【愛媛】石鎚山 登山 ~ 蝋燭のように燃える紅葉の天狗岳、時の流れが美しい四国の霊峰の旅

20151004-石槌山-0855.jpg

2015年10月3日-4日

愛媛県の石鎚山(いしづちやま)に行ってきました。標高は1982mです。

日本を代表する霊峰の一つです。頂上には石鎚神社の山頂社があり、7月1日の山開きは女人禁制になり、修験道の歴史が現代に引き継がれています。

石鎚山の山頂は天狗岳で、西日本一の標高です。

20151004-石槌山-0962.jpg

日本は離島を除き、北海道、本州、四国、九州に海を隔て4つに分断されています。

この地球に生を受けてから、四国と言う土地に足を踏み入れたことは未だかつてありませんでした。四国へと足を踏み入れるのに最高峰である石鎚山から訪れる人間がどれだけいるのでしょう…。

初めての四国をぶらりと一人で旅してきました。

スポンサーリンク

石鎚山について

松山石鎚山2

愛媛県松山市を基点とした石鎚山の周回になります。

松山駅→伊予西条駅(路線バス)、伊予西条駅→石鎚ロープウェイ(路線バス)、石鎚ロープウェイ、石鎚山頂上山荘泊、土小屋→久万高原町(路線バス)、久万高原町→松山駅(路線バス)

路線バスを4本、ロープウェイ1本を使用した1泊2日の行程です。

石鎚登山ロープウェイ:http://www.ishizuchi.com/company

石鎚山地図

石鎚山地図

表参道成就コースで登り、土小屋へと下山するルートです。公共交通機関を利用しての縦走ルートになるので、マイカーの場合はどちらかの登山口からピストンがメジャーです。

  • ロープウェイからのコースの方が見どころは多い
  • 土小屋からのルートは分岐まで比較的に平坦
  • 鎖のルートは迂回できる
  • 天狗岳を目指すのはそこまで危なくない

石鎚山コースタイム

1日目

石鎚山登山口(12:53)→八丁坂鞍部(13:04)→一軒茶屋(14:07)→夜明峠(14:26)→二の鎖小屋(14:50)→石鎚神社~弥山(15:30)→小休憩→天狗岳山頂(16:25)

2日目

頂上山荘(9:52)→二の鎖小屋(10:06)→土小屋(11:13)

縦走する人は滅多にいないため、役に立つかは謎なところです。撮影しながらのゆっくりしたペースで歩いています。

石鎚山登山(1日目)

夜行バス「オレンジライナー」で愛媛県松山市へ

20151002-石槌山-0001.jpg

四国の旅は神奈川県の横浜駅からスタートします。登山をするのに横浜からスタートは経験上初めてです。

20151002-石槌山-0003.jpg

金曜日に定時で会社をドロンし、自宅に帰り、シャワーを軽く浴びてから、荷物を引っ張り急いで向かいました。

横浜駅(20:50)→松山市駅(7:55)の乗車時間11時間5分の移動です。半日夜行バスに揺られる経験は初めてで、期待と不安が交錯する微妙な感情だったのを覚えています。

20151002-石槌山-0009.jpg

3列シートで快適化と思いきや、予約がギリギリだったため、最後列で4列シートでした…。ただ、窓側だったので比較的快適でした。

真ん中に座っていた親子連れが可哀想だった。

20151002-石槌山-0007.jpg

寝酒を準備します。

まあ、神奈川を通過する間は全然寝れません。21時~24時は普段起きてる時間ですし…。

20151002-石槌山-0015.jpg

足柄サービスエリアで一旦休憩がありましたが、それ以降はノンストップ。中にいる乗客が箱を開けていますが、冷蔵庫があり、缶ジュースが無料で飲み放題でした。

静岡県に入ると眠ることができ、起きたときは姫路を通過しました。外を見ても地名が全然わからないのでGPSで確認。

20151003-石槌山-0031.jpg

岡山県を南下。

テレビや写真でしか見たことのなかった瀬戸大橋を通過するのをワクワクしながら起きていました。GPSで位置を確認しながら、周囲に光が漏れないようにチラチラとカーテンを開けて確認。

そして、GPSが示す現在地の丸い点が瀬戸大橋と重なった!

石鎚山

カーテンから見えたのは。そして、闇。

10月上旬では瀬戸大橋の通過の際に陽が登らないようです。

20151003-石槌山-0039.jpg

香川県を通過し、高松自動車道に入り、愛媛方面へ。石鎚山サービスエリアで最後の休憩になります。

ちなみに夜行バスで石鎚山に行く場合、西条行きに乗るのが普通です。直前で予約が取れなかったので、松山から戻る形で西条に向かいます。

20151003-石槌山-0045.jpg

四国のサービスエリアは当然初めてなので探検します。

20151003-石槌山-0048.jpg

ローカル牛乳などの調査を実施。

20151003-石槌山-0049.jpg

やはり、愛媛がその名を全国に轟かせるポンジュースを選択。本場で飲むポンジュースは一味違う、気分的に。

20151003-石槌山-0050.jpg

バスは愛媛県の市街地に入り、有名な温泉地である道後温泉を通過します。こちらへは翌日訪れることになるのでお楽しみに。

20151003-石槌山-0058.jpg

定刻より10分ほど遅れて、松山市駅に到着しました。夜行バス疲れでグッタリでしたが、知らない街にやってきたという旅情がパワーをくれます。

みかん県呼ばれる愛媛県、オレンジカラーが至るところに目立ちます。

20151003-石槌山-0070.jpg

駅の上に観覧車があるタイプの駅ですか。古き良き時代を感じさせてくれます。

20151003-石槌山-0064.jpg

道後温泉が写真家の蜷川実花とコラボをしているらしく、路面電車がど派手な花柄にラッピングされていました。

20151003-石槌山-0065.jpg

愛媛県のゆるキャラ「みきゃん

2015年のゆるキャラグランプリで惜しくも2位のキャラクターでした。2016年はグランプリへの出場はないそうですが、開催が松山市なのでまだまだ陽の目を浴びるキャラクター。

20151003-石槌山-0066.jpg

駅前で何か食べようと考えていましたが、早朝だったため営業している店が少なく、コンビニを利用しました。

というわけで、バスを待ちます。

20151003-石槌山-0072.jpg

8時25分発「新居浜駅行き」のバスに乗ります。夜行バスの予約が埋まっていなければこのバスに乗らずに済んだのに…。

石鎚ぽぷて

最初はJRの予讃線に乗って、海沿いの電車で旅情を感じたかったのですが、バスの方が早く、石鎚山へ行くバスの接続が悪いということがわかり断念です。

20151003-石槌山-0073.jpg

自分以外に3人ほどしか乗らなかったバスの車内で、ご当地っぽい金華サバおにぎりを食べ、瀬戸内レモンレモネードを飲みました。

20151003-石槌山-0090.jpg

10時に伊予西条駅に到着です。

横浜を出発してから既に半日が経過しています…。

伊予西条駅から石鎚ロープウェイへ

20151003-石槌山-0091.jpg

駅前の様子。

地方都市の駅前感が凄い出ています。

20151003-石槌山-0094.jpg

伊予西条駅の陸橋から見る山岳地帯が石鎚山だろうか…。

20151003-石槌山-0101.jpg

JR伊予西条駅→石鎚ロープウェイ前の10時27分の路線バスに乗り込みました。

伊予西条駅発(10:27)→石鎚ロープウェイ前着(11:27)

石鎚山ロープウェイ:http://www.ishizuchi.com/company

20151003-石槌山-0109.jpg

1日に4便も走っている路線バスです。

7:47発に乗る人がほとんどなのでしょう、自分以外に中年夫婦だけでした。週末より平日の生活路線になっているのかな…。

20151003-石槌山-0112.jpg

横浜から3本目のバスで、ケツの肉が取れそうです。

20151003-石槌山-0114.jpg

徐々に蛇行しながら山道を登っていきます。

四国は山しかないと聞いていましたが、海岸沿い僅かな時間で山深くなるのですね。

20151003-石槌山-0121.jpg

50分弱で石鎚ロープウェイ前に到着しました。

レンタカーを借りるプランもありましたが、路線バスで来てよかったです。四国一の名山がある登山口にしては、道が険しいと思います。

20151003-石槌山-0125.jpg

西日本で一番高く、日本を代表する霊山、百名山にも選ばれている石鎚山の登山口が、これほどまでに風化していて良いのだろうか…。

と、不安になる歓迎アーチが出迎えてくれました。

20151003-石槌山-0129.jpg

70年代で時が止まっているような観光地の雰囲気を出していました。

関東の一般的に知られた山岳観光地と比較するとお金の掛かり具合と規模間に呆気に取られます。

20151003-石槌山-0131.jpg

店の横にロープにつながれた飼い犬がいるという点でお察しであるが、嫌いじゃないぞこの雰囲気。

20151003-石槌山-0135.jpg

トイレを済ませて、ロープウェイを目指します。

左だけ塗り直しがされていない中途半端な仕事っぷりが何とも…。斜度のある階段は、既に修行が始まっているかのような試し方。

20151003-石槌山-0138.jpg

階段を昇ると車道。

大雪山ロープウェイ、那須岳ロープウェイ、八甲田ロープウェイ、新穂高ロープウェイ、駒ヶ岳ロープウェイなどを体験してきましたが、施設的には最下位な気が…。

20151003-石槌山-0140.jpg

営業する売店などはなく、ロープウェイ乗り場まで坂道が続きます。

20151003-石槌山-0142.jpg

ロープウェイ乗り場に到着しました。

20151003-石槌山-0145.jpg

往復乗車券1950円(大人)で、20分ごとに運行しています。正午前ということもあり、ガラガラでした。

山頂が紅葉ピークなので、この時間帯に登山者はあまりいないようです。

20151003-石槌山-0148.jpg

自分は縦走するため片道乗車券1030円を購入。

石鎚国定公園60周年」を記念するストラップをもらいました。

20151003-石槌山-0150.jpg

11時40分発のロープウェイに乗り込みました。

自分以外の登山者が3人と観光客4~5人でした。紅葉が降りてくる10月下旬が観光客のピークなのでしょうか。

石鎚スカイライン側から登る方が容易で、お金も掛からないので、登山者はこちらの方が少ないのでしょう。

20151003-石槌山-0159.jpg

山深い場所だと思っていましたが、昇り始めてすぐに瀬戸内海が見えました。

20151003-石槌山-0163.jpg

石鎚山から反対側に瓶ヶ森(かめがもり)が見えました。

最初は石鎚山からの縦走を考えていましたが、石鎚山単体を楽しみ、観光もしたいという観点から今回は見送りになった山です。

20151003-石槌山-0165.jpg

7分少々で、山頂成就駅に到着しました。

風は穏やかで、少しひんやりする気温が心地よいです。

20151003-石槌山-0168.jpg

剥き出しの蛍光灯、年代物の冷蔵庫、カタカタと音がするレジなど、昭和で時が止まっているお土産コーナーが何とも味わい深いものを感じます。

20151003-石槌山-0169.jpg

目力のある猫が描かれた石が置かれていました…。一体なにを示唆しているのだろう。

20151003-石槌山-0171.jpg

ロープウェイ駅から外に出ると瀬戸内海の展望が広がります。山深い場所にあると認識していた石鎚山でしたが、海岸線まで直線距離で30キロもないのではないでしょうか。

霊峰石鎚信仰、石鎚神社へ

20151003-石槌山-0173.jpg

12時00分 石鎚ロープウェイ成就駅

ロープウェイ駅から成就社までは再び車道歩きです。観光リフトを使うと比較的楽に成就社まで行けるようです。

20151003-石槌山-0176.jpg

東の方角には石鎚山脈に属する瓶ヶ森(かめがもり)や笹ヶ峰(ささがみね)などの山を見ることができます。

20151003-石槌山-0182.jpg

歩き始めて3分程でリフト乗り場との分岐があります。登山の格好をしていない70代くらいのおばちゃん二人組はリフト乗り場へと歩いて行きました。

20151003-石槌山-0183.jpg

成就社まで20分ほどの道のりです。

意外と距離があります。

20151003-石槌山-0185.jpg

20151003-石槌山-0188.jpg

杖立王子という謎ポイント。

一応、ポイントポイントに看板が立っています。

20151003-石槌山-0190.jpg

20151003-石槌山-0191.jpg

ロープウェイから参道を歩き、神社へと向かうと言った感覚は、東京都の御岳山に似たものを感じます。

20151003-石槌山-0196.jpg

奥に大きな橋が架かっているように見えますが、位置的にしまなみ海道でしょうか。登山関係なしに通ってみたい道です。

20151003-石槌山-0198.jpg

ロープウェイ駅から15分ほどで、成就社のある宿坊街に到着です。売店や食堂も営業していて、麓の閑散っぷりが嘘のようでした。

20151003-石槌山-0200.jpg

宿坊の奥には石鎚山の山頂が見えていました。

20151003-石槌山-0203.jpg

神社に参拝…でもその前に。

20151003-石槌山-0207.jpg

昼ご飯を食べることにします。

2、3店舗営業している中で、法螺貝を売っている食堂をチョイスしました。

20151003-石槌山-0205.jpg

東京から紅葉が見頃だから来たというと店のオヤジさんが「今日は一番いい日に来たよ」と言ってくれました。蕎麦を注文しましたが、その間のつなぎとしておでんを注文。ピリッとしたゆず味噌で食べるのが特徴です。

20151003-石槌山-0209.jpg

石鎚蕎麦という一応なご当地グルメを頂きました。

20151003-石槌山-0211.jpg

法螺貝欲しいなと思いつつ、値札を見ると6万円からと手が届く値段ではありませんでした。法螺貝を掛けながら登るのは男のロマンです。

20151003-石槌山-0220.jpg

腹ごしらえも終え、参拝します。

石と書かれた御幕が特徴的で、四国一の霊峰を信仰する格式を感じます。

20151003-石槌山-0228.jpg

この旅が無事に終わりますように。

後、お金が楽して入ってきますように。

20151003-石槌山-0225.jpg

20151003-石槌山-0230.jpg

御朱印を初めて頂いてみました。

自分は集める趣味はないため、母親へのお土産といったところです。

20151003-石槌山-0233.jpg

だいぶ前置きが長くなりましたが、今までは観光、ここからが登山です。

はじまりは下山から、石鎚山登山開始

20151003-石槌山-0238.jpg

12時53分 登山口

境内の一角にある「神門」が石鎚山の登山口になっています。今回は石鎚山の伝統的な正規ルートである「表参道成就コース」を歩きます。

20151003-石槌山-0239.jpg

いざ登山!!

と思ったら、下山だった。な…何を言っているのかわからねえと思うが(略)

20151003-石槌山-0240.jpg

登山口からいきなり下山という稀有なパターンで、石鎚山の登山が開始されました。

ちなみに八丁坂と言うらしい。

20151003-石槌山-0248.jpg

20分で平行移動距離600mほど歩くと平坦な道に変わります。

20151003-石槌山-0249.jpg

20151003-石槌山-0256.jpg

八丁坂鞍部には鳥居が設置されていて、休憩できるベンチがありました。

20151003-石槌山-0257.jpg

山頂までは3キロとまだまだ先が長いです。

20151003-石槌山-0258.jpg

登山道のわきには様々な史跡があります。

20151003-石槌山-0261.jpg

しばらく樹林帯が続きます。

登る時間帯が遅いため、下ってくる人の方が多いです。

20151003-石槌山-0265.jpg20151003-石槌山-0268.jpg

標高1400m以上になってくると徐々に紅葉が始まってきました。

20151003-石槌山-0270.jpg

登山道に岩が混じり徐々に険しくなってきました。

20151003-石槌山-0273.jpg

基本的に山頂まで一本道ですが、分岐が随所にあります。

最初の分岐は「試し鎖

20151003-石槌山-0277.jpg

尾根上のピークを目指さない場合は、安全なルートを取ることができます。

かくいう自分は個人的にスリルを求める様なタイプではないのですが、撮れ高のために登らないといけないという病に侵されているので、鎖のルートを選択します。

20151003-石槌山-0280.jpg

最近の登山ブームに併せて市が登山者のために設置した鎖ではありません。修行のために登る人のため設置された鎖です。

山頂から一本の鎖が垂れ下がっており、数か所固定されています。鎖を握るとズシッと重量感があり、お世辞にも使い勝手はよろしくないです。

20151003-石槌山-0282.jpg

岩峰の代表格である群馬県の妙義山、北アルプスの剱岳の方が登りやすいです。影になっているので、鎖がものすごく冷たく、手がとても冷えます。

20151003-石槌山-0285.jpg

試し鎖を登り終えると岩の上に出るので展望が良いです。目指す石鎚山山頂はまだまだ先です。

20151003-石槌山-0289.jpg

瀬戸内海がこれほどまでに近いとは思いませんでした。

20151003-石槌山-0299.jpg

降りる時が非常に怖い。

鎖が重く、お腹の位置まで引っ張るのが困難なので、手の移動が難しい…。高所恐怖症の人はたぶん無理でしょう。7割以上の人は迂回ルートを歩いていると思います。

20151003-石槌山-0303.jpg

肝を冷やしながら降りると青色の掘っ立て小屋がありました。

20151003-石槌山-0305.jpg

前社ケ森小屋です。

山頂までの中間地点にある売店です。石鎚名物の「力あめゆ」(400円)が販売しています。麦芽糖のドロッとした飲み物で、生姜が効いています。

お立ち寄りの際には是非。

20151003-石槌山-0307.jpg

休憩を終えて、再び登りを開始します。

20151003-石槌山-0312.jpg

秋に咲くリンドウが咲いていました。

黄色や緑の中に青い花はとても鮮やかに目立ちます。

20151003-石槌山-0318.jpg

小屋から十分少々歩くと夜明峠に到着します。

20151003-石槌山-0314.jpg

樹林が一部途切れて、開放的な場所です。奥には石鎚山の荘厳な山容を望むことができるポイントになっています。

黄色の紅葉から始まり、奥は赤い紅葉に色づいています。

20151003-石槌山-0321.jpg

夜明峠の稜線は、白い石が敷き詰められており歩きやすい道でした。

20151003-石槌山-0317.jpg

時間にして14時30分を過ぎて、風が寒く感じてきました。

20151003-石槌山-0327.jpg

夜明峠は表参道成就コース峠の最も盛り上がるポイントなのは間違いありません。

20151003-石槌山-0330.jpg

夜明峠から山頂までは標高差300mあり、登りが急になってきます。

四国の鎖は太くて固い、一ノ鎖~二ノ鎖~三ノ鎖

20151003-石槌山-0332.jpg

20151003-石槌山-0331.jpg

一ノ鎖」が登場。

垂直にも見えますが、若干の傾斜があります。登山靴だと登りにくいです。ちなみに鎖は二本あり、左側が登り、右側が下りらしい。

一ノ鎖の長さは27m。

20151003-石槌山-0335.jpg

一ノ鎖を越えると石鎚山の本体である岩峰が近づいてきました。

20151003-石槌山-0341.jpg

14時48分 二の鎖小屋

山頂まで最短の土小屋からのルートの分岐点になっているので、下山してくる登山者で溢れていました。

現在のメインルートはアップダウンの多い、表参道成就コースではないようです。

20151003-石槌山-0347.jpg

新築と思われる公衆トイレが設置されていました。

工事関係者が作業していたので、新しい売店か小屋でも建てているのかなと思います。

20151003-石槌山-0352.jpg

ここまで来れば、山頂までの距離は0.5kmと僅かです。

しかし、ここからが本当の試練になります。

20151003-石槌山-0356.jpg

二ノ鎖」が登場です。

20151003-石槌山-0357.jpg

登らなくてもいいのですが、登らないとダメな気がするので登ります。

20151003-石槌山-0359.jpg

ひえっ。

四国に初めて来て、バラエティ番組で罰ゲーム扱いされそうなルートを歩かなければいけないのか…。

20151003-石槌山-0360.jpg

一ノ鎖と比べると妙に長い…。

二ノ鎖の長さは一ノ鎖の約3倍である65mもあります。

20151003-石槌山-0362.jpg

足を滑らせて落ちたら、間違いなく五体満足で生きていくことは不可能でしょう。

自信がない方は無理せずに迂回路を通ってください。
すべての鎖場に巻き道があります。

と、一応人に見られるブログとしては注意喚起をしておきます。鎖場でスリルを求める方、鎖に縛られるのが趣味な方には非常にお薦めです。

20151003-石槌山-0369.jpg

通常ルートと合流。

通常ルートは石段があり、スロープが設置されているので安全です。

20151003-石槌山-0371.jpg

後、0.3km。

しかし、ここが最後の分水嶺。

20151003-石槌山-0373.jpg

三ノ鎖」の登場です。

三ノ鎖は最長の67mあります。日本の円盤投げの男子最高記録が60m22なので、その長さのすごさがわかるだろう。

わからないか。

20151003-石槌山-0376.jpg

頂上が見えない…。

20151003-石槌山-0378.jpg

ある程度登って見下ろした風景。

怖ッ!!!

日没が迫りつつあること、一人で初めての四国に来ていることも相まって恐怖と寂しさが襲い掛かります…。

20151003-石槌山-0384.jpg

鎖が冷た過ぎるわと愚痴るも誰もいない。

石鎚山というような日本における一級品の山は誰かと登りその感動を分かち合う方が良いのかもしれない。いや、それは間違いない事実だろう。

20151003-石槌山-0386.jpg

何とか最後まで登り切りました。

登山パーティーピーポーが安易に選択できるようなルートではないということは間違いないです。

日本百景にも選ばれる石鎚山の頂上

20151003-石槌山-0409.jpg

15時30分 石鎚山(弥山)山頂

登山口から2時間37分掛かりました。標準より早い気がしますが、ゆっくり歩いていたので、だいぶコースタイムは緩めに設定されていたのでしょう。

20151003-石槌山-0388.jpg

鎖を登り切るとすぐに見える景色がこちら。

20151003-石槌山-0391.jpg

石鎚山の山頂である天狗岳の異様です。

波のようにも見える曲線を描きながらの鋭い山頂は、日本の山岳風景を象徴とする景色です。

20151003-石槌山-0414.jpg

天狗岳を望む弥山(みせん)には石鎚神社の奥宮があり、一段下がったところには本日宿泊する頂上山荘です。

【奈良】大峰山(八経ヶ岳) 登山 ~ 霊場紀伊半島の一端を垣間見る、近畿最高峰の旅
2014年11月23日 奈良県の大峰山(おおみねさん)に行ってきました。最高峰は八経ヶ岳(はっきょうがたけ)で、標高は1914mです。 大峰山は紀伊半島の南北に伸びる大峰山脈であり...

大峰山の山頂である八経ヶ岳も隣に弥山があるという共通点があります。何か理由があるんでしょうかね。

20151003-石槌山-0426.jpg

日帰り登山者は時間的にすっかり掃けて、山頂は宿泊客で静かでした。ハイシーズンの日中帯は足の踏み場がないほど混雑するらしいです。

20151003-石槌山-0447.jpg

宿泊受付を済ませて、荷物を降ろして、天狗岳の山頂へ向けて動き出します。

20151003-石槌山-0428.jpg

天狗岳から反対側は瀬戸内海を展望し、瀬戸内海に浮かぶ島々を見ることができました。

20151003-石槌山-0458.jpg

天狗岳への道のりは、登山地図上では点線で記されるバリエーションルートです。道幅は狭く、人一人が歩けるギリギリの幅です。

弥山から最初下るところが何気に怖かったです。

西日本最高峰、標高1982m天狗岳山頂

20151003-石槌山-0470.jpg

西日を浴びて、紅葉の赤色がより際立ちます。

石鎚山が一番美しく見えるのは、西日を浴びる夕方16時以降なのだろうと思います。

20151003-石槌山-0480.jpg

紅葉の中を潜り抜けるように歩きます。ほぼ岩の上を歩くため、慎重に歩きます。

20151003-石槌山-0484.jpg

振り返ると弥山。

いかに断崖絶壁の場所にあるかがわかります。

20151003-石槌山-0496.jpg

この日の山頂の風速は10m前後あり、ジッとしていると寒く感じます。

20151003-石槌山-0489.jpg

足を進めていくと奥に女性1名に男性複数のパーティーがいました。肩掛けのカメラを担いでいる人がいるので、ローカルテレビ局が取材に来ていたようです。

宿泊客にはいなかったので、このまま帰ったのでしょう。仕事って大変ですね。

20151003-石槌山-0493.jpg

切り立った岩の峰が高度感抜群。

道は樹林帯の間の中にあるので、ここを通るわけではありません。

20151003-石槌山-0499.jpg

最後は岩登り。

20151003-石槌山-0500.jpg

20151003-石槌山-0510.jpg

山頂が見えてきました。

20151003-石槌山-0513.jpg

16時25分 石鎚山(天狗岳)山頂

四国初上陸にして標高1982mの四国(西日本)最高峰である石鎚山に登るという奇異な人生経験になりました。

20151003-石槌山-0538.jpg

西日本の標高順は代表的な山で、徳島県の剣山(1954m)、鹿児島県屋久島の宮之浦岳(1936m)、奈良県の大峰山(1915m)と続きます。

西日本は標高1900mまでというのが、面白いところです。

石鎚山の標高は谷川岳(1977m)以上、月山(1984m)以下という不思議な位置にあったりする。

20151003-石槌山-0519.jpg

到着が遅かったため、天狗岳はガラガラで10分以上独占でした。山荘に泊まる者の特権と言ったところでしょう。

天狗岳の奥は南側になるのですが、高知県の太平洋(土佐湾)まで見えていました。

20151003-石槌山-0526.jpg

弥山からの天狗岳の眺めにも負けず劣らず、天狗岳からの眺めも絶景でした。

思い立って遠く四国まで来た甲斐があった…。

20151003-石槌山-0555.jpg

ひたすら山頂に一人、寂しくなったので弥山に戻ります。

20151003-石槌山-0558.jpg

山荘の中はとても綺麗です。畳敷きの大部屋に布団を引いて寝るタイプでした、紅葉真っ只中の週末ですが、一人一つの布団で寝ることができました。

コンセントもあるので充電が可能、ドコモの電波はバリバリ入ります。

20151003-石槌山-0559.jpg

夕方17時になると館内アナウンスがあり、神社で神主さんによるお祓いが行われます。

20151003-石槌山-0561.jpg

山岳信仰のある石鎚山、白山、立山、富士山、月山などはこういうイベントも参加してナンボですね。

20151003-石槌山-0563.jpg

17時16分、日没が近づいています。

20151003-石槌山-0565.jpg

頂上山荘で夕食の時間です。

この旅は飛行機で帰るということもあり、火器類を一切持ってきていません。

20151003-石槌山-0571.jpg

山小屋では定番ですが、カレーとか最高か。嬉しいことに白身魚のフライもついています。ちなみにセルフ式で、好きなだけ自分で盛ることができます。お替り可。

20151003-石槌山-0572.jpg

人間の手によって切られ、具がゴロッとしている家庭のカレーが安心する。

お替り不可避。

西日に燃える天狗岳

20151003-石槌山-0574.jpg

夕陽が沈むシーンに立ち会うため、満腹中枢が「食休みしろ」と訴えかける声を無視して、外に出ていきます。

瀬戸内海の向こうに夕陽が沈もうとしています。

20151003-石槌山-0587.jpg

天狗岳の斜面に西日が当たり、蝋燭のように燃え上がっています。

言葉では表現できない美しさ…。

20151003-石槌山-0609.jpg

左手の斜面は東側にあたるため、影になっています。時間が経つにつれて、色の変化を愉しむことができます。

20151003-石槌山-0604.jpg

写真には映っていませんが、一眼レフカメラを構える素人カメラマンがたくさんいます。

登山を目的としているより、被写体を収めに来ている人らです。割合的には登山客よりカメラマンの方が多い気がします。

なので、夕焼けに燃える山頂で記念撮影をする雰囲気はなかった…。

20151003-石槌山-0613.jpg

三脚カメラマンがひしめく中、自分も負けじとシャッターを切ります。素人以下のレベルの自分でも十分に美しい天狗岳の姿を捉えることができます。

20151003-石槌山-0623.jpg

瀬戸内海に夕陽が沈む…。

20151003-石槌山-0665.jpg

カメラマン達は太陽の日没写真には興味がない模様。

20151003-石槌山-0673.jpg

沈むぅぅぅぅ。

ふと、地元愛媛の松山から来たというおじさんが、「海の向こうに見えているのは九州だよ」と話しかけてきました。

20151003-石槌山-0677-Edit.jpg

四国の山並みの奥に間を置いて、二つの山が目立っていました。

【大分】由布岳 登山 ~ 豊後富士から瀬戸内海の大展望、旅の疲れを癒す温泉三昧の旅
2014年5月7日 大分県の由布岳(ゆふだけ)に行ってきました。標高は1583mです。 九州でも別府に次ぐ温泉街である由布院のランドマーク的存在であり、独立してそびえる姿から豊後富...
【大分】九重山(久住山) 登山 ~ 荒涼とした火山群、九州の雄大な大地を感じる旅
2014年5月4日 大分県にある九重山(くじゅうさん)に行ってきました。標高は1791mあります。 九重山は標高1700m級の山々が連なる火山群の総称です。九州で一番高い山は屋久島...

話によると大分県の由布岳九重山だそうです。かつて登ったことのある山が、初めての四国の山頂から海を隔てて、見えていることに感動を覚えました。

20151003-石槌山-0635.jpg

夕陽が沈む最後の最後は山頂が真っ赤に彩られました。

一泊二日の旅行という観点で言うと結構なお金を使っていますが、これは一生モノの景色だったと思います。紅葉真っ盛り、九州が見える程の澄んだ空気という条件は中々得られるものではありません。

20151003-石槌山-0678.jpg

太陽は何事もなく穏やかに沈んでいきました。

20151003-石槌山-0659.jpg

太陽が沈み色がなくなった頃、カメラマンが捌けたのでパシャリ。

20151003-石槌山-0687.jpg

撮ってくれたのは石鎚山のおひざ元である伊予西条市に在住の山ガールさん。結構な風が吹く山頂で、生足を出しながら夕陽を眺めていました。若さゆえか。

20151003-石槌山-0694.jpg

カメラに埃でもついたかと勘違いした変てこな雲。

20151003-石槌山-0701.jpg

夜はストーブで暖まりながら、姫路からバイクでやってきたというお兄さんと話していました。千葉出身で今は姫路に住んでいるのだとか。

てか、バイクで来て山に登るって凄いな…。

20151003-石槌山-0703.jpg

せっかくだから夜景でも撮りに行こうと思ったら、カメラマンが随所に散らばっていて、スペースがありませんでした。

目立つ被写体(天狗岳)がある場所で泊まるっていうのは、カメラマンだらけになるってことか…。「ヘッドライドを消しながら歩け!」と怒声が飛び、夜景を撮る人と星空を撮る人で喧嘩になっていたりで、めんどくさくなりさっさと退散しました。

20151003-石槌山-0709.jpg

消灯まで地元の人らとトークをしながら話し込んでいました。

2階にある雑魚寝部屋に戻ると数人が寝息を立てています。寝れるか不安でしたが、夜行バス移動と登山疲れであっさりと眠りにつくことができました。

石鎚山(2日目)

四国最高峰での神聖な夜明け

20151004-石槌山-0713.jpg

というわけで、夜明けです。

10月上旬愛媛県の日の出時刻は6時10分前後になります。

20151004-石槌山-0730.jpg

山荘の外に出ると昨日に引き続き強い風が吹き荒れています。気温は一桁代ですが、完全防寒体制で日の出を待ちわびます。

天狗岳の黒いシルエットが朝焼け空に浮かんでいます。

20151004-石槌山-0824.jpg

御来光の時間です。

四国の山々を薄い霞が包み、山頂部分がその上に顔を出しています。霊峰石鎚の神聖なる姿がここにあり、普段しょうもないことを考え生きている自分ですら心が洗われるようです。

鎮魂とはこの事なのでしょう。

20151004-石槌山-0831.jpg

20151004-石槌山-0852.jpg

御来光の時間に合わせて、お祓いが開始されました。未明に登り始めたのか、修行の白装束をした人達がやって来ました。

カメラマン連中はそっちのけで夢中。

20151004-石槌山-0843.jpg

一刻一刻と変化する天狗岳の山容にウットリです。

先日の夕方の風景とはまるで別物です。

20151004-石槌山-0866.jpg

20151004-石槌山-0890.jpg

ぶぉぉー!!

法螺貝を吹く行者。欲しい、法螺貝欲しい。

20151004-石槌山-0900.jpg

山頂で朝食の時間になったので頂きました。

20151004-石槌山-0903.jpg

食べ終えて、再び外へ。

土小屋から出発するバスの時間が11時30分なので、ゆとりのある山頂タイムを過ごすことができます。下山のコースタイムは1時間半程度。

20151004-石槌山-0930.jpg

久しぶりにひこにゃんを連れて来てみた。。

20151004-石槌山-0934.jpg

今回は石鎚山山頂でゆっくりしたかったので、縦走ルートは避けましたが、他にも登ってみたい魅力ある山が多いです。

瓶ヶ森、伊予富士、笹ヶ峰、赤石山など。特にアケボノツツジが有名な赤石山は登ってみたいです。

20151004-石槌山-0939.jpg

というわけで、やることもないので二度目の登頂をしに行きます。

20151004-石槌山-0952.jpg

二度目の天狗岳も静かに楽しむことができました。

天狗岳より先に歩くルートもあるようですが、「稜線沿い踏跡程度 熟達者コース」となっているのでパス。

20151004-石槌山-0959.jpg

この二日間で石鎚山に登れたことに感謝です。

石鎚スカイライン方面へ下山

20151004-石槌山-1005.jpg

再び弥山に戻ってきて、帰る準備を始めます。

山頂で出会った山ガールさんとライダーカメラマンさんと集合写真を撮ったりでお別れ。下山を開始します。

20151004-石槌山-1011.jpg

下山は鎖場は使わず一般ルートです。

土小屋方面から登ってきたであろう人が続々と登ってきます。

20151004-石槌山-1012.jpg

20151004-石槌山-1015.jpg

断崖絶壁に足場が作られており、結構怖いんですけど…。

20151004-石槌山-1023.jpg

成就コースと土小屋コースの分岐です。

同じ愛媛県内でも全く別の位置にある登山口のため、縦走する人はほとんどないかと。

20151004-石槌山-1031.jpg

土小屋へ向けて歩くルートは多少のアップダウンはありますが、ほとんど平坦の横移動なので歩きやすかったです。

20151004-石槌山-1049.jpg

ハクサンフウロに見えるけど、こんな時期に咲いているかな?

20151004-石槌山-1032.jpg

夏は高山植物が咲くようで、秋以外に魅力を楽しみたいところです。なかなかに機会が訪れなさそうですが…。

20151004-石槌山-1039.jpg20151004-石槌山-1041.jpg

天狗岳を巻いて歩いているので、見上げると今にも迫って来そうな岩壁がドンと聳えます。

20151004-石槌山-1045.jpg

20151004-石槌山-1050.jpg

土小屋は現在のメインルートなので、途切れることなく登山者が歩いてきます。

西日本最高峰ということで、西日本一の速さで紅葉が訪れる山ですし、集中するのも頷けます。

20151004-石槌山-1053.jpg

振り返ると石鎚山の山頂が見えました。成就ルートとは違った見え方をしています。

20151004-石槌山-1051.jpg

20151004-石槌山-1058.jpg

土小屋ルートは石鎚スカイラインが開通して、新しめのルートだと思いますがこちらも趣が違って楽しめます。

20151004-石槌山-1079.jpg

20151004-石槌山-1067.jpg

山頂が綺麗に三角形になるポイントがありました。象徴的な羊雲が良い秋の演出をしてくれています。

20151004-石槌山-1072.jpg

小屋の人かな?

ご苦労様です。

20151004-石槌山-1076.jpg

だいぶ、遠ざかってきました。

20151004-石槌山-1082.jpg

国定公園を示す看板が見えたらゴールです。

20151004-石槌山-1085.jpg

後は舗装道への階段を下りるだけ。

いやーゆとりある登山でしたが長かった。風呂に入りたい。風呂に入れるのはまだまだ先なのですけど…。

20151004-石槌山-1096.jpg

11時13分 土小屋

石鎚山の縦走が完了しました。土小屋というから木造の簡素なお土産屋が並んでいるだけかと思いきや、普通の高原観光地でした。標高1500mあるので、西日本においてはかなり標高の高い位置にあります。

20151004-石槌山-1099.jpg

お土産を物色します。

石鎚の名を冠した日本酒なんかもあり、お土産に良さそう。四国の日本酒が珍しい。

下山してからが大変、路線バスを乗り継ぎ松山へ

20151004-石槌山-1100.jpg

ここからは路線バスを利用して松山に帰ります。

伊予鉄バスで久万(くま)というところまで行き、JRバスに乗り継いで松山まで行きます。所要時間は3時間と旅はまだまだ長い…。

20151004-石槌山-1103.jpg

11時30分にバスが出発。

四国限定と付いていると飲まずにはいられない「ミニッツメイドはちみつゆず」。

20151004-石槌山-1115.jpg

石鎚スカイラインからのぞむ石鎚山は端正な形をしていました。バス車内の陽気も相まって、うとうと。

道はなかなか険しく、尻へのダメージが激しかった。

20151004-石槌山-1127.jpg

13時6分に久万高原町にあるバスセンターに到着。

20151004-石槌山-1129.jpg

道路を渡ったところにJRバスの停留所があります。

20151004-石槌山-1130.jpg

松山行のバスが来る13時32分まで30分ほど時間がありました。

20151004-石槌山-1132.jpg

乗り換え時間はジッとしている性分ではないので、周囲を散策しに行きます。お腹が減っているので、何か食べたいわけですが、探し回っても見事に何もない。

20151004-石槌山-1133.jpg

雪娘という酒蔵がありましたが、営業されておらず…。

20151004-石槌山-1134.jpg

風情ある街並みでしたが、食べ物を売っているところが…。

ただ、急に便意を催したときに綺麗な公衆トイレがあってくれたのは感謝を惜しみなく捧げたいところです。

20151004-石槌山-1135.jpg

唯一発見したのが和菓子屋さん。

高市本舗 (久万高原町その他/和菓子)の店舗情報は食べログでチェック!口コミや評価、写真など、ユーザーによるリアルな情報が満載です!地図や料理メニューなどの詳細情報も充実。

正直甘いものの気分でなかったことは確かですが、「おくま饅頭」というご当地感に惹かれて立ち寄りました。

20151004-石槌山-1137.jpg

でもなぜか購入したのは水羊羹。美味しかったけど。

ちなみに久万高原町はあの日本を代表するスター藤岡弘の出身地らしいです。彼の持ちネタ(?)であるコーヒーの淹れ方が大好きです。

20151004-石槌山-1139.jpg

時間になってバスがやって来ました。乗客は意外と多くて、座席が全部埋まるほどでした。

20151004-石槌山-1140.jpg

14時38分に松山市へ戻ってきました。

石鎚山経由の大周回を無事終えた達成感にこみ上げるものがあります。

20151004-石槌山-1216.jpg

下山後は松山で食べ歩き、道後温泉に入りました。

【愛媛】松山観光 ~ 日本最古の道後温泉とみかんカルチャーの街
2015年10月3日-4日に愛媛県の石鎚山(いしづちやま)に行ってきました。 この記事は4日の石鎚山登山後に訪れた、松山市の観光グルメのご紹介になります。定番中の定番の観光地である道後温...

松山観光の記事になります。併せてご覧ください。

石鎚山の登山を終えて

20151004-石槌山-0960.jpg

日没から日の出まで刻々と移り変わる石鎚山は「時の流れの美しさ」を教えてくれました。

東京から遠く四国に遠征ということで、欲張りにいろいろな山を登らないで正解だと思っています。

一枚絵として見たときの景観美は、他のどこにもない唯一無二のものでした。

20151003-石槌山-0610.jpg

日本の山でベストイレブンを作るとしたら、間違いなく石鎚山は代表に選出されるでしょう。

例年だと10月中旬頃の紅葉が石鎚山が最も映える時期だとは思いますが、アケボノツツジの咲く季節にも訪れたいと思いました。

1泊2日の極めて弾丸の旅でしたが、初めて訪れる四国で10年先、20年先も語れるとても価値ある経験ができました。

石鎚山の地図はこちら

『【愛媛】石鎚山 登山 ~ 蝋燭のように燃える紅葉の天狗岳、時の流れが美しい四国の霊峰の旅』へのコメント

  1. 名前:ハルオ 投稿日:2016/11/16(水) 08:34:54 ID:0ef9df7b0 返信

    こんにちは
    久しぶりの更新で、楽しく読ませて頂きました。
    タイムリーに私も先日、横浜から四国に行って石鎚山に登ったのですが、鎖はデカくし登る距離も長いので険しいですよね
    ベリーブルーさんの夕日が沈むのを眺めながらの山頂からの景色は素晴らしくです。
    あと、質問なのですが石鎚山の鎖場と剱岳の鎖場はどちらが難しかったですか?

    • 名前:veryblue 投稿日:2016/11/16(水) 15:08:48 ID:bbf3b1795 返信

      >ハルオさん
      コメントありがとうございます。

      タイムリーな感想ありがとうございます。石鎚山の鎖場は本当に修行という感じですね。
      鎖場の難易度は石鎚山の方があると思います。石鎚山の鎖は重く持ちにくい上に足場は自分で探しますからね。
      剱岳はどこに手と足を置くのか明確だった記憶です。

      また、コメントお待ちしています。

  2. 名前:xjrbgy 投稿日:2016/11/16(水) 17:24:40 ID:6aabb40e7 返信

    はじめまして、楽しく読ませて頂いています。
    いつも素敵な写真、紀行文を楽しませてもらっています。
    先日の11/12に九重山の中岳に登り、山頂より石鎚山を見ました。
    石鎚山にはゴールデンウイークに登り、今回のブログが凄く
    身近に感じました。あの名前入りの鎖。
    天気、眺望がいいと山の印象もだいぶかわりますよね。
    これからもご安全に~~

    • 名前:veryblue 投稿日:2016/11/16(水) 19:43:26 ID:39c1fa042 返信

      >xjrbgyさん
      はじめまして!
      いつも読んでいただきありがとうございます。
      ゴールデンウィークに四国、秋に九州と各地を楽しまれているのですね。九重山からも石鎚山が見えるんですね(当然か)
      秋の九重も行きたいのですが、まずはミヤマキリシマがみたいです。
      これからもお互い安全に、またコメントお待ちしています。

  3. 名前:やま子 投稿日:2016/11/16(水) 22:56:50 ID:d42a7d05f 返信

    Veryblueさんこんにちは。久しぶりですね。サボってた?
    ようこそ、西日本へ
    生まれて初めて四国上陸の最初の日に、四国のてっぺんを征服しちゃったのね(笑)
    石鎚山は三回登ったけど、頂上で泊まった事はありません。
    でも、あの日没 や、日の出の美しさ。めったに出会える景色では
    ないんでしょうね。 うらやましい!
    次は絶対に山頂で泊まります。

    • 名前:veryblue 投稿日:2016/11/17(木) 23:43:03 ID:0a20fe2c8 返信

      >やま子さん
      相変わらずのコメントありがとうございます。
      3か月くらいさぼってました。というか資格試験やら何やらで忙しかったです。

      四国初上陸はやはり、最高峰からに限りますね。九州も北海道も実はそうだったのですがー。
      石鎚山に三回も行っているのですねー。うらやましいです。

      山頂に泊まる選択は非常に良かったです!
      また、行きます!

  4. 名前:szk 投稿日:2016/11/17(木) 23:01:35 ID:bc38dc56a 返信

    四国遠征お疲れ様でした。
    ていうか、去年の出来事なんですよね(笑)
    四国の山はまだまだ僕にとって遠い世界ですが、いつかこんな雄大な景色をこの目で見てみたいです。
    しかしながら、こんな長旅の登山を一人で挑まれるベリーブルーさんには毎回恐れ入ります。
    登山を始めたばかりの時、このブログを見て、一人で登りに行く勇気を貰いました。
    そんな僕は、10月に四阿山と根子岳、塔ノ岳に登り、今月の15日に奥多摩の御前山に行ってきました。
    平日だからか、奥多摩湖→御前山→鋸尾根→奥多摩駅に行くまで誰にも会わなかったです。これが本当のぼっち登山というやつでしょうか囧rz
    という感じで、相変わらず懲りずに一人で登ってます。
    お忙しくて大変かと思いますが、次の更新も楽しみにしています。

    • 名前:veryblue 投稿日:2016/11/25(金) 00:41:53 ID:d2d01727a 返信

      >szkさん
      順調に色々な山を巡られているようですね。
      カメラもやられているようであれば、ブログを初めてみては如何でしょうかね@x@

      四国は陸路で行けるので北海道と九州よりは敷居が低い感じです。
      来年はアルプスや遠方も行って更なる飛躍を楽しみにしています。
      自分はこの冬は大人しく遠出もせず遠征費用を貯蓄しようかと思っています。

      登山を少し控える分、更新を頑張ろうと思います。

  5. 名前:*SNOW* 投稿日:2016/11/24(木) 18:51:04 ID:50df59ad2 返信

    まず、バスで12時間揺られるのが凄いっす…多分痔になります(´・ω・`)
    高速バスでジュース飲み放題って初めて見ました(笑)、ロープウェイはちゃんと動くか乗るときが1番怖いですね、その萎びた「歓迎」はあの世へのk…
    そして鎖場よく頑張りましたね!凄いです
    山小屋のカレー手作感半端ねえっす、いくらでもおかわり出来そう
    四国いいなぁ、いってみたいなぁ

    • 名前:veryblue 投稿日:2016/11/29(火) 08:12:58 ID:c985015ac 返信

      SNOWさん
      コメントありがとうございます。

      高速バスは車両にもよりますが、新しいものだと快適です。深夜移動から早朝の行動で便利かつ時間が取れるのが良く、登山には欠かせません。
      飲み放題と言ってもトイレきつくなるのであまり飲んでる人いませんでした。

      四国に行くのに是非石鎚山からをオススメします。
      いや、普通に観光でもいいと思いますが。