紅葉登山の記事一覧はこちらをクリック

【熊本】阿蘇山 登山 ~ 地球むき出しの風景、噴煙に追われ日没に迫られる旅

2014-05-05_01647_九州登山旅行.jpg

2014年5月5日

熊本県にある阿蘇山(あそさん)に行ってきました。標高は1592mです。

阿蘇山というのは、火山活動で形成された凹地であるカルデラと外輪山を含む全域のことを指します。カルデラ内部にある高峰のことを阿蘇五岳と呼び、最高峰は高岳(たかだけ)です。

DSC_0699.jpg

GW九州登山の旅2日目。

仙酔峡(せんすいきょう)の登山口から中岳と高岳の周回するコースを歩きました。3時間弱と短いコースにも関わらず、地球をむき出しにしたような地形と噴煙立ち込める火口がまるで別の惑星を歩いている気分になりました。

想定外のアクシデントが発生し、非常に緊迫感のある旅になりました。

※後述しますが、現在は登山規制されており歩くことができません

阿蘇山登山

DSC_0648.jpg

 

 

 

 

「おいおい、晴れてるじゃねーか!!!」

 

 

 

 

2014-05-05_01324_九州登山旅行.jpg

2日目の午前中は阿蘇から宮崎県に移動し、高千穂峡(たかちほきょう)を観光していました。

朝から阿蘇山に登る計画でした。前日の夜中から雨が降り出し、朝になっても小雨が降っていたので、登山を中止して観光に切り替えました。

2014-05-05_01484_九州登山旅行.jpg

天岩戸(あまのいわと)神社など定番の観光スポットを回ってから、再び阿蘇に戻ってくると雲は薄くなり、太陽の光が草原に差し込んでいました。

急いで荷物が置いてあるユースホステルに戻り、登山準備を開始して登山口を目指します。

【観光】神話の町「高千穂」、ゴールデンウィークの高千穂峡と天岩戸神社を巡る

DSC_0663.jpg

ユースホステルから阿蘇山の高岳の登山口がある「仙酔峡(せんすいきょう)」はすぐ近くで20分も掛かりませんでした。

途中のモスク的な宗教施設が目立つ。

2014-05-05_01538_九州登山旅行.jpg

登山口に到着したのはなんと16時を回っていました。

2014-05-05_01558_九州登山旅行.jpg

下山者とすれ違う中、「仙酔峡インフォメーションセンター」に登山届けを提出します。

コースタイムは短く、ぐるっと周回して3時間ほどです。5月初旬の日照時間から考え、19時を回っても残照で降りられる算段です。

2014-05-04_00245_九州登山旅行.jpg

九州2日目の登山開始です。1日目は九重山ということで連日の火山登山です。

【大分】九重山(久住山) 登山 ~ 荒涼とした火山群、九州の雄大な大地を感じる旅
2014年5月4日 大分県にある九重山(くじゅうさん)に行ってきました。標高は1791mあります。 九重山は標高1700m級の山々が連なる火山群の総称です。九州で一番高い山は屋久島の宮之浦岳ですが、九州本土の最高峰は九重山の中岳(なかだけ)です。ややこしいことに「九重山」と「久住山」と表記が2つあります。全体が九重山であり、連山の一つの山を久住山と呼ぶのが一般的です。 多くの登山道があって、広域なテント場や山小屋もあることから、九州一登山バリエーショ...

2014-05-05_01569_九州登山旅行.jpg

登山道入り口に少しだけミヤマキリシマが咲いていました。

今年は開花が少し遅れているようで、ほんのちょっとでした。

阿蘇山の地図

阿蘇山のルートをご紹介。

仙酔峡→火口東展望所→中岳→高岳→仙酔尾根→仙酔峡

2014-05-05_01591_九州登山旅行.jpg

無謀な登山開始時間ですが、九州にきて阿蘇山に登らないというのは、ガリのない回転寿司みたいなもんです。例えが下手なのは仕様。

登山口から植物は少なく、岩肌しかない異様な景色です。

2014-05-05_01593_九州登山旅行.jpg

阿蘇山は活火山です。

特に高岳の周回コースは噴火口にかなり接近します。「火山ガスの対処方法」の看板が立っていました。

2014-05-05_01598_九州登山旅行.jpg

荒涼とした岩の斜面にコンクリート舗装された道があります。これがなかなか傾斜がきつくて登るのが大変です。

ただでさえ観光疲れ、前日の登山疲れがあるというのに。

2014-05-05_01600_九州登山旅行.jpg

植物が一本も生えていない山肌が新しい火山という印象。

2014-05-05_01608_九州登山旅行.jpg

同じ火山である九重山とはまるで違います。

地球とは思えない光景ですが、むしろ新しい山が生まれて間もない剥き出しの姿。

2014-05-05_01614_九州登山旅行.jpg

仙酔峡ロープウェイは2011年に運行停止しているので、足で登るしかありません。

単独で下山している3名程度とすれ違いました。こんな時間に登ろうと考えるのは自分達だけのようです。

DSC_0680.jpg

ロープウェイの頂上駅は完全に廃墟になっていました。

2014-05-05_01625_九州登山旅行.jpg

塗料が剥げた外観、割れたガラス、錆びた格子。

その筋の人(廃墟マニア)にとっては垂涎ものではないでしょうか。

2014-05-05_01626_九州登山旅行.jpg

内部をじっくり見学したいが、日没も迫っているし、なにより危険だろう。

2014-05-05_01629_九州登山旅行.jpg

見通しの利く火山なので高度感は抜群です。

財政難となって運航停止したので、当然撤去する費用も捻出できず、設備は残され続けるのでしょう。閉鎖されるスキー場もそうですが、経済成長期の残滓を撤去するのも大きな課題ですね。

2014-05-05_01630_九州登山旅行.jpg

ロープウェイ山頂駅からはバリアフリー構造(?)の歩道になっているので、今までの道より断然楽です。

2014-05-05_01637_九州登山旅行.jpg

噴火したときのための避難壕(シェルター)があります。浅間山にもありますね。

2014-05-05_01602_九州登山旅行.jpg

2014-05-05_01645_九州登山旅行.jpg

ここまで緑が一つも見当たらない火山は初めてかもしれません。

2014-05-05_01662_九州登山旅行.jpg

太陽がお目見えしました。

DSC_0659.jpg

一般的な阿蘇のイメージというと緑の草原が広がる景色ではないでしょうか。

草原があるのは阿蘇山の西側にある草千里ヶ浜です。こちら側も面白そうな登山道があるので、次回のお楽しみというところです。

2014-05-05_01674_九州登山旅行.jpg

観光整備された道を進んでいきます。

奥まで行くと…。

2014-05-05_01668_九州登山旅行.jpg

阿蘇山の巨大な火口が見えました。

近っ!

そして、不安になる煙の量にビビる。普通なら草津白根山や蔵王山のようにエメラルドグリーンの火口湖が見えるはずでは?

2014-05-05_01689_九州登山旅行.jpg

煙の向こうは火口を見るための観光施設があります。

「阿蘇山の火山ガスはー」とのん気なアナウンスが聞こえてくるので、まあ安心です。

2014-05-05_01677_九州登山旅行.jpg

舗装道は途切れ、中岳まで伸びる登山道があります。

人一人が歩けるくらいの細さです。

2014-05-05_01684_九州登山旅行.jpg

2014-05-05_01688_九州登山旅行.jpg

地球にノミを刺して、ハンマーでがんがん叩くとこんな景色が作れるのでしょうか。

2014-05-05_01698_九州登山旅行.jpg

阿蘇山を象徴とする火口の尾根道。凄いところ歩いてる感。

2014-05-05_01714_九州登山旅行.jpg

岩と土しかありません。岩にうっすら苔が付着している程度。

2014-05-05_01739_九州登山旅行.jpg

2014-05-05_01744_九州登山旅行.jpg

徐々に青空が見え始めてきました。

下界の景色を眺めると途中から緑が広がっています。ここ九州の阿蘇でしか見ることの出来ない景色。

2014-05-05_01750_九州登山旅行.jpg

先ほどまで歩いていた舗装道。

ロールプレイングゲームのマップのよう。

2014-05-05_01772_九州登山旅行.jpg

歩いているときは良いのですが、写真で並べると少し退屈か。

2014-05-05_01781_九州登山旅行.jpg

そんなことは知ったことではないので、関係なく続けます。

DSC_0725.jpg

2014-05-05_01799_九州登山旅行.jpg

くまもんの本丸にひこにゃんが立つ図。

2014-05-05_01831_九州登山旅行.jpg

 

この稜線は登るべき岩がありすぎて進捗状況が全く動かない。

 

DSC_0724.jpg

2014-05-05_01885_九州登山旅行.jpg

火山にトトロは不釣合い。

DSC_0722.jpg

中岳に到着。標高は1509mです。

分岐があり、火口をぐるっと回る形で西側に行けますが、周回で戻る手段がないので縦走するしか手はないですね。

2014-05-05_01865_九州登山旅行.jpg

 

さて、最高峰である高岳を目指します。

 

 

 

しかし!!

想定外のアクシデントが発生!!!

 

 

 

 

DSC_0692.jpg

 

 

 

 

アナウンス「火山ガスの濃度が上がっています!お客様は直ちに避難してください!」

 

 

 

 

 

2014-05-05_01982_九州登山旅行-Edit.jpg

 

これアカンやつや。

 

火口西側にある施設のアナウンスは噴火警戒レベルが1段階上がったことを告げると避難を促すサイレンを鳴らし始めました。向こう側の連中は車で逃げることができるが、こちとら足で避難するしかない。

日没タイムリミットに加えて噴火レベルからの避難を強いられることになるとは…。

2014-05-05_01806_九州登山旅行.jpg

周回ルートの中間点である中岳を過ぎたあたりにいるため、慌てず高岳を経由して下山します。

2014-05-04_00247_九州登山旅行-Edit.jpg

先日の九重山から見た阿蘇山。

DSC_0686.jpg

本日はこちらから九重山を見ることはできませんでした。

2014-05-05_01896_九州登山旅行.jpg

2014-05-05_01904_九州登山旅行.jpg

阿蘇山の最高峰である高岳(たかだけ)に到着。

ここまで来ると第一火口から1.8キロほど離れたことになり、少し一安心。

2014-05-05_01895_九州登山旅行.jpg

3人ともエネルギー切れのため、麓のスーパーで購入した若鶏から揚げを補給(3食目)。

九州の唐揚げはどこで食べても美味しい気がする。

2014-05-05_01932_九州登山旅行.jpg

最高峰なのに三等三角点。

2014-05-05_01951_九州登山旅行.jpg

高岳から下山すると同時にガスに覆われる山頂。ギリギリセーフ。

火口から離れ、サイレンの音も聞こえなくなって来ると少し安心感があります。

DSC_0746.jpg

仙酔尾根の分岐点に到着しました。

ここでまさかの若いカップルの登山者に遭遇。高岳直下の小さな火口を降りていきました。月見小屋に泊まるようです。

DSC_0716.jpg

分岐点の先にある「天狗の舞台」という場所が気になるとこですが、時間も迫っていることでカットします。

ユースホステルのおばさんがおススメしていた場所だけに残念。

DSC_0741.jpg

仙酔尾根をくだります。

単調であることから通称「バカ尾根」とも呼ばれているらしい。九州の大倉尾根(神奈川県の丹沢にある塔ノ岳の登山コースの一つ)ということですか。

2014-05-05_01988_九州登山旅行.jpg

2014-05-05_01968_九州登山旅行.jpg

砂利道の急斜面で、滑るので危険です。

雨上がり直後さらに滑って危なそう。

2014-05-05_01994_九州登山旅行.jpg

2014-05-05_02009_九州登山旅行.jpg

浮石だらけで難儀しました。

2014-05-05_01999_九州登山旅行.jpg

そして、徐々に日が暮れてまいりました。

DSC_0782.jpg2014-05-05_02006_九州登山旅行.jpg

九州で販売されているサントリーの天然水は「南アルプスの天然水」ではなく「阿蘇の天然水」です。

ちょっとしたカルチャーショックです。

2014-05-05_02018_九州登山旅行.jpg

振り返ると山頂が雲に覆われていました。

かなりのコアタイムに登れたのではないでしょうか。前日の雨予報かつ遅い時間だったので、ゴールデンウィークにも関わらず混雑なし。

2014-05-05_02021_九州登山旅行.jpg

結果、火山ガスの恐怖という代償はありましたけど。

2014-05-05_02023_九州登山旅行.jpg

バカ尾根という通称通り、岩を降りる作業を繰り返し、尚且つ風景が変わらないので降りている気がしません。

尾根の左側は全てミヤマキリシマのようです。

2014-05-05_02031_九州登山旅行.jpg

19時6分になんとか日没前になんとか下山完了。

2014-05-05_02039_九州登山旅行.jpg

少しだけ咲いているミヤマキリシマ。

2014-05-05_02041_九州登山旅行.jpg

2014-05-05_02044_九州登山旅行.jpg

3時間という短い周回コースでしたが、惑星旅行でもしてきたような異世界を楽しむことができました。

2014-05-05_02046_九州登山旅行.jpg

最後の最後に見たオレンジと赤が混じりあったような情熱的な夕焼け空は、「火の国」阿蘇の空気感を表現しているようでした。

2014-05-05_02048_九州登山旅行.jpg

町に戻ってくる頃にはすっかり真っ暗。

http://www.aso-aso.com/018hot_spring/yumenoyu/

阿蘇駅前にある阿蘇坊中温泉「夢の湯」にやってきました。料金は400円です。

2014-05-05_02049_九州登山旅行.jpg

道の駅が近いので、中は結構混雑していました。

入浴中にレンタカーの室内灯が点いているという館内アナウンスがあり、中途半端な状態で一度車まで戻りました。今日はこんなんばっかだな。

2014-05-05_02054_九州登山旅行.jpg

宿泊しているユースホステルは温泉からすぐ近くにあります。

ここを拠点にして本当に動きやすかった。

2014-05-05_02053_九州登山旅行.jpg

内部はこんな感じです。

2014-05-05_02056_九州登山旅行.jpg

共同の部屋は雑然もいいところ。

2014-05-05_02061_九州登山旅行.jpg

夕ご飯は、登山前に寄っていたスーパーで買っていた食材で自炊します。

九州に来てすごい楽しみにしていた馬刺しをブロック買いし、スーパーの奥にある肉コーナーで切ってもらいました。

2014-05-05_02057_九州登山旅行.jpg

2014-05-05_02063_九州登山旅行.jpg

高千穂で食べた高千穂牛が衝撃的な美味しさだったため、熊本県産の和牛を購入して焼肉。

2014-05-05_02064_九州登山旅行.jpg

同じく高千穂峡で食べたチキン南蛮がすごく美味しかったので購入。

2014-05-05_02067_九州登山旅行.jpg

肉肉しい。

ピーマンは熊本産、映っていませんが夏みかんも熊本産なので熊本尽くしです。旅に出て地元スーパーで食材を購入し、自炊するスタイルはこれからも取り入れて行きたい。

DSC_0799.jpg

2日目も1日目に劣らず充実疲労困憊の1日でした。食事を終えて、洗物をしたら23時を回っていました。

3日目は観光で宮崎県を訪れ、祖母山に登ります。

【九州】祖母山 登山 ~ アケボノツツジ満開、光差し込むせせらぎと新緑の原生林の旅
2014年5月6日 宮崎県、大分県、熊本県にまたがる祖母山(そぼさん)に行ってきました。標高は1756mです。 九州の中央部に位置する九州山地の北部に位置する祖母・傾山群の最高峰です。宮崎県の持つ南国イメージとは程遠い山奥にあります。 GW九州登山の旅3日目。 北谷登山口からの周回コースを歩きました。 今回の旅において、祖母山の優先度は低いものでした。九州と言えば阿蘇山をはじめとする火山が見所で、祖母山のような山は本州にもあるし、...

阿蘇山の登山を終えて

2014年8月に阿蘇山の噴火警戒レベルが2に上がり、中岳火口1kmに登山規制がされています。よって、現在(2015年3月時点)では記事にしたルートの登山ができないようです。仙酔尾根から高岳のピストンは可能のようですが、万全を期するなら登山は控えた方が良いかと。

阿蘇市ホームページ
熊本県阿蘇市の公式ホームページ

阿蘇山の警戒情報は阿蘇市のホームページをご覧ください。

DSC_0751.jpg

広大な中央に位置する火山本体だけではなく、広大な外輪山と内部に広がる町を含め阿蘇山です。短い周回コースを歩いただけでは、阿蘇山を楽しんだとは言えないので、今度来る時は観光も含めてじっくりと阿蘇山を味わいたいと思いました。

2014-05-05_01791_九州登山旅行.jpg

九州を代表する阿蘇山に幸運にも天気が急変し、登ることができて満足の2日目になりました。

3日目は祖母山に向かいます。二日連続の火山歩きで、足にだいぶ疲労がありますけど…。

阿蘇山の地図はこちら

コメント

  1. 赤のウェアはなんか違和感がありますね。

    • >だのんさん
      火の国である九州をイメージしたコーディネートです。

  2. […] 【九州】阿蘇山 日帰り登山 ~ 地球むき出しの風景、噴煙に追 … 2014-05-05_01324_九州登山旅行.jpg. 2日目の午前中は阿蘇から宮崎県に移動し、高千穂峡(たかちほきょう)を観光してい […]