ブログのデザインを修正しました

【群馬】武尊山 登山 ~ 武尊神社から周回、ブナの紅葉と剣ヶ峰山がシンボルの奥上州の旅

20141011-上州武尊山-0374.jpg

2014年10月11日

群馬県の武尊山(ほたかやま)に行ってきました。標高は2158mです。

読みが同一の北アルプスにある穂高岳と区別するため、群馬県の旧国名(上野国)の別称である「上州(じょうしゅう)」を冠して「上州武尊山」とも呼ばれています。

山名は日本書紀の日本武尊(やまとたけるのみこと)からつけられています。

今回は武尊山神社を起点とした周回コースを歩いてきました。

20141011-上州武尊山-0303.jpg

武尊山は谷川岳などの上越国境の山脈、尾瀬、日光、市街地に近い赤城山・榛名山に囲まれパッとしない印象がありました。

何かと行く機会がなかった山に10月の3連休の初日にひょんなことから旅してきました。

武尊山について

上越線沼田駅付近の車窓からも見える山。
武尊山は前武尊(まえほたか)、剣ガ峰、家ノ串、中ノ岳、沖武尊(おきほたか)(主峰)、剣ガ峰山(西武尊)、獅子ガ鼻山と2000m級7座の峰頭を連ね、群馬県の北部、利根郡の中央を占める名山である。

武尊山地図

20141011_武尊山地図

武尊神社よりスタートして、武尊山から剣ヶ峰山を周回するルートを歩きました。武尊山直下にある「」マークを登りで、使用した方が安全です。

武尊牧場から登るルートも人気があるようです。

片品 ほたか牧場キャンプ場
片品村の南東部、標高1,500mにあるほ...

コースタイム

武尊神社(10:45)→周回分岐(11:12)→手小屋沢避難小屋(12:18)→武尊山山頂着(13:54)→昼休憩→武尊山山頂発(14:51)→剣ヶ峰山(15:39)→周回分岐(17:43)→武尊神社(18:30)

都内を早朝出発したので、登山口を出た時間が遅いです。10月中旬頃は陽が短くなっているので、朝8時までに武尊神社を出発するのが望ましいです。

武尊山登山

秋晴れの一日の始まり

20141011-上州武尊山-0002.jpg

今回はいつものSaku氏とよしこさん、マミさんの4人で向かいます。

関越道を群馬に向けて進むと道路を挟んで右に赤城山、左に榛名山が見えてきます。赤城高原を過ぎたころ、右手に横幅の広いどっしりとした山が現れます。

武尊山です。

独立峰という事もあり、よく目立ちます。

20141011-上州武尊山-0012.jpg

関越道の水上ICを降り、下道で登山口がある「武尊神社」に向かいます。

「水上宝台樹やすらぎの森キャンプ場」をナビにセットしておくと確実です。

20141011-上州武尊山-0013.jpg

いかにも事前に計画を立てているように解説していますが、高速道路で車を走らせている時点で、どこの山に登るか決まっていなかったという事実。

自分とSaku氏はそれぞれ10月連休後半にやってくる台風やら予約やらなんやらで、遠征計画を台無しにされていた経緯があります。

20141011-上州武尊山-0016.jpg

同じ時期の谷川岳に登った経験で、登山客の渋滞でひどい目に遭っていました。

【上越】谷川岳 登山 ~ 紅葉の西黒尾根を登る、ローカル線で行く男の一人旅
2012年10月21日 新潟県と群馬県の上越国境を代表する谷川岳(たにかわだけ)に行ってきました。標高は1977mです。 谷川岳は例年10月中旬ごろに紅葉の見ごろを迎えます。 高度経済成長期には、その登攀記録が新聞の面を飾るほどだったとか。日本の登山史における重要な山です。群馬県と新潟県の境界線上にあるこの山は、特殊な気象条件とその地形から登山とクライミングのメッカになっています。 この谷川岳は上述したように、都心から遠く離れ群馬と新潟...

水上ICを降りた時点の会議で「谷川岳の紅葉時期とか人が多すぎるから辞めよう」という意見がすんなり通り、登山口が同じICから行ける武尊山に決が下されました。

20141011-上州武尊山-0030.jpg

10時35分 武尊神社

登山口に結構遅い時間に到着しました。日が短くなっているというのに致命的です。

山に登る日は、事前に登る山を決めておきましょう。言っていて馬鹿らしいな。

20141011-上州武尊山-0034.jpg

武尊神社より先は護岸工事などだけが通行できる舗装道が続いています。「名古屋ナンバー」の登山者が余裕でつっきっていましたが、あれが名古屋走りか。

武尊神社の標高は1100mなので、標高差は1000mもあり、かなりタフなルートです。

20141011-上州武尊山-0047.jpg

この日は全国的に晴天で、南から迫りつつある台風を微塵にも感じさせない秋晴れの一日だった。

キャンセルになった四国ツアーの飛行機代が惜しい…。

20141011-上州武尊山-0051.jpg

行けなかった旅のことを引きずっていても仕方がないので、武尊山を思いっきり楽しむことにします。

10月の連休だと登山道入り口の付近はまだ紅葉していませんでした。

20141011-上州武尊山-0067.jpg

倒木もありながらの林道歩きは徐々に獣道に入ってきます。

群馬県では一番熊が出没する山域らしいので熊鈴を携帯します。

20141011-上州武尊山-saku-0008.jpg

11時12分 周回ルートの基点分岐

「武尊山」と「剣ヶ峰」の分岐点に到着。周回ルートなので、どちらを選択しても同じ場所に戻ってきます。

自分たちは「武尊山」を先に登るルートを選択しました。

武尊山登山口からブナの紅葉を堪能する登山道

20141011-上州武尊山-0078.jpg

分岐点を過ぎると本格的な登山道に変わります。

「四国なんて遠いところ行かないで良かったね。」

しかし、徐々に紅葉が始まり、足取りも軽やかです。人は嫌なことを良いものにすり替えようとする生き物。

20141011-上州武尊山-0083.jpg

登山道は日本百名山ブランドとは思えない粗野な感じです。歩く場所は明瞭なので迷う心配はありませんけど。

スタンダードなコースではないのかな?

20141011-上州武尊山-0062.jpg

20141011-上州武尊山-0108.jpg

武尊山は高山植物が豊富な山ではないので、紅葉シーズンに登るのが適しているのでしょうか。

真夏に登るには標高差もあり、コースタイム長いしで厳しいと思う。

20141011-上州武尊山-0141.jpg

稜線に出る中間地点が紅葉のピークだったようで、視界の8割が黄色で占められます。

20141011-上州武尊山-0215.jpg

先々週の栗駒山、先週の那須岳は低木の紅葉だったのに対し、武尊山は背の高い樹林帯の紅葉を見上げる形です。

20141011-上州武尊山-0113.jpg

オコジョを撮影。

20141011-上州武尊山-0155.jpg

包まれるような暖かな陽射し、目をカラフルに彩る紅葉に士気が上がります。

20141011-上州武尊山-0180.jpg

急激な登りが続き、紅葉を眺める余裕はなく、士気が下がります。

「山心と秋の空」

秋の天候が変わりやすいように山の心は変わりやすい。

20141011-上州武尊山-0199.jpg

登り続けていると木々の隙間から展望が得られるようになりました。

20141011-上州武尊山-0221.jpg

手小屋沢避難小屋

しばらく、登り続けていると稜線に出て、避難小屋との分岐に到着。

20141011-上州武尊山-0222.jpg

稜線を少し下がったところに避難小屋はあるらしいのですが、茂った笹がわずらわしそうなので、わざわざ見に行く気は起きません。

20141011-上州武尊山-0225.jpg

稜線より右舷に特徴的な尖りをした剣ヶ峰山が見えるようになりました。

危険箇所である岩場の連続を乗り越える

20141011-上州武尊山-0245.jpg

地味極まりない樹林帯の稜線を歩いていくと突如として、岩場が立ち塞がります。

20141011-上州武尊山-0247.jpg

地図上では「」と表示されている岩場です。

傾斜もゆるく、慎重に登れば問題はないと思います。

20141011-上州武尊山-0257.jpg

朽ちた木製の梯子の耐久力に不安があります。

20141011-上州武尊山-0262.jpg20141011-上州武尊山-0274.jpg

岩場は思ったよりも長いですが、上部は鎖と梯子が安定しているので安全。

20141011-上州武尊山-0280.jpg

岩場の中間地点に到達すると岩場から谷川岳と尾瀬方面の展望が開けました。

20141011-上州武尊山-0312.jpg

谷川岳は有名な山ですが、他の山からの眺めの中ではあまり目立たなく、どれがそれなのかわからない。

20141011-上州武尊山-0316.jpg

最後の岩場にかかる梯子は10m以上あるんじゃないかと言う長さ。

攻城戦で矢倉に攻め入る歩兵の気分です。

20141011-上州武尊山-0338.jpg

最後の梯子を登り終えると山頂が見えてきました。

地味だな。

20141011-上州武尊山-0330.jpg

【尾瀬】燧ヶ岳 登山 ~ ニッコウスゲ咲く大江湿原とワタスゲの高層湿原、まばゆい初夏の旅
2015年7月12日 福島県の燧ヶ岳(ひうちがたけ)に行ってきました。標高は2356mです。 福島県側の桧枝岐村(ひのえまたむら)にある登山口から、初夏のニッコウキスゲで有名な尾瀬沼の大江湿原を含む周回ルートを歩きました。 尾瀬のシンボル的な独立峰で、至仏山と対をなす山です。 登山を始めて以来5年、ようやく夏の尾瀬に行くことが叶いました。 燧ヶ岳は存在感のある山で、尾瀬を取り囲む周辺の山からは何度も見ていました。尾瀬は登山者にとっ...

稜線より尾瀬方面に燧ヶ岳(ひうちがたけ)がそびえます。この山域で一際目立つ山です。

麓の紅葉が凄いことになってる。

20141011-上州武尊山-0342.jpg

20141011-上州武尊山-saku-0045.jpg

稜線は展望が良さそうに見えて、針葉樹、熊笹、石楠花がごっちゃになっています。

20141011-上州武尊山-0345.jpg

剣ヶ峰山がどうしても目立つため、剣ヶ峰山を中心にコンパスで円を描くように歩いている気分です。

20141011-上州武尊山-0366.jpg

20141011-上州武尊山-0376.jpg

背丈を越えるハイ松帯を進んでいくと、空の面積が増え、開放的な空間が広がります。

20141011-上州武尊山-0383.jpg

13時54分 武尊山山頂

登山口の武尊神社を出発して3時間弱で山頂に到着です。3つの峰を模しているっぽい山頂標識が特徴的です。

「SANTYOU」って正しいのかな。

剣ヶ峰山がシンボルの武尊山山頂からは360度の展望

20141011-上州武尊山-0385.jpg

奥に並ぶのは赤城山榛名山、妙義山など群馬県の山並み。

まさに武尊山は秘境群馬の最深といっても過言ではない。

20141011-上州武尊山-0393.jpg

時間も時間なので、お昼は足早に済ませます。

手作りの大学芋が秋の味覚。

20141011-上州武尊山-0399.jpg

武尊山の山頂から眺める剣ヶ峰山は、何とも画力の高い風景です。

2014-08-02_00412_燕岳-Edit.jpg

北アルプスの槍ヶ岳のようなシンボル的な存在です。

名前の読みも一緒なので穂高岳と武尊山の関係性は近いのかもしれない(適当)

20141011-上州武尊山-0379.jpg

剣ヶ峰山をアップにしてみるとウルトラセブンのアイスラッガーの如く尖がっています。

20141011-上州武尊山-0411.jpg

そんな画力のある風景を全力で壊しに掛かるスタイル。

20141011-上州武尊山-0435.jpg

20141011-上州武尊山-0430.jpg

ハロウィンが近いという事もあり、猫耳をスタンバイしてこじんまりとした仮装を実施。

20141011-上州武尊山-0440.jpg

20141011-上州武尊山-0446.jpg

登山時間が遅いという事実を忘れ、山頂での遊び時間に余念がない。

武尊山

20141011-上州武尊山-saku-0065.jpg

結局、1時間も遊びに使い下山を開始したのが14時51分。

日没タイムアップの下山はナイトハイク

20141011-上州武尊山-0457.jpg

剣ヶ峰山経由で下山します。

武尊山山頂直下は岩がざれているので、足を滑らせて転びやすいので注意が必要です。

20141011-上州武尊山-0476.jpg

武尊山から剣ヶ峰は1時間弱の細かいアップダウンの繰り返しで、体力を容赦なく削り取ってきます。

20141011-上州武尊山-0483.jpg

冬は日本海側からの風の通り道になるためか、背丈のある木は生えておらず、展望は良好です。

20160203-上州武尊山(雪山)-0324.jpg

武尊山は冬も登れる山です。

ゲレンデリフトを使用できるため、冬の方がコースタイムを短く登れるという稀有な山です。

20141011-上州武尊山-0507.jpg

下山を開始して、40分ほどで剣ヶ峰と下山路の分岐に到着です。

日没が迫っていますが100mということもあり、剣ヶ峰山に立ち寄ります。

20141011-上州武尊山-0496.jpg

見た目通り垂直に近い岩場に難儀しながら、剣ヶ峰山をぐいぐいと登ります。

20141011-上州武尊山-0500.jpg

15時39分 剣ヶ峰山

武尊山山頂ほど立派ではないですが、きちんと標識がありました。標高2020mということで、東京オリンピック開催の年に再度登らなければならないことを頭に置いておこう。

20141011-上州武尊山-0491.jpg

剣ヶ峰から眺める武尊山は横に広がっています。

心なしか山頂の看板の通りに、3つの峰が並んでいる気がします。

20141011-上州武尊山-0521.jpg

日没が徐々に迫ってきたので、急ぎ足で下山を開始します。

20141011-上州武尊山-0524.jpg

20141011-上州武尊山-0527.jpg

しかし、剣ヶ峰山からの下山路は急坂が続き、登山道が泥だらけになっていました。

20141011-上州武尊山-0528.jpg

夕焼けに暮れる武尊山を眺めながら…と、そんな悠長な暇はありません。

20141011-上州武尊山-0531.jpg

岩場と木の根がミックスする登山道で1コケ。

20141011-上州武尊山-0534.jpg

湿った土の上に落ち葉が広がる登山道で2コケ。

20141011-上州武尊山-0539.jpg

急坂の続く登山道は、陽の当たる内にくだり切ることができました。

20141011-上州武尊山-0552.jpg

標高を下がると巨大なブナの紅葉真っ盛りの道になります。

しかし、太陽の光がすっかり山影に隠れてしまい、楽しめなかったのが残念です。

20141011-上州武尊山-saku-0092.jpg

ああ、どんどん暗くなる…。

小沢を数かい渡りながら、緩やかに進んでいきます。

20141011-上州武尊山-0554.jpg

周回コースの基点に戻ってきたときは、真っ暗になってしまいました。覚悟をしていないヘッドライトのハイクは嫌なものです。

紅葉拝シーズンということもあり、自分たち以外にも4、5組のパーティーが闇に飲まれてしまいました。

20141011-上州武尊山-0565.jpg

登山道は目視のうちに歩き切れたため、難なく下山できました。忘れてたけど、熊が最も多く出没する地域だったな…。

駐車場に戻ってくると満点の星空が綺麗で、駐車場に寝転んで星を見ました。

駐車場にテントを貼って前泊していたおじさんおばさんのグループが、流れ星が見えた途端に「金・金・金!!!」と願ってました。いつになっても貪欲である精神、嫌いじゃない。

20141011-上州武尊山-0566.jpg

宝川温泉に入る予定でしたが、営業時間を過ぎていたので、湯テルメ谷川に立ち寄りました。

安くて広さもあるいい温泉なのですが、内風呂と露天風呂に距離があり、この時期移動がめちゃくちゃ寒い。

20141011-上州武尊山-0568.jpg

温泉から上がって「蜂蜜れもん」を飲みました。沼田あたりで作ってるのかな?

赤城高原サービスエリアでうまくもまずくもない食事を取って、東京に帰りました。

武尊山の登山を終えて

20141011-上州武尊山-saku-0015.jpg

武尊山を秋の果物で例えると柿だと思う。

秋の果物と言えば他にりんご、ぶどう、栗などが挙がります。当然そこには柿も挙がるわけです。

りんごやぶどうの果肉はケーキに添えられ、加工されジャムやソースになり、果汁はジュースやワインになります。栗はモンブランなどのケーキになるほかに、栗ご飯として食卓のメインを張り、甘栗として手軽に食べられます。

その一方で、柿はそのまま切って食べるか干し柿として食べらるかのほぼ2択です。

20141011-上州武尊山-saku-0062.jpg

武尊山は山の展望を楽しむ、山の形を楽しむという、登山を楽しむことに特化した山というシンプルな点で、柿と似ているんじゃないでしょうか。

武尊山は初夏でも残雪があり、高山植物がそこまで有名な山ではないため、一般的登山者が楽しむ時期としては秋が最適かと思います。

周囲に有名な山がありすぎて影に隠れた山ですが、期待以上に楽しめる山でした。

武尊山の地図はこちら

武尊山で使用した登山道具

武尊山周辺は熊の出没多発地域です。登山の際には熊鈴を携帯しましょう。

Saku氏の記事

20141011 上州武尊山 台風到来前駆け込み紅葉トレッキング : 進化するstk
2014/10/11(土)に日本百名山ブランドを冠する上州武尊山を歩いてきた。ホタカと読む。山道楽を覚えて以来、個人的には上州武尊=似非ホタカと勝手にdisっていた因縁の山である。無知は怖い。この日は10月の3連休の初日である。ザ・行楽シーズンの3連休。去年の10月の3連

コメント