ブログのデザインを修正しました

南関東の山

スポンサーリンク
南関東の山

【神奈川】鎌倉アルプス 登山 ~ 桜舞い散る古都の小道、春の天園ハイキングコースの旅

2017年4月15日 神奈川県の鎌倉アルプスに行ってきました。標高は最高峰の太平山の159mです。修学旅行や都心からの小旅行で訪れる古都鎌倉ですが、街から少し離れたところは自然が存在し、「天園ハイキングコース」と名付けられたトレッキングコースが整備されています。
南関東の山

【伊豆諸島】三原山(大島) 登山 ~ テキサスハイキングコース、椿祭り開催中の離島日帰りの旅

2017年2月11日 東京都伊豆大島にある三原山(みはらやま)に行ってきました。標高は758mです。 伊豆大島は東京から最短2時間以内でアクセスでき、伊豆半島から25キロ程と身近な離島です。伊豆大島の中央に位置するのが三原山で、過去に何度も中規模噴火を起こしている活火山です。 海に囲まれた活火山、カルデラに広がる砂漠など、東京都の山であることを忘れる風景があります。 伊豆大島は2月から3月にかけての冬に咲く椿祭り(つばきまつり)が有名で...
南関東の山

【神奈川】曽我丘陵 ハイキング ~ 湘南の海と富士山が見える高台、初春の花祭りの旅

2015年2月11日 神奈川県の国府津・曽我丘陵をハイキングしてきました。 曽我丘陵(そがきゅうりょう)は神奈川県の平塚市と小田原市を分断する丘陵地帯で、JR国府津駅(こうづえき)から北西に伸びています。 標高200m程度の山が連なり、麓の曽我には梅林があり、2月中旬ごろに見頃を迎えます。 今回は本ブログの読者の方をSNS上で招き、総勢11名での祝日お手軽ハイキングです。 2月ど真ん中の冬ですが、里では徐々に花が芽吹き始め、春が始...
南関東の山

【伊豆諸島】天上山(神津島) 登山 ~ 海に浮かぶ天空の山、360度に広がる水平線の旅

2013年4月28日 東京都伊豆諸島の神津島(こうづしま)の天上山(てんじょうさん)に行ってきました。標高は標高571mです。 神津島は伊豆七島の1つで、天上山は神津島の最高峰である火山です。島独特の自然環境により、本州の山とは大きく異なる植生があります。また、山頂には砂漠が広がるのも特徴です。 登山を始めて、初の島への渡航です。日本全国には多くの島があります。登山で有名な島といえば、九州の屋久島や北海道の利尻岳です。しかし、自分が一番行きた...
南関東の山

【三浦半島】大楠山 日帰り登山 ~ 桜と菜の花が満開の三浦半島、春爛漫の山から海へ抜ける旅

もし、週刊少年ジャンプに登山漫画が連載していたら。 司会「さぁ、始まりました!第48回全国登山トーナメント!全国各地の予選を勝ち残った強豪チームの熱いバトルが今年も繰広げられます!!」 長野代表「ふん!大会3連覇中の我ら長野の優勝は今年も確定かな」 富山代表「また、長野とのツートップ争いになりそうだな。低いのは標高だけにしてくれよな。ははは。」 北海道代表「羆(ひぐま)を退けたと呼ばれる部長の前にはみな平伏すことになるだろう」 岩...
南関東の山

【千葉】鋸山 登山 ~ 長い紅葉の旅も千秋楽へ、関東のどこよりも遅い秋の旅

2012年12月1日 千葉県房総半島にある鋸山(のこぎりやま)へ行ってきました。 標高は329mと低いのですが、登山の持つ面白さ要素がぎゅっと詰まった山でした。千葉県の房総半島は関東で一番早く春が訪れます。それは即ち、秋が一番遅く訪れる場所ということです。 一つの地域で紅葉と言うのは1週間ほどで見頃が終わってしまいますが、標高や経度緯度を変えれば長い期間楽しむことができます。約2ヶ月に渡り紅葉前線を追いかけてきましたが、この房総半島で最後を迎...
南関東の山

【房総半島】伊予ヶ岳・富山 日帰り登山 ~ 東京湾を船で渡り、関東のどこよりも早い春の旅

2012年3月11日 千葉県の南部、房総半島にある伊予ヶ岳(いよがたけ)と富山(とみさん)に行ってきました。 この山は、以前から行ってみたいと思っていました。目的地までの交通機関に不安があったのと、低い里山なので誰もついてきてくれないんじゃないかと思い、一人ふらっと行ってきました。 房総半島は関東で一番早く春が訪れる場所ではないでしょうか。 ここ最近は雪山が続いて、ふかふかの雪道(笑)、樹氷(笑)にもお腹いっぱいになっていたので、一足早く春を...
スポンサーリンク