ブログのデザインを修正しました

【東北】八幡平 登山 ~ 秋田と岩手の県境、山の斜面を彩る紅葉と静かな水が流れる湿原の旅

20121014_八幡平_0001

2012年10月14日

秋田県と岩手県にまたがる八幡平(はちまんたい)に行ってきました。標高は1614mです。

平と名前についてる通り、山頂一体の地形は緩やかに形成されているのが特徴です。東北地方の霧ヶ峰という表現が正しいでしょうか。岩手山のような独立した山ではなく、いくつかの山をまとめて八幡平と呼びます。

20121014_八幡平_0002

 

東北登山旅行2日目。

先日の登山とは違い、草紅葉が目を楽しませてくれる高層湿原をトレッキングをし、山の斜面に萌える紅葉を楽しんできました。

八幡平登山(トレッキング)

プロローグ

滅びの美学」って言葉をご存知でしょうか。

2~3年前、フランダースの犬は日本人しか共感しないというニュースがあり、この言葉を知りました。このフランダースの犬の話は、ベルギーの人の評価なので若干論点がずれるところがあるようなので割愛。

はてなからの引用ですが、この滅びの美学は「終わりがあるからこそ美しい」という日本人独特の価値観だそうです。また、死と隣り合わせの現実を生きる覚悟が見える散り際の美しさ。

今ひとつわからないからドラゴンボールで例えてくれって?

途方もなく強くなった魔人ブゥに対して、唯我独尊・傍若無人プライドの高い性格だったベジータが自分の息子と仲間を守るために命を賭して自爆するシーンがそれです。

仲間のため、家族のために犠牲になるという演出は、多くの作品に使用され感動を誘います。

同時期にジャンプに連載していた人気漫画「まじかる☆タルるートくん」。人気投票1位のドラゴンボールの牙城を、あと少しで抜きそうだったときに、この話が連載されて大きく人気を突き放されたとか。

話は変わり、紅葉を見ることが国民的な風習になっているのは日本だけだそうです。

冬を前にして、枯れ落ちるまでの一時の期間に燃えるように彩られる木々や草花を見て、この「滅びの美学」のようなものを感じるんでしょうかね。

八幡平アスピーテラインで登山口駐車場へ

20121014_八幡平_0003

昨日、登山したとは思えない疲れの抜け方で清々しい目覚めです。

先週は標高2300mの涸沢でマイナスの気温でごつごつした岩の上でテント泊。かたや、今日はパリッと糊の効いたシーツでベット。

天と地ほどの環境の違い。

20121014_八幡平_0004

岩手の朝といえば、そう南部せんべいですね。

岩手県内のお土産屋では、豊富な種類の南部せんべいが置いてあります。本日の朝食は、林檎チップが乗っている南部せんべいです。とても硬いフルーツタルトだと思えばいいですね。

20121014_八幡平_0005

登山をするには7時起床と遅く起きた朝、八幡平を目指し出発します。八幡平アスピーテラインで頂上付近の駐車場まで行きます。

八幡平は、楯状火山(アスピーテ)で非常になだらかで広大な山なのです。

20121014_八幡平_0006

低気圧は北へ去り、青々とした快晴の空です。高原ドライブにはこれ以上ない天気ですね。

20121014_八幡平_0007

【岩手】岩手山 登山 ~ 紅葉を求め北上、初冠雪を迎えた独立峰の旅
2012年10月13日 岩手県の岩手山(いわてさん)に行ってきました。標高は2037mです。 岩手山は奥羽山脈の山の一つですが、主稜から離れた場所に位置しているため、富士山のような独立峰をしています。 県庁所在地の盛岡市から眺めることができ、岩手県のシンボル的な存在です。 東北遠征の季節がやって参りました。 前回の涸沢~奥穂高岳へは、標高の「高さ」つまり縦の紅葉前線。今回は「北へ」つまり横の紅葉前線を追い求めました。 ...

昨日、登った岩手山もその姿をくっきり現していました。

昨晩、山小屋に泊まった人たちは素晴らしい景色が見れたんだろうなぁ。

20121014_八幡平_0008

八幡平温泉郷を出発してから40分くらいで、見返り峠駐車場に到着しました。

駐車料金は410円でした。ちょっと前のジャンプコミックスみたいな値段設定。

20121014_八幡平_0009

20121014_八幡平_0010

標高1541m地点の駐車場なので、外に出るととても寒かったです。

20121014_八幡平_0011

秋田県と岩手県の県境の標識がありました。

秋田県で、東北6県の山に全て足を踏み入れたことになりました。まだまだ、東北の山は登り足りないんですけれどもね。

20121014_八幡平_0012

登山口ではなく頂上入口って。

そう八幡平は、美ヶ原や霧ヶ峰、蔵王山同様に、簡単に登頂可能な山なのです。

コースの選択によっては本格登山を味わえるようですが、今日中に東京に帰らなければならないので最短ルートです。

山頂までたったの20分、八幡平の山頂へ

20121014_八幡平_0013

なんという事でしょう。

匠もびっくりのコンクリートで整備された遊歩道でスタートしました。

20121014_八幡平_0014

そのうち木道に変わりました。

20121014_八幡平_0015

20121014_八幡平_0016

広大な緑地帯と中央に大きな八幡沼が広がっていました。

20121014_八幡平_0017

20121014_八幡平_0018

こちらはガマ沼の畔。

水が透き通るように綺麗でした。

20121014_八幡平_0019

360度まっ平らな山頂が不思議です。

20121014_八幡平_0020

山頂を目指して進みます。

展望台が工事中だった八幡平の山頂

20121014_八幡平_0021

駐車場から標高差わずか71m、20分程で頂上に到着しました。近いな、おい。

そして、この頂上は…

 

 

 

 

 

 

 

なんとッ!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20121014_八幡平_0022

 

 

 

 

工事中だった!

 

 

 

 

 

その時の自分はこんな顔をしていたでしょう。

 

 

 

 

20121014_八幡平_0023

頂上は展望が効かない場所なので、展望台を作っているみたいですね。それとも改修かな?

仮設トイレと重機が置いてある頂上も、なかなかメモリーに残りますね。三角点とかどこにあるの状態でした。

現在は山頂の展望台は完成しています

八幡沼をぐるりと草紅葉の木道トレッキング

20121014_八幡平_0024

山頂を後にして、再び池に戻ります。

バタバタと騒音がして、ヘリコプターがやってきました。

20121014_八幡平_0025

資材の荷揚げをしているみたいで、何度も往復していました。

20121014_八幡平_0026

八幡沼の傍らにひっそりたたずむ稜雲荘。

冬季の避難小屋になるのかな。勢いよく中をのぞいたら団体が焼肉をしていて、目があって気まずい思いをしました。

20121014_八幡平_0027

起きぬけの主人公がシャツ一枚を羽織って外に出て、部屋の中では裸のヒロインが寝ているシーンで使われそうな小屋でした。

20121014_八幡平_0028

ヘリコプターが真上に飛来して、爆風で吹き飛ばされそうになりました。

20121014_八幡平_0029

ここからは静かで広大な高層湿原へ。

20121014_八幡平_0030

これから来る冬に向け黄金色に輝く草、静かに流れる風に晒されてサワサワと音を立てています。

早朝のため、人が少ないのが良かったです。じいさんばあさんのツアー団体に歩かれたらたまったもんではない。

20121014_八幡平_0031

20121014_八幡平_0032

冬にはこの八幡沼も凍り付いて、雪に埋もれてしまうんでしょうね。

蔵王同様に、この八幡平も樹氷が素晴らしいようでいつかは見に来たい。

20121014_八幡平_0033

20121014_八幡平_0034

八幡沼から流れ込む水の音と草が鳴らす風の音を聴きながらのんびり歩きます。

20121014_八幡平_0035

源太森とかすごい気になるんですけど。

と、こんな感じで色々巡っていたらとても東京まで帰れないので見返り峠駐車場に向かいます。

20121014_八幡平_0036

八幡沼をぐるっと一周する感じです。

たぶん、頂上も含め40~50分で周回できます。

20121014_八幡平_0037

逆立ちで歩くと5倍の時間が掛かるのでやめておきましょう。

20121014_八幡平_0038

湿原のど真ん中で、道の駅で買ったくずまき高原牧場プリンをパクつきます。

瓶入りのプリンとかすごい贅沢な気分です。バニラビーンズが入っていて、とても香り豊かなプリンで美味しかったです。

20121014_八幡平_0039

湿原のど真ん中でプリンを食べる男二人という図も如何なものか。

20121014_八幡平_0040

山荘の対岸から。

20121014_八幡平_0041

混雑するのか、先ほどの荷揚げの整備なのか警備員さんが出動していました。

こんな寒い山頂でご苦労様です。

20121014_八幡平_0042

見返り峠駐車場の全景が見えてきました。要塞っぽい。

20121014_八幡平_0043

時計の針は10時を過ぎていたので、どんどん登る人が増えてきました。

20121014_八幡平_0044

北アルプスの涸沢の紅葉が局地的なものだったのに対して、八幡平の紅葉は山全体といった感じで見事です。

20121014_八幡平_0045

秋田県側の更に山深い樹海方面にも行ってみたかったけれど、時間がないことが悔やまれます。

20121014_八幡平_0046

これは源太岩です。

登りたくなる岩ですが、登れるような場所じゃなかったです。

20121014_八幡平_0047

20121014_八幡平_0048

去年見れなかった紅葉成分は十分に補給しました。

20121014_八幡平_0049

名残惜しいですが八幡平を降ります。

20121014_八幡平_0050

20121014_八幡平_0051

インターに向かう途中にあった岩手山の資料館。無料です。

岩手山をとても学べます。

20121014_八幡平_0052

朝、南部せんべいりんご味だけだったので12時まですがお腹が減りました。

団体ツアーに組み込まれていそうな、大きな蕎麦屋で食べることにしました。探すのも面倒だったしね。

20121014_八幡平_0053

広い座席を貸切です。

テーブルには団体名が書かれた札が置かれていたので、このあとたくさんの観光客が来るみたいでした。

20121014_八幡平_0054

天ぷら蕎麦をいただきました。強いこしがあって好みの麺かも知れません。

天ぷらは特になすが瑞々しくて美味しかったです。

20121014_八幡平_0055

岩手山SAでゴミ捨てついでに立ち寄り。

20121014_八幡平_0056

岩手たのはた牛乳ソフトクリームを食べました。今回の旅は、どこかに寄る度に何かを食べていた気がします。

美味しそうなものがありすぎて、つい食べちゃうんですよね。(東北復興支援のためにお金を落とすことが大切ですからね。)

本音と建前が逆だッ!

20121014_八幡平_0057

ソフトクリームは甘さ控えめで酸味が利いてさっぱりした味でした。ちょっと好みが分かれるかもしれませんが、自分は好きな味。

高速道路に乗って南下します。

平泉で途中下車、世界遺産を観光する

20121014_八幡平_0058

山ばかりしかいかない脳筋と思われたくないので、神社仏閣巡りをして多少なりともインテリアピールをしておきます。

2011年、つまり去年に世界遺産指定された平泉を訪ねました。

20121014_八幡平_0059

世界遺産指定された平泉は岩手県南西部の地域を指します。その平泉を代表する中尊寺(ちゅうそんじ)に行ってみました。

高速を降りたら10分くらいで到着です。

はっきり言って、歴史的な背景は全くわかりません!

誠に申し訳ありませんがなんとなく来ただけです。本当です。世界遺産があるとしか知りませんです。なんちゃって観光です。

20121014_八幡平_0060

表参道は日光杉並木のように10数mはある杉が並んでいます。

20121014_八幡平_0061

世界遺産ということでひっきりなしに観光バスが到着しては、客を降ろしていきます。

20121014_八幡平_0062

狛犬。

20121014_八幡平_0063

歴史を知らないからほとんど何もコメントが残せねぇ…。そして、その場で学ぶ時間もなかった…。

20121014_八幡平_0064

登山がメインのブログなので、雰囲気だけお楽しみ下さい。

歴史を勉強したいと思います…。

20121014_八幡平_0065

庭園の一角に、綺麗に曼珠沙華が咲き乱れていました。

20121014_八幡平_0066

20121014_八幡平_0067

早池峰(はやちね)の文字が背中に書いてある半纏を来たグループが獅子舞(?)を披露していました。

来年の初夏に早池峰山は絶対行きたいと思っています。

20121014_八幡平_0068

中尊寺といえば金色堂が有名ですが撮影は不可。

中尊寺の入口に金色堂を模した、花で作成された金色堂がありました。粋な演出ですね。

20121014_八幡平_0069

そんなわけのわからないまま平泉観光を終え、再び東北自動車道で宇都宮へ。

宮城県の運転が辛すぎる。

20121014_八幡平_0070

福島県に入り安達太良サービスエリアにて、爆弾玉こんにゃく(辛子つけすぎ)を食べ、目を覚醒。

20121014_八幡平_0071

18時半には宇都宮に戻ってこれて、宇都宮女子高近くのラーメン屋で晩御飯。

そのまま、たちとは宇都宮駅で別れ電車で東京に帰りました。

 八幡平の登山を終えて

日本百名山の中で、一番簡単に登頂できるのではないでしょうか?

美ヶ原は雨で敗退しているので正確ではありませんが、霧ヶ峰よりは断然楽でしたね。

ドライブするだけでも十分紅葉を楽しめますね。ところどころ停車できるスペースがあって、みんな写真を撮っていました。山頂付近の周回コースしか行けませんでしたが、地図を広げてみてみると面白そうな箇所がいっぱいありますね。いつかは八幡平から岩手山への縦走「裏岩手コース」を登ってみたいものです。

高山植物も楽しめるので初夏に訪れてもいいかも知れませんね。

20121014_八幡平_0073

今回一番印象に残ったことは、ババヘラアイスを売っているおばさんは偉大だってこと。

どのようにしてこんな山の中までやってくるのでしょうか。不思議でなりません。

紅葉2013_15

東北登山旅行いかがでしたでしょうか。

夏はアルプス中心に登山をしていました。3ヶ月ぶりに東北の山にきて、改めてその良さを感じました。

日本アルプスのどこまでも続く山々、自然も良いのですが、東北の山は人の暮らしに根付いていますね。岩手山に初雪が降ったその日、Twitterではかなりの話題に上がっていました。山頂に雪が降ることで、麓の人たちは季節の区切りを感じているのかもしれませんね。

来年、再来年も東北に来ることでしょう!

まだまだ行ってみたい東北の山がたくさんあります。来年もまた東北の山を登りに来ることでしょう。

八幡平の地図はこちら

コメント

  1. すんこ より:

    今回はいつものストイックな登山と違って
    のんびり穏やかでしたね。
    もう、冬がやって来るんだなぁ~
    東北の風景は心が安まります。

    • veryblue より:

      >すんこさん
      別にストイックな登山は好きじゃないのですが、自分の無計画さで陥っている気がします。
      八幡平は、緩やかな山なのでのんびり歩くにはとてもいいところです。

      今年は山ばかり行っていたので、冬の足音が早く感じますね。
      東京で暮らしていると、なんだか寒くなってきたな~とか厚着しようかなといった具合に冬をゆっくり感じますが、山だと登るだけで冬になりますからね。

      東北の紅葉

  2. heart より:

    やっぱり東北っていいんですね~
    気付けば東北には行った事がないので(北海道や仙台の七夕祭りは幼い頃にありますが)
    自分の足で、日本の自然豊かな東北へ行ってみたいと思いました。

    頂上が工事中!
    度胆を抜かれました(笑)
    ワンコ(笑)

    • veryblue より:

      >heartさん
      周りの友達は高山が密集するアルプスを好むのですが、自分はなんだか栃木以北の山々が肌に合うような気がします。
      東北の面積は広く、山と山の感覚は離れています。
      なので、旅気分で登山をすることができるんですよね。
      見知らぬ土地で見知らぬ自然に出会うことができる魅力が詰まってます。

      仙台の七夕祭りは自分も子供の頃に行ったことがあります。
      とある料理屋の玄関に白いものが乗っている皿が置いてあり、気になってつかんでみたらバラバラに砕けてびっくりしました。
      それは「盛り塩」だったんですね。今でもその店に、厄が来ていないか気になっています…。

      東北の自然

  3. 東 北子 より:

    初めまして。
    まだ登山靴も持っていない登山超初心者です。
    東北の登山で検索したら、こちらに着きました。
    八幡平はドライブしかしたことないのですが、
    とても紅葉きれいですよね。
    ヨーロッパの紅葉みたいなメルヘンを感じます。
    (行ったことないけど)
    栗駒山(岩手・宮城)の紅葉もきれいですよ!
    登山口に白いお湯の温泉もあって、東北!温泉!って感じです。

    • veryblue より:

      >東 北子さん
      初めまして!コメントありがとうございます。
      大変ユニークなお名前ですね。

      登山靴を持っていないのに登山を検索するとはやる気十分ですね。

      八幡平は、車のドアを前回で風を感じながら走ると気持ちいいですね。時期的にもの凄く寒かったですが。

      栗駒山!
      紅葉が素晴らしいと常々噂には聞いています。
      一泊する予定だったので、今回は候補から外れてしまいましたが、来年は行きたいと思っています。
      東北は温泉に恵まれていていいですよね!他にもオススメのスポットがあれば教えてください!

      東北の紅葉

  4. キリン より:

    初めてコメントします。妻と二人で爆笑しました。一度でファンになってしまいました。^_^私は、岩手県の花巻で、温泉ホテルで働いています。ぜひ、機会があれば寄って下さい。

    • veryblue より:

      >キリンさん
      コメントありがとうございます。
      ご夫婦で楽しんで頂きありがとうございます。岩手県には何度も訪れております。
      花巻と言えば早池峰山ですねー。2回訪れています。
      岩手は岩手山に再び登りたいのと姫神山、五葉山などまた訪れる機会があるかと思うので、その時はよろしくお願いします。