紅葉登山の記事一覧はこちらをクリック

【神奈川】鎌倉アルプス 登山 ~ 桜舞い散る古都の小道、春の天園ハイキングコースの旅

20170415_鎌倉アルプス_0363.jpg

2017年4月15日

神奈川県の鎌倉アルプスに行ってきました。標高は最高峰の太平山の159mです。

鎌倉は周囲を山と海に囲まれた地形というのは学校の教科書で習ったことかと思います。修学旅行や都心からの小旅行で訪れる古都鎌倉ですが、街から少し離れたところは自然が存在し、「天園ハイキングコース」と名付けられたトレッキングコースが整備されています。

20170415_鎌倉アルプス_0222.jpg

登山ガイドブックの初心者コースとして記載されている鎌倉アルプス(天園ハイキングコース)ですが、いろいろすっ飛ばして山を登ってきた自分にとって、訪れることになったのは登山を始めて数年が経ってからでした。行ったことのある登山者に聞くと「気軽に行けて、思いのほかよかったよ」という前評判を常々聞いていました。

日本史史上最も有名なキャッチフレーズ「いざ鎌倉」に則って、古都鎌倉の奥深い旅スタートです。

鎌倉アルプス(天園ハイキングコース)について

  • 建長寺(北鎌倉駅)から瑞泉寺(鎌倉駅)に歩くコースが最もメジャー
  • 散歩の感覚で行くと手痛い目に遭う、かと言って本格的な装備は不要
  • 2時間30分から3時間のコースで、小さなアップダウンや簡単な鎖場あり

コースタイム

建長寺(9:18)→半蔵坊(10:04)→勝上献(10:23)→太平山(11:00)→天園休憩所(11:24)→瑞泉寺(12:25)
北鎌倉駅から鎌倉駅を縦走するコースです。
休憩や寺社の参拝を多めにとっているタイムになります。

鎌倉アルプス登山

北鎌倉駅から桜舞う建長寺を拝観し、天園ハイキングコースへ

20170415_鎌倉アルプス_0013.jpg

神奈川県にある鎌倉は東京駅から1時間と1000円以内で行ける観光地です。

他の観光地についてはさっぱりだけど、何故か鎌倉だけは詳しい女性が多いというのが独自の調査で明らかになっています。アクティブな見た目はしてないけど、鎌倉の話になると「小町通の〇〇の店で食べるケーキ美味しいよね」と、急に声のトーンが上がります。

そんなことはどうでもいいですが、横浜駅で横須賀線に乗り変えて「いざ鎌倉」です。

20170415_鎌倉アルプス_0016.jpg

鎌倉アルプスの登山開始点となるのが、鎌倉駅の1つ手前にある北鎌倉駅です。

20170415_鎌倉アルプス_0020.jpg

ターミナル駅となっている大船駅と神奈川一の観光スポットである鎌倉駅の中間にあるのにも関わらず、ローカル感が濃い相対式ホームです。紫陽花寺として有名な明月院(めいげついん)の最寄りのため、梅雨の時期に改札から出るのに行列ができる駅です。

20170415_鎌倉アルプス_0033.jpg

駅の改札を抜けたら、鎌倉中心地に向けて側道を歩いて行きます。

鎌倉は道路事情が悪く、毎週のように混雑しています。観光するのには良いけど、住むにはストレスがたまりそう。

20170415_鎌倉アルプス_0027.jpg

東京くらいに鎌倉は1軒1軒が小さい土地ですが、庭には季節の花が植えられているので、四季と暮らしていることが大きな違いでしょうか。4月中旬でしたが、桜はまだ盛りでした。

20170415_鎌倉アルプス_0036.jpg

建長寺(9:18)

北鎌倉駅から10分少々歩くと天園ハイキングコースの入口がある建長寺(けんちょうじ)に到着します。建長寺は臨済宗建長寺派の総本山です。

20170415_鎌倉アルプス_0045.jpg

20170415_鎌倉アルプス_0047.jpg

天園ハイキングコースを歩くにも拝観料300円を支払う必要があります。

20170415_鎌倉アルプス_0037.jpg

入口に境内図があります。

正門から奥へと抜けた高台に天園ハイキングコースがあります。

20170415_鎌倉アルプス_0048.jpg

正門近くで御朱印を貰うことが出来るで、いったん御朱印帳を預けました。

20170415_鎌倉アルプス_0050.jpg

入口には桜並木があり、ピンクに花を咲かせていました。

20170415_鎌倉アルプス_0051.jpg

少しだけ葉桜になりかけていて、風が少し強い日だったので桜吹雪になっていました。桜は満開より散り際が一番良いですね。

20170415_鎌倉アルプス_0057.jpg

地面にはたくさんの花びらが積もり、ピンクの絨毯を作っていました。

20170415_鎌倉アルプス_0071.jpg

花見を満喫していると御朱印が完成したので受け取りました。実に達筆です。

20170415_鎌倉アルプス_0077.jpg

豆知識ですが、建長寺はけんちん汁の発祥の地だそうです。建長が訛り、「けんちん」になったのだとか…。全国の食べ物と思っていたけど、発祥が鎌倉だけあって、関西にはないらしいです。

20170415_鎌倉アルプス_0091.jpg

前置きが長くなりましたが、参拝を終えて、天園ハイキングコースを目指します。

20170415_鎌倉アルプス_0107.jpg

境内に公衆トイレがあるのですませておきましょう。エスケープすればあるかもしれませんが、基本的にコース中にトイレはありません。

20170415_鎌倉アルプス_0106.jpg

境内に丁寧に看板が設置されていました。「半蔵坊」、「天園ハイキングコース」方面に向かいます

20170415_鎌倉アルプス_0111.jpg

境内から外れて民家の路地裏を歩いて行きます。

20170415_鎌倉アルプス_0112.jpg

道端には春の野草が生えています。茎の高さが30センチから50センチの紫色の花はショカッサイでしょうか…。

20170415_鎌倉アルプス_0124.jpg

こちらはシャガです。

20170415_鎌倉アルプス_0119.jpg

しばらく歩くと再び境内になり、半蔵坊道と呼ばれる一本道を歩いて行きます。両サイドが桜並木になっていました。

20170415_鎌倉アルプス_0126.jpg

鳥居をくぐると奥に長い石段がありました。

20170415_鎌倉アルプス_0129.jpg

半僧坊大権現」と書かれた幟が風になびいています。

後醍醐天皇の皇子「無文元選禅師」(むもんげんせんぜんじ)が開いた方広寺(静岡県浜松市)が半僧坊の本元

20170415_鎌倉アルプス_0130.jpg

旅行会社で組まれた鎌倉満喫パッケージツアーでは絶対にチョイスされることはなさそうです。石段を登り切るのに人を選びそう。

20170415_鎌倉アルプス_0132.jpg

シャクナゲが咲いていました。

山で見かけるのは6月くらいですが、平坦なところで見ると「あれ?もう咲いてるのか」と、時期の感覚がおかしくなります。

20170415_鎌倉アルプス_0141.jpg

登っていくと斜面に築かれた庭園に天狗の像がいくつも設置されていました。高尾山と同じく、天狗信仰があるようです。

20170415_鎌倉アルプス_0158.jpg

半蔵坊(10:04)

半蔵坊大権現の境内に到着です。

20170415_鎌倉アルプス_0148.jpg

20170415_鎌倉アルプス_0150.jpg

境内には富士見台があり富士山を眺めることができます。

鎌倉の市街地は周囲を山で囲まれているため、江ノ島の方に行かないと見れませんから、鎌倉の貴重な富士山ビュースポットでしょうか。

20170415_鎌倉アルプス_0149.jpg

実際は春の霞により、富士山のシルエットもわかりませんでした。

20170415_鎌倉アルプス_0161.jpg

相模湾の見晴台もありますが、こちらも同様に見えません。天園ハイキングコースでは一番の展望スポットなのに…。

20170415_鎌倉アルプス_0159.jpg

展望がないのは信仰心が足りないのではという気分になり、数珠を購入してしまいそうになりました。鎌倉半蔵坊せんべいは少し買うかどうか悩みました。

20170415_鎌倉アルプス_0162.jpg

半蔵坊の奥に天園ハイキングコースの入口があります。ここが参拝客と登山者の分水嶺。

20170415_鎌倉アルプス_0165.jpg

手すりや石段が点々とし、道も細くなり、登山道に変わりました。鎌倉ということで、ビーチサンダルの人は速やかに引き返しましょう。

20170415_鎌倉アルプス_0170.jpg

勝上献(10:23)

半蔵坊から少し登ると勝上献(しょうじょうけん)と名がつけられた展望台がありました。建長寺の裏山の山頂になるのかな?

富士山も眺められるようですが、本日は海側の展望だけ恵まれていました。

20170415_鎌倉アルプス_0172.jpg

奥に広がる相模湾、そして鎌倉の市街地です。

鎌倉幕府が築かれた土地、周囲を海と山に囲まれた地形というのがよくわかります。歴史に想いを馳せるロマンあるコースです。

20170415_鎌倉アルプス_0179.jpg

いよいよ、本格的に天園ハイキングコースに入っていきます。巨岩を登ったり、降りたり、「ハイキング」のカテゴリーに属しているのか疑問に思えます。

20170415_鎌倉アルプス_0182.jpg

雨上がりは土が泥になり、岩が滑りやすく、難易度が相当上がりそうな道です。

20170415_鎌倉アルプス_0183.jpg

都心からアクセスが良く、さすがは鎌倉、多くのハイカーが歩いています。高尾山よりちゃんとした装備をしている人が多い印象です。

20170415_鎌倉アルプス_0186.jpg

天園ハイキングコースでは道中に石碑や仏像など、様々な史跡が見られます。勝上献から5分の十王岩は、「かながわの景勝50選」に指定されていました。

20170415_鎌倉アルプス_0187.jpg

陣馬山も指定されていました。かながわの景勝50選は山歩きをしていると結構出くわすようです。十王岩からは眺めが良いですが、それ以上に山桜が楽しませてくれます。

20170415_鎌倉アルプス_0194.jpg

新緑萌える森の中は、桜吹雪が舞い、道を桜の花びらが彩ります。

20170415_鎌倉アルプス_0197.jpg

しばらく歩いているとなにやら洞窟があるじゃないですか。

20170415_鎌倉アルプス_0198.jpg

内部を覗くと…。

「こわぁ…」

首のない仏像が置かれていました。タイのアユタヤ遺跡のように文化狩り的な背景があるのかと調べてみると、鎌倉の博徒が仏像の首を持っていくと運気が上がるというジンクスで無くなっているらしい。いつの時代もクズはいるんですね。

20170415_鎌倉アルプス_0199.jpg

全部が全部刈られているわけではなく、破壊されていない仏像もあります。

20170415_鎌倉アルプス_0202.jpg

天園ハイキングコースの危険スポットいです。ロープが張られていました。

20170415_鎌倉アルプス_0203.jpg

石がうまい具合に階段状になっているので、そこまで必要としませんけど。角の部分が綺麗に磨かれているのは、ハイキングコースを手入れしている人のおかげでしょうか。

20170415_鎌倉アルプス_0206.jpg

登山道は樹林に覆われ、日陰の部分がほとんどなので苔が蒸している場所もあり、苔萌えの人にとっても良いスポットです。

20170415_鎌倉アルプス_0226.jpg

地層を間近で見ることが出来たりと、その筋(どの筋?)の人にとっては嬉しい道かも知れません。

20170415_鎌倉アルプス_0209.jpg

覚園寺の分岐に差し掛かりました。さらに奥へと進んでいきます。

20170415_鎌倉アルプス_0213.jpg

植生は千葉から伊豆にかけて、海沿いの山にあるように、常緑樹が多く、緑の色が非常に濃いです。

20170415_鎌倉アルプス_0218.jpg

巨岩をくり抜いて作られた場所もあります。つるつる滑るので慎重に歩きます。

20170415_鎌倉アルプス_0240.jpg

天園ハイキングコースは森の中を歩くだけかと思っていましたが、最初から最後まで山桜が咲いています。散り始めの一番いい時期でした。

20170415_鎌倉アルプス_0251.jpg

緩やかな登り、下りが続く道で、「おやっ、少し登らせてくるな?」と思うようになれば、山頂はもうすぐそこです。

鎌倉市の最高地点、大平山の山頂はゴルフ場と併設

20170415_鎌倉アルプス_0253.jpg

太平山(11:00)

天園ハイキングコースのピークである大平山(おおひらさん)に到着です。

20170415_鎌倉アルプス_0255.jpg

大平山の山頂からは海側ではなく、北東側、横浜の中心地の方角に展望が広がっていました。

20170415_鎌倉アルプス_0258.jpg

そして、山頂の左側にはゴルフ場(鎌倉カントリークラブ)があります。歴史のあるお寺、木洩れ日挿す小路、鎌倉の奥ゆかしい雰囲気はなんだったのか…。

てか、鎌倉にゴルフ場があるなんて知りませんでした。

20170415_鎌倉アルプス_0267.jpg

20170415_鎌倉アルプス_0254.jpg

クラブハウスからアナウンスと音楽が聴こえてきますが山頂は山頂です。マジックで手書きされた看板は、実に味があるじゃないですか…。

そして、なんと!?大平山の山頂は鎌倉市最高地点です。最高地点だったら、目立つように鎌倉市が立派な看板を作ったらいいのではと思うのは自分だけじゃないはず。

20170415_鎌倉アルプス_0295.jpg

山頂から降りると広場になっていて、日向を避けるようにハイカーがそれぞれ食事をとっていました。海沿いということもあり、食事を狙ってくるトンビの強襲には注意が必要です。

20170415_鎌倉アルプス_0272.jpg

20170415_鎌倉アルプス_0304.jpg

山頂には巨大な山桜の木が一本あり、青空に白い花を咲かせていました。

20170415_鎌倉アルプス_0299.jpg

20170415_鎌倉アルプス_0300.jpg

自前の食事は用意してこなかったので、広場では休憩せずに先に進みました。隣はゴルフ場なので、「パカッ」とボールを打つ音が響いています。

20170415_鎌倉アルプス_0306.jpg

おや?

横浜市の最高地点を示す看板がありました。日本有数の大都市の最高地点は「太平山の尾根沿いのこの付近」と、非常にあっさりしていました。

20170415_鎌倉アルプス_0309.jpg

横浜市の最高地点からは鎌倉の市街地がより近くに見え、稲村ヶ崎がよくわかります。

サザンオールスターズの桑田佳祐が監督した「稲村ジェーン」の舞台。サーフシティを名乗るのにはこじんまりとしている鎌倉ですが、半裸のおじさんが自転車にボードを括り付けて、走ってるのを見かけると別の土地に来たなという感じがあります。

20170415_鎌倉アルプス_0310.jpg

道中はツツジが開花を始めていてました。

20170415_鎌倉アルプス_0313.jpg

山頂からしばらく真っ直ぐ進んでいくと、大山豆腐の幟が見えました。

20170415_鎌倉アルプス_0315.jpg

そこから、シャガがびっしりと咲いた坂道をくだります。

20170415_鎌倉アルプス_0343.jpg

天園休憩所(11:24)

天園ハイキングコースで唯一営業する「天園休憩所」に到着です。70歳を越えていそうな夫婦二人で経営されているこじんまりとした売店です。

20170415_鎌倉アルプス_0321.jpg

看板猫なのか茶色い猫がじっと見守っていました。

20170415_鎌倉アルプス_0323.jpg

動じない猫。

20170415_鎌倉アルプス_0332.jpg

春の限定メニューらしい、朝採れ竹の子の刺身を頂けます。800円~900円だったかな?酢醤油と味噌の2種類のタレがつきます。

後からやってくる登山者は、既に食べてる人のを見て、「珍しいものがあるな」という感じで次々に注文が入っていました。

20170415_鎌倉アルプス_0336.jpg

森林浴しながら食べる新鮮な竹の子の刺身は、美味しいに決まっています。

瑞々しさと甘さ、噛みしめると香る清涼感があります。鍋割山の鍋焼きうどん、燕岳のスイカと名物登山メニューが数々存在しますが、天園ハイキングコースの竹の子はその一角に入ってもいいですね。

20170415_鎌倉アルプス_0337.jpg

竹の子だけでは物足りなかったので、味噌おでんも注文しました。こちらの味噌も手作りらしく美味しいです。

20170415_鎌倉アルプス_0341.jpg

猫が食べてるキャットフードよりカロリー低そうなメニューでした。

20170415_鎌倉アルプス_0345.jpg

大満足な春の味覚を堪能し、先へと進みます。

天園休憩所の周辺は竹林になっています。竹の子の群生地ですね。

20170415_鎌倉アルプス_0346.jpg

瑞泉寺の方に進んでいきます。

金沢八景・文庫方面の表示があったけど、さすがに遠すぎではないだろうか…。

20170415_鎌倉アルプス_0356.jpg

木の根に足を取られて何度か転びそうになりました。

20170415_鎌倉アルプス_0361.jpg

瑞泉寺まであと400m、終わりが見えてきました。だいぶ端折って書いていますが、結構長く感じる道です。

20170415_鎌倉アルプス_0370.jpg

民家のフェンスが出てきました。

20170415_鎌倉アルプス_0373.jpg

20170415_鎌倉アルプス_0374.jpg

天園ハイキングコースを歩き切りました。建長寺を出発してからちょうど3時間でした。

名勝に指定される四季折々の庭園、瑞泉寺の拝観

20170415_鎌倉アルプス_0377.jpg

下山した登山口からすぐのところに瑞泉寺(ずいせんじ)があります。

20170415_鎌倉アルプス_0378.jpg

折角なので拝観していくことにしました。拝観料は大人200円です。

20170415_鎌倉アルプス_0382.jpg

ハイキングコースを歩き切った、後に石段は厳しい。瑞泉寺の境内は広大で、本堂まで距離があります。

20170415_鎌倉アルプス_0383.jpg

20170415_鎌倉アルプス_0380.jpg

20170415_鎌倉アルプス_0401.jpg

瑞泉寺は臨済宗円覚寺派のお寺で、1327年に創建されています。

20170415_鎌倉アルプス_0390.jpg

本堂に派手さはないですが、名勝に指定されている庭園は見事でした。季節ごとの花が植えられていて、四季折々の風景が楽しめます。

20170415_鎌倉アルプス_0416.jpg

鎌倉の市街地から離れた場所にあり、静かな拝観ができました。

20170415_鎌倉アルプス_0397.jpg

夢窓疎石による岩盤を削って作られた禅宗様庭園が見所です。自然の中に石組で禅宗の境地を表現しているようです。

20170415_鎌倉アルプス_0424.jpg

瑞泉寺の拝観を終えて、鎌倉駅方面に向けて歩きます。

普通はバスや車で来るような僻地にあるため、徒歩で訪れようという人はなかなかの猛者でしょう。

20170415_鎌倉アルプス_0425.jpg

鎌倉産の野菜が売られていました。

田畑がある土地だとは思っていなかったのでビックリです。

20170415_鎌倉アルプス_0429.jpg

瑞泉寺から25分ほど歩き、鶴岡八幡宮までやってきました。鎌倉を観光したら誰しもが訪れる神社なので、当然ながら大混雑です。

20170415_鎌倉アルプス_0434.jpg

自分自身何度か訪れていましたが、御朱印を頂くのは初めてです。

小町通の老舗店、キャラウェイのカレーライスを食べて帰宅

20170415_鎌倉アルプス_0445.jpg

鎌倉アルプスのフィナーレを飾るのは、鎌倉の老舗カレー店の「キャラウェイ」です。

小町通りから一本入った路地にあり、常に行列が絶えない人気店です。以前、都心を襲った大雪の日にガラガラだろうと思って訪れたら、臨時休業していて、悲しみのあまり由比ヶ浜に飛び込みたくなった過去があります。

20170415_鎌倉アルプス_0448.jpg

店内は昭和の色を濃く残していました。店内は奥行きがあり、座席数は結構ある印象でした。

20170415_鎌倉アルプス_0458.jpg

鎌倉と言うドル箱観光地の一等地にありながら、1000円以下という価格設定は非常に嬉しいです。定番であろうビーフカレーを注文しました。

20170415_鎌倉アルプス_0449.jpg

コーラというのは飲み方によって味が変わる。

業務用の製氷機で作られた氷にコーラーを注ぎ、輪切りのレモンが添えられると、それはまさに天使の雫と言い換えても良いではないだろうか。温泉を入った後に、ぐびっとする瓶コーラも同様。

20170415_鎌倉アルプス_0451.jpg

私はカレーが好きだ。

独裁者によって食べ物は一種類しか食べることが許されない法律が成立したら、間違いなくカレーを選択する。それくらいカレーが好きだ。パッと見は欧風カレーのようですが、ドロドロに素材が溶け込んだ日本のカレーです。

20170415_鎌倉アルプス_0455.jpg

牛肉がコンビーフのように溶けて正体が完全になくなっています。ご飯もそうですがルーも多く非常にボリューミーでした。天園休憩所ではカロリーゼロのたけのことこんにゃくを食べているので、実質カロリーはゼロですね。

20170415_鎌倉アルプス_0475.jpg

満腹になった後は駅前にあるノースフェイスやパタゴニアの路面店を冷かして、鎌倉駅から東京に帰りました。

鎌倉アルプスの登山を終えて

20170415_鎌倉アルプス_0064.jpg

鎌倉駅で聞きました。あなたは鎌倉に来た理由は?

観光が第1位は圧倒的に多いでしょう、海に行く人もいると思います。登山と回答する人は全体の0.何%なのか…。天園ハイキングコースはニッチな鎌倉の楽しみ方だと思います。標高200mもないアルプスの一つですが、寺社巡りや鎌倉観光によっては、大きく分岐してくれるコースでした。

20170415_鎌倉アルプス_0267.jpg

鎌倉が最も人気の時期は紫陽花の咲く梅雨ですが、トレッキングするには暑いです。紅葉の時期も捨てがたいですが、桜の咲く4月上旬からGWにかけてがベストシーズンかと思います。何より朝採れの竹の子美味しいですし。

登山は計画を綿密に立て、電車やバスの時間を調べ、道具は何を持っていくべきかを考え…。その日を迎えるのに大きな労力が必要です。鎌倉アルプス(天園ハイキングコース)は、前日に思いついて、そこまで早起きせずに歩ける貴重なコースです。

鎌倉アルプスの地図

コメント

  1. veryblueさん、今晩は。

    ブログデザインが新しくなりましたね。
    鎌倉アルプスの記事、拝見致しました。
    春に行くには気持ち良さそうですね。

    この時期は色々な花が楽しめますね。
    それでもやはりテントを担いで高い山に行きたい、という思いが募ります。
    今はモッコトレですこしづつ体力づくりしています。

    また今シーズンも山行記事を楽しみにしてます。

    • あんでぃさん
      デザインをリニューアルして再出発です。何かと忙しいので今までより薄く書こうと思っていたのに、あれもこれも写真を使いたいと欲が出て長くなってしまいました。
      そろそろ本格登山シーズンですね。
      最近、のんびり登る癖がついているので体力をつけないと乗り切れなさそうです…。
      お互い良い旅が出来るといいですね。

  2. 最高地点やら最高峰が好きな僕からすれば、2つの最高地点を抑えることのできるこのコースはよさげです。

    • くまさん
      何かと絶頂が好きなあなたには良いかもしれませんね。今度は秋に行こうと思います。

  3. お久しぶりです。Veryblueさん
    いつも写真がキレイですね。
    お花とか、御朱印帳とか、女子力高いですね。

    ゴルフ場に向かって「ヘタクソオー」って叫んでみては?
    後のことは知りませんけど……

    • >やま子さん
      お久しぶりです。
      コメントありがとうございます。

      御朱印は旅の記念として集め始めました。せっかく、各地の神社に行くし、山頂でしか貰えないというのもあるので…。
      そういえば、ゴルフやってみたいんですよね。登山以上にはまったら、危ない趣味ですよね(金銭的に)