【山形】月山 登山 ~ 弥陀ヶ原の日本海と庄内平野の風景、真夏のピークが過ぎ去る旅

20150824-月山_0132.jpg

2015年8月24日

山形県の月山(がっさん)に行ってきました。標高は1984mです。

鶴岡市の弥陀ヶ原(みだがはら)のある月山八合目から登り、月山山頂を目指しました。通常はアクセスのよい姥沢登山口が通常選ばれるルートですが、山頂を挟んで反対側のルートになります。信仰の名残や高層湿原など、より魅力の多いルートです。

20150824-月山_0381.jpg

過去2度ほど訪れている月山は、今回で3回目の訪問です。

夏と秋に訪れており、月山はお腹いっぱいと思っていましたが、今回歩いた弥陀ヶ原から登るルートは別の月山の姿を感じることが出来ました。

結論を言ってしまうと退屈することなく、初めての山を訪れる感覚で登ることが出来ました。

スポンサーリンク

月山について

過去に書いている月山の記事の紹介です。

【山形】月山 登山 ~ 8月の終わりに山形まで大遠征、日本の美しき月面の旅
2011年8月27日 山形県の月山(がっさん)に行ってきました。標高は1984mあります。 東北地方に出羽三山(でわさんざん)の山岳信仰で知られ、日本の山岳史において重要な山の一つ...

2011年8月に東北の山に初めて登った時の記事です。地震の復興支援の無料パスをもらって行きました。

【東北】月山 紅葉登山 ~ 暴風が去った後の快晴の下、黄金色に染まる美しい大地の旅
2013年10月14日 10月の3連休後半2日を利用して、東北の紅葉登山旅行に行ってきました。1日目は吾妻山と蔵王山、2日目は月山です。 2日目は山形県の月山(がっさん)を登りまし...

2013年10月秋の三連休に紅葉の時期に訪れた記事です。黄金色の草紅葉がとても綺麗でした。

月山地図

月山地図

月山八合目の駐車場から弥陀ヶ原から山頂を目指すコースです。

コースタイム

月山八合目(7:06)→三田原参篭所(7:18)→仏生池小屋(8:55)→月山山頂着(10:12)→休憩→月山山頂発(11:04)→月山八合目(13:20)
合計時間:6時間14分

アクセス

庄内交通:http://www.shonaikotsu.jp/tourism/harugo.html

月山八合目へは鶴岡駅から路線バスが出ています。

月山登山

鶴岡より月山八合目へ

20150824-月山_0006.jpg

山形県鶴岡駅前のビジネスホテルに宿泊し、月山へと向かいます。

車で鶴岡市の中心地より1時間で到着します。

東京方面から来ると月山を回り込むようにしなければならないため、姥沢登山口より1時間半は時間が掛かりそうです。

20150822-大曲花火大会-0270.jpg

【秋田】全国花火競技大会(大曲花火大会) ~ 夏の夜空に打ちあがる音と光の芸術作品
2015年8月22日 秋田県大曲市で開催される「全国花火競技大会」に行ってきました。通称「大曲花火大会」、例年8月の第4土曜日に開催される花火大会です。歴史・伝統・権威ともに日本で最高峰...

秋田県の大曲花火大会を鑑賞し、翌日は岩手県の盛岡市をぶらぶら、そして東北地方で天気が良さそうだった山形県の月山にむかうことになりました。本当だったら岩手山などに行くはずだった。

20150824-月山_0021.jpg

月山八合目に到着です。

20150824-月山_0024.jpg

駐車場は既に森林限界を越えていて、展望が素晴らしいです。米所である庄内平野の豊かな田園風景と日本海の海岸線が見えます。

奥に雲隠れしていますが、鳥海山(ちょうかいさん)が鎮座。

20150824-月山_0030.jpg

低い雲が広がっていますが、天候はまずまず。月曜日の平日ということもあり、駐車場はガラガラでした。

麓に感じる夏の熱気とは違い、からっとした冷たい風が流れています。秋が近づく、夏の終わりのセンチメンタル感。

日本海と庄内平野、鳥海山の豊かな風景

20150824-月山_0036.jpg

月山八合目(7:06)

ようこそ月山へ。

20150824-月山_0038.jpg

序盤は木道が整備されており非常に歩きやすい印象でした。

20150824-月山_0033.jpg

ハクサンフウロが咲いていました。

盛りを過ぎていますが、高山植物は健在でした。

20150824-月山_0045.jpg

月山八合目の登山口はとても卑怯です。

20150824-月山_0061.jpg

開始わずか5分でこの展望が広がります。

ノー樹林帯です。

20150824-月山_0069.jpg

ナナカマドの実が朱色に染まり始めていました。後1ヶ月も経てば、葉も赤く変化し、紅葉を楽しませてくれる。

20150824-月山_0070.jpg

アザミも咲いていました。

20150824-月山_0072.jpg

三田原参篭所(7:18)

登山口から10分ちょっとですが、御田原神社(みたはらじんじゃ)があります。月山山頂にある本宮まで行けない人にも同じようなご利益があるらしいです。

20150824-月山_0084.jpg

御田原神社:http://www.dewasanzan.jp/publics/index/79/

登山口よりわずか10分ですが、宿泊も可能なようです。自販機があるのが嬉しいところです。

20150824-月山_0095.jpg

正面には「なで兎」の大きな石像がありました。みんなが撫でるので、表面がつるつるになっています。

20150824-月山_0082.jpg

アゴを撫でておきました。

猫と同じように兎も喜ぶのかは僕は知りません。喜ばないようです(知人談)

20150824-月山_0087.jpg

祈祷、供養をしてもらえるようです。御朱印も頂けます。

月に兎がいる」という伝承なのかなと思っていましたが、卯歳(うさぎどし)月山大神(つきのみやまのおおかみ)が降臨されたことに由来するらしい。

20150824-月山_0090.jpg

登山口では雲に隠れていた鳥海山が姿を現しました。

山形県の庄内地方は月山と鳥海山に東北の2大巨頭の展望があり、かつ日本海を有し、景観が優れた地方だと思っています。

緩やかな傾斜を登る月山の登山道

20150824-月山_0102.jpg

鳥居をくぐって月山の登拝です。

20150824-月山_0107.jpg

緩やかに続く石段を登っていきます。

弥陀ヶ原周辺は観光客でも歩けるように整備されているようでした。

20150824-月山_0111.jpg

池塘(ちとう)が点在しており、空の色を映し出しています。

一番人が訪れる姥沢の登山口からでは、見られない風景が広がります。

20150824-月山_0118.jpg

月山山頂までは2時間30分の道のり。

草地に岩がごろんと敷かれている登山道で、傾斜はずっと緩やかに伸びています。無量坂と名がついています。

20150824-月山_0154.jpg

一緒した女子二人は東北の山は初めてで、森林限界の低さと歩きやすさで、すぐに月山を好きになっているようでした。

自分も初めての東北の山は月山でした。

20150824-月山_0180.jpg

開放感のある展望が続きますが、東側に登山道が伸びているため日本海が見えない。感覚的には霧ヶ峰や美ヶ原のトレッキングコースを歩いているようです。

20150824-月山_0186.jpg

8月下旬ともなると目立つ高山植物はありません。

月山を再度訪れるとすれば、ニッコウキスゲや高山植物最盛の7月上旬から中旬に来てみたいです。

20150824-月山_0221.jpg

仏生池小屋(8:55)

中間地点となる小屋が見えてきました。九合目になります。

仏生池小屋:http://bussyouike.travel.coocan.jp/

素朴な手作り感あふれるホームページです。こちらも宿泊可能な小屋です。

20150824-月山_0233.jpg

20150824-月山_0230.jpg

八合目から九合目までコースタイムは1時間40分と長いですが、傾斜がないため疲れはありませんでした。

20150824-月山_0235.jpg

気になったTシャツが売っていたのですがサイズ切れ。

営業小屋が道中に2軒もある。

20150824-月山_0239.jpg

仏生池。

この小屋は関東を朝出発したとし、最終バスで16時ごろに到着できる小屋だそうな。

20150824-月山_0248.jpg

9合目の小屋を過ぎたころから、東側の雲がぐんぐんと登ってきてしまいました。

20150824-月山_0252.jpg

初夏の花であるはずのハクサンイチゲが少しだけ残っていました。

20150824-月山_0256.jpg

行者返し。

今でこそ高原道路が通っていましたが、数十年前までは麓から登って来ていたわけで…。昔の人は凄いなと思います。

20150824-月山_0263.jpg

牧草地のような穏やかな風景が広がります。

月山地図2

今回利用した鶴岡側からの登山道は、地形に大きな特徴があります。尾根を挟んで、西側は等高線の間隔が狭く、東側が等高線の間隔が広いです。

20150824-月山_0410.jpg

以前、月山は横幅に広がる火山地質の楯状火山(アスピーテ)とされていたようですが、最近になって成層火山に分類されたようです。

ハワイのマウナケア山などは楯状火山で、日本にはあまりない火山の分類らしい。霧ヶ峰や八幡平とかも成層火山に分類されたとかなんとか。

20150824-月山_0279.jpg

月山の東側は牛が放牧されていてもおかしくない、広大な高層湿原地帯になっています。以前、登ったルートとはまるで印象が違う風景です。

20150824-月山_0286.jpg

山頂付近から広がる台地は月見ヶ原と名が付けられています。3回ともに日帰りですが、宿泊する価値が十分にある山だと思いました。

20150824-月山_0265.jpg

山頂直下なはずですが、ずっと緩やかな登りが続きます。姥沢登山口から登ると最後はかなり急な登りを強いられるので、こちらのルートは本当に優しさで溢れています。

20150824-月山_0293.jpg

穏やかな稜線が最後の最後まで続き、登山している感もないまま頂上に到着しました。

冷たい秋の風が吹く月山の山頂

20150824-月山_0299.jpg

月山山頂着(10:12)

月山山頂は奥宮になっており、写真撮影不可のため頂上小屋の前の看板が代替。

20150824-月山_0339.jpg

山頂には雲がのっぺりとかかった状態だったため、残念ながら展望はあまりよろしくありませんでした。

大曲花火大会をのために盛岡市のホームセンターで買った安物アウトドアチェアに座り、太陽待ちをしていみます。

20150824-月山_0314.jpg

山形市の方角は雲海に覆われていました。

あそこが炎上系登山ブロガーのレッドシュガーさんが学生時代を過ごした町か」というコメントに対し、「スペースデブリ以上に必要のない情報だ」というやり取りがあったような、なかったような。

20150824-月山_0320.jpg

始めてきたときは月見カレーやムーンウォークをしたりとはしゃいんだもんです。

全然雲が捌けてくれる気配がありません。残念ながら下山を開始します。

月山(2013)_0001

晴れに恵まれると月山山頂の奥宮、その背景に鳥海山のという素晴らしい展望が広がります。東北の山はそれぞれ距離が離れていますが、個性が強い。

20150824-月山_0406.jpg

下山も同じ道を引き返します。一部は木道が整備されていて、高山植物を保護しているようでした。チングルマの群生やニッコウキスゲの咲く時期に登りたいです。

月山_(saku)_0002

内陸方面は雲海がどこまでも広がっていました。

20150824-月山_0363.jpg

20150824-月山_0445.jpg

山頂の展望こそ優れませんでしたが、少し下ると青空が広がります。うん、この天気は晴れで良いな。

20150824-月山_0479.jpg

再び、9合目の仏生池まで戻ってきました。

20150824-月山_0456.jpg

20150824-月山_0482.jpg

弥陀ヶ原まで降りてくると鳥海山は隠れて見えなくなってしまいましたが、高層湿原の緑豊かな風景が広がっています。

弥陀ヶ原を鳥瞰できるポイントは、鶴岡側のルートで一番の見どころだと思います。

20150824-月山_0489.jpg

20150824-月山_0491.jpg

13時30分 月山八合目

下山完了です。

レストハウスが営業していて、お土産や軽食を取ることが出来るようになっています。

20150824-月山_0497.jpg

帰り際に見つけた出羽三山のオブジェ。

出羽三山は広域な磐梯朝日国立公園に属しています。名称からピンときませんけど。

【山形】羽黒山(出羽三山) 参拝 ~ 五重塔と出羽神社、灼熱の階段地獄と山岳信仰の旅
山形県にある出羽三山の一つ羽黒山(はぐろやま)に登ってきました。標高414mあります。 出羽三山は、月山(がっさん)、湯殿山(ゆどのやま)、そして羽黒山からなります。東北の山岳信仰、俳人の松尾芭蕉が訪れた地として有名です。出羽三山の中で羽黒山は、市街地に近く参拝客が一番多いです。

出羽三山の一つ羽黒山(はぐろやま)を観光した記事になります。

20150824-月山_0503.jpg

山の上は秋に変わろうとしているのに、麓まで降りてくるとひまわりが夏を彩っていました。

下山後は、「やまぶし温泉ゆぽか」に入りました。

日本海に沈む夕日、寂しさを感じる8月の終わり

20150824-月山_0522.jpg

フルーツショップ青森屋 (鶴岡/ケーキ)★★★☆☆3.58 ■予算(夜): ~¥999

温泉後は鶴岡駅前にある「フルーツショップ青森屋」に立ち寄りました。山形県と言えばフルーツ王国です。

20150824-月山_0513.jpg

果物販売と共にカフェが併設していて、山形ブランドの果物を使用したフルーツタルトやゼリーを買うことが出来ます。

  • 庄内産「やよいひめ」のいちごみるくのタルト
  • 「シャインマスカット」とやまきく農園「アンデスメロン」のタルト
  • 山形さくらんぼ「佐藤錦」のタルト

上記のようなフルーツタルトを買い、帰りの車内で食べました。いずれも400円~500円ほどで、フルーツの甘みが強く新鮮、たいへん美味しかったです。余裕で5,6個食べられる。

20150824-月山_0523.jpg

20150824-月山_0526.jpg

Saku兄の「日本海側の回転寿司はうまい」という理論により、17時の開店待ちをしての食事。

ここは日本海側の山形県鶴岡で、今日中に関東に帰られないといけないという使命は頭の片隅に追いやられています。

20150824-月山_0530.jpg

鶴岡からの都内に帰るのに内陸を通るより、上信越道の方が混まないだろうということで、新潟県を経由して帰りました。

狙ったわけではありませんが、日の入りの時間帯に海沿いの国道7号線を走りました。新潟県の日本海側を走っている国道は「日本海夕日ライン」と名が付けられています。

20150824-月山_0533.jpg

新潟と秋田を結ぶ羽越本線(うえつほんせん)と並走します。日本海の夕陽を眺めながら電車の旅とか心ときめくなあ。

20150824-月山_0540.jpg

道の駅「しゃりん夕陽のあつみふる里物産館」で夕陽が日本海に沈むのを眺めます。時間が限りなくないというのに…。

夕日の沈む時間帯になると街にアナウンスが流れていました。

20150824-月山_0550.jpg

8月の終わりに見る夕陽は胸に沁みます。

夏の曲と言えばアゲアゲなポップチューンが多いですが、井上陽水の「少年時代」を象徴とするような夏の終わりを切なげに歌う曲の方が多いように思います。

20150824-月山_0556.jpg

黒歴史写真

エアコンの効いた部屋の中が好きですが、ひとたび外に出て、移り変わる夏を肌で実感すると「夏が終わっちゃうな」と心の中に棲んでいる何かが、否応なしに感傷のスイッチを入れます。

月山_(saku)_0003

関東に住む人間からすると海に沈んでいく夕陽を見るには、遠方まで旅をしないと見ることが出来ないので、とても貴重な時間だと思います。

20150824-月山_0573.jpg

夕焼けに染まる日本海を眺めながら、上信越道に乗り、新潟県、群馬県、埼玉県を経て、東京また神奈川へと帰っていくのでした。

月山の登山を終えて

20150822-大曲花火大会-0405.jpg

月山_0005

月山_0002

20150824-月山_0560.jpg

20150824-月山_0268.jpg

月山の弥陀ヶ原から登るコースは穏やかで本当に登りやすいコースでした。

今度は月山を登るとすれば、湯殿山から修験道の険しい道を歩き、山頂の小屋で宿泊、翌日は弥陀ヶ原へと降りる縦走ルートを考えています。

20150824-月山_0317.jpg

日帰りで比較的容易に登れますが、いくつもの表情を持っているので、時間をかけて、ルートを変えて、登るべき山だと思いました。

3度目なので簡略的に書こうと思いましたが、なんだか長くなってしまいました。

夏をギュッと詰め込み、夏の終わりを感じる旅でした。

月山の地図はこちら

『【山形】月山 登山 ~ 弥陀ヶ原の日本海と庄内平野の風景、真夏のピークが過ぎ去る旅』へのコメント

  1. 名前:szk 投稿日:2017/07/01(土) 17:53:02 ID:b222758f7 返信

    お久しぶりです。相変わらず楽しく読ませてもらっています。
    僕はVERYBLUEさんの記事がきっかけで、東北の山に興味を持つようになり、今年に入ってから、磐梯山、早池峰山に登ってきました。
    そして僕が今一番登りたい山が、この月山です。穏やかな高層湿原に、山頂に鎮座する天空の神殿。できることであれば、今年中に行きたいです。
    そんな僕は、先日足を骨折し、このハイシーズン前に戦線離脱を余儀なくされました。
    仕方なく最近は、今まで登った山の記録で慣れないブログを書いてみたり・・・。
    最近のVERYBLUEさんの記事は、より芸が細かくなられてて、笑わせてもらってます。
    次の更新も楽しみです。

    • 名前:veryblue 投稿日:2017/07/03(月) 21:49:37 ID:4384adf5d 返信

      >szkさん
      お久しぶりです。
      コメントありがとうございます。
      磐梯山は独立峰ながら退屈しない荒野の登山を楽しめ、早池峰山は蛇紋岩とハヤチネウスユキソウの山で、個性的な山ですね。
      東北はそれぞれの特徴をもっているが魅力的です。

      しかし、骨折されてしまったのですね…。
      とても残念です。
      カルシウムと小魚を毎日とって骨折前より丈夫になり、1日も早い回復を祈っております。

      月山は本当に素晴らしい山です。庄内地方の雰囲気も素晴らしいので、是非行ってみて下さい。

  2. 名前:匿名 投稿日:2017/07/04(火) 21:08:29 ID:963e11290 返信

    すごい〜まるで私の為にあるような登山道ではないですか!
    緩やかな登りで爽やかな山景色、あっと言う間の山頂到着…
    本当ですか!と飛びつきたくなる情報です。(o^^o)
    月山は前々から行きたかった山だけれど、このコースが一番ラク…もとい、一番気持ちよく登れそうなコースだと思いました。(^^)
    山形は小野川とか蔵王とか温泉も沢山あるし温泉旅行も兼ねて登るのにぴったりですよね。
    veryblueさんのブログは楽しいし参考になります。
    ちなみに自分は先日、山梨県の日向山に登ってみました。
    予想してたより大変だったけれど、山頂に着いた時は…☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆
    他の方たちも到着すると皆感嘆の声をあげていましたよ。(^^)
    あんまり有名ではないみたいだけど、良い山ですよね。
    また素敵な写真とブログ楽しみにしています!

    • 名前:veryblue 投稿日:2017/07/05(水) 00:11:44 ID:0b4fab8f1 返信

      コメントありがとうございます。

      今回利用した登山道は山頂に着いた時「あれ?こんな緩いまま終わっていいの?」と思い、頭に疑問符が浮かびました。
      展望も良く、樹林帯フリーで爽快です。

      山形は内陸部と日本海側で距離が離れているので、どちらかにまとめたほうが良いかと思います。
      クラゲで有名な加茂水族館など観光の名所ですねえ。

      日向山はコースタイム短さのわりに特徴的な山ですね。
      自分もまた行きたいと思っている山です。

      またのコメントお待ちしております!!!!