ブログのデザインを修正しました

【丹沢】三国山~不老山 登山 ~ 三県県境を行く、看板アーティストの作品展の旅

IMG_9100

2013年11月9日

富士外輪山の三国山(みくにやま)から西丹沢の不老山(ふろうさん)まで縦走しました。

三国山はその名の通り、山梨県、静岡県、神奈川県の三県の県境になっています。そこから静岡県と神奈川県の県境上の尾根を進むと不老山に到達します。

メジャーな山が続いたので久しぶりにマイナーな登山です。

33-IMG_8986

男のこだわりは誰にも理解されないものです。

三県県境は自分の中でひとつ抑えておきたいコレクションなのです。有名どころですと雲取山が東京都、埼玉県、山梨県の県境です。他には奥秩父の甲武信岳や北アルプスの三俣蓮華岳などが挙げられます。

今回はその三県県境上の山としては、比較的にアクセスしやすい三国山へ、久しぶりのぼっち登山で旅してきました。

三国山~不老山 登山

02-IMG_8896

先に結論を行っておくと天気は曇天。ルートもあまり展望のきかない樹林帯と地味なので、さらっと紹介しようと思います。

新宿バスターミナルから高速バスで終点山中湖の平野バス停にやってきました。セブン-イレブンが隣にあるのは嬉しいところ。

03-IMG_8898

山中湖周辺は観光地で、紅葉真っ盛り。

ツーリングする車やバイクで溢れていました。そんな中一人ザックを背負って登山口まで向かってとぼとぼ歩いているのは自分だけです。

04-IMG_8899

キャンプ場やコテージの隣を歩くわけですが、みんなきゃっきゃして楽しそう。

なのに私は三県県境を目指し、紅葉綺麗だなーと呟きながら413号を歩く。

06-IMG_8903

山中湖周辺の紅葉は素晴らしいので、また何かしらの機会に訪れたいです。

富士山はどこだろう。

07-IMG_8906

なんの木かわからないが赤い紅葉が綺麗。

08-IMG_8910

三国山ハイキングコース入り口に到着です。

さぁ、ここからは登山客しかいないぞ。

09-IMG_8915

久しぶりの独り。孤独に負けないように気をしっかり持って歩き始めます。

10-IMG_8921

序盤は樹林帯に入ります。

11-IMG_8923

落ちている葉っぱがアートだ。

12-IMG_8924

枯れかけの花。

13-IMG_8928

結構歩いている人がいるのにびっくりです。

そして、宿敵クラブツーリズムの団体も歩いていました。きっと「富士山の眺めが抜群!お手軽トレッキング」みたいなツアーなのでしょうが残念ながら肝心の富士山が見えませんね。

14-IMG_8932

15-IMG_8934

樹林帯を抜けるとすすきだけが生えているエリアになります。

16-IMG_8938

眼下に広がる山中湖。カラマツの紅葉が凄い。

青空と眼前にそびえる富士山は脳内補正をかけるしかありません。

17-IMG_8942

パノラマ台の駐車場からは階段。完全なお手軽ハイキングコースですね。晴れてれば。

18-IMG_8945

ずんずん進みます。団体がたくさん登っています。

19-IMG_8947

鉄砲木ノ頭(明神山)に到着です。

団体が記念撮影をしていました。

20-IMG_8949

撮影ポイントの前では撮影が終わったら、ちょっと空気を読んでどいて欲しいと思ったり。

カメラの設定がとかいって立ち止まってるんじゃない・3・

21-IMG_8950

標高1291mと意外と標高があります。

三国山方面へ向かいます。

22-IMG_8955

樹林帯を進みます。

23-IMG_8956

道路が見えてきました。

24-IMG_8959

三国峠に到着です。

ここは静岡県と神奈川県の県境です。

25-IMG_8966

さらに20分ほどの山を登ります。

標高1000m地点はすっかり紅葉は終わっていて、落ち葉の絨毯と化していました。

これが滑る滑る。

31-IMG_8978

三国山に到着です。

28-IMG_8971

この1点こそが静岡県、山梨県、神奈川県なのです。日本に一つだけしかないんですよ。

そう考えると昂ぶるものがありませんか?…ないですか。

29-IMG_8974

滋賀県出身のひこにゃんがこの三県をまたぐ。

26-IMG_8968

三国山はあまり丹沢という感じはありませんが、丹沢なんですね。

学生らしき3人組がメジャーやでっかい定規やら計測する器具を持って何か作業をしてたけどなんだったんだろ。専門用語だらけで会話が意味不明だった。

32-IMG_8981

なんだかんだ12時を回っていたのでカップラーメンで腹ごしらえ。

27-IMG_8969

ここから神奈川県と静岡県の県境を歩き、不老山を目指します。

34-IMG_8989

紅葉が残っていたら結構派手なんじゃなないかと思わせる道です。

35-IMG_8992

途中ブナ林がありそこは真っ黄色に紅葉していました。

36-IMG_9003

ちょっと一息。

37-IMG_9005

また、舗装道に出ました。

38-IMG_9007

先ほどの三国峠は静岡県と山梨県の県境。ここは静岡県と神奈川県の県境。

39-IMG_9008

明神峠を目指します。

看板に足柄の象徴である金太郎のオプション付き。

40-IMG_9011

小田原方面の景色が広がりました。ガスっていてアレですけど。

41-IMG_9012

42-IMG_9014

つい最近に遭難した人がいるとか…。

44-IMG_9017

ちなみにこの尾根は富士箱根トレイルのコースになっているようです。そういえば2組ほどすれ違いました。

43-IMG_9016

アップダウンは少なくどちらかと言うとくだり。

45-IMG_9018

稜線上の初めてのポイント明神峠。

46-IMG_9019

ここの金太郎はまさかりだけ持ち去られていました。

47-IMG_9021

若干、相模湾が見える。

48-IMG_9024

謎の祠がありました。

49-IMG_9027

鉄塔の下を通った時のお決まりの撮影。

50-IMG_9031

杉林とブナ林が交互に繰り返されます。

52-IMG_9048

そして、何故かここからは看板のデザインが手書きでやたら凝っています。

53-IMG_9049

この山域に看板職人がいるみたいです。

54-IMG_9051

明神山かなこれ?

55-IMG_9071

落ち葉で滑るためかロープが張っている箇所も。

56-IMG_9078

全く変化のない風景。ここで老夫婦とすれ違いましたが、それ以降全く人とすれ違うことはありませんでした。

57-IMG_9089

マニアックすぎるのか…。

58-IMG_9095

ちょいちょいアップダウンがあるので、地図で眺めるよりちょっとキツイ。

59-IMG_9099

ようやく不老山らしき山が見えてきました。

60-IMG_9103

直接、ペイントされているだけなのであまり読めなかったり。

61-IMG_9104

62-IMG_9115

65-IMG_9140

樹下の二人とタイトルが付けられている木がありました。

安達太良山と何か関係があるらしい。

63-IMG_9134

樹下の一人。

もう泣いてもいいんじゃないか。

64-IMG_9139

結構、消耗するので水がとぼしくなってきたので節約モードです。

66-IMG_9144

軽々と攻略して明るいうちに帰れると思っていたんですけど…。

67-IMG_9150

クイズなんかも書かれていて、益々情報量が多くなる看板。

68-IMG_9159

69-IMG_9160

この看板に至ってはもはや絵だ。

70-IMG_9170

不老山への最後の登りです。

1-IMG_9185

不老山に到着です。

展望は全くありません!あっても富士山なんて見えないわけですけど。

71-IMG_9180

山頂は意外と広いです。

人気の山と聞いていたんですけど、この展望のなさは…。

72-IMG_9186

さて、下山です。県境尾根コースで御殿場線の駿河小山駅を目指します。

駅前には温泉もあることだし素早く降りて、さっぱりして帰りたいわけで。

73-IMG_9187

県境尾根は看板の主いわく一推しの下山路だそうです。

この「一推しの下山路」という単語に一人ツボに入ってしまった。

74-IMG_9190

かなり短い間隔で看板が置かれています。

75-IMG_9191

不老山への愛が詰まっていますね。

76-IMG_9195

 

77-IMG_9204

見どころがある道ではないのですが、むしろこの看板が見どころですね。

78-IMG_9206

詩まで書かれている。

79-IMG_9210

きのこ。

80-IMG_9215

全部読んでいたら遭難するくらいに文章が書かれています。

81-IMG_9216

鳥の解説も丁寧。

82-IMG_9217

もはや関係があるのか?

83-IMG_9218

ちょっとした坂にも名前が付けられていたり。

84-IMG_9219

看板の形もいちいち調整して切っているらしい。手が込んでいる。

IMG_9205

道標が破壊されたことに対し、天人レベルで怒っている模様。

一般人が無駄に破壊するとも思えないし、行政の人が撤去したのでは?88歳と80歳の老後の楽しみなのだろうか…。

85-IMG_9220

看板のせいで長く感じたがようやく下山です。

87-IMG_9225

10時50分に山中湖を出発し、16時50分に下山です。

88-IMG_9227

東名高速道路の下をくぐると西丹沢の山を降りてきたって感じがしますね。

89-IMG_9228

マスコットキャラクターがちょっとラリっちゃってます。ここに子供を預けて大丈夫なのか。

90-IMG_9230

最後の最後に例の看板がありました。

不老山に登れば百まで健康らしいです。

91-IMG_9231

健康福祉会館ふじみセンターで汗を流します。

が、温泉はもう営業していない模様…。なんてこった…。大野山の帰りに寄った温泉に立ち寄ることにしました。

92-IMG_9235

駿河小山駅の街をとぼとぼと歩きます。お腹が減っていたので、なにか食べて帰ろうかと思いましたが、これといって店がなかった。

駅前の売店でオロナミンCを購入してリフレッシュ。

93-IMG_9237

御殿場線ホーム。

94-IMG_9242

山北駅で降り、さくらの湯に入りました。ここには不老山で全然見かけなかった登山客が結構いてホッとしました。

95-IMG_9249

温泉に入った後は、湯冷めしないように時間を調整しながら山北駅へ。

小田急線で家路に着きました。

三国山~不老山の縦走を終えて

51-IMG_9040

どうでしたか?歩いてみたくなりましたか?

ちょっとマニアック過ぎますけど、晴れていれば富士山の大展望が最初っから望めます。三県県境に立つというのは完全に自己満足でありますが、県境をまたぐ登山というのも一つ達成感があります。昔はそれこそ国境だったわけですからね。

振り返ると関東近郊の登山は、3月下旬に行った同じく大楠山ぶりでした。

11月は高山では雪が降り始め、低い標高の山では紅葉最盛期なので、近場の山を巡るのが良いですね。

丹沢の地図はこちら

コメント