃないの?

唐松岳_64

置いてかれる。

唐松岳_65

登るにつれて風がいっそう強くなり、雪煙を巻き上げます。

尾根道の幅が広いのが救いですね。

唐松岳_66

しかし、空気が澄んでいるため遠く離れた富士山の姿も確認できました。

唐松岳_67

中間地点の丸山に到着しました。

唐松岳_68

 

「てっぺん取るよ」

 

唐松岳_69

丸山を過ぎると尾根幅が極端に狭くなります。

先行するパーティーは3,4人をロープで確保しながら歩いていました。

唐松岳_70

もちろん滑落すれば谷底まで運ばれてしまいます。ピッケルは必須道具です。

唐松岳_71

最後の尾根道は道幅が一人分しかなく、強風に晒されながら渡るのはとても怖かったです。一瞬でも気を緩めて足を滑らせたら、雪渓の底にホールインワンですから…。

唐松岳_72

そして、長い八方尾根を登りきると白馬連峰の向こう側の景色が広がります。

唐松岳_73

立山連峰がドーンと絶景を見せてくれました。

雪をかぶっていてもその険しい山容を露にしている、標高2999mの剱岳(つるぎだけ)が目を引きます。

唐松岳_74

そして、北の方角には目的地である唐松岳山頂が見えました。

唐松岳_75

あまりの強風に心が折れかけていたのぶさん。

さすがに山頂を目の前にするとボルテージが上がり、意気揚々と登りはじめます。

唐松岳_76

山頂まであと少し!

唐松岳_77

気の抜けない頂上直下の急斜面。

遠く富士山を眺める白い道。

圧倒的な白い世界が360℃広がる唐松岳の山頂

唐松岳_78

唐松岳山頂(9:18)

遂に厳冬期の北アルプス唐松岳の山頂に立ちました。

山頂からぐるっと一周した動画。

YouTube Preview Image

唐松岳_79

一度はリタイアの文字が浮かんだのぶさんも、この達成感にこの笑顔。

唐松岳_80

唐松岳_81

360℃雪山の景色は絶景中の絶景。

こんな景色が見れる日がこの先あるんでしょうか?

唐松岳_82

唐松岳_83

ひこにゃんもザックのサイドで強風に耐えながら頑張りました。

地吹雪を受けていたのですっかり肌が白くなっています。元から白いか。

唐松岳_84

先に山頂に来ていたパーティーが下山を開始しました。

唐松岳_85

山頂から人がいなくなり、おもむろに準備をはじめる3人…。

 

 

 

 

 

一体何が始まるんです…?

 

 

 

 

 

 

 

唐松岳_86

厳冬期の北アルプス。

冷気を纏った風が山頂を吹き抜ける中で男達の宴がはじまる。

唐松岳_87

唐松岳_88

写真右のぶさんのお尻をちょっと出した感じの引け腰が何ともいえない。

唐松岳_89

少し風が弱まってきたとはいえ、標高2696mの厳冬期北アルプスの山頂です。

唐松岳_90

場所を変えて五竜岳方面へ。

唐松岳_91

 

 

 

 

五竜岳「へ、変態だ…」

鹿島槍ヶ岳「あいつら、寒さで頭をやられちまったようだ」

 

 

 

 

唐松岳_92

のぶさんの「厳冬期の北アルプスで半裸になる」という少年の頃からの夢は、こうして叶えられたのであります。

唐松岳_93

 

 

 

 

こうして厳冬期北アルプスの旅は無事に大成功に終わることができました。

おしまい。

 

 

 

 

 

 

 

 

唐松岳より下山、暑いほどのゲレンデの熱気

唐松岳_94

ここからは来た道を引き返すだけの内容ですが、もう少しだけお楽しみください。

唐松岳_95

唐松岳_96

夏のアルプスの稜線はハイ松の中を歩くのですが、冬の稜線では雪によって隠されています。

夏の縦走のときは嫌と言うほど雷鳥を見れたので、冬場の真っ白な姿になる雷鳥との遭遇を期待してたのですが甘くないですね。気配すら感じることができませんでした。

唐松岳_97

スタミナの限界に近づいていたので休憩。唐松頂上山荘で風をよけながら補給をしました。

唐松岳_98

さぁ、楽しい楽しい下山の始まりですよ!

唐松岳_99

稜線で寝転ぶ。

唐松岳_100

八方尾根で一番の危険箇所。

唐松岳_101

白馬三山を寝ながら眺める。三つ名前がついてるけど覚えられない。

今年の夏、花の咲く季節に行きたいです。

唐松岳_102

日焼け止めを塗らなかったので、逆パンダ状態になる悲劇をこの時はまだ知らない。

唐松岳_103

雪山のくだりはほんとにサクサクでラクラク。

唐松岳_104

ゲレンデのリフトが動き出す時間なので、続々と登ってきます。

登山客よりバックカントリーする人の方が多いんですね。

スノーシュー履いて、スキーやボードを担いでくる人の多さにびっくりしました。登山客は3割くらい?

唐松岳_105

さぁ、ケツでバックカントリーだ。文字通りの意味で。

唐松岳_106

シリセードっていわれるやつです。

でも、ザックに括り付けてるワカンやスノーシューやらで軽快に滑れません。これをやると大抵、ズボンの中に雪が入り込むのが嫌です。

唐松岳_107

八方池があるらしいところ。

唐松岳_108

八方池があるらしいところから白馬岳を眺める。

唐松岳_109

くだり終えてくる頃には風は凪といってもいい状態に。

昨日のゴンドラの件といい、風に恵まれない二日間でした。

唐松岳_110

唐松岳_111

八方池山荘に戻ってきました。

唐松岳_112

冬のゲレンデでお金を払い降りるって…。

すごい無駄な気がしてなりませんが、人が多いゲレンデを徒歩でくだる気にはなれません。

唐松岳_113

本日もイベントをやっていて賑わっていました。

唐松岳_114

リフト2本とゴンドラ1つを乗り継ぎ下界へ。

初日に朝早く来れる人はスキー板を持って初日は滑べり、次の日の登山中は山荘に置いておけば効率が良さそうです。

唐松岳_115

お昼の時間でお腹はぺこぺこ。ゴンドラを降りたところにあるレストランに入りました。

唐松岳_116

ゲレンデといったら誰が何を言おうとカレーです。冷たい空気で満たされていた胃袋に、熱々のカレーを収めて大満足。

唐松岳_118

白馬付近の温泉っていいところあるんですか?

前回の後立山連峰縦走の帰りにも寄った十郎の湯。露天風呂があるのに山々の展望を見せる気は全くない造りです。

唐松岳_117

さようなら北アルプスそして唐松岳!

唐松岳_120

帰りの高速は渋滞にはまるも男4人で90年代のJPOPを中心としたカラオケ大会に突入。

長野の佐久あたりから東京の青梅までずっと歌いっぱなしだった気がする。

唐松岳登山を終えて

唐松岳は雪山の最終目標だったんです。

八ヶ岳の編笠山に始まり、北アルプスの穂高連峰の丸山、中部地方へ遠征し伊吹山御在所岳、最後に唐松岳。

いい具合にステップアップすることができました。

今年から雪山をはじめたメンバばかりだったので楽しかったです。

唐松岳_121

一般登山者が行ける雪山は限られているので、その範囲内で今後も楽しもうと思っています。個人的には西穂高の独標あたりまでが行ける範囲の限界かと思っています。

唐松岳_122

長くなってしまいましたけど、唐松岳は雪山一年生の4人で無事登頂、そして下山することができました。風が強敵でしたけれど、天気に恵まれ最高の展望でした。達成感と合わせて、これ以上に感動する山があるのかそれだけが心配です。

今年度の集大成となった最高の登山でした。

でも、雪山一年生のままでいいかもしれない。

唐松岳の地図はこちら

コメント

  1. 風が強いのは本当に厳しいですよね
    愛鷹山に行った際尾根で強風に会ったときは死ぬかと思いました笑
    冬となると冷たさも加わってさらにキツそうです
    ただ冬は空気が澄んでて景色がいいですね

    • >DahWahさん
      どうも、再びのコメントありがとうございます。

      雪山の敵は雪でも氷でもなく風ですね。
      風が吹くと体感温度はぐっと下がります。雪山で晴れてかつ無風であれば、Tシャツ短パンで歩けるくらいに暑いです。
      この唐松岳でも下山する頃には無風状態になり、レインウェアの中が蒸れて汗だくになりました。

      唐松岳

      冬のメリットは空気の綺麗さですね。
      日本海側の北アルプスから富士山が見れましたからね。
      しかし、今年の春は特に空気が悪く展望がきかないので残念です。

  2. 薄紅色に染まる山はとても綺麗ですね。
    いつも美しい写真をありがとうございます。

    前回の梅林はおとなしくて別人のようでしたが、
    らしさが戻ってましたね。
    山頂の裸族は楽しいです。
    つまりみんな変態ですかね?=^^=

    • >すんこさん
      朝焼けに染まる山のことを登山用語でモルゲンロートと言うらしいです。
      唐松岳は人によっては日帰りで登る人がほとんどですが、山荘に宿泊した人にしかこの光景は見れません!

      唐松岳登山

      まぁ、みんな変態ですね。
      春の山は慎ましく登ろうと思ってます!

  3. こんばんは、beryblueさん。

    実は先日、秋の紅葉が始まりだした唐松岳に、行ってきました(^^
    beryblueさんの写真を見ながら、こんな景色だったなぁとか、冬はやっぱり厳しいな、と思いました。

    唐松岳の話はまだアップしていませんが、アルプスの景色と空の色を思い出しながら、おいおいアップしていくので、また是非いらしてください(^^

    なお、今回山頂で半裸になった方はいませんでしたが、崖っぷちの岩の上に立った方はいて、見ているだけで怖かったです(^^;

    • >悠さん
      こんばんはー。
      コメントありがとうございます。

      冬に登っている身の自分としては、雪のない唐松岳が想像つかないので楽しみにアップされるのを待ちます。
      山頂で半裸になる人なんて普通いませんよね!

      自分も記事のストックがありすぎるので、なんとか消化したいのですが、めんど…
      いや、時間が空いたら書こうと思っています!

  4. 今晩は。
    週末唐松登ろうとしたら台風19号が勢力拡大。
    テンション・ダウンです。

    • >Royalさん
      こんにちは。
      台風19号は今年最強みたいですね。連休中に押しかけるなんて…。
      今年は本当に恵まれません。
      台風が憎い。