ブログのデザインを修正しました

【東北】会津駒ヶ岳 日帰り登山 ~ 雨上がりの尾瀬、梅雨晴れの山頂と雪原の旅

会津駒ヶ岳_01

80歳の三浦雄一郎さんがエベレストを登頂するニュースが話題になりました。

初登頂。

初登頂したという記録は、世界中にその名声が響き渡ります。特にヒマラヤなどの6000mを越える未踏峰の山です。一度初登頂された山の記録は形を変えていきます。難ルート、無酸素、単独、厳冬期等の過酷な条件で山頂を目指す記録に移り変わります。今回はその条件が「年齢」といったところに焦点が当たりました。

標高8848mのエベレストは世界一高い山ということだけあり、新しい記録に挑戦する人がこれから続くのではないでしょうか。

最年少と最年長の記録更新もそうですけど、何回エベレストに登ったかという登頂回数記録も誕生しそうです。日本でも富士山、谷川岳、男体山などの山で登頂記録に挑戦中の人がいるようですし。日帰りでエベレストに登頂や山ガールだけのエベレスト登頂なんて日が来るかもしれません。

数百年後には登山装備の技術も進歩して、裸で登頂とか言う日も来るかもしれません。まぁ、山頂で裸になるって人なんていませんね。

月面より到達が遅かったエベレストは既に登頂されています。これ以上にインパクトのある記録を目指すには、エベレストよりも高い地球以外の惑星の山に登るか海底の山脈に登るしかありませんね!

1000年後の登山は誰でもエベレストに立てる時代になっているのでしょうか。

会津駒ヶ岳_02

福島県の南西にある会津駒ヶ岳(あいづこまがたけ)に行って来ました。

一般的な尾瀬のイメージがある湿原や花畑が広がっているエリアからは少し離れた場所にある山です。尾瀬国立公園に指定されたのは、2007年になります。山頂に広がる草原と高山植物、池塘(ちとう)が有名な山です。

今回訪れた6月中旬の会津駒ヶ岳は、残雪で山頂が覆い隠されていました。

5月の至仏山に引き続いて再び残雪の尾瀬の旅スタートです。

会津駒ヶ岳_03

会津駒ヶ岳_04

3月下旬、栃木県の高原山(たかはらやま)に登った3人が再び集まりました。山頂に立った瞬間に上半身を脱ぐあの二人です。

今度もまた栃木県の更に奥地の山に登る計画が立ち上がったのです。

 

 

 

 

 

 

 

会津駒ヶ岳_05

 

 

 

 

 

はい、今回もこんな感じです。

 

 

 

 

 

 

会津駒ヶ岳_06

また宇都宮です。

土日で、帝釈山(たいしゃくさん)と会津駒ヶ岳に登る計画でしたが、土曜日の天気が悪く日曜日の会津駒ヶ岳だけの登山になりました。

土曜日の日中に宇都宮に集合し、尾瀬へ向けて出発です。

会津駒ヶ岳_07

鬼怒川温泉方面へと進みます。

途中、餃子の正嗣(まさし)にて昼食にしました。宇都宮の餃子店といえば、みんみんと正嗣の二大巨塔です。

会津駒ヶ岳_08

焼き餃子2人前と水餃子1人前を食べました。ちなみにこの正嗣はライスの提供はありません。餃子ONLYです。

古賀志山の帰りに寄った正嗣はライスがあったけど。

ああ、ライスが食べたい…

会津駒ヶ岳_09

鬼怒川温泉郷を抜け山間部に入ると、栃木の秘境である男鹿高原(おがこうげん)に入ります。

野岩鉄道会津鬼怒川線の男鹿高原駅は、関東屈指の秘境駅だとか…。

会津駒ヶ岳_10

川治ダムを越えたあたりで、土砂降りになりました。

宇都宮では晴れていたので、天気予報に逆らって帝釈山登っていればとぼやいていたのですが、登っていなくて正解でした。

帝釈山(たいしゃくさん)も会津駒ヶ岳と同様に山頂に高層湿原が広がる山です。栃木県内で一番気になっている山です。

会津駒ヶ岳_11

豪雨の中、福島県側からの尾瀬の拠点である桧枝岐村(ひのえまたむら)に到着しました。

登山用のテントを張るには豪雨がちょっと厳しいので、キャンプ場でバンガローを借りました。

「人が全然来ないから5000円でいいよ」

管理人のおじさんが通常8000円のところからだいぶ安くしてくれました。

会津駒ヶ岳_12

8000円なら躊躇するけど、雨風しのげてこのスペースが確保できれば万々歳です。

毛布や布団はレンタルできますが、寝袋とマットを持参していました。

会津駒ヶ岳_13

さぁ、男3人の豪華なディナーのはじまりです。

会津駒ヶ岳_14

材料は今市(いまいち)市内のスーパーで買いました。牛肉の品揃えが悪くて、豚肉しか買いませんでした。

ベイ○アめ…。

会津駒ヶ岳_15

男だけの料理に小細工は必要ない。切って、焼く。シンプルな焼肉です。

バンガローに屋根つきの小さなテラスがあったので、雨を凌げるので助かりました。

会津駒ヶ岳_16

〆はやはり焼きそばです。ごま油を少したらすのが好きです。

20時に男のバーベキューパーティーは宴もたけなわを向かえます。

 

 

 

 

バンガローのすぐ隣は崖っぷちになっていて、そこを流れる渓流と雨の降りしきる水の音を聞きながら眠りにつきました。

 

 

 

 

 

会津駒ヶ岳_17

2日目の朝。

男だけのなんの色気もないバンガローから外に出ると、朝靄と小雨が迎えてくれました。

絶好の登山日和です…。

尾瀬の早朝、寒いかと思ったら全然そんなことありませんでした。上に薄手のウェアを羽織るだけで十分でした。

会津駒ヶ岳_18

本日、尾瀬の天気予報は、引き続き雨です。

スマートフォンに映る傘マークに愕然としつつも準備を開始します。

会津駒ヶ岳_19

朝から辛めのチゲ鍋とチャーハン。

爽やかな朝とは裏腹のメニュー。胃袋が間違いなく仰天していることでしょう。

会津駒ヶ岳_20

朝食後、荷物をバンガローに残し、会津駒ヶ岳の登山口へ向け出発します。

会津駒ヶ岳_21

朝6時20分に会津駒ヶ岳の登山口駐車場に到着しました。

既に数台の車が停まっていました。ナンバーを見ると横浜から来ている車もありました。

会津駒ヶ岳_22

一番近い駐車場に停めることができたので、登山口までは歩いて2分です。

会津駒ヶ岳_23

会津駒ヶ岳_24

会津駒ヶ岳の登山口に到着です。

奥武蔵をフィールドにしているのぶさんにとって、東北の初舞台です。

会津駒ヶ岳_25

傘を差さなくても気にならない程度の小雨の中、山頂を目指して出発です。

会津駒ヶ岳の地図

会津駒ヶ岳のルートはこちら。山頂までまっすぐな登りです。

会津駒ヶ岳_26

入り口にあるこの階段。

40段~50段くらいで、この先に手すりのある階段は一切ありません。何故作ったのか…。

会津駒ヶ岳_27

階段を登りきると樹林帯の坂道に入ります。

会津駒ヶ岳_28

昨日の豪雨で登山道は泥だらけでした。

露で濡れ、白く輝く新緑を見ることが唯一の楽しみ。

会津駒ヶ岳_29

木々の間から見ることのできる景色は、雲に一面覆われています。

これは全く景色を期待できないのでは…。

会津駒ヶ岳_30

6月中旬の湿度は高く、風の通り抜けない樹林帯を登るのは、夏山以上に汗をかきます。

しかも、山頂までずっと登りが続くので、水分の消費量がいつもより多くなりました。

会津駒ヶ岳_31

白い花。

会津駒ヶ岳_32

変化もへったくれもない登山道をずっと登り続けること1時間弱。雪が出現しました。

会津駒ヶ岳_33

山頂直下にある小屋までの中間地点に到着しました。

水場への分岐があります。

会津駒ヶ岳_34

分岐点から少しくだると雪渓があり、その向こうに水場があるようです。

雪渓の下は水が流れているので、踏み抜いてしまうのが非常に怖いので慎重に渡ります。

会津駒ヶ岳_35

会津駒ヶ岳_36

水場らしいパイプ等はありませんでした。ワイルドに沢の水を汲みました。

会津駒ヶ岳_37

水場の隣に本日の高山植物「ショウジョウバカマ」が咲いていました。

会津駒ヶ岳_38

放射状に花弁が広がっているので花火のようです。

会津駒ヶ岳_39

水場の分岐点から山頂まで2.9キロあります。

変化がまるでない道なので、余計に長く感じてしまいます。

会津駒ヶ岳_40

中間地点から数分歩くと土の道は終わり、残雪の道になりました。

斜面は広く道がはっきりわからないため、木に括られているテープを確認しながら登ります。

会津駒ヶ岳_41

まったく天気がよくなる気配がありません。

会津駒ヶ岳_42

緩やかな斜面なのでノーアイゼンで登ることができます。

会津駒ヶ岳_43

雪の下に木が埋もれているので、迂回するのが大変です。

会津駒ヶ岳_44

会津駒ヶ岳_45

時折、青空が見えましたが、尾瀬方面だけ雨予報なのであまり期待できないのですが…。

前日に山頂にある駒の小屋に泊まったグループが数組降りてきたので、山頂の景色の具合を聞いてみました。

 

会津駒ヶ岳_46

山頂は雲に覆われていて、見晴らしは皆無との回答…。

会津駒ヶ岳_47

一部の夏道は露出していましたが、基本的に全部雪の下です。

会津駒ヶ岳_48

ちなみに前夜から皆、謎のテンションになっていました。

「俺たちは仲間だッー!!!」

「山頂についたら熱く語り合おうぜ!!!」

「俺たちは友達!いや、ファミリーだ!!!!」

みたいな少年ジャンプの主人公が叫びそうなセリフを大声出しながら歩いていました。

会津駒ヶ岳_49

山頂付近は一体は一面雪景色です。

会津駒ヶ岳_50

山頂直下は真っ白な雪原で、ポールが立っていないとまるで道がわかりません。

前日の豪雨でかなり薙ぎ倒されたようでしたが、下山する登山者の人が立て直していてくれたみたいです。

会津駒ヶ岳_51

登山を開始してから3時間ほどで駒の小屋に到着しました。

会津駒ヶ岳_52

山開き前でしたが、しっかり営業していました。

会津駒ヶ岳_53

会津駒ヶ岳_55

自分たちの奇声に対し、小屋番のおねえさんは「頭のイカれた連中がやってきた」と思ったようです。それからしばらく小屋番のおねえさんと一緒に缶チューハイをあおっている茨城から来たおにいさんと一緒に山トークに華を咲かせていました。

会津駒ヶ岳_54

熊の開き!

会津駒ヶ岳_56

駒の小屋から20分ほどで山頂です。ザックを小屋に預けて出発します。

会津駒ヶ岳_57

空は相変わらずのガスガス状態。

 

 

 

「ガスが深くて展望は期待できないけど、俺たちの絆は深まった!!!」

とかそんなことを言い合いながら登っていると…

 

 

 

 

 

会津駒ヶ岳_58

 

 

 

「お?」

 

 

 

会津駒ヶ岳_59

 

 

 

「おおお?!!」

 

 

 

会津駒ヶ岳_60

 

 

 

 

「うおおおおお!!!??」

 

 

 

 

 

会津駒ヶ岳_61

 

 

 

「ガスが晴れたー!!!!」

なんと言うことでしょう。先ほどまで深いガスに覆われていのですが、川の水のように流れ去ってくれました。僅か1分ちょっとのことでかなりビックリしました。

 

 

 

会津駒ヶ岳_62

雲の上にちょこんと現われたのは、尾瀬の燧ヶ岳(ひうちがたけ)です。

燧ヶ岳

5月に登った至仏山から見た燧ヶ岳。

左奥に会津駒ヶ岳。燧ヶ岳と比べて会津駒ヶ岳の白さが際立ちます。山頂が平たいからでしょうか。

会津駒ヶ岳_63

絶望的な状況から一転してこの好天。嬉しくないわけありません。

会津駒ヶ岳_64

雲が晴れ渡る光景に目を奪われていた間に既に本来の姿になっている「_さん」

晴れた瞬間、脳の電気パルスが「脱げ」と命令しているとしか思えません。

会津駒ヶ岳_65

ひとまず山頂を目指します。

山頂は意外なことに笹と松に覆われている場所にありました。

会津駒ヶ岳_66

会津駒ヶ岳山頂に到着です。

しかし、ここでは展望はないため更に奥へと進みます。

会津駒ヶ岳_67

会津駒ヶ岳から中門岳(なかもんだけ)へ続く道の方面はどこまでも雲海が広がっていました。

東北の会津磐梯山や飯豊山と言った山々は雲に隠れて見ることができませんでしたが、越後駒ヶ岳や平ヶ岳といった山々を眺めることができました。

会津駒ヶ岳_68

この稜線の向こうに中門岳があるそうですが、この時期だと標識はまだ雪に隠れているのでスルーしました。

夏であれば湿原が現れ始めるので、その時に訪れる機会があれば行ってみたいです。

会津駒ヶ岳_69

のぶさんも当然のように脱ぎました。

会津駒ヶ岳_70

会津駒ヶ岳_71

しばし、誰もこないこのポイントで遊びつくしました。

会津駒ヶ岳_72

!?

会津駒ヶ岳_73

夏までにちゃんと溶け切れるのかと思う程の雪の量です。

会津駒ヶ岳_74

再びガスが戻ってきたので、山頂に戻り記念撮影。

冬場だと山頂で僅か数分しか脱がない彼らですが、暖かい季節になると裸になって歩き回れるので楽しそうです。

会津駒ヶ岳_75

十分堪能したので小屋まで戻ります。相変わらず裸です。

のぶさんはお腹が冷えるいけないからとシャツを腹部に巻いています。

会津駒ヶ岳_76

下山途中に桜が咲いているのを見つけました。

まだまだ山頂は春なのです。

会津駒ヶ岳_77

会津駒ヶ岳_78

ゴールデンウィークに行った至仏山といい、完全に雪に覆われた印象しかない尾瀬。

湿原とそこに咲く花を見れる本来の尾瀬の姿を見ることができる日は来るのでしょうか…。

会津駒ヶ岳_79

半裸のまま小屋へ。

会津駒ヶ岳_80

道行く人にどう思われたかは知りませんが、熱い山頂ハントが終わりました。

会津駒ヶ岳_82

来たときには見えなかった山頂部が小屋からはっきり見えていました。

駒ヶ岳と名の付くわりには非常になだらかな斜面です。

僅か15分の晴れ間。

その奇跡のタイミングに出会え、東京から遥か遠くの尾瀬に来た甲斐がありました。

会津駒ヶ岳_83

下山を開始します。

「会津駒ヶ岳最高だったぜー!!!」

「会駒!Love駒!」

「イエス!!アイコマ!!!ラブコマ!!!」

会津駒ヶ岳_84

二人ともアイゼンを着用しましたが、なくても慎重にあるけば全然平気でした。

会津駒ヶ岳_85

残雪の斜面はそれはもうスイスイくだれます。わき目も振らず下っていたせいで、若干のコースアウトをしてしまい道を見失ったりもしました。

会津駒ヶ岳_86

ようやく下山完了。

標高が下がると同時に上がる湿気と気温の変化にくたくたです。

会津駒ヶ岳_87

再びバンガローに戻り、徒歩3分のところにある温泉へと出掛けました。

梅雨の蒸し暑さにやられたおかげで汗だくです。

会津駒ヶ岳_88

 アルザ尾瀬の郷

プールも併設している日帰り温泉施設です。キャンプ場のおじさんが割引券をくれたので、300円で入浴できました。内湯はなく大露天風呂があります。

近くを流れる沢の音を聴きながら入る露天風呂は、緑豊かな木々を眺めながらとても開放感がありました。

会津駒ヶ岳_89

会津駒ヶ岳_90

尾瀬言えば涼しい高原のイメージがあったのですが、湿気があるせいか半袖十分なくらいでした。

そんな中、余っていたインスタントラーメンで昼食。旅の最後に食べる食事がインスタントラーメン…。

会津駒ヶ岳_91

キャンプ場を後にして、栃木へと戻ります。

乾いたアスファルトと緑が濃い山を抜ける道は夏の気配を感じさせてくれました。

会津駒ヶ岳_92

途中の道の駅で買った蕎麦ソフト。

真夏日の尾瀬で食べる冷たいソフトクリームは、とても美味しかったです。蕎麦の味が非常に濃かった。

会津駒ヶ岳_93

東武線の下今市駅で「_さん」と別れ、のぶさんと共に帰宅の途につきました。

会津駒ヶ岳の登山を終えて

花と湿原の会津駒ヶ岳は、7月下旬から8月上旬の花盛りの時期がベストシーズンです。

うちの母親がこの会津駒ヶ岳に咲く「ハクサンコザクラ」を見たいとのことで、夏にまた来るかもしれません。

会津駒ヶ岳_94

僅か15分の貴重な晴れ間。

当日まで曇天もしくは雨の予報だったので、一瞬の展望を垣間見れて本当に幸運でした。

会駒!Love駒!

今度はちゃんと雪に埋もれた尾瀬ではなく、花と緑の尾瀬を堪能したいです。

会津駒ヶ岳の地図はこちら

山と高原地図 14.尾瀬 燧ヶ岳・至仏山 2013

コメント

  1. ふりかけ より:

    はじめまして!
    いつもブログ楽しく拝見させていただいてます!
    いきなりで申し訳ないのですが、登山の時など使ってるカメラはなんですか><?
    前の記事を見てみたらcanonEOS-kiss-x4とのっていたのですが。。。
    とても素敵な写真をいつもとっているので、参考させていただきたいです!
    これから登山の時キチンとしたカメラで取りたいと思っていて、初心者なので、参考までに教えていただけると嬉しいです><!
    長文でいきなりごめんなさい!!

    • veryblue より:

      >ふりかけさん
      はじめまして!
      コメントありがとうございます。
      こんな拙いブログを見てくださりありがとうございます。

      自分の使用しているカメラはまさに「Canon EOS kiss x4」です。レンズは主に標準レンズを使っています。
      後は心に磨かれた綺麗なレンズを持って…いや、なんでもないです。
      この記事では男の裸が写っていますが、それを素敵とは…。
      山で一眼レフカメラを持ち歩くのは大変ですが、その分他の人よりいい写真が撮れるような気がしなくもないです!
      写真の性能より、歩いているときにふと見つけた風景を切り取って絵にするそんな感性を身につけたほうがイイですよ!
      自分もそれが欲しいです…。
      では、もしよろしければまたコメント頂けると幸いです。

      会津駒ヶ岳

  2. GR より:

    お疲れ様です。
    今回、veryblueさんも新しい形態へと進化されたのですね。
    裸族、おめでとうございます。
    裸にカメラとか、パOツとか、やはり威力が凄まじく、目が離せません。

    珍しく天気がイマイチだったようですが、男の料理風景や山での様子、とても楽しそうです。
    燧ケ岳の写真が少しありましたが、私的には富士山よりもキツかった山です。紫色になった友人のくちびるが印象的な山です。(少しチアノーゼぎみだったのでしょうね。)
    アルプスなどの高い山々に登られているveryblueさんなら、軽い山かもしれません。服も脱いで自らも軽いかもしれません。
     私も北アルプスなどに挑戦したいなあと思っているので、過去の記事を参考にさせて頂きます。

    • veryblue より:

      >GRさん
      裸になるには体を鍛え上げないと様にならないので、日頃からの運動を頑張ろうと思います。
      またブログのベクトルが変な方向に向かないように気をつけます。

      天気は予報どおりに曇りでしたが、山頂で雲がさっーと流れ去る瞬間を見ることができたので満足しました。僅か15分だけの晴れ間でした。
      尾瀬の山は残すところ燧ヶ岳を残すのみになりました。
      来年当たりにちゃんと花の咲く時期に登りに行こうと思います。そんなキツい山なのですね…。

      会津駒ヶ岳

      北アルプスに行くならまずは自分が行った中では、乗鞍岳、焼岳、西穂高岳あたりがとっつきやすいと思います。
      燕岳も人気ですね。
      北アルプスの報告をお待ちしております。

  3. ジュナ より:

    お久しぶりです!
    東北の山も素晴らしいですね!!

    いつ見ても楽しそうでうらやましいですw
    最近、面白いDVDを見つけまして、ベア・グリルスの
    サバイバルゲームって知ってますか?
    もし見てなければ、ぜひおススメです^^

    • veryblue より:

      >ジュナさん
      お久しぶりです!
      東北の山は、全国の人が集まるアルプスと違って、地元の人が多く静かで好きです!
      ベア・グリルスの「Man VS Wild」は2年前くらいにはまりましたよ!
      虫でも腐乱した動物でもひょいぱくっと「重要なたんぱく源」として食べちゃう人ですね。
      久しぶりに見たくなりましたー。

  4. ada より:

    こんにちは、いつも楽しく拝見しております。
    VERYBLUEさんもついに脱いでしまいましたのですね。
    でも小さい写真というのが、まだ心までは裸になり切れていないようですね。
    そういえば私は先日、白馬岳へ登りました。
    すると山頂には上半身裸の若者が2~3人いました。
    山頂で裸になるのは、全国区になりつつあるかもしれません。

    • veryblue より:

      >adaさん
      こんにちは。
      いつも楽しく見て頂きありがとうございます。
      夏は人を解放的な気持ちにさせますからね。そりゃ、誰しも裸になってしまうのも頷けます。
      adaさんもサザンでも聴きながら開放的に山を楽しんで、「ひと夏の経験」をしてみては。

      会津駒ヶ岳山頂

  5. むらむら より:

    下今市駅・まさしの餃子下今市店、超地元です!(笑)
    夏の山は、都内では30℃を越える日でも残雪があって夏の雪って贅沢な気持ちが味わえるのが魅力ですね!
    栃木の山など、いいペースで山に登る機会のあるveryblueさんがうらやましいです!!この夏は、どちらへ登られる予定ですか?(≧∇≦)b
    余談ですが、7月中旬に武甲山ぼっち登山して参りました。修行でした(笑)

    • veryblue より:

      >むらむらさん
      下今市とは!
      自分にとって夏の山で感じる風や沢の水といった「涼」は、もはやなくてはならない存在です。
      アルプスや八ヶ岳などの各地の山を巡っても栃木の山の持つ雰囲気は、特別な思い入れがあるため好きです。

      会津駒ヶ岳の夏

      この夏は既に色々登ってはいますが、北アルプスの槍ヶ岳や立山など登ってみたいです。秋になったらまた栃木の山を登りたいです。
      7月の武甲山ですか…。暑さに結構やられたのではないでしょうか@x@;
      しかし、ロックアイスを入れた魔法瓶を山頂まで持って行き、炭酸のジュースを注ぎ飲むといつもの10倍おいしいですよ!

  6. bambootakatomo より:

    こんにちわ!会津駒ケ岳行ってまいりました!曇りの天気予報が一変、驚くほどの快晴になり、雪の残る会駒を堪能できました!
    そして会駒が好きになりました!高山植物の咲く時期や紅葉の時期も是非是非行ってみたいですね!駒の小屋のねーさんに次は泊りにきます!と、勢いよく声をかけるくらい天気と相まって素敵な登山となりました。中門岳の標識の所までいきました。中門への稜線が素晴らしかったです。燧ケ岳は勿論、至仏、日光連山、白根、平ヶ岳、苗場山まではっきりと分かりました~!夏には御池から燧ケ岳へ行きたいです~

    • veryblue より:

      >bambootakatomoさん
      こんにちわ。
      会津駒ヶ岳、天気に恵まれたようで良かったですね。
      自分はご覧のように消化不良だったので、また行きたいと思っています。
      駒の小屋は宿泊代も安く、ゆっくりとした時間が過ごせそうですよね!

      雪が解けたら、高層湿原を歩きたいです!